dia feliz さん プロフィール

  •  
dia felizさん: life and dance in latino style
ハンドル名dia feliz さん
ブログタイトルlife and dance in latino style
ブログURLhttp://diafeliz.blog79.fc2.com/
サイト紹介文サルサやレゲトンなどのラテン音楽やダンス。ラテンカルチャー。中南米旅行記。ラテンファッション等。
自由文ラテン音楽とダンス(サルサ、レゲトン、バチャータ、メレンゲ)好き。テクノなどのジャンル問わないクラバー。サルサやレゲトンなどの音楽やダンスから歌詞翻訳、ラテンアメリカ人から知ったラテン情報やラテン的生き方などについて書いてます。ラテンアメリカにはよく旅もしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/05/10 17:08

dia feliz さんのブログ記事

  • 2017年ミスコロンビアはミスカルタヘナに決定
  • 今日2017年のミスコロンビアのコンテストがありました。日本と違って中南米の多くの国がミスコン大好き。中南米は世界で美人国といわれてる国が多いし、コロンビアの隣のベネズエラはミスユニバース最多優勝国の一つです。コロンビアの各県(地域)にはミスがいて、その各県のミスの中からミスコロンビアが選ばれます。ミスコロンビアになった人はミスユニバースに出場します。今年はミスコロンビアに23人の地域代表が出場し、その [続きを読む]
  • 中南米でクラブ行く時と日本でクラブ行くときの大きな違い
  • 南米より帰国してからクラブに踊りに行ったのは2回だけ。ずっとクラブ行ってませんでした。なぜかというと、南米のクラブに慣れちゃって日本でクラブに行くのがかったるくなったからです。どう違うのか、比較表をつくりました。注: 南米はコロンビアを例にしましたが、メキシコとか他の国でも似たような感じのが多かったです注2: 私はラテン以外のジャンルのクラブにも行くので(ずっとクラバー)、ある特定のクラブじゃなく [続きを読む]
  • コロンビアの最新の旅行安全情報について(dia feliz版)
  • 最新のコロンビアの安全情報について話したいと思います。あれ、安全情報なら外務省の渡航安全情報見ればいいじゃん、旅行サイトにはみんなそう書いてあるよ、と思った方多いと思います。でも外務省の渡航安全サイトのコロンビアの項、なんか情報が古いような気がするんですが。。。。ゲリラのFARCとの和平交渉締結についても最近あったボゴタでの爆破テロについても書かれてない。見たかぎり一番新しい情報は2015年のような気が。 [続きを読む]
  • Prince RoyceとShakira「Deja Vu」歌詞和訳、バチャータ
  • バチャータのPrince Royceとシャキーラが歌う「Deja Vu」というバチャータが2月にリリースされました。シャキーラは日本でも大人気のコロンビア人のポップス歌手で、Prince Royceはドミニカ系アメリカ人の人気バチャータ歌手。「DeJa Vu」 Prince Royce ft. Shakiraそれじゃ恒例の歌詞の和訳しなきゃですね 笑。もちろん原語のスペイン語から日本語に和訳します。「Deja Vu」デジャブまたあなたは私の心の傷口をあけたわねせっ [続きを読む]
  • ラテンの歌の歌詞の翻訳は難しい
  • 私はこのブログを2006年からやってて、この11年間たくさんのラテンの歌をスペイン語から和訳してきました。サルサ、レゲトン、メレンゲ、バチャータ、クンビア、バジェナート、ラテンポップス、スペイン語のヒップホップ、ラテンのダンスミュージックなどなど、何曲和訳してきたのか忘れたほど。私が12年前にスペイン語を話したいと思った理由の一つがラテンの曲の意味を知りたいと思ったからなんです。歌詞の意味がわかるようにな [続きを読む]
  • ベネズエラに旅行しないようにね!
  • ベネズエラといえばギアナ高地やエンジェルフォール。世界の絶景がある。Oscar D'Leon, Adolescentes Orquesta, Chino Y Nacho (最近解散してそれぞれソロになったが)など素晴らしいサルサやラテン音楽のアーティストがいる国。産油国でリッチ、日本ともビジネス取引してて以前は外国人たちが出稼ぎにたくさんきてた国でした。ほんとは今も豊かな国なんです。ところがチャベスが大統領になってから状況が変わり、チャベスの死後に [続きを読む]
  • ワイルドスピードの「Hey Ma」歌詞和訳。Pitbull, J Balvin
  • 4月に公開の映画「ワイルドスピード8 (アイスブレイク)」(原題「The Fate of the Furious」)のサントラ曲が発表されました。ワイスピのサントラからラテンの曲、「Hey Ma」の歌詞を原語のスペイン語から和訳しました。J Balvin, Pitbull, Camila Cabelloが歌っています。私はワイスピを7まで全部見たし、新作を早く映画館で見たい、待ちきれない。前作の撮影途中に主演の一人のポール・ウォーカーがプライベートで事故死し [続きを読む]
  • 「Si Tu Novio Te Deja Sola」J Balvin ft. Bad Bunnyの歌詞和訳
  • コロンビアのレゲトンシンガーJ Balvinが3月3日に新曲リリースしました。すごくおしゃれな曲で私は気に入ったので、この6日間に何十回も繰り返しきいてるんですよ。レゲトンやラテン好きじゃなくてもOKだと思うんで、みなさんぜひきいてみてください。「Si Tu Novio Te Deja Sola 」 J Balvin ft. Bad Bunnyプエルトリコのラッパー Bad Bunnyとfeaturingしてます。ミュージックビデオはプエルトリコで撮影されました。2人の [続きを読む]
  • このブログで新曲リリースの速報を速攻でupしてない理由
  • よく「????のミュージックビデオでるよね」とか「新曲が24日に出るけどもうきいたか?」などときかれることがあります。新曲が出るとかミュージックビデオが出るとかいうニューリリース情報を先を競ってUPする人がこのごろ特に増えたような気がする。まだどういう曲がリリースされるかわかってなくても、たんにこのアーティストとあのアーティストが一緒にいたという報道でもニュース速報みたいにすぐネットに書かれる。レゲト [続きを読む]
  • レゲトン界の女性リスペクトの方向に逆らうmaluma
  • レゲトンはエロいといわれることがよくあります。中南米ではレゲトンのコアのファン層がティーンエイジャーなので、子供の教育上よろしくないと思う親達もいます。また中南米では誕生会とか15歳の誕生会(成人式パーティ)などでレゲトンがかかるので子供からお年寄りまでが耳にしてしまう。スペイン語圏ではもちろんスペイン語の歌詞はわかっちゃいますので。なかにはテレビやラジオ放送の検閲にひっかかって放送されない曲もあり [続きを読む]
  • カラフルなドレスを着てラテンのクラブへ
  • 先日、映画の「La La Land」(ラ ラ ランド)を見たんだけど、映画の衣装がおしゃれと評判ですよね。カラフルなドレス。50年代や60年代ぽいから高齢者の方たちには懐かしいファッションだと思います。私たちには新鮮!「La La Land」の監督はこの作品は古い映画やミュージカルへのオマージュだと言ったそうです。なので随所に過去の名作のシーンや映画に出てくる場所がみてとれますよね。なかでもフランスのミュージカル、カトリ [続きを読む]
  • レゲトン Nicky Jam 「El Amante」の歌詞和訳
  • レゲトンのNicky Jamの新しく出た大人気のアルバムからシングルカットされて今大ヒット中の「El Amante」。ビデオがDV夫(彼氏?)の話なので、女としては嫌なビデオだから避けてたんだけど。あまりに流行ってるので、歌詞ちゃんときいたら歌詞はロマンチック系で普通でした。「El Amante 」  Nicky Jam歌詞を和訳してみました。スペイン語の原語から日本語への和訳です。「El amante」「愛人」Ya yo me cansé, no quiero ser t [続きを読む]
  • ミスコロンビアへのバッシングにみる人種差別
  • いま今年のミスコロンビアを決めるコンテストがコロンビアで開催されています。テレビで中継されるほどの行事です。コロンビアには各県のミスがいます。その各県代表からミスコロンビアが選ばれるんです。ミスコロンビアになれば、ミスユニバースにいけます。まだ今年のミスコロンビアが決定していないのでそれはまた別の機会にお伝えするとして、去年のミスコロンビアの話をしたいと思います。2016年のミスコロンビアは今年の1月 [続きを読む]
  • De La GhettoとArcangelの「Ocasion」
  • このごろ私が一番気に入っててよくきいてるのが、この曲歌ってるのは人気のレゲトン歌手ばかりです。プエルトリコ系の人たち。De La GhettoOzunaArcangelAnuel AAArcangelはドミニカとプエルトリコハーフ、De La Ghettoはアメリカ生まれのプエルトリコ系で、二人ともベテランの有名レゲトンシンガー。Ozunaも人気の若手プエルトリコ系レゲトンシンガーです。ArcangelとDe La Ghertoはライブに行ったことがあるけど、うまかったです [続きを読む]
  • コロンビアのカリのクラブの選曲
  • コロンビアのカリは、Cali es la capital mundial de la salsa (カリは世界のサルサの首都)といわれるほどサルサの都市です。サルサの盛んな国あちこちに行ったけど、サルサの国というイメージが強いキューバやプエルトリコも今はサルサはどっちかというと観光産業化してるケースが多く、市民(特に若者)に一番人気だったのはレゲトンでした。中南米のほとんどの国で一番人気なのは(特に若い世代)レゲトンだと思います。コロ [続きを読む]
  • コロンビアのPaisa(メデジンなど)の喋り方
  • メキシコ人がレゲトンのmalumaはなんであんな変なしゃべりかたをしてるんだとネットでつぶやいてました。なんで「S」を「SH」みたいに発音するんだ、変なの〜って。レゲトンのmalumaはコロンビアのメデジンの出身です。メデジンはアンティオキア県にあるんですが、そのあたり一帯の地方の出身者をコロンビアではPaisaといいます。だからmalumaはpaisaのアクセントなんです。私も最初にメデジンに行ったときにメデジンの人のしゃべ [続きを読む]
  • Willie Colon「El Gran Varon」の歌詞和訳とLGBT問題
  • 6年前の2011年にこのブログでWillie Colonの「El Gran Varon」という曲について宿題を出したんですが、その答えを書いてませんでした。→  「 Willie Colonに関する宿題」質問に返答してくれた方が当時一人しかいなかったので。その質問とは、WIllie Colonの「El Gran Varon」をきいて歌詞の意味はどうなのかイメージして答えてください、でした。Willie Colon   「El Gran Varon」よくサルサバーやイベントでかかるので聴いた [続きを読む]
  • J Balvin「SIGO EXTRAÑÁNDOTE」の歌詞和訳と泣けるビデオ
  • コロンビアのレゲトン、J Balvinが去年リリースしたアルバム「Energia」の1曲「SIGO EXTRAÑÁNDOTE」のミュージックビデオが数日前に公開されました。これが泣けるミュージックビデオなんです。「SIGO EXTRAÑÁNDOTE」  J Balvinビデオの内容がちょっとわかりにくいかもしれないので、解説しますね。ビデオではJ Balvinが妻子ある男。コロンビアのメデジンにある自宅に妻と娘一人と一緒に住んでいる。とっても仲良しで笑顔が [続きを読む]
  • コロンビアのカリのコメディと貧困エリアの若者
  • 以前コロンビアで大人気の Jonatan Clayのコメディを2回にわたって紹介しました。( 「 コロンビア人のお笑い」を見てね)Jonatanは首都ボゴタの人ですが、今回はコロンビアの第三の都市カリ市の人のコメディを紹介します。Jonatanのようなメジャーなユーチューバーではなくて、私が発見したマイナーな人たちです。Jonatanのは日本でもあるあるな普遍的なネタでしたが、こちらのカリのlos primosのほうはカリの貧困エリアならでは [続きを読む]
  • レゲトンのNicky Jamがコロンビアのメデジンで結婚式
  • レゲトンのNicky Jamが昨日結婚式しました。Nicky Jamは再婚。お相手はコロンビア人のモデルです。ウェディングパーティはコロンビアのメデジンの郊外にあるRio Negroで行なわれました。この披露宴には200人のゲストが招待されたそうです。映画「ワイルドスピード」のヴィン・ディーゼルやレゲトン(コロンビア人)のJ Balvin、サルサのGilberto Santa RosaやJerry Rivera、クバトンのGente de Zonaなど。Jerryやgente de zonaは披 [続きを読む]
  • shakira 40歳の誕生日(とchantajeのサルサバージョン)
  • 昨日(2月2日)はシャキーラの誕生日。シャキーラも40歳になりました。シャキーラが40代? って驚く人もいるでしょうが、1977年生まれです。シャキーラは本名で、Shakira Isabel Mebarak Ripollという名前です。お父さんがアラブのレバノン系米人。なのでshakiraはアラブ語からつけたみたい。だからエキゾチックな名前なんですね。お母さんはコロンビア人で、シャキーラはコロンビアの沿岸部のバランキージャ(barranquilla) [続きを読む]
  • 海外への避難というよりこころの避難
  • 前回、「自殺したいと思ってる方へ海外逃避の提案」というトピックを書いたんだけどその補足です。(→  「 死にたいと思ってる方へ海外逃避の提案」 を読んでください)私たちは拘束されてるわけでもないし、パスポートがあれば明日にでも国外に行けます。日本はパスポートが世界でもトップクラスに強い国で、ビザなしで行ける国が173カ国もあるそうです。一方でビザなしで渡航できる国が少ない、弱いパスポートの国もあります [続きを読む]