黄輪 さん プロフィール

  •  
黄輪さん: 黄輪雑貨本店 新館
ハンドル名黄輪 さん
ブログタイトル黄輪雑貨本店 新館
ブログURLhttp://auring.blog105.fc2.com/
サイト紹介文小説や待受画像、他ドット絵を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2008/05/10 15:48

黄輪 さんのブログ記事

  • イラスト;狼獣人
  • 今回も自分の診断メーカー「ケモノったー(ヒロイン攻略編)」で出た結果を元に、イラストの練習。今回の結果はこちら。https://twitter.com/au_ring/status/883963761740005376黄輪さんが攻略するのは緑色の髪で、桃色に水が混じった毛並みのおっとり系狼っ娘。好きなことはネトゲ、嫌いなことは水泳。夏休みにお寺へ誘うと好感度大アップ!攻略難易度:★★★★★#aukemonohttps://shindanmaker.com/718478 まず線画版。ネトゲ好 [続きを読む]
  • サティスファイ・ジョーンズ・ロッカー
  • サティスファイ・ジョーンズ・ロッカー 私は満足している男だ。 多少のトラブルや諍いはあれど、仕事は順調である。 高級車や一戸建ては買えないが、貯金も資産も多少ある。 少しばかりぽっちゃりしていて首や肩が凝り気味だが、健康も概ね問題ない。 愛する人や親密な友人もいないが、孤独と思ったことも無い。 特に過不足も無く、平穏そのもの。それが私の人生である。 ある時、胡散臭い老人が目の前に現れた。「このボタ [続きを読む]
  • イラスト;葛(白猫夢)
  • 前回に引き続き、自分の小説から。今回も「白猫夢」より、葛。線画版。実を言うと、あんまり葛に関しては絵面のイメージが、僕の中で固まってません。葵の方が印象強すぎて……。とは言え、一応葛の体型もデータとして作ってあります。身長164cm、3サイズは上から順に83、57、86。体重は57kg。こちらは普通の女の子体型。カラー版。前回言っていた通り、三毛の毛並みです。ちなみに髪の色もですが、目の色も姉と同じ。あんまりお姉 [続きを読む]
  • イラスト;葵(白猫夢)
  • ここ何回か診断メーカーの結果に従ってイラストを描きましたが、たまには自分の小説に出てきたキャラを描くことにします。今回は「白猫夢」より、葵。線画版。昨年に比べたら、かなり可愛く描けた気がします。ものすごい癖っ毛なのは、基本的に寝てるから。癖っ毛と言うより寝癖ですね。裏設定、葵の体型。身長168cm、3サイズは上から順に74、49、76。体重は52kg。良く言えばスレンダー、悪く言えば平坦でガリガリ。一日の大半を寝 [続きを読む]
  • 2017年8月携帯待受
  •   2017年8月の壁紙。誰もが知る高級車ブランド、ポルシェから、918スパイダー。時々話していることですが、「宣伝」は大事です。TVやラジオなどのCM、新聞や電車内、サイトのバナーなどの広告。これらが無ければ、僕たちはマリオが次にどんな活躍をするのか、来週発売される期間限定のハンバーガーがどれくらい美味しそうなのか、全くと言っていいほど、知ることができないはずです。何が言いたいかと言うと。来月8月23日は、僕 [続きを読む]
  • イラスト;熊獣人
  • 今回も自分の診断メーカー「ケモノったー(ヒロイン攻略編)」で出た結果を元に、イラストの練習。今回の結果はこちら。https://twitter.com/au_ring/status/876397277190823936黄輪さんが攻略するのは緑色の髪で、白・青・金の三毛になった毛並みのおバカ系熊っ娘。好きなことは演奏、嫌いなことはカードゲーム。土曜に博物館へ誘うと好感度大アップ!攻略難易度:★★★★★#aukemonohttps://shindanmaker.com/718478 まず線画版 [続きを読む]
  • キャラ紹介;第1部
  • 「琥珀暁」のキャラ紹介。第1部に出てきた3人。名前ゲート(・シモン) / Gate (Simon)性別・種族・生年身体的特徴男性 / 短耳 / 紀元前20年代頃髪:茶 瞳:青中背、中肉職業農夫 / 討伐隊隊長どこにでもいる普通の男。……だったが、ゼロとの出会いによりその運命は大きく変わる。顔が広く、村の人間とは大体知り合い。名前フレン(・アンドレス) / Frenn (Andres)性別・種族・生年身体的特徴男性 / 猫獣人 / 紀元前20年代頃髪 [続きを読む]
  • キャラ紹介;三賢者
  • 「琥珀暁」第2部まで終了したところで、キャラ紹介をボチボチ進めていきます。まずは今作、いや、双月世界の根幹に関わる、重要人物3人を。名前ゼロ(・タイムズ) /ZERO (Times)性別・種族・生年身体的特徴男性 / 短耳 / 不明髪:白 瞳:黒中背、中肉 童顔 口ひげ、あごひげあり職業中央政府初代主権 / 天帝教初代教皇、主神経歴不明、正体不明、クロスセントラルを訪れた理由も目的も不明。不明だらけの謎の男だが、呑気で穏 [続きを読む]
  • イラスト;狐獣人
  • 今回も自分の診断メーカー「ケモノったー(ヒロイン攻略編)」で出た結果を元に、イラストの練習。今回の結果はこちら。https://twitter.com/au_ring/status/871347330221432833黄輪さんが攻略するのは桃色の髪で、白色の毛並みの委員長系狐っ娘。好きなことはマラソン、嫌いなことはテニス。帰りにカラオケへ誘うと好感度アップ!攻略難易度:★★★#aukemonohttps://shindanmaker.com/718478 まず線画版。「委員長系」と言えば眼 [続きを読む]
  • 2017年7月携帯待受
  •   2017年7月の壁紙。高級車の代名詞、メルセデスから、SLRマクラーレン。今年の車種はスーパーカーで統一することは以前よりお伝えしていますが、現在、1〜3月が日本、4〜6月がイタリアのクルマとなっており、そして7月はドイツ。ちなみに8月に描こうと考えているものはもう既に決定していますが、こちらもドイツ車。流れで行くならば、9月もドイツ車になるでしょう。その後はどこがいいのか……。順当に行くならアメリカかなぁ [続きを読む]
  • 業務連絡;「琥珀暁」目次とあらすじを追加しました(第2部)
  • 下記ページにて、「琥珀暁」第2部の目次とあらすじを追加しました。http://auring.web.fc2.com/au-novel.html(目次)http://auring.web.fc2.com/ko-outline2.html(第2部あらすじ)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -第2部終了時にもお伝えしていましたが、「琥珀暁」前編部が終わり、大体の方向性が固まってきました。そこでボチボチ、「琥珀暁」のキャラ紹介も開始していこうと思います。今後の更新予定ですが、明日、6/2 [続きを読む]
  • 琥珀暁 目次(第2部;「モール師事記」編)
  • 絵師さん募集中!黄輪雑貨本店 総合目次 (あらすじもこちらにあります)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -「琥珀暁」地図(作成中……)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -「双月暦」の暦双月世界の魔力・魔術観について双月世界の種族と遺伝 補足1双月世界の戸籍- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1話目から読みたい方はこちら琥珀暁・狐童伝1 2 3 4 5 6琥珀暁・錬杖伝1 2 3 4 5 6琥珀暁・鳳凰伝1 2 3 4 5 [続きを読む]
  • 琥珀暁・金火伝 4
  • 神様たちの話、第80話。金火狐神話のはじまり。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 遠征隊の派遣から3ヶ月が経ち、彼らが引き上げる時が来た。 とは言え――。「まさか50人も、こっちに残りたいなんて言うとは思わなかった」「そうですな。よっぽど居心地良かったんでしょうね」 エリザと最後の会議に臨んでいたゲートが、しみじみとした口ぶりでつぶやく。「居心地かぁ。確かに暖かくて過ごしやすかったし、海の [続きを読む]
  • 琥珀暁・金火伝 3
  • 神様たちの話、第79話。賜姓。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.《ん、ん、……お願い?》「アタシにゼロさんの後援が付いとるっちゅうコトを、アタシがただ言うだけやと説得力無いですよね」《そりゃ、まあ》「なので、まず人の派遣をお願いしたいんです。実際にアタシに付いてくれる人がおれば、説得力が出ると思います。 丁度『金が欲しいわー』ちゅうてる人もいてますし」《……なるほど》 エリザの提案を受け、 [続きを読む]
  • 琥珀暁・金火伝 2
  • 神様たちの話、第78話。エリザの今後。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.《そう――第三の規範、それは『悪魔氏だけが倒せる限界まで、強いバケモノを出現させる』。 言い換えれば『悪魔氏にしか倒せないであろうバケモノが倒された時点で、出現を終了させる』。それが即ち、『絶滅』ってことなんだ」「なるほど、それで合点が行った。 モールさんが『ゼロや自分くらい魔力持ってる奴が現れなきゃ、バケモノは絶滅し [続きを読む]
  • 琥珀暁・金火伝 1
  • 神様たちの話、第77話。三つのプロトコル。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「結局、最初の作戦からもう、バケモノは出てないんだ」 ゲートからの報告を受け、魔術頭巾越しに、ゼロの声が返って来る。《そっか。拍子抜け、と言うと語弊があるかも知れないけど、でも被害が少なくて何よりかな》「いや、実は俺の方でもそう思ってた。初っ端から死人が出たんで、これはヤバい流れかも分からんと思ってたからな。 だけ [続きを読む]
  • 診断メーカーで作ったもの紹介(2017年6月現在まで) / 募集告知
  • たまに診断メーカーで診断を作るんですが、マニアック過ぎるのか作成した時刻が遅すぎるのか、いつもあまり使われません。こないだ作ったものに至っては、24時間で10人もアクセスしてない始末。なので、一度ちゃんと紹介してみようかと。まず第1弾、「ケモノったー(黄輪雑貨製)」 作成日 2010/09/15 07:45オーソドックスに、どんなケモノさんになるかの診断。「ケモノったー(黄輪雑貨製)和風編」 作成日 2011/01/17 20:46ブロ [続きを読む]
  • 琥珀暁・駆逐伝 7
  • 神様たちの話、第76話。3頭目の巨獅子。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7.「……バカな」 どうにかその一言だけ、のどから絞り出すようにつぶやいたものの、ゲートはそれ以上、何も言うことができなかった。 ゲートの前方30メートルほど先に、巨獅子がうずくまっていたからである。「い、いつの間に……!?」 誰かがそううめくが、ゲートは何も答えられず、ただ首を横に振る。「おい、ゲート……。お前言ってたよ [続きを読む]
  • 琥珀暁・駆逐伝 6
  • 神様たちの話、第75話。今後の打算。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. エリザの放った魔術によって巨獅子は吹き飛ばされ、基地の壁に叩きつけられる。「グウ……ウ……」 そのまま壁を突き破り、基地の中にまで入ってきたものの、巨獅子はぴくりとも動かず、大量の血を流している。 頭や体も左半分ほどしか残っておらず、絶命したのは明らかだった。「よっしゃ!」 エリザは魔杖を振り上げ、一目散に基地へと向か [続きを読む]
  • 琥珀暁・駆逐伝 5
  • 神様たちの話、第74話。因縁の狼獣人。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 巨獅子を倒してしばらく、ゲートはぜぇぜぇと荒い息を立てていたが、やがて一息すう、と深呼吸し、エリザに向き直った。「待たせたな。すぐ行こう」 声こそしっかりとしたものだったが、ゲートの顔色は悪く、青ざめているのがはっきりと分かる。「だ、……大丈夫そうに見えまへんよ」「顔色のこと言ってるなら、これは元からだ。ハン……、息 [続きを読む]
  • 琥珀暁・駆逐伝 4
  • 神様たちの話、第73話。バケモノを駆逐するヒト。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「……え?」 ゲートが振り返った途端に、魔術の盾にべちゃりと貼り付いた、ほんの数秒前まで自分と応答していた「もの」と目が合う。「どっ、……あ、あっ、ああ」 ゲートの顔から、ざあっと血の気が引いていく。「こっち、にも……、出やがった、のかっ」 青ざめた顔で、絞り出すように怒声を吐き、ゲートは腰に佩いていた魔杖を [続きを読む]
  • 琥珀暁・駆逐伝 3
  • 神様たちの話、第72話。巨敵の予兆。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. エリザたちが村に到着する頃には、既にバケモノたちと本隊との交戦が始まっていた。「撃てッ、撃てーッ!」「押してるぜ! このまま進め!」「後ろにもいるぞ、気を付けろ!」 あちこちで魔術による光や火が明滅し、バケモノを退けている様子がチラチラと見える。「あ、アタシも!」 乗り込もうとしたエリザを、ゲートが手を握り直して止める [続きを読む]
  • 琥珀暁・駆逐伝 2
  • 神様たちの話、第71話。バケモノ駆逐作戦、開始。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 日が落ちるとほぼ同時に、斥候に向かっていた3班が戻ってきた。「隊長の予測していた通り、六目狼級のバケモノは20頭ほど確認できました。また、付随している戦車馬級以下のバケモノも、隊長の予測通りの数であったことを確認しています。 村の状況ですが、建物の類はまったく残っていませんでした。村人が残っている可能性は皆 [続きを読む]
  • 琥珀暁・駆逐伝 1
  • 神様たちの話、第70話。基地設営。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 東の村が近付いてきたところで、遠征隊は一旦進軍を止めた、「この辺りに前線基地を造る。 村に入ってから万一、バケモノの攻勢に圧されたとしても、ここまで退却すれば態勢を立て直せるようにな」 ゲートにそう説明され、エリザは素直に感心する。「やっぱり経験が違いますな。アタシと先生だけやったら、わーっとまっすぐ突っ込んでそのまんま [続きを読む]