Angel RISA さん プロフィール

  •  
Angel RISAさん: Angel RISA
ハンドル名Angel RISA さん
ブログタイトルAngel RISA
ブログURLhttp://angelrisa.seesaa.net/
サイト紹介文ダウン症の姪を持ち、Angel RISAというサイトを運営しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/05/22 14:41

Angel RISA さんのブログ記事

  • 障がい児の絆
  • 「ワカメシンドローム」の「障がい児の絆」のブラッシュアップを行いました。なんとかしなくちゃ、と空回りするカツオ。ワカメや先生に勇気付けてもらい、徐々に立ち位置を模索する。支援学級の先生の懐の深さが見所です。 [続きを読む]
  • 岡山県が障害者配慮の事例集作製 企業や自治体向けに100例紹介
  • 岡山県が障害者配慮の事例集作製 企業や自治体向けに100例紹介  岡山県は企業や自治体向けに、障害者が過ごしやすい環境づくりの事例集を作った。昨年4月施行の障害者差別解消法に対応。聴覚障害者への筆談、車いす用のスロープ整備など地元企業や学校による約100の取り組みを紹介している。 A4判30ページ。足の不自由なメンバーがいる大学サークルの部室を2階から1階に移設▽耳が聞こえにくい顧客に板書で説明▽ [続きを読む]
  • カツオ立候補
  • 「ワカメシンドローム」の「カツオ立候補」のブラッシュアップを行いました。カツオが生徒会長に立候補するという奇想天外の展開。しかし、それなりの理由があるのです。家族の幸せを取り戻すため、カツオが一肌脱ぎます。敬五の家族に大きな変化が現れます。 [続きを読む]
  • トランプ革命
  • 「ワカメシンドローム」の「トランプ革命」のブラッシュアップを行いました。無駄とも思えるこの回は、ワカメとカツオの立場が少しずつ変化するところが見所です。徐々にたくましくなるワカメ。対して、不安に駆り立てられるカツオ。必死に闘います。 [続きを読む]
  • ダウン症の息子、進路どうすれば 奥山佳恵さん悩む選択
  • ダウン症の息子、進路どうすれば 奥山佳恵さん悩む選択2017年4月29日19時15分 女優でタレントの奥山佳恵さんは、ダウン症の次男美良生(みらい)君(5)の入学を来春に控える。目下の悩みはやはり、どの進路を選ぶかだ。奥山さんに話を聞いた。     ◇ 美良生(みらい)を育てながら、理想と現実を感じています。「障害者と健常者、共に生きていこう」「だれもが過ごしやすい世の中に」と語られる一方、現実は6歳で分け [続きを読む]
  • クッキーリベンジ
  • 「ワカメシンドローム」の「クッキーリベンジ」のブラッシュアップを行いました。クッキー作りのリベンジをします。クラスの生徒と、ワカメとカツオの闘いが繰り広げられる。ワカメが徐々にたくましくなっていくが、弱さも露呈する。みんなが支え合っていく。 [続きを読む]
  • 障害者は生き苦しい、東大生だって生き苦しい
  • 障害者は生き苦しい、東大生だって生き苦しいCOLUMN 学習障害、脳性まひ、ハンセン病。毎回異なる障害を抱えた講師やその関係者が、障害とともに歩んだ人生について、学生に語りかけるゼミが東大にある。「障害者のリアルに迫るゼミ」だ。障害者と向き合う東大生は何を学び、何を考えるのだろう。ゼミ生と担当教員の野澤和弘さんに話を聞いた。(取材・福岡龍一郎、竹田椋太)東大生が障害者から学び取るもの ゼミ生の田川菜月さ [続きを読む]
  • 敬五のお菓子作り
  • 「ワカメシンドローム」の「敬五のお菓子作り」のブラッシュアップを行いました。磯野家と敬五の家族がクッキーなどを作ります。それを、学校で配ったのですが、大問題が勃発。ますます揺れ動く障がいという障壁。乗り越えられるか・・・。 [続きを読む]
  • 子ども追い刃物振るう男 職員、住民必死に防御 宇佐・こども園侵入
  • 子ども追い刃物振るう男 職員、住民必死に防御 宇佐・こども園侵入2017年04月01日 06時00分 赤いフルフェースのヘルメットをかぶった男は、刃物を振り回して子どもたちを追い掛け回した。31日に大分県宇佐市の「四日市こども園」で学童保育中に起きた事件。職員2人が次々と切り付けられ、男児も殴られた。子どもたちは四方に逃げ惑い、普段は笑い声であふれる園庭に悲鳴が響いた。 「不審者、不審者」。午後3時20分ごろ [続きを読む]
  • 運動会での再会
  • 「ワカメシンドローム」の「運動会での再会」のブラッシュアップを行いました。運動会で、まさかの再会があった。二人のダウン症児の環境に変化が。幸せを手にする者、幸せを提供する者、様々な立場の者の感情が入り混じる。そして、みんなが幸せを掴んでいく。 [続きを読む]
  • ワカメの決意
  • 「ワカメシンドローム」の「ワカメの決意」のブラッシュアップを行いました。ダウン症により、支援学級に移るかもしれないと宣告されたワカメ。悩み苦しむが、事態は急転直下。将来の希望を胸に、ワカメが決意する。 [続きを読む]
  • うちの子は「不適切」?就学相談の後、届いた通知にあった言葉は…
  • うちの子は「不適切」?就学相談の後、届いた通知にあった言葉は…2017年3月15日 11:00 発達障害のある長男の進学先選び。発達が気になるお子さんがいるご家庭の多くの例に漏れず、一悶着二悶着・右往左往ありましたが…結果的に長男の「支援学級」進学へと方向性は決まっていきました。就学相談でも支援級の方向性でまとまり、学級の体験も完了。あとは委員会でお墨付きをもらって進学先決定!お疲れ様!!…のつもりでした。毎年 [続きを読む]
  • ワカメの彼氏
  • 「ワカメシンドローム」の「悲喜こもごも」のブラッシュアップを行いました。ワカメの彼氏の話を追加しました。そろそろダウン症との対峙が始まります。本当に健気やワカメが不憫でなりません。 [続きを読む]
  • 障害者の「親なきあと」考える 福祉型信託活用を
  • 障害者の「親なきあと」考える 福祉型信託活用を行政書士の渡部さん講演 成年後見人制度の解説も 「親なきあと」をテーマに講演する渡部伸さん=水戸市千波町の県総合福祉会館「親なきあと」をテーマに講演する渡部伸さん=水戸市千波町の県総合福祉会館知的障害者の家族らでつくる県手をつなぐ育成会(矢野清会長)の本年度研修会が1日、水戸市千波町の県総合福祉会館で開かれ、「親なきあと」相談室主宰で行政書士の渡部伸さん [続きを読む]
  • 障害者差別解消法のまとめ
  • 障害者差別解消法のまとめです。私の出した結論は、以下です。1.障害者のためを思って対処している可能性がある。2.ダメな理由を十分説明する。3.障害者用トイレなどの整備をはじめ、障害者対応の体制を整える。つまり、現状ではまだまだ不備があると思うのです。今後、いろんな分野で進展があれば、障害者を受け入れることができる可能性があります。まずは、声をあげ、一つ一つ改善に向かえばいいな、と思います。それのきっ [続きを読む]
  • ダウン症の仏女性、念願のお天気キャスターに
  • ダウン症の仏女性、念願のお天気キャスターに2017年03月09日 19:56 【3月9日 AFP】ダウン症候群のフランス人女性が、念願だったテレビのゴールデンタイムで天気予報を伝えるという夢をかなえることになった。彼女をサポートしている擁護団体が8日、明らかにした。 擁護団体「Unapei(知的障害者の親と友人の会)」が発表した声明によると、メラニー・セガール(Melanie Segard)さん(21)は来週14日から、仏国営テレビ「フラン [続きを読む]
  • 障害者差別解消法の勉強会の続きです。
  • 障害者差別解消法の勉強会の続きです。「車椅子の利用者が、ツアーに申し込みをしたら、断られた」というお題がありました。私は、差別ではないかもしれない、と考えるようになりました。なぜなら、例えば、参加してもいいが、障害者用のトイレがなかったら、困るのは障害者自身なのです。また、神社に参拝するが、トイレまで行くのに、階段を100段登らないといけなかったりしたら、物理的に不可能です。つまり、受け入れ態勢が整 [続きを読む]
  • 障害者差別解消法の勉強会1
  • 障害者差別解消法の勉強会に行きました。多くのことを学びましたが、一番は、「差別」というものの認定のような点でした。障害者の皆様のご助言もあり、大変有意義でした。具体的にいうと、「銀行で、代筆はできないので、視覚障害者の方の口座は作れない」と言われた場合、差別になるか? というお題がありました。私は、問答無用で差別だと思いましたが、障害者の方は、もしかしたら、犯罪に利用されないように、厳格に対処して [続きを読む]
  • 「知的レベルは1歳未満」そう言われた次男のiPadを覗くと…
  • 「知的レベルは1歳未満」そう言われた次男のiPadを覗くと…2017年2月28日 13:00 発達検査の結果はいつも「測定不能」の次男。我が家のもうすぐ年長になる次男は、これまでに受けた発達検査で一度もまともに取り組むことができず、結果はすべて「検査不可」「測定不能」の状態です。「積み木を積んで」の指示がわからず、「丸描いて」の意味もわからず、そもそもテストをしているということすら認識していない様子でした。検査員の [続きを読む]