クローバー さん プロフィール

  •  
クローバーさん: 春夏秋冬いつもそよ風
ハンドル名クローバー さん
ブログタイトル春夏秋冬いつもそよ風
ブログURLhttp://ameblo.jp/megumico-agri-s
サイト紹介文お日さま、海、大気…、私たちは自然環境を共有している仲間たち。みんなで大切なものを確かめましょう。
自由文今、守っていきたいのは大自然と人の心…。青空、風、みどり、日差し、花、そして農作物、四季折々の自然がくれる宝物がエコの心を誘います。ここは自然豊かな信州の小さな部屋。どうぞお越しください…。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2008/05/13 22:55

クローバー さんのブログ記事

  • 病害防除への更なる挑戦
  • 「危機管理をして収益確保を」今日は時折雪が舞い、夕方、大降りになってくると、夜には大雪注意報が出されました。二晩続けて、夜越しの雪。春にはまだ遠い信州です。ようやく、昨年の試験データ整理がひと息ついた週末でした。それぞれ大まかなまとめをした後、細かい分析をしてみると、面白い結果にも気づきます。一年追ってきた作物との一期一会。もう存在しない風景ですが、写真を見ながら、思い出すその時です。今年は、どん [続きを読む]
  • 春紅玉「スマートフレッシュ」&「ピンクレディ」
  • 「春まで食べられるリンゴ」いつものように何気なく、小布施町のハイウェイオアシスの直売所に寄って、リンゴを買ってきました。この時季、販売されているリンゴは、「ふじ」か「シナノゴールド」ですが…、小さな「ピンクレディ」を発見。贈答には送るものの、しばらく食べていないので、買うことにしました。ピンクレディは、栽培の登録が必要なリンゴ。(写真右)2006年春、ピンクレディ協会が発足し、商標登録されたピンク [続きを読む]
  • 「キュウリ」…今年の現地スタート
  • 「ネコブセンチュウ対策、順調なスタート」昨日、育苗センターで「トルコギキョウ」の苗の様子を見た後、キュウリの生産者様の元へ、今年最初の生育チェックに行きました。昨年は、今頃から生育不調なキュウリが部分的に目立ちはじめて、資材の追処理をしましたが、それがネコブセンチュウ害だったと分かったのは、収穫後、根を堀り上げた時でした。 ★キュウリの初回チェック http://ameblo.jp/megumico-agr [続きを読む]
  • 「トルコギキョウ」…播種から一ヶ月
  • 「小さな芽…花へと生育スタート」トルコギキョウの播種から一ヶ月余。潅水の時間に合わせて、状況確認に行きました。日曜でもあまり混んでいない高速道を北信へ。トルコギキョウと併せてキュウリの状況も確認して、ひとまず気になっていた生育チェックポイントはクリアです。 ★トルコギキョウの播種 http://ameblo.jp/megumico-agri-s/entry-12248489044.html トルコギキョウは、一ヶ [続きを読む]
  • 拓く力…「海賊と呼ばれた男」
  • 「日本を今につなぐ人々…」少し前のことですが、本屋大賞を受賞した百田尚樹氏原作の映画「海賊とよばれた男」を観てきました。なかなか時間がとれず、今回も上映最終日に飛び込み…。迷いながら、でもHPに企業家の皆様がコメントを寄せていて、自分にとっても観る価値がありそう…そんな感じで、平日昼下がりの2時間半を映画に集中しました。この映画のモデルは、出光佐三氏。出光興産の創業者です。実在の人物の生きざまを記 [続きを読む]
  • 「アボカド」活動開始…!
  • 「冬から目覚めたアボカド」春めいてきました。今日は、風が強く、寒さを感じましたが、間違いなく春はすぐそこ…。野の花や、木々の枝がそれを知らせています。キッチンで冬を過ごしたアボカドも、目を覚ましました。種から育てて、今年は、確か4年目を迎えるアボカドです。     ★国産アボカドに期待         http://ameblo.jp/megumico-agri-s/entry-12082892905.html高さ、72cmくらい。ずいぶん大きくなり [続きを読む]
  • くまモン、お誕生日おめでとう!
  • 「郷土の伝統を守る“ピカイチ”ゆるキャラ」今日は、くまモンのお誕生日とか。大活躍のくまモン、「お誕生日おめでとう!」九州新幹線の全線開通の日が、くまモン誕生の日。くまモンの活躍は、誰もが知るところで、様々な郷土の特産品をPRしてきましたね。突然、大地震の被災地になる中で、ゆるキャらの本領発揮しどころは、復興への意欲を支えるポジティブな明るさです。   ★くまモンオフィシャルサイト http://kumam [続きを読む]
  • 6年後の3.11…自立を求める国
  • 「一人一人が生と死を考える日」東日本大震災から6年の今日。考える日…「3.11」を過ごしました。あの日、私は、長野市で行われた講演会の最中に大きな揺れを感じました。あれから6年。今日は、地域でさまざまなイベントが開催されていました。私は、「第3回高齢協講演会」を選んで参加しました。主催は、長野県高齢者生活協同組合東信センター。2012年に取材させていただいた「米ちゃん弁当」の運営母体です。   ★ [続きを読む]
  • 春一番の顔…「ギガンジウム」
  • 「いつもの春…その日常のありがたさ」三寒四温…本当に天候の変化や寒暖の差の大きい季節です。虫たちが動き出すという啓蟄を過ぎ、農業の現場は農繁期への助走がはじまっています。長野県の防災ヘリの墜落事故から3日目の朝は、薄い雪化粧。今日の地方紙のお悔やみ欄には、その多くが80代90代である中で、30代で若くして亡くなられたお二人のお名前が並びます。春が来るのに…。わが家の芽吹きは、毎年「ギガンジウム」か [続きを読む]
  • 根からつながる命・・・
  • 「養分を摂ることからはじまります。」昨年、栽培された作物の写真整理をしています。様々な試験をして、得られたことは盛りだくさん・・・。春から秋まで、インプットし続けたものを、まだアウトプットできずに温めています。昨年は、作物の病害と、根の伸長の姿が印象的でした。土の養分吸収をして健全に育つ作物は、養分を吸収する根の存在が、生きる底力になります。 &n [続きを読む]
  • 「小さな一輪…「ビオラ」
  • 「小さな春…小さな花」寒暖の差が大きい信州の気候。昔は、冬、花を育てるなんて考えられなかった気がしますが、近年は、耐寒タイプの花の品種が増えて、雪の中でも力強く生きています。 わが家のビオラは、かわいい花を咲かせました。種を遅く播いたため、ちいさなちいさな株で、まさかもう咲くとは…。雪の降るこの季節は、プランターの上をビニールで覆ってあります。即席のビニールハウ [続きを読む]
  • 「キンカン」を蜂蜜漬けに…
  • 「天然サプリ…効能を効率よく」今年は、「定位置管理」と「ちゃっちゃとやる」を心掛けています。それは、「整理」と「仕事を溜めない」ことにつながります。(なかなかできませんが…)今日は、キンカンの加工。子どもの頃から、疲れの影響がすぐに気管支にくるタイプだったので、のどに良いキンカンを蜂蜜漬けで保存しました。引き延ばすと、生で食べて終わってしまうので、よし!やる! いつもは、皮に竹串を刺して穴を [続きを読む]
  • 「藍(あい)」を育てて愛の染めもの
  • 「藍を育てて手づくり藍染プレゼントに…と」暖かさを感じる一日でした。天気が続いていますね。明るい陽射しに春を感じると、今年は何を育てようかと、庭や畑の植物に気が向きます。先日、藍の種をいただいてきました。夏から秋に、佐久市岩村田商店街の八十二銀行前の歩道を歩くと、鉢植えの藍を観ることができますが、「藍染用の種」無料配布の新聞記事を見て、種を配布されている岩村田商店街の岩崎呉服店様を訪ねました。&nbs [続きを読む]
  • 「トルコギキョウ」の育苗試験開始
  • 「立枯病対策への挑戦…」先日、今年の栽培試験の設置をしてきました。長野県が日本一の生産量を誇る「トルコギキョウ」の試験です。長野市に隣接する千曲市(旧上山田町)力石は、日本で初めてトルコギキョウが栽培された地域。降水量が少ない地域なので、栽培がはじまった昭和25年頃は露地で栽培されていたそうです。トルコギキョウは、県内各地で栽培されていて、注意する病害としては「立枯病」が筆頭に挙げられます。今回の [続きを読む]
  • 杉浦太陽さん…中野市「食の大使」に
  • 「中野市がまたまた攻めの企画で、魅力を発信」信州・中野市は、長野県の北部に位置し「エノキダケ」生産量日本一を誇っています。農業県長野県には、レタスやセルリーのように、専業農家が多い大産地と、稲作とともに他の品目を栽培する地域があります。中野市は雪国であるため、冬はキノコ、春から秋に野菜、果樹、花と多品目を栽培する生産者様の多い地域です。この度、杉浦太陽さんが中野市の「食の大使」に任命され、昨日は就 [続きを読む]
  • 健康飲料?「豆乳&酒粕&蜂蜜」
  • 「毎日飲んで、腸の健全化」 自分で起業すると、自分の代わりのいない仕事になります。美容室、開業医、モノづくりなど、技術に関わる仕事が多いでしょうか。自分が病気になったら、止まってしまう仕事です。残業とか、有給休暇とか、労働基準法に遠い自営業、零細も。健康でいることへの責任や意識が強くなる環境です。私もそのひとり。「毎日続けている健康法、ってある?」と、よく聴かれます。いつも元気だと思われている [続きを読む]
  • 「フナの日」は小鮒の甘露煮を
  • 「小鮒の甘露煮は、水田の健全な生態系の恩恵です」「フナの日」と聴けば、地元佐久地域特産品の「小鮒の甘露煮」の出番です。この日にちなんだイベントや商品の販促があるのかは知りませんが、ちょっと意識して一日を過ごしてみることにしました。フナ甘露煮食べたことある?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう地方情報紙に記事を書いてから10年。年月の流れは世代を代えて、小鮒の生産も加工も、家業が引 [続きを読む]
  • 大雪の「諏訪大社本宮」
  • 「神聖な雪の中で、一年を祈る…」立春を過ぎて、暦の上では春ですが、2月は本来、厳寒の月。昨日訪ねた諏訪地域も、大雪になっていました。。雪の無い季節は、白樺湖経由で行く原村・富士見町ですが、大雪の予報で上信越道、長野道、中央道の3つの高速道路を乗り継ぐルートで…。姥捨SA辺りから雪が舞いはじめ、塩カルを撒く作業車と走りながら、目的地に着く頃には大粒の雪になっていました。諸用を済ませ、帰りに諏訪大社へ [続きを読む]
  • 一緒に暮らす花たち
  • 「花が咲きました。」ここ数日、外出から部屋に戻ると、ヒヤシンスの香りで迎えられます。なんだか、いい感じ…。買った時は、ピンクとブルーだったはずが、蕾が顔を出すと、なんと、2株とも薄紫。え、え〜。そんなのあり…?一瞬、損した想いが走りましたが、花咲くごとに強くなる香りに、「許す…」。ひとつは問題ありですが、もうひとつは花が大きくなってきて、きれいです。   ★ヒヤシンスの今 http://ameblo.jp/meg [続きを読む]
  • “ぴんぴんころり”は無理なのかも・・・
  • 「健康でいても、最期はどうなる…?」 地元、佐久市には「ぴんころ地蔵」があります。高齢化が進む流れの中で、「健康で一生を終えたい」という観光客が全国から訪れています。 長野県は、長寿県。予防医学の取り組みの成果があり、健康づくりのモデルケースとして折々に紹介されています。特に、食生活では、「食べるもの」「食べ方」において、豊富な農作物、減塩が大きなポイントになっています。    ★長寿食のために [続きを読む]
  • 踏絵…「沈黙ーサイレンスー」
  • 「グローバルな時代だから、寛容の文化を」心身の休養の週末・・・。映画「沈黙ーサイレンスー」を観てきました。江戸初期のキリシタン弾圧を扱った長崎が舞台の大作。遠藤周作氏原作を、マーティン・スコセッシュ監督が映画化したものです。この映画によって、遠藤周作氏が亡くなられてもう20年になることに想いを馳せました。10代半ば、遠藤周作氏、北杜夫氏、阿川弘之氏、佐藤愛子氏の交遊録を面白おかしく読んでいたの [続きを読む]
  • 寒中お見舞い申し上げます。
  • 「一年で一番寒いとき…」「凍てつく」という言葉通り、真底寒い時季ですね。先週は、二度の大雪に伴う雪かきと、連日の出荷でくたくたの毎日。今週は、少し気を抜いて、溜まりに溜まった事務仕事をしています。入院中の家族は小康状態になり、温度の安定した病院の居心地の良さを善しとして、私はすっかり気が楽になりました。 澄み渡る青空の下にいると、凛とした空気に浄化される感じ…。生きていることを、全身で感じる冷気で [続きを読む]
  • 「君の名は。」と「新海三社神社」の新年
  • 「聖地のひとつ…深閑と」正月のブログの閲覧ページを見ると、「新海神社の初詣」が何日も上位にありました。   ★新海三社神社の初詣   http://ameblo.jp/megumico-agri-s/entry-10755749653.html 初詣で賑わう神社も、1月半ばとなると静けさを取り戻します。先日、お参りに行くと、二組の男女とご一緒しました。 おみくじを引くとき、神社の方に今年の初詣の賑わいをお聴きすると、やはり、すごかったことを話してくださ [続きを読む]
  • 「ヒヤシンス」の今…
  • 「膨らんできました…葉が生長中」冬の室内で静かに育っているヒヤシンス。昨年11月からの水耕栽培で、毎日、何気なく見ながら育てています。    ★ヒヤシンスの根       http://ameblo.jp/megumico-agri-s/entry-12218893080.html 12月半ばの様子。(写真上)葉が出てきました。内部は、どんな感じになっているでしょう。昨日のヒヤシンス。(写真下)ずいぶん膨らんで、葉が伸びてきました。春に向っています。 [続きを読む]
  • 「キュウリ」のネコブセンチュウ対策
  • 「どんな作物も根が大切…」今年の初出荷は6日で、幸先良く、初取引のJA様でした。命と向かい合う重苦しい年末年始を過ごしていた中で、日常がはじまり、7日は気を上げるために農業の現場を訪ねてきました。11月末まで収穫していた抑制栽培のキュウリの根の確認で北信へ。年末、掘り上げて連絡をくださり、ようやく伺うことができました。昨年秋は日照不足で、県内だけでなく、大産地の関東も含めて不振の栽培だったらしいキ [続きを読む]