幻の渓流師 さん プロフィール

  •  
幻の渓流師さん: 幻の渓流師&レオ
ハンドル名幻の渓流師 さん
ブログタイトル幻の渓流師&レオ
ブログURLhttp://keiryuushi.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文幻の渓流師とラブラドールのレオと楽しい戯言
自由文やや多趣味?で犬好きで渓流釣りが好きなアウトドアーマンがあれやこれやと日常を自己満足に語ります。(^^;)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/05/13 15:39

幻の渓流師 さんのブログ記事

  • 初めて解禁に沢視察 寒すぎ
  • 今まで解禁に沢に出かけたことが無かったのですが初めて出かけましたが寒すぎ!!! 釣り人は見かけませんでした。流石にこの状態では寒すぎて駄目です。根性なしなので・・・蕎麦ぶちの師匠の古代村にお邪魔して常連さん達と美味しい日本酒に浸っておりました。(笑) これが以前より憧れていた風景でようやく叶いました。みなさまありがとうございました。何の解禁だか分かりませんが・・・翌日は帰路につき春の庭に戯れておりました。 [続きを読む]
  • 超手軽!!!メインのテンカラ仕掛けを改めセットました。
  • ラインは SANSUI RS-P4 ピンク 3.3m+1.0m 1号竿には以前にまねて手作りしたストッパーで止めて源流での移動に対応した方法とフックを取り付けて手作りした仕掛け巻きを使った方法を準備しました。どちらを使うかは現地のロケーションに寄り都合の良い方法を選択します。どちらも簡単に携帯できて切り替えが簡単です。移動が激しく枝が多い場所、ある程度開けた場所で移動が少ないのかなどなど・・・ 仕掛け巻きは毛鉤フックの外側 [続きを読む]
  • 2017渓流解禁に心弾む春 貴重 雉のテンカラ毛鉤 沢長も完成
  • シーズン開始に雉の羽を一生懸命切ってます。(笑)まぁ!スロースターターの自分は毎度この調子ですけどね・・・(笑)どうも雌は貴重と言うことで雄中心にカットしています。 なかなか切り終えませんがこれも良しとしましょうって一度に使う訳でもないのですから^^;ちょこっと巻いてみました。出かけるまで何本か巻いて行きたいと思います。 先日の沢長は材料箱に前回に使用した胴長に用意したかかとのフェルトが有ったので付け加えて [続きを読む]
  • 手づくり渓流用長靴「沢長」フェルト貼り替え
  • 先日のシューズに続き沢長もメンテしました。今回は当初作ったものに替えて底との間に3mmのゴムシートを入れました。 左が作った最初の写真で靴底に厚めの硬質スポンジを入れたのですが多少歩くときの安定性に欠けていました。材質の硬さと厚さに合わなかったので薄く硬いゴムに変更しての貼り替えを済ませました。気になっていた部分は改善されました。しばらくはまた活躍してくれそうです。渓流での手軽なサンダル感覚での使 [続きを読む]
  • 昨日の雨に渓流仕掛け巻きを追加&動画観賞と旨い酒^^;
  • テンカラの仕掛け巻きを物まねでマルカンを付けました。ただ市販品の真似をしたものでコストの節約ですね。半透明な部分はボンドで止めた部分です。ネジのはみ出しを危なくないようにしたものです。市販の仕掛け巻きに手を加えた物ですがこれ自体も市販されています。値段が違うので節約しました。^^; 何種類か使用していますが手軽で安いので一番多く所有しています。マルカンに毛鉤をかけて巻きます。よく見かけるものです。今 [続きを読む]
  • 春の訪れとともに衝動を抑えきれなくなりました。誤解無きように
  • 毎度のことながら季節の初めに道具の準備は皆様同様に少しづつしております。今年も出かけるまでにはもう少し先になりますがあちらこちらとブログを眺めては気持ちを昂らせています。先日はシューズのフェルトも無事に交換は終了とラインのチェックもと釣りの道具箱をかきまわしては準備を楽しんでいます。当然気が向けばキャスティングの練習・・・・・・・延べ竿のテンカラ・そして二本あるテンカラ竿といろいろな角度と距離からキャス [続きを読む]
  • 解禁寸前にシューズのフェルト交換完了 詳細にUPしました。
  • 渓流シューズのフェルト交換を購入店舗に依頼しようと思ったのですが結局コストの節約に自分でやっちゃいました。(^^)/ブロ友さんやネット先生を参考に自分がやるとこうなりましたぁ〜〜〜 靴底を丁寧に温めてペンチなどで丁寧に古いフェルトを剥がしていきます。下地を強引に傷めないように少しづつ剥がします。ドライヤーよりも自分は付きっきりでファンヒーターを利用これは良いと思いますが溶かしてしまう危険が有るので要注 [続きを読む]
  • この酒半端ない!!! これは美味い!!!
  • 先日は東京ど真ん中で会議&研修です。毎度ながらの景色に最高の天気と気持ちは会議に有らず。(笑) いつもですがね。 頂き物です。こんなにも味わいと深みのある焼酎は初めて口にしました。とても強い酒ですがとても割る事が出来ません。少量口に含み舌の上で転がします。この瞬間がなんとも美味い!!!そして少し水を含み和らげてから頂きます。山形の酒で入手が難しいとのことです。機会が有りましたら是非お薦めします。 限定の [続きを読む]
  • レオ蔵の別荘?の屋根交換リフォームと燻製器の網交換+燻製
  • 左脇に有るホースリールの下の板が傷んでしまったレオの別荘?の屋根です。燻製器の外回りはメンテ済みなので金網の傷んだものを交換しました。 レオ蔵君はほとんど別荘には行かずに本宅で寛いでますので別荘は私の物置と化しています。綺麗にすると気持ちが良いですね。^^; 久しぶりの燻製で開始時刻は2時半ごろです。パワーコントローラを付けて電気コンロのチップにスイッチONです。 出来上がりは19時半ごろです。月明か [続きを読む]
  • 懐かしき!!!vひと昔前???の山泊まり+野天風呂(元気でしたね)
  • おおおっっっ!!!実に懐かしい元気な山泊まり釣行のころ(笑) 山で風呂に入ろうなどといつもいつも元気なことを試みていましたね。今はもう駄目です(笑) 流木に石組みをして即席の湯船を作り後はひたすら焚火で湯を沸かして入れるだけ。やや熱めの状態で入ってちょうどいい冷めたら湯を足す・・・何が楽しいのか・・・空を眺めて・美味しい魚を食べて酒を呑み・星を眺めて湯に浸かりのんびりと過ごす。何をしたかったのでしょうかね(笑) [続きを読む]
  • 冬の栄養補給は甘酒ミルクです。
  • 八海山の酒粕、良い酒粕が手に入ったので甘酒よりも栄養価を高めて酒粕ミルクです。ラテもオシャレな響きで良いのですが泡立てる手間が有るので酒粕ミルクです。酒粕100gにミルク400〜500ml、砂糖30〜40g好みで加減、塩をほんの少々後は火に掛けてゆっくりと溶かせば出来上がりです。 飲みすぎに注意な程に美味しい(特に甘党には)暖まります。飲む点滴、簡単ですのでお勧めです。 [続きを読む]
  • 2016-2017 年末年始にごつ盛り蕎麦を満喫+銘酒を頂きました。
  • 普段は贅沢なので頂かない酒も年越しと新年は御馳走になります。だって休みは二日間だけで働き続けてるのですから・・・・・・・(笑) いつも使っている魚沼の蕎麦です。友人から送っていただいてる粉です。現地の蕎麦屋さんが主に使用している蕎麦粉を頂戴しています。真ん中の写真は高価ですがふのりです。へぎそばに使用します。 蕎麦粉は石臼挽きと製粉機で二種、機械挽きは細かさを#60。 2017年を迎えてまた一年の穏やかである暮ら [続きを読む]
  • 渓流歴が長い割りにはテンカラの事をよく分かっていない。
  • どうも雑誌などで断片的にテンカラを知っている程度で実はテンカラの基本を良く知ってはいないのでは・・・そこでこのオフには初心に立ち戻り本などを読んでみようと・・・渓流釣りの実地は多くして参りましたのでテンカラに直結する部分の知識の再確認に「堀江渓愚著 精鋭たちのテンカラ・テクニック」をネットにて格安購入。結構楽しみな気分です。 そして懐かしい音楽と旨い酒(禁酒中ですが)とすべてが効率よく参りましょう。この [続きを読む]
  • インパクトドリルのバッテリーがお釈迦に、もう十年使用
  • 今までウッドデッキを作ったりと長いこと使ってきたインパクトドリル、少し前もキャンプ場のオーナーさんから部品取りを一台頂き修理して(前回の修理ブログ)使っていたのですがついにバッテリーが駄目になりました。いずれはこうなるもののなると辛いですね(笑)新品のインパクトも購入したかったのですが14000円ほどする機種が希望の物の最安。これはこれで日立でCP最高と思うも使える3台を処分することも寂しいのでNi-CDのバッテ [続きを読む]
  • 細切り 外一 蕎麦ぶち
  • 寒い時期の蕎麦は特に好きです。この時期の水の温度が低いのでこれが蕎麦に良いと自分は考えています。時に満足のできる出来です。 解禁際までは良い練習が出来ます。←毛鉤巻きではありません(笑) [続きを読む]
  • 防腐剤を塗り残した庭先の椅子などをメンテ、終わると気持ちいい。
  • すっかり冬の準備が進んでいる庭の木々も温暖の差にうろうろしています。関東も早い雪が過ぎたらまた暖かく11月中旬の気温そしてまた真冬に逆戻りと??? 先日ウッドデッキの防腐剤を塗り終えたのですがテーブルなどの小物はメンテが遅れていました。年内に終わらせたかったのでこの風の日に頑張りました。愛用のテーブルとイスです。真冬でも陽射しのある日などはここでのんびりと温かい飲み物を楽しんでいます。艶が出て、まるでや [続きを読む]