ちびた さん プロフィール

  •  
ちびたさん: ちびたの気まぐれ日記
ハンドル名ちびた さん
ブログタイトルちびたの気まぐれ日記
ブログURLhttp://chibita.blog.tsuge.jp/
サイト紹介文健康のための散歩と遊びのためのアウトドアの写真を入れた写真日記です
自由文散歩しながら撮った写真日記を書いています。
近所の風景や花などの写真がメインですが、たまにキャンプやバーベキュー、旅行などの写真もアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2008/05/10 11:20

ちびた さんのブログ記事

  • 昭和記念公園 千日紅と百日紅
  • 7月末に見た昭和記念公園のカナール大噴水そばのサルスベリ(百日紅)。この日はさらにたくさん咲いて見頃になっていた。先日はまだ咲いていなかった白い花のサルスベリ(百日紅)も咲いていた。サルスベリが百日紅と呼ばれるのは、100日間花を咲かせることが由来だけど、初夏に咲き始めて秋まで咲き続けるから、それほど大袈裟な話ではない。サルスベリ(百日紅)はミソハギ科。そして下写真がミソハギ。似ている?植物分類は [続きを読む]
  • 昭和記念公園 サギソウまつり
  • 昭和記念公園のサギソウまつりサギソウ(鷺草)、ラン科は、まさにサギが飛んだ姿をした花。見ればわかるし名前の由来もそのまんま。準絶滅危惧種に指定されている希少種のこのサギソウは公園のボランティアの方が1年間育てたもの。花壇だけでなく、寄せ植えなども作らている。純白で爽やかイメージの夏の花だけど、戦国時代に城から助けを求めるために、姫君がサギに手紙を託すが、そのサギが途中で力尽き落ちた場所にこの花が咲 [続きを読む]
  • 今週の高幡不動尊(08/13) キツネノカミソリ
  • 3連休の東京多摩地区は、どんよりとした曇り空で雨が降ったり少し晴れ間が出たりと梅雨時のような天気になった。もう立秋も過ぎているので梅雨というより秋雨だね。どちらにしても嫌だけどね・・・境内のずっと奥にある墓地にお墓参りする人は結構いるけど境内に人は少ない。毎年お盆の頃に見頃になるキツネノカミソリ(狐の剃刀)、ヒガンバナ科がしっかり約束を守って見頃になっていた。高幡不動尊では何ヶ所か咲いている場所が [続きを読む]
  • 昭和記念公園 鹿の子百合
  • 昭和記念公園の鹿の子百合。7月最後の週に夏水仙を撮った時、実はすぐそばで咲いているのに気が付かなかった鹿の子百合。それから2週間経過したおかげでちょうど見頃になっていた(笑)カノコユリ(鹿の子百合)、ユリ科。子鹿の背中の模様のような鹿の子模様の花びらが名前の由来。この形はあの懐かしいインベーダーゲームのインベーダに似ている。と私はずっと思っている。花びらが大きく反り返ることも鹿の子百合の特徴。そん [続きを読む]
  • 昭和記念公園 夏水仙
  • 夏の昭和記念公はヒマワリ畑とサギソウまつりが目立つがこの夏水仙も見逃せない。ヒマワリ畑を見た日は、まだほとんど花が咲いておらず、今年は見ることができないかもしれないと心配していたが、翌週に訪れたらしっかり咲いていてくれた。ナツズイセン(夏水仙)、ヒガンバナ科。別名、ハダカユリ、リコリス。夏に水仙に似た花を咲かせることからついた名前だそうだ。ここは初春には日本水仙が咲き、夏は夏水仙、秋は彼岸花が咲く [続きを読む]
  • 今週の高幡不動尊(08/05) 静かな真夏の境内
  • 7月の後半に東京の連続真夏日の記録が途切れたものの、8月最初の週末は猛暑が戻って来た東京多摩地区。曇っているので少し涼しく見えるかもしれないが30℃を超えて暑い高幡不動尊境内。参拝者が少ない境内だけど、これが行事がないときの高幡不動尊本来の姿。暑いから蓮の花が噴水のそばに移動して水を浴びているように見える。暑い時期にダメ押しするかのような燃える色の花、ヒオウギ、アヤメ科。この花は弁天池回りでたくさ [続きを読む]
  • 昭和記念公園 サルスベリ
  • 7月最後の週末の昭和記念公園。毎年恒例の花火大会が開催される日。まだ午前中なので、いろいろな準備が始まったところ。すでに場所取りが始まっていて、ブルーシートが敷いてあるだけでなく、座っている人もいる。しかし、この空模様。大丈夫か・・・立川口にも大きな看板。私が2015年に花火の写真を撮ったのはこの写真を撮っているあたり。奥まで入ると帰りが大変なので(笑)。カナールの噴水のそばで咲いているサルスベリ [続きを読む]
  • 今週の高幡不動尊(07/30)  雨上がり
  • この週末は雨が降ったりやんだりの天気となってしまった東京多摩地区。日曜日は昼すぎに雨がやんだので、その直後に高幡不動尊に行った。きれいに水滴がついたベニバナトキワの葉。もう花は終わった後。ヒオウギ、アヤメ科の花についた水滴。水滴が黄色く濁っているのは花粉かな?水滴の中のヒオウギ。もっと大きく撮らないとダメだ・・・切り残しの額アジサイ。横に切ったあとがある。枯れつつあるカシワバアジサイの花。なんかす [続きを読む]
  • 昭和記念公園 秋の七草花壇
  • 昭和記念公園の秋の七草花壇。立川口から前記事のひまわり畑に行く途中にある。写真入りで秋の七草を紹介した看板とその回りに七草が植えられていると思う。と思うと書いたのは、すべての七草を確認できなかったから(汗)秋の七草って「おすきなふくは」と覚えるらしいのでその順番で紹介する。「お」オミナエシ(女郎花)、オミナエシ科。「おみな」は女性で「えし(へし)」は圧倒するで、美女を圧倒するぐらいの美しさという意 [続きを読む]
  • 昭和記念公園 ひまわり畑
  • 昭和記念公園のひまわり畑。この週末は土曜日がいい天気になるという予報だったので、このひまわり畑を見るために覚悟を決めて猛暑の昭和記念公園に行った。いい天気だ。真夏の花、ひまわりは青空が似合う。4万本のひまわり。昭和記念公園のひまわり畑としてはいままでで最大級だと思う。ここは立川口から一番遠いところ。スポーツドリンクを飲みながら、ここまで歩いてきた甲斐はあった。ずらっと並んだひまわり。背の高さがわか [続きを読む]
  • 今週の高幡不動尊(07/23)  シオカラトンボ
  • この週末は土曜日は30℃を超える真夏日となったが、大暑の日曜日は朝から小雨模様で蒸し暑いながらも、久しぶりに30℃に届かない日(東京都心)となった。お参りの人も少なく静かな高幡不動尊の境内。弁天池そばで咲くピンク色のネコジャラシのような花はカライトソウ(唐糸草)、バラ科。花が外国(唐)から来たきれいな糸のように美しいことからついた名前だそうだ。弁天池の蓮の葉にとまったシオカラトンボ。このあたりを縄 [続きを読む]
  • 昭和記念公園 カサブランカ
  • 猛暑が続くこの時期に昭和記念公園を散歩する時は、麦わら帽子をかぶって、喉が渇く前にスポーツドリンクを飲みながらとなる(汗)3連休の最終日、水鳥の池そばで以前から展示されていた蓮。涼し気な蓮の花が絵になる。上が杏花春雨、下が碧血丹心最近は手こぎボート(ローボート)より足こぎボート(サイクルボート)の方が人気あるのかな?サイクルボートには屋根があるのがいいのかもしれない。暑い時期に咲く、ネムノキ、マメ [続きを読む]
  • 大暑
  • 今日は二十四節気の12番目「大暑」。1年で最も暑くなる時期。酷暑の中で散歩していると、ひまわりがこんな感じに見えることが・・・ちょっと危ない状態(笑)二十四節気では「大暑」の次は「立秋」で今年は8月7日。二十四節気の中で一番違和感を感じる。 [続きを読む]
  • 今週の高幡不動尊(07/17)  やまゆり
  • 酷暑の3連休となった東京多摩地区。17日の海の日は東京都心で今年初めての酷暑日になったそうだけど、内陸の多摩地区はすでに何度か酷暑日になっているに違いない。あじさいの珠切りが終わった高幡不動尊。西洋あじさいが咲いていた四季の道の様子。また来年にきれいな花を咲かせるためだとはいえ、一気に花がなくなった風景はちょっとさみしい。でもすべてのあじさいの花が刈られたわけではない。なんらかの特徴がある品種の花 [続きを読む]
  • 鷺草3羽
  •  D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 2017.07 昭和記念公園海の日の昭和記念公園で鷺草(サギソウ)、ラン科が3羽飛んでいました。 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 2017.07 昭和記念公園昭和記念公園では毎年真夏の8月に「サギソウまつり」が開催され、ボランティアの方が育てた鉢植えのサギソウをたくさん見ることができます。 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF- [続きを読む]
  • 祝!海の日
  •  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR 2016.09 礼文水道今日は海の日。海の写真をアップしようと思いましたが、最近はなかなか海に行く機会がないので、一番最近撮った海の写真は、昨年9月の北海道利尻島・礼文島旅行までさかのぼりました。これはその時に礼文島と利尻島の間の礼文水道から見た利尻島(利尻富士1721m)とハートランドフェリーのサイプリア宗谷(3,555トン)。  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80m [続きを読む]
  • 昭和記念公園 ハスの展示とユリ
  • 7月の昭和記念公園。恒例のハスの花の展示が始まった。場所は西立川ゲート口前のさざなみ広場。目の前はボート遊びが楽しめる水鳥の池。鉢植えで展示されているハスは品種の分散保存のため管理しているハスらしい。いい具合に咲いているハス。艶陽天。品種保存のためだけあって、きちんと品種名が書かれているのがありがたい。西方浄土の極楽は神聖な蓮の池だと信じられているため、お寺の境内にはハスが植えられた池があることが [続きを読む]
  • 近所の花菖蒲畑
  • 近所の花菖蒲畑、6月にアップしそびれてしまった・・・(汗)。その花菖蒲畑は、田んぼの端っこにある。ここは毎年見事な花菖蒲を見せてくれるので、この時期が来るのを楽しみにしている。たぶんこの田んぼの持ち主が趣味で世話をしているのだろうけど、すごく見ごたえがある。土作りや施肥などは回りの田んぼと一緒に世話しているんだろうけど、これだけ見事に毎年咲かせるためには、株分けや植え替えなどが必要だから、かなりの [続きを読む]
  • 今週の高幡不動尊(07/09)  あさじいまつりが終わって
  • この週末はいい天気で猛暑となった東京多摩地区。高幡不動尊の境内ではアガパンサス、ユリ科が涼し気な水色の花を咲かせている。色は涼し気だけど、やっぱり暑い。あじさいまつりは7日(金)で終わったが、まだあちらこちらできれいに咲いているあじさいを見ることができる。このウズアジサイ(渦紫陽花)は花びらが丸まっているからなかなか枯れないのか?お地蔵さん(ではなく弘法大師像)の回りでもまだきれいに咲いているあじ [続きを読む]
  • 昭和記念公園 タイマツバナ
  • 7月最初の週末の昭和記念公園。キキョウ(桔梗)、キキョウ科。秋の七草だけど梅雨時期から咲く。上品な紫色だけでなく、白花もある。ちょっとキキョウらしくないかも・・・モナルダ、シソ科。この花は別名がたくさんある。どれが本名なんだか?ベルガモット、葉の香りがミカン科のベルガモットから作られる油の香りににているから。ヤグルマハッカ(矢車薄荷)、矢車菊の花に似ているから。下の写真を見れば確かに似ている。タイ [続きを読む]
  • 今週の高幡不動尊(07/01)  あさじいまつり最後の週末
  • 梅雨に入っても週末土曜日は天気が良い日が続いたが、この週末の土曜日はちょっと天気が悪くなってしまった東京多摩地区。朝まで雨が降っていたからか、人が少ない高幡不動尊の境内。枝垂れ桜の下のアガパンサスもしっかり咲いた。水滴のついたいい感じのあじさいが撮れることを期待したけど・・・残念ながら、もうかなり蒸発してしまっていた。いままでちょっと干からび気味の姿が多かったけど、梅雨時らしく、みずみずしい姿に撮 [続きを読む]
  • 高幡不動尊 額あじさい金平糖
  •  D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.06 高幡不動尊 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.06 高幡不動尊 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.06 高幡不動尊 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.06 高幡不動尊額あじさいの金平糖。名前の由来はわかりませんが、星型の花とまわりの白色が金平糖を思い起こさせるからでしょうか。高幡不 [続きを読む]
  • 今週の高幡不動尊(06/24)  西洋あじさい
  • 梅雨空が続いてもありがたいことに土曜日は晴れてくれる東京多摩地区。この週末の土曜日の高幡不動尊も天気に恵まれた。高幡不動尊の参道と仁王門前には早くも七夕飾りが飾られていた。仁王門から境内に入って右側、枝垂れ桜の足元で夏の花、アガパンサス、ユリ科が咲き始めた。別名ムラサキクンシラン(紫君子蘭)と呼ばれるが、白花もある。まだ咲き始めだね。高幡不動尊あじさいまつりも終盤となり、西洋あじさいがきれいに咲い [続きを読む]
  • 昭和記念公園 スカシユリ
  • 昭和記念公園で咲き始めた夏の花。まずはノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。つる性の植物。ノウゼンカズラは漢字で凌霄花と書く。つるが木にまとわり付いて天空(霄)をしのぐ(凌)ほど高く登ることからついた名前だそうだ。なんとなく南国ムードを感じる花。花木園の菖蒲田となりでたくさん咲いているスイレン、スイレン科。回りで咲いている花菖蒲は見頃を過ぎた状態。でも遠目で見る分にはまだきれい。クロコスミア、アヤメ科 [続きを読む]