ムー さん プロフィール

  •  
ムーさん: 野人エッセイす
ハンドル名ムー さん
ブログタイトル野人エッセイす
ブログURLhttp://ameblo.jp/muu8/
サイト紹介文森羅万象から見つめた食の本質とは・・・
自由文(ブログテーマ)
食の本質と健康について
皮膚と表土と植物の仕組み
環境と健康を修復する協生農法
森羅万象の護身術
野人の食卓

肥料と農薬を使わない野菜と茶の販売
むー農園収穫体験ランチの案内
完全なミネラルバランスの塩作り体験
キス釣りと天ぷらランチの案内


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/05/18 23:49

ムー さんのブログ記事

  • 海からの贈り物 熊と白樺 2
  •  白樺はクマ太郎を諭すように言った。 「海からは もっと大きな贈り物をいただいているだろうが 」 「サケ以外では ちっこいカニ くらいじゃ」 「この森のすべて エサも住処もいただいとるわ」 「いただいた覚えはない 海に知りあいもおらん」 「水をいただいておるわ 水なくして森も食べ物も この川もサケも お前自身もない サケどころではないぞ すぐにクマの干物じゃ」 「なんで 海 [続きを読む]
  • 海からの贈り物 熊と白樺 1
  •  ヒグマのクマ太郎はひたすら海からの贈り物を待ち続けた 今年は木の実が不作で食べ物が足りないこれでは冬に備えて十分な脂肪の蓄えが出来そうもない 数日待ち続けているがサケの群れはまだ上って来ないイライラがつのり・・ することと言えば近くの木の下でするオシッコとうんこ・・ 待ち始めた頃は大きかったうんこは・・日々小さくなり下から順に積み重ねてするうちに・・お供え餅 のように・・立派になった [続きを読む]
  • 足痛のジョー・・
  •  むーゼの杖もそろそろ飽きて来た。 コンビニもスーパーも、入口の前の身障者用駐車場に停められるから楽でよいのだが、足首曲げないようビッコひいて歩くのにくたびれて来たのだ。 それに外出時は自転車チューブ2本で膝下から足首を固定、がんじがらめに巻いてみっともない。 しかし、おかしいな・・月桂樹で作った霊験あらたかなこの杖で足をコン・・と叩くと一発で治るはずなのだが、ちっと治らん。 足、叩き過ぎてい [続きを読む]
  • はるらんらん茶の特売
  •    この 茶屋人のへそくり 秋む〜茶よくわからんが 美味しいな いくちゃんから ご案内・・ また 春が来ました*トクトクセ〜ル今回限りの限定茶を紅茶ティーバッグ・むー塩とセットでお届けします 秋摘みの秋む〜茶は定番む〜茶の小枝番茶に近いお茶ですが、お味が違います。青葉は浅煎り仕上げ、焙煎は深煎りに仕上げております。限定秋む〜茶、ぜひお試しください! 秋む〜茶 『青葉』 150g入 秋む [続きを読む]
  • UFOを流行らせた男 矢追純一
  •   「UFOを流行らせた男」というニュースが目に入った。矢追純一さんの特集記事で、これがまた面白かった。 初めて会って話した時に親しみを感じたが、なるほど・・と納得した。思考回路にお野人と共通する部分が多いのだ。 1970年代、矢追さんは伝説のテレビマンとしてテレビの黄金時代を築いた。UFOだけでなく超能力のユリ・ゲラーやネス湖の怪獣ネッシーを社会に紹介したのも矢追さんだ。UFOと言う名の [続きを読む]
  • 人体エネルギー論 講習会
  • あ・・あのねのね美味しい賄いランチわかった   お野人イベント3日目は「人体エネルギー論」講習会。小さな細胞、草の生命エネルギー論から始まり、構造の複雑な人体を中心に話をした。 微生物は・細胞は何を動力に活動出来るのか、草は何故日々生長するのか。何を動力に人間の子供は大人になれるのか・・科学ではわからないことだらけだな。 しかしこの動力、指揮系統がわからなければ動植物が何故 [続きを読む]
  • はるらんらん・・
  • はるらんらん茶屋人もはるらんらん 今日はこの2枚しか写真がない・・ お野人、ワンマンカーの運転手で野山に出かけた。首輪のマイクでお口も滑らか、春らんらん 脳みそも お足もらんらんらん らんらん過ぎてくたびれた・・ まだ宵の口だが、眠くてたまらんらん 今日は 省エネ記事で       春うらら うらら 浦々で・・http://ameblo.jp/muu8/entry-11496600127.html [続きを読む]
  • 野人イベント農法講習会
  •   お野人イベント初日は協生農法講習会、木曜日に続いて終日喋り続けた。 相変わらず何を喋ったかよく覚えていない。木曜日とは入口も出口もまったく違っていたようだが、終わり良ければすべてよし、農法講習に変わりない。 何処から入ろうが理論は同じ、多くの生き物が協生するのだから生命皆平等、人間が主役になろうが果実や青虫が主役になろうが問題ない。 たしか前 [続きを読む]
  • 女心と婦人公論・・
  •  古い友人に東大の工学博士がいた。ヤマハ施設でマリーナの責任者をしていた頃からの付き合いで、マリーナの第一号会員だった。 当時80代半ばで華道に絵画、ピアノに社交ダンスと趣味は多彩、地下に小さな工房を持ち、発明が得意でその収益でこの耐震装置が完全な別荘を作ったのだ。本棚には難しそうな工学の本や美術の本がどっさり並んでいた。何年も1人暮らしだが、震災に備えて10年以上腐らないと言うデンマークの缶 [続きを読む]
  • 終日 協生農法講習会
  •    タマネギ 生食座頭市の仕込杖みたいだな・・ ハクサイッコリ〜 生で甘い 太い白菜の葉茎と花 丸ごとサラダ午後の部 今日は終日、協生農法講習会。愛知県を中心にミツバチの保護活動をしているグループがやって来た。前回のお野人イベントにも参加したが、本格的に協生農園を各地の活動に取り入れると言う。 むーゼの杖を忘れたお野人、急遽まむし頭が角材で作ってくれた「まむ〜ゼの杖」を手に5時間、珍 [続きを読む]
  • 珍話列伝 御前崎の伝説 2
  • 漁師達の言うように飛び込めば普通は死ぬだろうが、お野人この程度では死なない。酒の席でのこの親睦余興怪我も息切れもせずやってのけなければ芸がない。 荒れた海に突撃する位置が定まり、高波が砕けようとした瞬間、真ん中に突っ込み全力で波を一気にくぐり抜け離岸成功。 高過ぎれば波に巻き込まれ、岸に戻され石に叩きつけられ、低過ぎれば底に擦りつけられる。 ちょい緊張したせいか、水洗泡の中でゆっくりオシ [続きを読む]
  • 殻付き牡蠣 希望者へ
  •    抜群に美味しい殻付き牡蠣そのまま鍋に入れて蒸し牡蠣剥き身にして牡蠣フライ いくちゃんからのご案内・・ 答志島桃取産 殻付牡蠣 好評につき販売延長致します 身入りが良く、アタシのように・・ぷっくりぷりぷりの海の恵みたっぷりの牡蠣です。 加熱用のみ取り扱います15個入り2250円30個入り4350円牡蠣剥きナイフ150円 冷蔵発送 入荷予定日(ご注文締切日) 3/17(3/15 [続きを読む]
  • 珍話列伝 御前崎の伝説 1
  •  大学3年の夏、空手部の同輩、合気道部主将と、3人で静岡県御前崎の水産会社に就職した合気道部の先輩の家に泊りがけで遊びに行った。大きな借家で部屋も広く、美味い魚介類がたらふく食えると言うので期待に胸躍らせていた。 田舎の漁師町だから飲み屋さんもなく、明るいうちに一軒の酒屋へ行った。酒屋なのだが奥に広間があり、宵の口から漁師が集まり、樽から酒をついで飲んでいた。 10人近い漁師達と話がはずみ [続きを読む]
  • 原人が語る協生農法4 砂を金に変える日本人?
  •  「日本人を大切にしろ 砂を黄金に変える方法 知っているから」 このような言い伝えが古くからアフリカにはあるらしく、原人がブルキナファソで大歓迎を受けた時の理由らしい。 お野人だってそれが出来るなら、砂を砂金に変え、スタッフ関係者全員連れて回転寿司巡りしてみたい平均5皿も食えばいいほうなのだが、原人は20皿近く・・食う。「野人さん 丸呑み出来ないご飯や餅、本来は人間が食うものではないんです [続きを読む]
  • 野人思考の行方
  • 現象のメカニズムを追求する科学に対して、野人は生命に関して独自の理論を展開している。科学書をさほど参考にもしないのは、それらを野人思考で解こうとしても物事の理・物理になっていないのだ。一般科学物理と野人物理の差は、見ている世界も用い方も違うからだろう。 何故生命が誕生したか、何故意志をもって動けるのかは神秘のままでもよいが、生命活動には動力が必要。それなくして動物がなぜ動くのか、植物が何 [続きを読む]
  • うなぎが示す生命の仕組み 6
  •  天然うなぎと養殖うなぎ、形は変わらないが肉質はまったく違い、日本での生育期間は5倍以上異なる。 天然うなぎは断食1年でも痩せないが、養殖うなぎは実験すればどうなるか・・枯れる協生野菜・果物に対して、溶けて腐る一般野菜果物と同じようになるだろう。可哀想で実験はしていない。 うなぎの特徴はその独特の粘膜・ヌメリにある。 うなぎのヌメリは穴子のように簡単に落ちない。他の魚貝類のヌメリは同じ [続きを読む]
  • うなぎが示す生命の仕組み 5
  • 生命電気エネルギーの摂取は食べる事だけとは限らず、触れるだけでも伝り、側にいても多少は伝わる。香り、煙、・・方法は幾らでもある。風呂に植物を浮かべても、木の実やイノシシを入れてもよい。 最もそれを感じるのは・・身に覚えがあるだろうが・・あの・・・ ラブラブ ではないかな。イチャイチャ ベタベタ チュチュチュのチュだなそれから先は・・言うまでもない。心身にパワーが漲り、満たされ 人生 [続きを読む]
  • 4年ぶりの珍客 にゃうん〜のタマ子
  •  お・・  おい久しぶりだなご挨拶 またもや・・ フィットネコ  珍しい客がお野人事務所に勝手に入って来た。2012年末以来だから4年ぶりだな。 このブログバナーでもよく登場する・・懺悔猫にゃうん〜〜 の タマ子・・だ。 当時、冬でも夜でも、よく玄関の扉を開けていたのだが、色んな猫が勝手に入り、勝手にフィットネコしていた。お野人、ヒマでもなく、エサをやるわけでもなく、書き物に集中、知ら [続きを読む]
  • 土壌を必要としない農業
  •   農業は人類最大の発明と言われている。農業が大集落を可能にし、産業も学問も生み出した。農業なくして文明など築けなかった。こうして平和に暮らせるのも農業のおかげなのだが・・ 農業は最初から土壌を必要としていなかった。昔も今も、必要な作物だけを量産する為に年に何度も表土を耕し続けている。 それがどのようなことなのか、いまだに気付いてはいないからだ。 生き物達が築き上げた表土の仕組みはそこになく [続きを読む]
  • 猫の一分 ニャン道まっしぐら
  •   ヒマそうだな・・ お前も塩作れ  ニャン用の塩釜で                         二見正直 作画  にゃんてこった・・・   よく やった  ニャンゴ     青バナ拭いてやる まだ・・  何か 用か  エサ〜〜〜    カツオのたたき              この バカタレ・・が   手伝ったの たった1分 ではないか イワシ 1匹で たくさんじ [続きを読む]
  • うなぎが示す生命の仕組み 4
  •  地下水と山の湧き水と陸の表面を流れる雨水の共通点は・・ どの水も表土上の動植物に触れた水であり、生命の電気を帯びている。 海は無数の生物、池や川も同様で、生命の電気は常に満ち溢れている。 どの水域でも食べずにうなぎが長期間生きられる理由は今のところこの電気エネルギーしか考えられない。 生命の謎を解くカギになるのは、電気ウナギの存在だ。普通のうなぎとは完全別種だが魚類が発電出来ることに注目 [続きを読む]
  • うなぎが示す生命の仕組み 3
  • この、うなぎの「特技」はエネルギー論で解明出来る。特技と言うより、これは生物本来の業であり、生命の仕組みそのもの。迷える人類を救う神様になれるかもしれんな。うなぎ大明神様・・・各地に祭られて そしてこれなら、実験も立証も難しくもなく、エネルギー論の証明にもなるのだが、栄養学やカロリー論、あらゆる健康法などことごとく崩壊してしまう。生命の仕組みを間違えれば結果は出ず、バブルのようなもの。  [続きを読む]
  • 燃えるむ〜魂味噌・・
  •   これ・・・  さっぱり わからん・・   3年目になる「む〜魂味噌」は旨かった。 今野邸で作った味噌だが、お野人が調達して来た原材料の大豆の大きさは他の大豆の4倍の大粒。茹でたての味は止められなくなるほど旨かった。 手でこねたのは原人といくと今野さん・・・お野人は・・こねる フリだけ・・肉食野人は味噌にどうしても闘志が湧かず、む〜魂だけ注ぎ込んだ。 味噌蔵から出して封を [続きを読む]
  • 原人が語る協生農法(ラジオ)3
  • 音声http://www.hidanet.ne.jp/~hitsfm/kumori-hare/mp3/kh20170301.mp3 船橋博士が語る協生農法とは3 今野記事http://ameblo.jp/k-konnothalasso/entry-12252790054.html原人が語る協生農法(ラジオ)2http://ameblo.jp/muu8/entry-12251153706.html大地に草が密生 森になる理由1http://ameblo.jp/muu8/entry-12211601641.htmlアフリカ・ブルキナファソの開墾http://ameblo.jp/muu8/entry-1221587987 [続きを読む]
  • 東京農大生2人のお特訓
  •   すっかり忘れていたが、今日は朝から農法講習の予約が入っていた。東京農大4年生の2人で、午前中で終わる予定だったお野人のお特訓は昼食時間もとらず、3時まで5時間ぶっ通しで続いた。 「若き日に汝の思想を養い、ついでに腰を鍛えよ」と言われるほど最も大事な時期、迷いがあるなら尚更だ。 未来ある青少年の為・・足の激痛に耐えながら (それほどでもないが) む〜ゼの杖の力を借りて・・小雨のむ [続きを読む]