富士丸パパ さん プロフィール

  •  
富士丸パパさん: 富士丸日記
ハンドル名富士丸パパ さん
ブログタイトル富士丸日記
ブログURLhttp://bostonfujimaru.blog.fc2.com/
サイト紹介文ボストンテリア富士丸の湾岸生活。カメラといっしょにパパとお散歩。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供267回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2008/05/11 23:44

富士丸パパ さんのブログ記事

  • 前向き
  • 富士丸が逝ってからもうひと月たってしまいました。富士丸のお葬式から帰ってきたら、実家から電話があり母のガンが発覚したと。富士丸と母は誕生日がいっしょ。なんかつながっているのでしょうか。年末にあった時からあっという間に変わり果ててしまった。まあ、他にもいろいろとあって、人生のドン底っていう気分。きっと自分の人生、こんなもんなんでしょう。くよくよするのはやめよう。転んでも前に転べば少しは前に進める。前 [続きを読む]
  • いまさら
  • いただいたお花もそろそろ終わりです。犬なんかもう飼わないと言っておきながら、こんなものをポチッとしてます。このポーチなんか、お葬式当日の朝、お花屋さんで偶然見つけて、お花を頼む前に買ってしまいました。何をやってるんだか。 [続きを読む]
  • 3年めの胡蝶蘭
  • 3年めの胡蝶蘭が咲きはじめました。ちょうど富士丸が逝った日のこと。富士丸のいない生活にもようやく慣れてきました。いろいろと整理もして、最後にハウスだったキャリーをシェルターへ支援物資として差し上げてきました。供養のため、とけっこう飲んだくれの日々。花粉症だと思っていたら、どうやら風邪だったようでこの週末はダウン。そろそろシャキッとしなけばいけませんね。 [続きを読む]
  • ありがとうございます
  • 初七日を迎えたそうですが、はやくあの世に到着して楽しくすごしてもらいたいものです。とっくに皆んなと遊んでいるかもね。写真は11年前の富士丸。わたしは自分で想像したよりは平気です。寝込んでしまうと思っていました。嫁に言わせると、それは事実を直視せず受け入れていない、消化していないからだと。そうかも知れない、そういうの得意です。あるいは、自分はほんとに冷たい人間なのかも知れない。どうであれ、それでも突然 [続きを読む]
  • the rose
  • the roseSome say love, it is a river, that drowns the tender reedSome say love, it is a razor, that leaves your soul to bleedSome
    say love, it is a hunger, an endless aching needI say love, it is a flower, and you, its only seedIts the heart afraid of breaking
    , that never learns to danceIts the dream afraid of waking, that never takes the chanceIts the one who won't be taking, who c
    annot seem to g [続きを読む]
  • もう犬なんか絶対に飼わない
  • 富士丸が逝ってしまいました。2017年2月21日 11時50分 11歳3ヶ月。嫁といつもどおり出かけたお散歩中にコロッと。最期まで親孝行で実に立派でした。静かに安らかに旅立つことができてほんとによかったです。富士丸と約束したことがあるので、その報告をまたいつか書くかもしれません。ひとまずそれでは。もう犬なんか絶対に飼わない。 [続きを読む]
  • 一週間経過
  • ちょっとぼけ気味に歩いているけれどほぼ今までどおりに暮らしてます。お散歩はあえて短く。なるべくストレスをあたえないようにと思いますが、なにが正解なのかはわからない。少なくても2ヶ月は気がぬけません。あまり神経質になっても仕方ない、とわかってはいるけれどそううまくはなかなか行きません。 [続きを読む]
  • もとどおり
  • すっかりもとの富士丸にもどりました。食にはますますどん欲になったような気がします。好きなものいっぱい食べてね。 [続きを読む]
  • 3度目の、そしてそれから
  • 翌日の夜中に3度目のてんかん。薬が効いてないのか。ドクターに聞いたら前日に飲み始めたばかりなのでまだとのこと。夜だけ薬を2錠。その晩は発作は起きなかったけれど完全に迷走、徘徊状態。明け方にやっと寝付く。次の晩も同じ、すこし落ちつく。翌晩は薬を1錠にもどす。ほぼ正常にもどる。きのうもほぼ正常。なんとか落ちつきました。 [続きを読む]
  • 2度目の
  • 未明に2度目のてんかん。まだ1週間もたっていない。発作中の苦しそうな姿を見るのもつらいけれど発作がおさまったあとも、部屋じゅう徘徊するのを見るのもかわいそうでつらい。てんかんを抑える薬を処方してもらいました。これで治らなければ脳腫瘍等になるのでしょうがそれであればそれで致し方ない。ただもう苦しむのはやだね。 [続きを読む]
  • 逆立ち
  • スポーツジムには行かない主義なので、もっぱら家で自重トレーニング。負荷を上げるために逆立ちをしてみました。何十年ぶりか。あやうくギックリ腰になるところでした。 でも逆さまに見る世界も楽しい。身体も気持ちよい。季節のせいもあるのだろうけど、富士丸の眠りが深くなってる。宅配便のピンポンが鳴っても、玄関で受取りしていても吠えるどころか起きもしない。家にいるときはなるべく寄り添っていてあげようといっしょに [続きを読む]
  • かわりなく
  • 家に帰ってきて玄関を開けるとひと吠え、ワン!とか夜中にフゴフゴと寝息を聞いたりとか明け方にスリスリ顔をすり寄せてきたりとかそんなことにホッとする日々。てんかんを起こしてから、とくに変わったこともなくかえって元気になったような気さえします。 [続きを読む]
  • ついに、とうとう
  • 富士丸がてんかんの発作を起こしました。ついに、とうとうきたか。最近なんとなく様子がおかしかったのでもう歳も歳だしなにが起きてもおかしくないとそれなりの覚悟をしていた矢先のこと。どうやら純粋なてんかんのようでそれであれば歳は関係ないらしいです。数時間後にはすっかりもとにもどりました。しばらくは様子見で。過剰?な対応はやめておきます。 [続きを読む]
  • クライミングジム
  • 山登りをはじめて間もないころに買ったクライミングシューズをひっぱり出してきてモールの中にできたクライミングジムへ行ってみました。実践の岩登りより筋肉痛がひどいです。若い頃は力まかせでがむしゃらに登ってましたがさすがに歳をとると、どうやったら楽に安全に登れるか考えるようになります。AEONの食料品売り場で買ったパクチー。だいぶ摘まんでしまいました。春にはまた種から育てます。 [続きを読む]
  • 代々木公園あたり
  • ひさしぶりに代々木公園あたりをブラブラ。上原まで足をのばし、お目当てのイタリアンをさがして行ってみましたが土曜日はランチ営業なしでした…偶然通りかかった古民家のレストランへ入ってみました。シェフやサービスの方たちの様子、厨房を外からのぞいてみてピンときました。大当たり。前菜の野菜一口いただいただけでわかりました。帰ってきて調べてみたら、飯倉に本店のある有名な老舗レストランの姉妹店でした。八幡に戻っ [続きを読む]
  • 夢はきっと
  • 夜寝る時も朝起きる時も富士丸は布団のなかで胸もとにピッタリ寄り添ってきてなでなでしてと甘えます。小学生のころ実家で雑種の中型犬コロを飼っていた。外飼いだったので学校から帰るとずっと庭先でいっしょに過ごしていた。コロがそのまま寝入ってしまい、起こさなようにそぉーと家の中に入ろうとしてもどうしても起きてしまい、えー、行かないで、と訴えているようでなかなかその場を離れることが出来ず、自分がコロの犬小屋に [続きを読む]
  • ぐっすり
  • 最近は外から帰っても気づかずにふとんにもぐって寝たままのことが多い富士丸くん。気がつくと、しまった!って感じで飛び起きてくる。 [続きを読む]
  • 心がけ
  • 怒らない、恐れない、悲しまない。すべてに感謝し、すべてを楽しみ、すべてを喜ぶこと。とてもむずかしい心がけ。松浦弥太郎 くらしのきほん [続きを読む]
  • 穏やかに晴れ
  • 先週の八ヶ岳は去年の夏以来だったけれど筋肉痛もなく、やはり腕立て伏せとスクワットを地道に続けてきただけの効果はあったようです。やっぱり山はいいですね。低気圧はどこへ行ったか、こちらはおだやかに晴れています。 [続きを読む]
  • 寒気
  • この冬いちばんの寒気がやって来ていて北日本や日本海側ではたいへんな大雪に見舞われているそうです。自分が言える立場じゃありませんが山に入る時は安全第一で。 [続きを読む]
  • アイスクライミング
  • ただ一人のザイルパートナーと久しぶりに山へ行こうということになって八ヶ岳 阿弥陀南陵へと向かった、つもりでしたがまったく初歩的なルートミスで広河原左股のアイスクライミングルートへ入り込んでしまいました。引き返すには時間もなく、装備も最低限はそろっているので、そのまま進むことに。ちなみに私はアイスクライミングの経験はまったくありません。いきなり本ちゃんルートで本番。いつもはビビって安全策をとるほうで [続きを読む]