幻の渓流師 さん プロフィール

  •  
幻の渓流師さん: 幻の渓流師&レオ
ハンドル名幻の渓流師 さん
ブログタイトル幻の渓流師&レオ
ブログURLhttp://keiryuushi.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文幻の渓流師とラブラドールのレオと楽しい戯言
自由文やや多趣味?で犬好きで渓流釣りが好きなアウトドアーマンがあれやこれやと日常を自己満足に語ります。(^^;)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/05/13 15:39

幻の渓流師 さんのブログ記事

  • シーズンラスト釣行&心の森キャンプ場
  • 今回もわが身が本当に晴れ男と再認識しました予報は二日間雨なのに曇りから晴れと押し切りました。先日に出かけました。 五十里湖は現在工事中です。水量は少なくなっておりました。早朝に温泉を貸切状態にゆっくりと身体を癒してからの釣行です。多忙に沢入りが少なくすっかりストレスが身体を満たしておりました。 秋の気配もあちこちに見え隠れしています。 大きく深呼吸が続きます。 ストレスを溜めた身体には最高のロケー [続きを読む]
  • 笛吹小屋キャンプ場へのんびりキャンプ
  • 広瀬ダムも渇水状態、見る景色はやや曇りも心地よい キャンプ場に到着し一休みするとオーナーから蜂の子食べるか???!!!!採ったばかりのスズメバチ?まだ巣の中にうにうに〜しているしバケツには数尾の成虫が居るし・・・焼いて食べてみるかって食べませんから〜〜本気なのか冗談なのか???(笑)繁忙期を外しての貸切状態、天候不順に疲れた体を癒しに来ました。テンカラ竿&ベスト・・・・???靴が無い・・・トホホホッ^^; 体が故障している(涙) [続きを読む]
  • 4代目渓流旅車を少しづつメンテ改修 クラクション交換 ETC取付
  • 古い車なのでこれからなんやかんやと手直しして良い相棒として付き合って行きたいと思います。ブログを始めてからでは4代目の旅車になるのでしょうか・・・3代目はすでに21万キロを超えて細かい部分のメンテをするものの元気に長距離をこなしています。 ↑ 3代目の旅車です。多くの思い出、友人との旅や旅先での車両トラブル出会いなどなど思い出されます。もちろんお泊りベッド付きの車両ですが縁あって4代目に引き継がれる事 [続きを読む]
  • この天気に庭のグリーンカーテンも活躍無し(笑)
  • 16日連続の雨が8月ではどうにもなりません。 グリーンカーテンの下で涼しく過ごす予定も全く出来ず。作物の出来映えもほんの僅かと・・・天気のせいか作り方なのか分かりません。へちまもゴーヤも数がめちゃ少ないですね。 色を楽しんでます。 スイカは失敗です。大玉は一つなのに大きくならずに蔓も枯れました。小玉がそれぞれ一つだけなんとか食べられました。美味しかったです。^^;当初の目的は達成できましたがへちまと [続きを読む]
  • 雨続きにナイフ研ぎ&シェバーの煮沸クリーニングを試す。
  • 梅雨が明けてからの雨続きに梅雨状態、少ない休みに沢入りも無理とナイフ研ぎです。今回は少々切れ味が悪くなった鉈とナイフを砥ぎ直します。得意ではないですが^^;以前作った革砥、研磨に青と白を使用しての研ぎです。 オイルを革砥に染み込ませて研磨剤を擦り込ませます。今回は荒い白と次に青を使用しました。 ナイフのステンレスは堅いようでかなり長く研ぎました。研いだ後は洗剤で水洗いをして水分を取ります。魚をおろす [続きを読む]
  • 庭から収穫したミニトマト&ヘチマでスープを作りました。オリジナル
  • 関東ではあまり食することが無いようですが我が家は小さいころから食べております。検索すると多くのレシピもありますが今回はオリジナルメニューで暑い夏に火照った体を中から穏やかにしてくれるへちまスープ ヘチマの皮をむき1cm程度にスライスします。とろけて小さくなりますし種も柔らかく美味しいです。皮をむいてからへちまを手早く切らないとヘチマの表面が変色します。食べるには問題ないですが知らないと傷んだよ [続きを読む]
  • どうやら今年は自家栽培のスイカを食べられるかも
  • 見えますでしょうか? 投資金額300円販売時期後半の処分苗3本で300円を植えました。家庭菜園などと言うものでなく一畳菜園の放置栽培にミニトマト2種とスイカ三種とへちま、ゴーヤのグリーンカーテン&食用です。出足の育ちが悪く当然育てる知識もなくただ見ているだけの放置栽培でしたが暑い日差しが続く今日この頃にようやく良い雰囲気が見えてきました。マンボウさんの受粉を真似てスイカのついに実が育っています。ごちゃごち [続きを読む]
  • 6日連勤クリア翌日休みに溜まったブログをのせま〜す。
  • 6月末に出かけたテンカラ釣行です。 そこそこな型揃いで幸運な釣りが出来ました。水量は少なめですぐに走り出す中での釣果はとても満足しました。 このおかげで夏の繁忙期をなんとか乗り越えようと勝手に思っています。ついでにこの時期にデッキの防腐剤を塗り替えました。^^;ここで蚊取り線香を焚いて夜空を眺めて酒を呑み、釣行の情景を浮かべます。これも沢に行けない時の楽しみ方です。(笑) [続きを読む]
  • 暑くなる前の先日にキャンプ場へ ストレス解消にいつもの空間へ
  •  多忙になる少し前に毎度ながらいくら吸い込んでももっとと思うほどに気持ちの良い空気です。ただただ穏やかに過ぎる時間を鳥たちや動物たちや沢音共に浸る・・・・・・・疲れが身体中から抜け出ていく感触を味わうのは何とも言えないです。 夜は肌寒い時期でしたので寒がりの自分にストーブを入れてくれました。^^; 朝からお酒漬けとなり気が向けばぶらぶらと散策して回ります。 家では三食食べる気にならないのですがここではご飯 [続きを読む]
  • 手入れを怠っている庭の作物たち(笑)
  • ミニトマトは背丈以上に大きくなり 少ないですがごちゃごちゃに育っています ゴーヤとへちまはネットの上部まで伸びてきました。もっと広がる事を何もしないくせに願っています。^^; スイカが苗が三本ですがようやく一つそれらしき実がついてます。(笑)トマトは1m程しか離れてないのに育ち方は全く違っています。自分には分かりません(笑)でも日々楽しみにしています。ズクが無いので仕方ないですね(笑) [続きを読む]
  • 昨日縁有って那須まで鈍行で出かけてきました。
  • 出かけたのは東京から那須塩原までと初めてのルートです。電車の扉を手動で開けるのも初めての経験でした。久しぶりの駅弁と地元の学生さんやお客様の視線を無視してのお食事です。 訪ねた先はキャンピングカーを作っている職人さんのお宅です。キャンピングカーが欲しいよ〜^^;リトリート 隠れ家 です。実は別件で車を分けて頂く事となり取りに出かけました。工房の前の隠れ家にご案内頂きいろいろと情報を頂き脱線しつつも楽し [続きを読む]
  • キジ毛鉤切り分け&ぜんまい胴剣羽根毛鉤
  • 雑誌を眺めているうちに以前より途中になっていたキジの羽を切り分けました。伝承毛鉤を好む自分としてはこの先も巻きたい伝承毛鉤ですが羽の入手も実際は難しいです。雉は雄と雌の両方を入手しており少しずつ楽しんでおります。沢に出かける機会が少ない時期は毛鉤巻きが楽しいです。 自分の毛鉤はハックルさんから学ぼうと頑張るもなかなか難しく日々苦戦中です。 伝承毛鉤は和風テンカラに似合うと言う拘りから、巻かなけ [続きを読む]
  • 梅雨前に庭木の剪定を終えました。&もみじ?楓?
  • 我が家にはもみじが三種植えてありそれぞれ違った葉っぱの形です。如何にももみじで好きな葉の形です。「かえで」の語源は葉の形が蛙の手に似ていることに由来し、万葉集では「もみじ」と共に「かえるで」の表現があります。植物分類上はカエデ科カエデ属に属する樹木盆栽関係ではこれを区別して使っています。イロハモミジのように葉の切れ込みが五つ以上のカエデ属だけをモミジと呼び、その他のカエデ属をカエデと呼んでいます。 [続きを読む]
  • こころの森へ出かけて心を癒してきました〜
  • すべての時間が心地よい空間に浸れます。ストレスが限界を超えているのかと思います。(笑) 3日ほどのんびりと森を散策したり美味しいお酒を頂いたり。草刈りの手伝いをしたりと日常を離れた心地の良い時間を過ごせました。自然は身近に感じることが大事ですね。 科名:キンポウゲ科/属名オキナグサ属和名:翁草/別名:ネッコグサ、猫草/学名Pulsatilla cernua地元の呼び名が「川原のおばさん」・・・(笑) [続きを読む]
  • 真の手巻テンカラ毛鉤
  • 真の手巻→バイスを使用せずに指先で毛鉤を巻きます。使用する道具はシザースのみです。スレッドと針とハックル他毛鉤材料と現場で巻くことが出来ます。沢で出会った鳥の落とした羽などコンパクトに巻けます。 ややハックルが少ないですが我ながら指先は器用と感じました。(笑) 念には念をテンカラ仕掛けも再点、検竿先のリリアンに瘤を作らない山女魚さんの「テンカラ竿の2重結び」で仕上げました。テンカラ竿の2重結び [続きを読む]
  • シーズン初 時短 燻製!!!岩魚、山女魚、チーズ、いぶりがっこ、
  • 渓魚の燻製です。今回はソミュール液や塩ふりを全くせずに時短燻製です。味付けの下ごしらえはしません。やや高温で一気に燻製にします。 腹に割り箸を入れて開いた状態にします。 温度は70℃まで上げました。その後にチーズを燻製にしましたら温度が高すぎてちょつと形が崩れてしまいました。(笑)もっともこの程度ではチーズの美味しさは変わりません。 味付けの無い分お酒のアテですがマヨネーズにたっぷり七味をふりこれ [続きを読む]
  • 鉈の柄を鹿角に交換。念願の手作り
  • 先日のハックルさんのコメントにハックルさんの14年年末に手作りしていました鹿角の柄を見直しましたらそのコメントに自分は見習って鹿の柄を作りたいと書いててなんと2年も経ってもまだ作っていません。^^;そこでGWの中休みに念願の鹿角の柄にチャレンジしました。 最初の写真が以前に革砥を作った時の小振りの鉈です。鹿角も使えそうなものが有りサイズ取りをして切りました。注意事項はハックルさんのブログを参考にさせて頂 [続きを読む]
  • 会議前にお参り 湯島天神
  • 湯島天神は、学問の神様で知られる菅原道真公を祀る、関東を代表する天満宮。会議の前に時間が有りましたのでお参りしてきました。早い時間に澄んだ空気の中で訪れていた中学生のグループにシャッターを5枚も頼まれました。何年ぶりでしょうかシャッターを押していただけますか?ってやたら新鮮でなつかしくシャッターをきりました。 神社仏閣も好きなので立ち入ると物凄く気持ちが落ち着きます。会議前の少ない時間でした [続きを読む]
  • 成田空港に飛行機を見に行ってきました。八重桜満開の晴天に心地良く
  • 国際線の離着陸を見て参りました。ゴールデンウィーク前ですがそこそこの人出でにぎわっておりました。ファン間では有名な桜の丘公園でのんびりと眺めておりました。マニアの方は受信機で聞きながらの撮影です。私はマニアさんの見る方角を追っている状況です。(笑) ラジコのヘリではありません。(笑) 満開の八重桜と国際線・・・わくわくすると同時に出会いと別れが脳裏をよぎります。 今回は穴場も含めて3か所見てきまし [続きを読む]
  • 渓流釣り、キャンプに必需の鉈を手入れする。熊へのお守りにも
  • 数十年かなぁ〜長年アウトドアーを支えてくれた刃物の鉈を手入れしました。いつもは刃先を砥ぎ直して終わるのですが先日の釣行で鉈の上部が傷だらと横にせり出していたのでこれは次回までに手入れをしないといけないと思っていましたので今回はしっかりとメンテしました。ついでにこの機会に鉈の名称を学習しました。(今さらですが〜笑)サンダーで使える目の細かい磨き専用のが有りましたので真っ黒になってハンマーのうち傷などを [続きを読む]
  • テンカラ毛鉤 甲州黒森毛ばりを巻く (よく釣れる らしい)
  • 重量多めの長竿にちょうちん仕掛けという甲州黒森毛ばり。針先が常に上を向くのがこの特徴。毛鉤のコピーが有りましたのでチャレンジして巻いてみました。 針のふところから太いハリスが出ている毛鉤です。 ハリスは懐ですから内側と捉えて巻きましたが・・・(これが伝承の甲州黒森毛ばりだと思います) やや不安な部分もあるので試しに針の外側からハリスを出したものも一本巻きました。源流用に仕掛けを2セット作り置きして最盛 [続きを読む]