ムー さん プロフィール

  •  
ムーさん: 野人エッセイす
ハンドル名ムー さん
ブログタイトル野人エッセイす
ブログURLhttps://ameblo.jp/muu8/
サイト紹介文森羅万象から見つめた食の本質とは・・・
自由文(ブログテーマ)
食の本質と健康について
皮膚と表土と植物の仕組み
環境と健康を修復する協生農法
森羅万象の護身術
野人の食卓

肥料と農薬を使わない野菜と茶の販売
むー農園収穫体験ランチの案内
完全なミネラルバランスの塩作り体験
キス釣りと天ぷらランチの案内


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/05/18 23:49

ムー さんのブログ記事

  • 石垣島のグアバの魅力
  • 無肥料無農薬の ピンクグアバ  皮ごと種ごとガブリエル  石垣島の土人さんからグアバの案内が届いた。本業ミュージシャンの土人さんは長年石垣島で自然農法をやっていたが、協生農法も取り入れ、石垣実験農園として協力していただいている。 このグアバ・・マンゴーに比べ地味で甘味も薄いが、野人といくには大好物そしてマンゴーに比べて安いのが何よりもいい 南西諸島における協生果樹ネットワークの主力はこのグアバだ。  [続きを読む]
  • 船で暮らす海の民
  •   フィリピンに、船で生まれ、船で暮らし、船で死んで行く海の民がいた。国籍も住所もなく、お金も持たない。食べ物はすべて海から賄っている。 陸に上がる時は船の燃料補給か船の修理。それ以外は海を漂い続けている。 珊瑚礁の海の上に家を建てて海上生活する民もいた。子供達は空気中よりも海中の方がよく見える。 水深20mの海底を歩く男がいる。さらに深い海底を歩くことが可能で、息は5分も続く。 潜水に入ると心拍数は [続きを読む]
  • 幼少からの視力低下の原因 2
  • 学校保健統計調査によれば、小学生の4人に1人以上、中学生の2人に1人以上が裸眼視力1,0未満で、さらに低下傾向が続いているという。 原因としてゲームやメールなどの環境要因が挙げられているが説得力がない。それらがなかった頃から子供の視力低下は年々増え続けているのだ。統計グラフの伸び率を見れば、今世紀末には中学生のほぼ全員が裸眼視力1,0以下になりそうな勢いだ。 視力検査の設定基準はわからないが、周囲 [続きを読む]
  • 幼少からの視力低下の原因 1
  • あらゆる不調の原因を特定して来た野人だが、視力の低下原因については書いていない。原因特定とまでは行かなかったからだ。 しかし、視力に対する疑問だけは常に抱き続けていた。他の不調同様に「不調」には変わりなく、周囲が普通に見えなければ人間界はともかく眼鏡もない自然界では生きて行けない。 視力に対する疑問、他の不調と異なる「特異点」は何か。老眼は全ての人に訪れる老化現象、個人差はあるが道理は通っている。 [続きを読む]
  • 男性のニオイ対策 珍妙な時代
  • 男性のニオイ対策という記事を今朝のニュースで見た。何とも珍妙な時代になったものだ。 それによると・・ 「ニオイは、汗、皮脂などを皮膚の常在菌が代謝することで発生 する・・ 」 「脇には汗腺、特にニオイが強くなる汗を出すアポクリン腺が集中、そこから出た汗は脇毛によって濃度が高まり、毛を伝って拡散 ・・ 」 「さらに、皮膚の上にある常在菌と混ざることでも臭いを強める ・・ 」 「脇毛が濃いほどニオイの濃縮と拡 [続きを読む]
  • 夜中の目覚め
  • 電話の音で目が覚めた。時計を見れば10時・・ 「こりゃいかん 遅刻じゃ〜」 14日は磯遊びコースで10時出航。ビレッジからの催促かと思えばそうではなく外も暗い。 まだ夜の10時・・寝てから3時間ほどしか経っていない。 今日で4日連続出航、海に潜り続けた。明日もまたモーグルと 着たまま水着も体温ですっかり乾き、帰ってこのまま寝れば明日は着替える必要もなく出勤 シャツが少々潮吹く程度・・そう思っていたのだ [続きを読む]
  • 狩りをして女子供を養うお野人
  • お腹空かせた扶養家族多いし ごめんね 黒太郎・・もう一匹・・ 頂戴ね 磯物ひろい 先月も・・この一族を  黒鯛突いて養った   先月に続いて地元読者「ゆか」ちゃん一族がまたやって来た。この夏、5回?ほど磯遊びの予約、この日3回目だが前回は台風で欠航、「天然うなぎ」を食べて帰った。 大人5人、子供5人、毎回のように最も女子供がずば抜けて多い。今回は幼児ばかり、先月は小学生だったが5人・・ つまり、お野 [続きを読む]
  • 密林の壁 開墾・・したい?
  •  ここまで 綺麗に刈ってくれた年季が入ったここから下が大変なジャングル               木が繁り・・・・・ ・・      竹やぶもある  大昔の田んぼ梅の巨木もある  どっさり実りそう最下段の竹やぶの壁の手前を駐車場に上段のここも一部駐車場に   梅娘達・・            伊勢から車で45分、協生農法の実験予定地へ行って来た。 元は田だったが上部3分の1は放棄されて数年、残りは [続きを読む]
  • こりゃ なんじゃろカ〜
  • 何だ これは・・ 前も横も ・・ 後ろも・・見えん マリンビレッジに珍妙な車が停まっている。 「なんだ・・こりゃ」 台風前日の6日の日曜日、マリンビレッジは伊勢商工会議所60人の家族連れランチで賑わった。 一昨年も何やら全身ヌルヌルになってブルーシートを滑る怪しい遊びをやっていたが、今年は子供達のカーペインティングらしい。 廃車にする予定の車を使い、イベントの後廃車にする予定だったが、まむし頭が気 [続きを読む]
  • 青年よ 大地をいだけ
  • 薪割り 塩作りに励む翼船のアシスタント東京から訪ねて来た「翼」一家 両親 妹 甥  最近、度々登場する2人の青年・・1人は東京からビレッジの近くに越してきて協生農法を始めた本名「翼」 もう一人は、元々原人の弟子の可愛いイケメン「タッキー」で、大学卒業後に就職、伊勢市にも部屋を借り、協生農法のデータをとりながら東京の会社と伊勢を行き来、年の半分はビレッジでお手伝いしながら本業の調査に励んでいる。よく [続きを読む]
  • まむし頭とニャンゴの食卓
  • なんだ・・ お前も食いたいのか これ・・  天然マダイのヅケとむ〜塩煮 ほれ・・ お前の分                  フニャゴ〜  文句言うな  タイつゆ入りの・・ ソ〜メンだって 旨い タイと大差ない ミーティング 猫の主張http://ameblo.jp/muu8/entry-12213806625.html にほんブログ村 愛犬ポチ [続きを読む]
  • 神の子海の子太陽の子 台の風ちゃん
  • 台・・・    また、とっても迷惑な台の風ちゃんがやって来た。しかも一直線の直撃コースで・・ 同じ「海の子」お野人とは兄弟のようなものだが、あまりにも人様に迷惑ばかりかけている。しかし・・そればかりとも言えない。 大量の雨を運んで来るのだから迷惑もあるが、水不足の解消には役立つ。海が荒れ狂うのは迷惑だが、汚れで埋まった海底まで掻き回すことで、死にかけた海の生態系も活性する。人に迷惑をかけず、来て欲し [続きを読む]
  • 日の出男のデコをスズメバチが・・プスリ
  • 日の出男がスズメバチに刺された。大内山動物園の草刈りをしていて、キイロスズメバチの巣の一部を刈っちゃったらしい。 日の出男に刈られたスズメバチの巣には直径4センチほどの・・穴が空いた  怒ったスズメバチ数匹が穴から出て来て、一匹が日の出のおデコ・・眉毛のちょい上をプスリ・・ そりゃあもう・・痛いの何のって 目から涙鼻水もタラリ・・ ハチ 怒るのは・・怒るのはあったり前でしょ 空けた穴の大きさに比べ [続きを読む]
  • トマトは地面スレスレに実を付ける
  •  トマトの栽培法はだいたい決まっている。支柱を使うかヒモで吊るすか、農家だけでなく家庭菜園も同じだ。 支柱に這わせ、茎を固定、余計な芽かきをして1本仕立てにするのは何故か。日当たりがよく、たくさん実を付け、収穫もし易いからだが、野生のトマトはそうなのだろうか。 トマトが野菜として世界に波及したのは2、3百年前、原産地はアンデスだ。トマトはつる性ではなく、キウリやゴーヤのように巻き付いて上に這い上 [続きを読む]
  • 進撃 むー農園のスイカ
  • いちまい・・  草を掻き分けんと見えんにまい・・    横にキウリの花とツルが・・さんまい・・   日々デカくなる 生命の協生だな  むー農園のスイカがかってないほど快進撃している。タマネギ、トウモロコシ、スイカは肥料の申し子、無肥料栽培では市販サイズになることなどないが、だんだんデカくなってきた 2014年のスイカは草に埋もれソフトボール大。7月に食べて吐き出した種が草むらで発芽、霜が降りる秋ま [続きを読む]
  • 和田金 松阪牛のすき焼き
  • 食べ終わった あと・・ 松阪牛で最も有名な松阪の「和田金」へ行って来た。行って来た・・だけでなく、食べて来た。 野人の会社の決算は5月末で、7月末が税務処理の期限。もう20年近くなるが、毎年この時期に東京八王子から顧問税理士さんが自家用車でやって来る。 そして必ず打ち合わせを兼ねて経理のいくと3人で「牛肉の網焼き」を食べる。そりゃあもうブランド牛肉が好きでたまらず、店から自宅へ取り寄せるほどだ。自 [続きを読む]
  • 飢餓を招く原因
  • 世界全体で慢性的に飢餓に苦しむ人は約8億人。これだけ人類は進化を続けているにも関わらず、何故これほど多くの人々が苦しんでいるのだろうか。 世界全体の食糧生産は世界人口に対して十分だが、食糧が彼らにまで行き届かない。食糧は市場を通して売買される為、購買力のある国や人々に集中するからだ。つまり貧しさゆえに食糧が手に入らない。 これではいくら各国が食糧支援しても何時まで経っても解決しない。飢餓は貧困か [続きを読む]
  • マタタビとサルナシの猛威
  • 左 サルなし  右 マタタビ 2本の梨の木に絡みつくマタタビ 冬場、足の負傷で剪定整備が出来なかったむー農園。樹木が鬱蒼として来たが、その中でもツル性のマタタビとサルナシと、ヤマブドウの猛威は凄まじい。 マタタビもサルナシも同じマタタビ科で食用の実を付けるのだが、植えて9年経った今も実を付けていないヤマブドウも9年間繁り続けているのだが実を付けた事がない 理由は単純、面倒で「オス木」を植えていない [続きを読む]
  • 夏芽の思い出
  • 大実ナツメ樹の高さは3mを越えた 夏の思い出・・ではなく、夏芽の思い出・・だ。 「夏が来〜れば思い出す〜〜」・・と言う歌があったが、昔も今も思い出すのは夏の食いものだけ。 小学校では、「うさぎ美味しいあの山〜 小鮒釣りし味噌汁〜」と授業中に歌い・・ 「たかしちゃん 変な歌 歌わないの」 と・・女の先生に叱られていたが、なかなか止められない性分だった。 夏に思い出すのは、サザエにアワビにタコにうなぎ [続きを読む]
  • カナヅチ3人 シンクロお特訓
  •                                   1時間のキス釣り  握り寿司用上陸 磯遊び お特訓船上ランチ  寿司バイキング再び上陸  今日はお野人イベント。海遊びして帰ってからビレッジでランチの予定だったが・・ 人数が8人と 少ないこともあり・・魚突きのリターンマッチへ行きたい「いく」の提案で、スタッフも全員行くことになった。 むータニック1に食材を積み込んで出航、途中キス [続きを読む]
  • 臭いの悩み 香害110番
  • 香水や制汗剤、柔軟剤などに含まれる人工の香り。こうした香りが原因で、体調不良を訴える人が少なくないとして、日本消費者連盟が「香害110番」を設置したと言うニュースを見た。「近所の人の洗濯物のにおいでベランダに出られない」、「においが原因で電車に乗れない」など、香りに悩んでいる人が増えているらしいが・・難儀な時代になったものだな。 しかし政界・芸能界を騒がす「口害」もそうだが・・「香害」・・とは、面白 [続きを読む]
  • 猿が作る猿酒の原料サルナシ
  • 猿が作る酒を猿酒と言うのだが・・猿が考えて酒を作れるはずもなく、たまたま出来ちゃった酒を猿酒と呼んでいる。まあ、人間だって古代から酒を作っていたのだから、猿もそれに近い。 猿酒は、猿が木の洞や窪みに溜め込んだ果実が自然発酵して酒になったものだが、人間も木の実を備蓄すれば酒になることを知った。何時から知ったのかと言えば、おそらく猿に近い時代からだろう。 野生の猿が食糧を貯蔵する習性はないのだから [続きを読む]
  • まむし頭 生誕記念ケーキ
  • ねじれて 傾いとる・・ デコが・・ハゲとる 思ったより ちっこい・・ 食う気満々の フィットネコ お裾分け  今月20日はまむし頭の誕生日酒呑みのまむし頭は酒の肴を好み、あまり甘いもんは食わんが 一応ケーキを用意した ケーキはいくが用意した途中 何があったか知らんがよく見ればケーキがねじれて 傾いているどうやったらこんな傾きが出来るかよくわからん 横を見れば・・・デコが、ハゲているではないか それに・ [続きを読む]
  • 原人といくの・・魚突き
  • むータニックⅡ 今日は 原人船長原人 いく 翼船の横でエイを突いて来た原人尾の毒針に刺されるなよ 死ぬから・・ 早よ切れ浜で解体する  南無阿弥陀エイ・・手ぶらで帰って来たいく と 翼君モリ先にちっこいのが付いとるな・・魚は十分 さあ帰るか・・エイヒレの洗濯 早よ せんか・・豪勢な食卓エイヒレの刺身煮物たまらんな〜   昨日は「原人といくの畑めぐり」だったが、今日は「原人といくの魚突き」原人船長の [続きを読む]
  • 原人といくの・・畑めぐり
  • 茶屋人 茶園プレミアム 協生むー茶園茶葉 ぼうぼう・・ 勢いが凄まじい茶園から車で15分 翼君の協生農園大木に囲まれ 地力が凄まじいさらに車で20分 協生茶園 間引き造成予定地突きあたりまで 広いな・・車で3分 原人の協生農法実験予定地 地権者3名承諾いいところだな   後ろ4人は梅娘一族すぐ隣の 梅娘母娘が整備中の 協生果樹菜園小川の湧き水が綺麗で冷たい先日 地区公民館にて借地依頼説明会 昨日 [続きを読む]