岐神 さん プロフィール

  •  
岐神さん: ありがとう!極真!!
ハンドル名岐神 さん
ブログタイトルありがとう!極真!!
ブログURLhttp://ameblo.jp/power-point325/
サイト紹介文極真空手にまつわるお話。芸能情報。ロト6予想。日々の出来事のブログ。
自由文昔の極真時代1977年以降の話しは必見です。本部道場の稽古の恐ろしさがわかります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/05/18 09:56

岐神 さんのブログ記事

  • 「メッセージ」
  • 先日「メッセージ」を観た。 客席には80名ほど。年齢層は中高年が多い。 20代少な目(総席数156名)上映時間116分お昼間なのに結構混んでいる。人気があるのかな?さて本編。時間軸が出てくると理解不能に陥る。 観ている自分がどの時間軸にいて映画は何処に進もうとしているのか? 複雑になってくる。エイリアンも出尽くしたのか「蛸」になっちまった。 ネタギレか・・観ている者へのメッセージはなんなの [続きを読む]
  • 「ワイルドスピードICEBREAK」
  • 先日「ワイルドスピードICEBREAK」を観た。 客席には70名ほど。年齢層は幅広い。 (総席数155名)上映時間137分また作ったのか!この映画のカースタントは凄まじい。 ビルから落とす車も本物。よくやれるよな〜感心します。 しかし話が面白くなく肝心な潜水艦とのシーンは寝てしまった。 またメンバーが減っていたところも面白さが半減した要因。時間があったらまた観るか・・・監督指数 [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 410
  • 「先ほど練習したように、ただ動作だけを覚えたのでは体操みたいなものだ。 たとえば、ここに海外の支部長も参加しているが、 あの練習で覚えた型を国へ帰って教えるとカラテダンスになってしまう。 力の強弱が入ってないし、息の調節がはっきりしていない、 技の緩急も説明なしで、ただ形だけを覚えている。 極真の型はヨーロッパもアメリカも日本もみんな同じでなければいけない。 動きも、力の強 [続きを読む]
  • 「パッセンジャー」
  • 先日「パッセンジャー」を観た。 客席には80名ほど。年齢層は幅広い。 20代は少な目(総席数123名)上映時間116分さて到着約90年前に起きてしまった主人公。 この主人公は遊び方をしらないな〜。 自分だったら5000人の乗客の中から 素敵な女性を次々に起こしてハーレム状態にして王様気分で楽しむだろう。 船内も広くて面白そうだし、せっかくの一人自由時間を謳歌するだろう。へんちくりんな展開だが [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 409
  • 「また、立つ時はいつも首と顎をカバーするように立つということを私は強調する。 これは蹴りを出す時も同じです。これを忘れないで下さい。 また支部長たちは型の練習をしていた。 こういう動きだよ、とお互いに教えながら練習するのはいい。 しかし、空手の生命は、特に型の場合はなんと言っても 力の強弱、技の緩急、息の調節が大切です。 だから、どこに力を入れて、どこで息をして、 どう [続きを読む]
  • 「サバイバルファミリー」
  • 先日「サバイバルファミリー」を観た。 客席には15名ほど。レイトショーだからか。 中高年男性が多い(総席数156名)上映時間116分 レイトショーとは言え、がら空きの客席。客席は物語る。つまらないのかな?やはりつまらなかった。 題材は良かったのだが、 家族内の言い合いや他人との言い合いが思ったよりあまりなく、残念。 人間、極限状態になると他人の事は考えず自分本意になり他人と衝突する。 [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 408
  • 総裁講話では「正しい基本の稽古を」「今日、皆さんの稽古をみていて、ある支部の人達の基本の蹴り方が気になった。 蹴りをやるときに、手を下げて反動をつけて蹴っていた。 これは基本の正しい蹴り方ではない。 正しい蹴り方は、手の反動を使わずに蹴る。 例えばの話だが、万一捕縛されて手を縛られた時、 手が動かせないから蹴りが出せないということでは困る。 手と足は関係なく動かせなくてはい [続きを読む]
  • 「破門 ふたりのヤクビョーガミ」
  • 先日「破門 ふたりのヤクビョーガミ」を観た。 客席には20名ほど。 中高年女性客が多い(総席数86名)上映時間120分微妙な面白さ。主役二人の台詞の掛け合い。面白いんだけど何かが足りない。関西弁のテンポかな〜音楽かな〜。奇想天外でもないし、佐々木蔵之介、横山 裕、橋爪さんの芝居も悪くないんだけど微妙なヤクザコメディ映画。暇な人は観て下さい。料金は合うかどうか微妙です。監督指数 & [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 407
  • 総指揮 大山倍達総裁 隊長 横溝玄象 副隊長 北本久也 アドバイザー 河岡博寛 班長 一班 杉村多一郎 二班 石田伸太 三班 柚井知志 四班 南 富美夫 五班 神尾伸幸 6班 南 和幸 壮年部 景山 仁 女子部 柚井ウルリカ 少年・中等部 鈴木龍彦 事務局 林谷拓之 大平雅裕 支部長 河岡博寛 金田和美 中村 誠 浜井良明 木元正資 松井章圭 他 海外支部長 [続きを読む]
  • 「ドクター・ストレンジ IMAX3D」
  • 先日「ドクター・ストレンジ IMAX3D」を観た。 客席には50名ほど。 中高年男性が多い(総席数210名)上映時間115分がら空きの客席。無名俳優主役だからか・・・映像は凄いが内容が今一。魔術と睡魔の戦いで睡魔が勝った。寝ぼけ眼でみたら続編のお知らせが目に入る。やっぱり主役は大事かな。続編もきっと睡魔との戦いになるでしょう。昨日は睡眠十分だったんだけどな〜。どれだけ起きていられるかが勝負だ!監督指数  [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 406
  • さて第9回全日本ウエイト制大会は予選も含め 6月19日〜21日までの三日間、大阪府立体育会館で行われた。 結果は 軽量級 優勝 山本健策 準優勝 有永浩太郎 3位 谷川 光 4位 阪田 徹 中量級 優勝 川本英児 準優勝 青木英憲 3位 小川俊一 4位 竹森 毅 重量級 優勝 田村悦宏 準優勝 南 豪宏(白蓮会館)3位 根本清志 4位 木元正資 残念ながら本部勢でベスト8まで行ったのは杉村だけだった。 特に [続きを読む]
  • 「新宿スワン Ⅱ」
  • 先日「新宿スワン Ⅱ」を観た。客席には15名ほど。20代が多い。テレビのCMで大ヒット中!の割に人が少ない。(総席数56名)上映時間133分この作品パートⅠ も観たかったが時間がなく観れなかった。やはり続き物は観とかなきゃ駄目ね。山田孝之の芝居が見たかったな。娯楽としてはマーマーかな。アクションはちょっと現実味がなくてやり過ぎ。現場は非常に楽しいだろう。お姉ちゃんがあんだけ現場にいたらウキウキになるだろう。一人 [続きを読む]
  • マイブーム!
  • ドラマ「突然ですが、明日結婚します」に出演中の西内まりやに 「神谷さんとは・・・」 このようなセリフにドキドキするのは自分だけでしょうか・・・。 「仮面女子」メンバー 神谷えりな 殺害予告そして自分はゴシップ誌のネタになり・・・ 神谷ブーム到来か・・・ なるべく楽しい話題が良いですね。むふふ。 [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 405
  • 自分は映画の仕事が7月になったので6月は少しだけ稽古に出る。 6月6日(土)2部 ホセイン指導。基本の途中で何故か鼻血が出てとまらなくて困った。 9人とスパークリング。左上段で2〜3人倒す。 6月13日(土)2部 自分が指導。スパークリング黒帯5人。色帯、白帯合計10人。計15人。 疲れて最後の白帯に手子摺る。 6月25日(木)3部 南先輩指導。窓を閉めきっていたのでキツかった。 黒帯は松江・仲・横溝先 [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 404
  • 帰国したのは5月下旬。 「オーストラリア空手紀行」として 1992年9月号パワー空手に掲載されている。 第9回ウェイト制も近く、本部からの出場選手も決まっていた。 軽量級は加藤雄作・黒田都士・馬場俊弘・神尾伸幸・大沢克巳・米田 豊。 中量級は鈴木龍彦・南 和幸・福田 勇・岩谷健司・高橋千治・知久良広。 重量級は石田伸太・杉村多一郎・入沢 群・ケイナン・イタイ。また丁度この頃浅草に松井 [続きを読む]
  • 「ローグワン スターウォーズ IMAX 3D」
  • 先日「ローグワン スターウォーズ IMAX 3D」を観た。 客席には130名ほど。 年齢層は幅広い。(総席数210名)上映時間134分流石、第一作から40年近くが達ち物語は前後するので、 今や頭の中が整理出来ず理解不能。 しかし、映像や登場人物、兵器などは進化し続け色々なキャラクターが出てきて楽しい。 レイア姫は最近亡くなったけど、この映画には若き頃の姿で登場。&n [続きを読む]
  • 「土竜の唄 香港狂騒曲」
  • 先日「土竜の唄 香港狂騒曲」を観た。 客席には50名ほど。20代女子が多い。 生田斗真のせいか。(総席数234名)上映時間128分内容はどうであれ、三池さんは何でも出きるんだな〜と感心してしまう。この映画のギャグにどこまでついていけるかが楽しめるか楽しめないかの鍵になる。 虎にくわえられた生田斗真。二人?共に涙を流して落ちていく。 こんな発想は原作なのか、三池監督のオリジナルなのかわからないが [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 403
  • 有意義に過ごした5ヶ月。 色々な人達に会い色々な経験をさせて貰った伊師先輩。 極真空手、大山総裁に感謝しなければならない。出国ロビーには伊師先輩、伊礼、阿部ほか友人達が見送りに来てくれた。 「先輩、お世話になりました。押忍」 「神谷〜また来いな〜 まーお前ならまた来るだろう。」 「先輩また来てくださいね」 「あ〜また年末にでも来るよ。 みんなお世 [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 402
  • さて色々な事があったオーストラリアでの生活。 滞在も5ヶ月が達ち、そろそろ観光ビザも切れるので(有効期間6ヶ月) ニュージーランドあたりに出国してまた再入国するかどうか考えていた矢先、 日本から連絡が入り映画の仕事が入るから帰っておいでとのお誘いがくる。 ビザも切れるしお金もなくなりかけていたので仕事の為、 帰国する事にした。 [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 401
  • じゃん拳ぽん おんぶ大会。 かえり道バス停から家まで電柱ごとにおんぶをする。 自分は先輩との体重差があるので負けると不利だ。 坂道もあるし負けたくない。 自分が負けて先輩をおんぶすると脱力してくる。 「どうだ神谷、脱力すると重くなるだろう。ガハハ。頑張れ〜。これも補強のひとつ。稽古の一環だ〜」 「押忍」こんな事が沢山あり流石にどんな場面でもビビらずに腹を九九ってじゃん拳ぽん [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 400
  • 何十分もやってると疲れるので仕上げに入ると 「神谷、仕上げに入ろうとしているな。まだまだこのじゃん拳は続くのだ。ガハハ」 結局、一時間はこんな事をやっている。 お互い適当にやるので疲れが取れるはずもない・・。 [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 399
  • じゃん拳ぽんマッサージ大会もあった。じゃん拳して負けた方が相手の肩から腰をうつ伏せにしてマッサージをする。5分交代。数回負けるとマッサージも雑になってくる。すると「神谷、最初の頃と感じが違うな〜手抜いてるだろう」「押忍。そんなことありません。」 逆に先輩がまけると明らかに手を抜いている 「先輩も手を抜いていませんか?全然、気持ちよくないんですけど。わざとツボはずしてるでしょう。」「何言って [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 398
  • じゃん拳大会は色々な場面で使われる。 レストランで腹一杯食べても残り物がある。 酒も集めて一気飲み。 食材も集めて一気食い。 両方ともきつい。 しかしじゃん拳で負けたら飲んで食わなきゃいけない。 これまた恐ろしいじゃん拳ぽんだった。 [続きを読む]
  • 総本部黒帯弐段編 397
  • 「おっ神谷の勝ち〜。よ〜し、思いっきりこい。全体重をのせろ。おりゃ〜こい〜」 バシッ。 「お〜いいね。少し効いたがまだまだだ〜」 だいたい倒れるまでやらされる。 腹の殴り合いもあったが酔っぱらって腹叩かれると 戻すのでほとんど蹴り合いだった。この儀式の翌日の稽古はつらかった。 [続きを読む]