ムー さん プロフィール

  •  
ムーさん: 野人エッセイす
ハンドル名ムー さん
ブログタイトル野人エッセイす
ブログURLhttp://ameblo.jp/muu8/
サイト紹介文森羅万象から見つめた食の本質とは・・・
自由文(ブログテーマ)
食の本質と健康について
皮膚と表土と植物の仕組み
環境と健康を修復する協生農法
森羅万象の護身術
野人の食卓

肥料と農薬を使わない野菜と茶の販売
むー農園収穫体験ランチの案内
完全なミネラルバランスの塩作り体験
キス釣りと天ぷらランチの案内


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/05/18 23:49

ムー さんのブログ記事

  • 全面荒廃農地の谷へ進入
  •   昨日はNHKのディレクターと打ち合わせ、実践読者や原人のコメント取材があった。5月半ば、「おはよう日本」の中の「おはよう東海」で5分ほど放送するらしい。 詳細はまた後日。 その後、むー農園の地主さんのトマトハウスへ、原人は必要な情報を依頼。今日は原人と実験農園予算計画打ち合わせの後、実験農園探索に出かけた。 農業を放棄した荒廃農地は年々広がっている。農業とし [続きを読む]
  • おい・・・原人
  •   おい 原人・・・  そのズボン・・ 何とかならんのか  水曜の夕方から原人が伊勢に来ている。協生農法実験農園計画を進める為だ。事業計画、農地の選定など課題は山積み。 しかし・・この格好、何とかならんか・・ 原人曰く・・伊勢に数日滞在後、写人の結婚式、和歌山でヨットの試乗、そのまま関空から台湾の協生農法実験農園、その足でアフリカブルキナファソへ向かう。家に帰るのは6月 [続きを読む]
  • 老後がない野人 その理由3
  •  誕生から消滅までを・・子供から大人への成長期大人維持 繁殖期老化期この3つの期間で考えると・・ 繁殖出来るようになれば大人。植物も昆虫も魚も動物も繁殖の為に生き、長寿になるほど繁殖期間も長い。樹木、動物共に大人になっても成長を続ける種もあれば変わらない種もある。 草が最も進化した樹木は、実を付けるようになった時から老化が進んでいるかな?数十年、数百年生きる動物も、繁殖が始まった時から老化 [続きを読む]
  • 老後がない野人 その理由2
  •  野人理論にまったく矛盾はないが・・世界中の人が疑う余地もない今の常識、老化のパターン。 天動説を地動説に修正するようなものだな。 ひっくり返すには自らの体で示すしかないだろう。証明とまでは行かないが、参考として余興程度にはなるだろう。  その余興案は最後に・・ 何故老化するのか皆目わからず、いまだ研究中。わかっていることは、細胞がダメージを受けるから・・どうしたら細胞の老化を遅らせ、老化 [続きを読む]
  • 老後がない野人 その理由1
  •  野人に老後などなく、老後の心配などしたことがないと・・昨日の記事に書いたが、心底そのように思ったこともなく、老後の人生設計など考えたこともない。 いつまでも若さを保ちたいと願うのが人の心、その為にアンチエイジングなど多くの活動も生まれた。そもそもそのようなものがなぜ必要なのか、生き物である以上老化は必然。 自然に生きる動物にとって老化は死を意味する。以前のように動けなければエサが得られな [続きを読む]
  • 野人の恩返し
  •  海と山と川と高原に囲まれて育ったお野人。小学校の頃に海山で共に遊んだ仲間達は中学生になると親の言うことをよく聞くお利口さんになりお勉強、徐々に海山から遠ざかって行った。 高校卒業まで同じ遊びを繰り返し、海と山で狩猟の技を磨き続けたのはお野人だけだった。皆が頭を悩ませた受験勉強も塾の記憶もまったくない。本はよく読んだが、ノートも参考書もなく、家に帰ってまで残業もしないのだから毎日がバラ色だった [続きを読む]
  • 誕生日の訪問者
  •   先月、「雨の訪問者」で紹介した「愛子ちゃん一族」がまたやって来た。前回は雨だったが、お野人生誕記念日の今日は伊勢晴れ・・ まむし頭の髪の計らいで用意されたケーキタイムも賑やかになった。午前中はひよ子父娘が、毎年恒例の手作りのチーズケーキを届けてくれた。 愛子ちゃんは難病の筋委縮症で左腕が動かなくなったが、半年以上経っても落ちるはずの筋肉は落ちる気配がない。 長女、次女、次女の [続きを読む]
  • 読者報告 よかったね・・
  • 2週間前、遠くからお母さんが高校生の娘を連れてやって来た。 この子の皮膚の症状は痛々しく、どのような治療をしても治せず、悩み続けている。男だって辛いのだから女の子はもっと辛い。 野人は医者ではないから治療は出来ない。しかし復元理論は説ける。 出来るだけの事をしてあげようとするのが人間。しかし出来るだけでは・・結果は出ず不安も消えない。 だから、必ず復元する事を確約するが、それ [続きを読む]
  • 男達のむー農園収穫体験ランチ
  • ごぼう掘り天ぷら指導タンポポ ゴボウ ヤマウドの新芽お・・・美味しいな 足の調子も良くなり、荒れ放題だったむー農園の整備に取り掛かった。 今年の種蒔きはまだやっていないが食べ物は周年ある。ニラ、イタリアンパセリ、シマラッキョウ、ニンニクなどの多年草は草の中でも絶えることはない。 今日は農園収穫体験ランチ。男ばかりの体験ランチは記憶にないが、男3人でやって来た。こうやって見ると・ [続きを読む]
  • おにぎらず・・
  •    つい・・道の駅で買ってしまったこのおにぎり あまりにも 苦しくわけわからん 駄作の親父ギャグ・・ ああそれなのに それなのに 買ってしまったミーハーな我が身が情けない 漬けものをご飯に巻いただけの海苔巻き・・味は 海苔と 高菜と ご飯の味それなりに美味しいが予想通りの味カツサンド・・にすれば良かった スーパーの総菜も 予想通り 何度買っても予想通りでまったく美味 [続きを読む]
  • さらさらいくよ 日本の春
  •  さくら・・さらさら・・散るさらさらの木々の芽生え春の小川さんは・・さらさら 行くよ・・  花びら 乗せて  ここ数日・・真面目に、神妙に、お野人ギャグも控えめに記事を書き続けた。わき目もふらずさらさらと書いているうちに春が来た。 気がつけば何となく桜が咲き、さらさら散りつつある。山菜のヤマウドもイタドリもミツバもさらさら新芽を出し始めている。 書き急ぐことはないオツムがさらさら流れ出したら休めば [続きを読む]
  • 遊休農地・山林の再生に向けて
  • この一カ月、協生農法の実験用地探しに追われている。自治体にも面会して文書で協力を依頼、伊勢近辺の遊休農地探しを始めたが、荒れた農地は幾らでもあるのだが幾つかある条件を満たす農地が見つからない。 農地は1カ所3反以上、計1ヘクタールまで。果樹を植え、草を生やすことが可能。北風に弱い柑橘系を含む混生果樹園に風を遮る山は不可欠で南向き。有機栽培をしていた農地は健全な表土の復元が困難。化学 [続きを読む]
  • 種子島行きを断念
  •  この3年、恒例になっている種子島行きを断念。協生農法の波及を兼ねた社員旅行だが、お野人の足の不調で見送った。今は普通に歩けるのだが、完治には不十分。 5月には沖縄の野山を歩き回らなければならないので自制した。 野人は行けないが、皆で行って来いと言ったのだが・・足並み揃わず種子島行きは自然消滅。しかし、へそくりで資金を貯めた茶屋人、まむし頭、絵本男は再びやる気になり、昨夜信州へ向けて旅立った。 [続きを読む]
  • ペットの復元に むー茶 むー塩
  •  読者に愛飲される肥料を使わない野生のむー茶。人間だけでなくペットの犬や猫の体調を復元する。水の代わりに薄いむー茶を飲ませれば良いのだ。 ペットフードや人間の食事と同じようなものを食べさせていれば必ず不調になるだろう。人間がそうなるのだからペットも当然そうなる。 彼らの身近にある完全な生命エネルギー源は「草」しかなく、だから好きでもなく消化も出来ない道端の草を食べるのだ。 それならばむ [続きを読む]
  • 食べる事の意味
  •  「食の本質と健康」記事が続いている。脂肪に始まり、摂食障害、対応・・ 書く方もくたびれて来たが、わかりにくい不備な部分を補い続けたらこうなってしまった。いいねも多く、連日2千人を超える訪問者があるのだから関心の深い内容なのだろう。 食べることは、その消化機能が示すように動物が生きて行く為の宿命。生きる為に食べるのであり、生命維持の為に食べる。食べてどうやって生命を維持するのか、その仕組みがは [続きを読む]
  • 何故食べ過ぎるのか 吐き出すのか その対応
  •  人は何故食べ過ぎるのか・・食べられる時にお腹いっぱい食べようとするのは他の動物も同じ。動物は食い溜め出来るようになっていて、ライオンは体重の4分の1も食べられる。人間に換算すれば1食15キロ前後・・伸び縮みする胃袋は丈夫だ。 お腹いっぱい食べられる人間と他の動物、何処が違うのか比べてみよう。お腹いっぱい食べることは食べ過ぎとは言えない。それにも関わらず、人と動物には大きな違いがある。 象 [続きを読む]
  • 摂食障害の原因
  • 過食症、拒食症など摂食障害の原因は「人それぞれ」、ストレスや不安など心の病気とされ、低血糖などからも引き起こされると言う。 メカニズムを正しく知って自分に合う適切な治療を・・と言うのだが。 何ともわけわからん説明だな。はっきり・・わからんと言えば良いのに、メカニズムを知って適切にやればすぐに完治するはずではないか。 どの病・不調も同じだが、メカニズムと言っても「現状はこうなっている」 [続きを読む]
  • 野人理論で解く体の不調 思考順路
  •  野人の言う「原因」と、社会常識の言う「原因」は根幹から違い、「何故」の定義もまったく違っている。あまりにも差があり過ぎるから、お野人は子供の頃から変人扱いされて来た。 誰と議論しても平行線をたどり、野人思考にすんなり進入出来たのは原人くらいだな。野人講習を受けにくる読者達もこれで悩まされている。しかし、学ぶ以上は余計な知識を持ち込まず、素直に基本から積み上げるしかない。 野人と一般常識では問 [続きを読む]
  • 脂肪を避ける人と脂肪を食べる野人の違い
  •  塩分、糖分、脂肪分・・これらは3種の審議世論は摩訶不思議・・・ 塩分なしで料理は味気ない、糖分は子供から高齢者まで好み、脂肪分はトロや霜降り肉など高価な食材の代名詞であり、需要が集中するから高価になる。 これほど子供から大人まで熱愛されるこの3種。一方では高血圧、血糖値、メタボ・・と、健康砦の3悪人のように避けられている。 おかしいとは思わないかな・・どうせよと言いたいのだろうか。「 [続きを読む]
  • 新農園の整備5人組
  • まむし頭と・・  絵本男雨 降りそう15m四方当り 高低木果樹30本植える レオの実験農園  今日は新農園の整備。イベント前から滞在している花とレオ、それにまむし頭と絵本男、総出で草刈りと植え付けをやった。現場監督のお野人は・・何も船長・・ 1反・三百坪の新農園には木々、大量のシマラッキョ、人参、ジャガイモ、アサツキなどがあるが、隣の新々農園1反は手付かずのままで昨年から草ぼうぼうだ [続きを読む]
  • 悶絶 お野人イベント
  • 常識は 非常識から生まれたんたんめんわら焼き 本場 カツオのたたきボラスモークサラダ シマラッキョ 猪フキ味噌猪の旨煮薬膳カレーシチュー牡蠣 猪 炭火焼き猪ジャーキー 完成 試食 イベント終了 お散髪・・ ツーブロックカット なんか 企んどるな・・  絶対山海協生  むー茶アオサ染め・・ これと・・ これよ〜    とお〜〜っても  ス テ キ  あっぷっぷう〜〜〜    オツム  はる [続きを読む]
  • 体調復元法講習会
  • お笑い・・ ちょびっとだけ やっていい?牡蠣スモークサラダ牡蠣めし焼き牡蠣猪肉パッションフルーツ  お野人イベント初日は「体調復元法講習会」オイラの泉 終日お野人は筋書きもない理論を喋り続けた。 とお〜ってもブツリチャルなオイラの泉エネルギー論・・皆さんとお〜っても熱心に聞いていたな。 これだけ喋ればお野人の足も復元しそうなものだがちっとも変わらない。終わってから・・生徒の花ちゃん、 [続きを読む]
  • 神秘十字線・・
  •           ・・・  ・・        演技〜                         演技が・・ いいのか  そうか〜 役者になればよかったな 芸名・・トむ〜・クルーズ とかブラッド・チビット とかジョージ・む〜ニー とかこの十字星・・滅多に見ることが出来ない激レアな珍しい手相とんでもない手相・・ らしいが宝くじや万馬券のように 窓口へ持ち込んだら賞金 く [続きを読む]
  • 豪華な「うにめし」
  •  う ・ に ・ め ・ し  夜は 質素な 回転寿司・・  ごはんまみれの一日 熱心な読者でヤマハ時代の元同僚から豪華な「うにめし」の差し入れがあった。これまでも、うにめしや手こね寿司全員分の差し入れがあり、何度目かは忘れた。 彼女の得意郷土料理、カツオの手こね寿司も旨いがこのうにめしも抜群に美味しい。 この料理、ご飯なくしてあり得ず、ご飯の魔力にハマった一日だった。 数年前、 [続きを読む]
  • 牛乳は体に良いのか悪いのか
  •  相変わらず牛乳の是非が以前から話題になっている。体に良いから飲めと言ったり悪いから飲むなと言ったり、忙しいことだ。あれが悪い、これが良い・・は、日常茶飯事で何十年も続いている。 お野人の判断は・・他の食品同様に、まあどちらでも良いことで好きな人が飲めば良い。好きで飲んで困る人もいなければ、飲まなくて困る人もいないだろう。 お野人は子供の頃から牛乳で育ったようなもので、今も1日に1リットル [続きを読む]