ムー さん プロフィール

  •  
ムーさん: 野人エッセイす
ハンドル名ムー さん
ブログタイトル野人エッセイす
ブログURLhttp://ameblo.jp/muu8/
サイト紹介文森羅万象から見つめた食の本質とは・・・
自由文(ブログテーマ)
食の本質と健康について
皮膚と表土と植物の仕組み
環境と健康を修復する協生農法
森羅万象の護身術
野人の食卓

肥料と農薬を使わない野菜と茶の販売
むー農園収穫体験ランチの案内
完全なミネラルバランスの塩作り体験
キス釣りと天ぷらランチの案内


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/05/18 23:49

ムー さんのブログ記事

  • ヤマモモハンター・むーの突撃と悲劇
  •  絶壁 お・・  上の方に〜お〜〜〜ヤマビワ  お野人、昨日に続いて今日もまたブッシュへ突撃した。昨日案内したヤマモモとヤマビワ・・朝まではもたなかったからだ。 ごめんね・・ 朝8時半にいくから電話、メール注文は販売予定量の倍いやあ〜〜な予感はしていたが、やはりな・・ ヤマモモ・・あれほどどっさり獲って来たのに、読者の皆様の食い気の凄まじさを思い知らされた。売り切れ御免・・と、残念返信するには数が多 [続きを読む]
  • ヤマモモ ヤマビワ 希望者へ
  •  味見しながら 数本の木から獲りまくる  お腹チャポンチャポン・・酸味は強いが 相当熟して甘味も出て来た  ベリー講習会で紹介したヤマモモ・・日の出ヤマビワで紹介したヤマビワ・・ 何が何でも食べたい読者、健康の為なら死んでもいいという読者があまりにも多く、来年販売するつもりだったが、木の実は隔年結果で来年は期待出来ない。 そこで・・ここで・・あそこで・・今年何とかお届けしようと、頑張りたくないお野人 [続きを読む]
  • 40キロ仕込んだ黒糖梅
  •  無肥料無農薬の放任完熟梅 これで10キロ黒糖30キロ袋大カメに梅20キロ・・しか入らん  黒糖8キロ 中間に少々 上にどっさり埋め尽す和紙が良いが ペーパータオルで通気性  大量の梅黒糖パワージュースを仕込んだ。梅娘達が獲って来た無肥料無農薬の熟した梅40キロを洗わず、2個の大ガメにそれぞれ8キロの黒糖と共に漬け込んだ。 通気性を良くして微生物を活性化、これから1週間は目を離せない。完成は6日に [続きを読む]
  • 野山を飾るウツギの花
  •     この季節、5月〜7月にかけて野山はウツギの花で埋め尽くされる。この花が咲けばいよいよ夏の訪れ・・白い群生花の大半はウツギの花と思ってよいほどだ。 ウツギは日本原産の落葉低木、アジサイ科ウツギ属、茎が中空ゆえに空木(うつろぎ うつぎ)と呼ばれ、北海道から奄美大島まで分布する。 別名は「卯の花」、雪のような外見から「雪見草」、万葉集にも大伴家持の歌で登場する。 旧暦4月は卯の花(うのはな)が咲 [続きを読む]
  • 矛盾だらけの酵素ジュース
  •  酵素ジュースとは何か・・ネットで調べるとどっさり出て来る。絶賛派に危険派、それぞれの言い分は分かれる。 お野人の見解は・・どちらも矛盾している。体に良くもなければ悪くもない。 普通の美味しいジュースだな。食材質も問わず下痢しないように注意して作ればよい。 普段の食事では不足する「食物酵素」を手軽に補えるのが酵素ジュースらしいが、不足するなら不足しない食事にすれば酵素ジュースなど必要ないではないか。 [続きを読む]
  • 日の出ヤマビワとは何だ?
  •         ・  ・  ・                                                              2日間の講習会で出した「日の出ヤマビワ」とは山に自生するビワの事だ。日の出男が急斜面の茂みを這いあがって獲って来た。 昨年は不作で、ヤマモモもヤマビワも見かけなかった。木の実は隔年結果が普通、こればかりは仕方ない。 人は肥料を与えることで果樹栽培の [続きを読む]
  • 協生農法講習会 骨肉のパワーカレー
  •   点呼開始農園省略 賄いランチタイム  梅を持参した梅娘2人も加わる猪のスペアリブ 香草焼き   焼き方 茶屋人 読者の いとっちゃん 清水ルミさん食後講習ツーブロックカット 美容師レオ 昨日はベリー講習会、今日は協生農法講習会。いつものように・・何を喋ったかまったく覚えていない。むー農園での収穫講習も、カメラ忘れて画像がない。 覚えているのは猪スペアリブの凄まじい人気と、野人スペシャルカレーの凄 [続きを読む]
  • 野山のベリー講習会 ヤマモモ食べ放題
  •  ヤマモモ 旨くてたまらあ〜〜ん金剛証寺 仁王門たまには 負けてやらんとな・・  機嫌が悪い磯遊びする鳥羽の飛島 右の池の浦湾ですいみん愚お特訓おい・・ まむし頭 はああ〜〜〜い 絵本男の・・鹿の鉄板焼き種子島の琉球竹日の出ヤマビワ 今日明日はお野人講習会。鳥羽と伊勢が一望出来る朝熊山へ向けてお野人ワンマンカーは出立。 まむし頭のワンマンカーはいくと絵本男とその他を乗せて後から付いて来た。マリンビレッ [続きを読む]
  • 7月8月イベント講習会日程
  • 7月8月イベント講習会日程 7/2(日)14時 〜 17時 集合14時前車でお出かけムー農園と自然散策 料金 4000円  7/3(月)10時 〜 14時半 集合9時半頃磯遊びとランチ  スイミングお特訓あり料金 6300円  7/17(月祭日)10時 〜  集合9:30磯遊びと磯ランチ スイミングお特訓あり料金 6300円   7/29(土)10時半〜 15時講習会 内容未定 読者まかせ 賄いランチ付 [続きを読む]
  • 大量の放任梅が入荷
  • 思ったより綺麗だな 大量の放任梅がやって来た。肥料も農薬も入らず数年間放置された野生パワー溢れる梅。 4日前の夜に販売したが、朝まで持ちこたえられずに完売。 読者の皆様にはご迷惑をおかけした。 山で収穫して運び込んだのは前回と同じ76歳のお姉さんとそのお嬢さん。お姉さんは「さだまさし」を聴く為にタブレットを買ったが、まさし君そっちのけで野人エッセイすに熱中毎日野人記事をチェックしながら、過去記事も [続きを読む]
  • 果樹が毎年実を付ける理由 2
  •  キャベツに隙間があるのは常識であり、出来るだけ隙間のない重いキャベツを選ぶのも常識だが、完全なバランスの本来のキャベツには隙間などない。 硬球ボールのように隙間がないのだから青虫に食い破られることなどなく、彼らを殺して排除する必要もなくなる。 むしろ、青虫がいなければキャベツ、ブロッコリーは自力で育つことが不可能になる。 蝶を、青虫を呼びよせ食べさせ、消化した糞を葉元に集め、効率良く動物性エネルギ [続きを読む]
  • 果樹が毎年実を付ける理由 1
  • 農家の高齢化と共に荒廃農地は増え続けている。柑橘類もそうだが放置された柿や梅林も増えて来た。経費も手間もかかり過ぎる現在の仕組みは農業として成り立たず、後継者もなく放置するしかないのだ。 樹木類が子孫を残すのは相当なエネルギーを使う。木の実がそうであるように、隔年結果、つまり年によって実を付けたり付けなかったりする。 隔年結果とは一年ごとと言うことでもなく、毎年実を付ける低木のベリー類などもあるが [続きを読む]
  • 絵本男 新聞に載る
  •  朝日新聞?  絵本男・二見正直の画像が新聞に載った。指名手配ではなく、ニコニコ画像だ。 5月末の記事「絵本男の福竜丸」で紹介したが、10日の土曜日、「伊勢と第五福竜丸」の講演会が開催された。 これらはその前日の新聞で、定員2百名満席だったようだ。 市長の挨拶の中にも絵本男は登場、なんでも・・市長の子供は絵本男の絵本の愛読者だったらしい。絵本男は嬉しそうに話していた。 しかも この写真・・ 福竜丸・改 [続きを読む]
  • 放置された梅 希望者へ
  •   肥料も農薬も与えず数年間放置された梅が入荷した。昨年は販売するほど入荷せず、ビレッジでむー塩梅漬けにしたが、その味は梅干しマニアにも大好評だった。 このいく製造の梅漬け、食べた人はコメントを・・お野人、酸っぱいモンは食えんし・・ 一昨年は福禄寿の家まで往復2時間かけ3人で40キロ収穫して30キロを販売、あっと言う間に売り切れた。 今年の梅は、先日NHkの「おはよう東海」に野人と共に出演、お口も滑 [続きを読む]
  • むー新茶の特売
  •  いくちゃんからの案内文・・ 2017*今年の新茶が揃いました。 新茶 特上煎茶100g 2200円新茶 特上煎茶 50g 1200円新茶 荒茶 70g 900円 今年の新茶 得得セール新茶(特上煎茶100g1袋50g1袋・荒茶70g1袋)にあおさ1袋をセットに致しましたこの機会に出来立ての新茶(特上煎茶・荒茶)を是非、お試しください! 新茶 特上煎茶100g1袋新茶 特上煎茶 50g1袋新茶 荒茶    [続きを読む]
  • 完全な生命を持つ食品とは 選び方
  •  野人の理論は単純なのだが、その質問量から、勘違いしている人も多いようなのでわかりやすくまとめるから参考にするとよい。 間違える理由はこれまで学んで来た知識、常識を持ち込むからであり、すべて捨てなさい、持ち込むなと言う方が無理なのかもしれない。 理論の前提は、これまでの知識では結果が出ないのだから一切を消去して考えること。もしくは一旦何処かへ置いておくこと。消去して考えなければ前に進めないし理解も出 [続きを読む]
  • 心の不調 その原因と復元法
  •  心の不調に悩み苦しんでいる人は多い。その症状の範囲はあまりにも広く、野人にはよくわからない。 うつ、総合失調症、認知症、数えきれない程の病名が並び、精神障害、意識障害、神経症、疾患、異常など病名の引き出しばかり多い。 世界では4人に1人が生涯に1回以上の精神障害を経験すると言う。 原因は判明されておらず、様々な仮説が検討されているのが現状。薬物治療では症状を抑えることしか出来ず、決定的な復元法はな [続きを読む]
  • エネルギーとは何か 2
  •  機械装置については、動力となる燃料も電気も、指揮する人間の操作法も、そのメカニズムがはっきりしているが、生命体の場合ははっきりしていない。 食べ物である燃料が体内で燃えて熱が体を動かす・・? たしかに体温は維持されているのだが・・これを理解出来る人はどれほどいるだろうか。そういうものだと信じ込むしか納得は出来ないだろう。 動力も矛盾だらけだが、体を操作、指揮する意識については何もわからず、置き去り [続きを読む]
  • エネルギーとは何か 3
  •  気力を維持する生命の電気エネルギーは完全な生命体が保有。 完全な生命とは自然界のものであり、野生動物はすべてそれで生命を維持している。 人間も同じで何の問題もないはずだが、問題どころかほぼ全員が何らかの不調を抱えているのだから、食べ物の何を間違えたのか考えれば良い。 あれが悪い、これが悪い、これが体に良い・・などは数十年間ほぼ出尽くし、まったく結果が出ないのだからすべて間違っている。間違えたのは [続きを読む]
  • エネルギーとは何か 1
  •  野人理論には生命力、生命エネルギーと言う言葉がよく出て来る。エネルギーとは何か、一般的には大きく2つの意味で使われている。 物理学的には「仕事をすることの出来る能力」、物体や系が持っている仕事をする能力の総称。 日常生活では、物事を成し遂げる気力・活力、活動の源として体内に保持する力・・とされている。 物質が持つ力、生命が持つ力、どちらも「持つ力」には変わりない。 前者には、位置 [続きを読む]
  • 協生農法 穀物の未来 2
  •  世界の人口が急増を続ける中、穀物中心の食生活を続ける限り、食生活は必ず破綻して餓死者が増える。 桁外れに大量の水を使うのが穀物栽培であり、水は石油より早く枯渇する。 川の水も地下水も・・最も表土を破壊して生態系破壊、肥料による河川・海洋汚染を加速させるのも穀物栽培。 人類の主食として欠かせない穀物栽培を止めることは出来ないが、減らすことは出来る。減った量に見合う食糧生産が出来ればそうなり [続きを読む]
  • 協生農法 穀物の未来 1
  •  協生農法には穀物についての記載がない。世界の農地、日本の農地の大半を占めるのは穀倉地帯。穀物に手を付けずして表土の復元は実現出来ない。 物理学者の原人も当初は穀物が先決だと考えていた。しかし野人にそのつもりはまったくなかった。無農薬・無肥料で生産は出来るが最初から後回しにしている。 協生農法を創った大きな目的は地球環境の復元だが、まずは業として生計が成り立つ1次産業の復興、過疎化対策だっ [続きを読む]
  • 草が密生する理由 2
  •  「土壌作り」「野菜作り」「作物」「連作」と言う言葉が示すように、人間の農法は「作る」ことを前提にしている。しかし自然界は作ることを前提にせず、出来る仕組みを有している。 その仕組みを築く代表が何処にでもある「草」であり、草なくして自然循環の仕組みは築けない。草もまた野菜と同じ植物であり、人に作れるものでもなく、土着微生物や虫達の力なくして「表土」の完全な仕組みは築けない。 築けなければ自 [続きを読む]
  • 草が密生する理由 1
  •  土があれば必ず草は密生する。これは当たり前のことだが、何故密生するのか考えた事はあるだろうか。野山、道端、さほど土もないコンクリートの隙間、妨げがない限り必ず草は密生する。 当然のように畑にも密生するのだが、人間には嫌われ、根から引き抜かれ、草にとっては苦難の場所だ。草だけでなく虫も排除するのが農地、庭、プランター栽培の常識であり、それらを好む人もいない。 人は何故草や虫を排除しようとす [続きを読む]
  • 未来への道
  •   日本の食糧自給率は主要先進国の中では最低水準。日本の人口は世界人口の2%だが、世界の農産物の10%を輸入消費。 国内の農地の約2、5倍もの世界の農地によって支えられている。 米の消費は減少、油脂類、小麦、糖類、畜産物などが大半で野菜類や果物などは自給出来ている。水不足、土壌劣化、獣害に加え、高齢化、後継者不足、農地の荒廃放棄など日本の農業は衰退が止まらない。 世界の農業事情は、高齢化や [続きを読む]