伊鈴歩 さん プロフィール

  •  
伊鈴歩さん: そこのけそこのけ困ったちゃんが行く
ハンドル名伊鈴歩 さん
ブログタイトルそこのけそこのけ困ったちゃんが行く
ブログURLhttp://ookina-komattachan.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文次々問題を起こすADHD的長女が危なっかしく子育て中!懲りない娘のこれまでこれから。そして家族のことも。
自由文この困った生活ぶりはひょとっして何か障害あり?日々悩み、笑い、生活しています。同じような悩みの方と気持ちが少しでも通じ合えればと思います。3人の子供たちの小さい頃からのエピソードなども併せて紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2008/05/20 23:03

伊鈴歩 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 幼い子供にとっての標準って・・・
  • 私には現在5人の孫たちがいます。3人は長女あやの子供で、2人は次女あゆの子供です。 幼い子供たちはまだあまり外の世界を知りませんから、自分の家庭・家族が自然、世界の中心になります。・・・というわけで、今回はそんなことを、ちょっと変わった視点から思い知った笑えるエピソードをお伝えします。ある日、あやたち親子に加えて、あゆたち親子が我が家に集まっていました。お風呂の時間になって、いつもは私の夫(じ〜じ)が [続きを読む]
  • 月日が知らない間に流れていく
  • このところ、なんだか知らない間に月日がどんどん過ぎて行ってる気がします。 今年の夏は暑かったですか?ここ何年か、夏がいつの間にか終わっていて、気が付くと冬になってるって感じなんです。日々仕事に行って、ご飯の支度をして、本を読んだり、孫たちの相手をしたり、家族とおしゃべりしたり・・・ちゃんと日々生活しているはずなんですが、なんだか思い返すと全然手ごたえが感じられないと言うか、実感がないんですよね。あ [続きを読む]
  • あや、いよいよ市住スタート
  • 3月末、長女ナツの卒園と同時に実家の方へ引っ越してきたあや。そしてそれは、実家近くの市営住宅に入居して、子どもたちと4人で独立して暮らすためのステップでもありました。 そしてめでたく6月、市住への入居が決まり、いよいよ思惑通りのあやたちの生活がスタートしました。実家へ引っ越して来てからあやは、月に一度市役所の福祉課の人たちとの面談があり、そこであやや子供たちにどういった支援が必要か・・・といったことが話 [続きを読む]
  • 近頃・・・
  • 今年ようやく二度目の更新です。 なんだかいつものことですが、毎日ちっともゆったりした時がない気がします。テレビとかで、熟年夫婦がのんびりと自分の趣味の時間を過ごしたり、孫と散歩したり、ゆったり旅行に出かけてみたり、そんなのを見たりすると、私にはそんな時間は永遠に訪れないんじゃないかと思ってしまいます。でも、たぶん年がら年中忙しくあわただしくあたふた走り回ってるのが、私らしいんだろうなー・・・とあきらめ [続きを読む]
  • ご無沙汰してます
  • 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年がみなさんにとって良い年となりますように そして、ご無沙汰しました。2015年11月〜12月は、我が家は20数年暮らした家から引っ越しをし、私は仕事も一新して、慣れない環境にあたふたして過ごしておりました。そんな12月の初めには、施設で平穏に暮らしていた実家の母が再び倒れ、命の危機に瀕していましたが、幸い一命をとりとめ、今は徐々に目覚めつつあるところです。 [続きを読む]
  • 次のステップ
  • あやは現在次のステップとして、障害者年金受給に向けて動いています。 ・・・と言うか、もちろん自分から行動しているわけではなく、施設の方や回りの方がせっせと働きかけて下さっているんですが・・・。病院の診断書はすんなりおりました。難題は、申請所に付ける生育歴です。病院で診断を受けるときにも、書いたり話したりしましたが、今度は特に、成人になってから以降の行動などについてに重点が置かれるようです。前に一度その書 [続きを読む]
  • 検査と診断を受ける意義は
  • 最近は、「療育手帳」ほしさに障害のフリをして、不正に取得しようとする人もいるらしく、障害のフリって・・・どうやってするんだろうと思うんですが、そうかと思えば、明らかに「療育手帳」の対象になるのに、世間体が悪いから・・・と申請しない人もいるんだそうです。 あやの場合、これからの生活を考えれば、療育手帳が少しでもあやの助けになってくれるんじゃないか、とは思います。まぁ、でも「療育手帳」の歴史は古いようなんで [続きを読む]
  • あやの受診結果
  • 7月末、検査結果と照らし合わせながら面談をしたいと言うことで、今度は私も病院に行きました。最初はあやと私の二人のつもりだったんですが、たまたま旦那も仕事が休みだと言うので一緒に行きました。そして、あやがお世話になってる施設の職員の方も同行してくださって、総勢4人で医師と面談です。心強いんですが、端から見たら、ものすごく物々しい感じだったでしょうね・・・。 医師からは、検査の結果の話の前に、まず親からの [続きを読む]
  • あや、いよいよ受診する
  • あやが今お世話になっている施設に入るとき期待した事のひとつに、あやが「受診できる」かもしれない・・・ということがありました。そうして期待通り、施設の方の計らいで、7月1日に大きな病院を受診できるようになったんです。 本当なら、受診するのに相当期間待たなければならないようなんですが、施設の方が「急ぎで」と、お願いしてくださったらしく、ビックリするくらい早く受診できる事になったみたいですさて、7月1日、初 [続きを読む]
  • 福祉の地域間格差
  • あやは今実家から離れた I 市で暮らしています。なるべく早い段階で実家のK市へ来ることを考えて、K市役所へ何度か本人も、私たち両親も相談に行きました。 ところが、相談に行っても”拒絶された感”しか残らないのは何故でしょう先日も、あやの市営住宅入居について相談に行ったとき、K市役所の福祉関係の相談員が3人も相談に乗ってくれるというのでちょっと期待したんですが、結果的には相談にのってくれるというより、なんだ [続きを読む]
  • あゆ第二子誕生
  • 予定日より2週間ほど早く、あゆに第二子が誕生しました 私にとっては5番目の孫ですが、何人生まれても、「生まれたての赤ちゃんって、こんなに小さいんだぁ・・・?」と、毎回驚いてしまいます。あゆの第一子のイチは女の子ですが、生まれたときからすごい泣き声で泣く赤ん坊で、「ギャーギャー」と、濁点がついていました。ところが第二子は男の子なんですが、顔もイチよりいくぶんスッキリと上品で(婆バカ?)、いつもスヤスヤと [続きを読む]
  • 過去の記事 …