chan さん プロフィール

  •  
chanさん: 豆豆(ドド)& Sunny
ハンドル名chan さん
ブログタイトル豆豆(ドド)& Sunny
ブログURLhttp://ameblo.jp/chihuei/
サイト紹介文同時に生まれたチンチラ兄弟の生活を覗いてみませんか ~(*^.^*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/05/26 00:15

chan さんのブログ記事

  • 退院
  • 入院してる二週間、順調に回復してきて、今日 退院です。2度帝王切開を経験していますし、痛み止めも飲んでたので、それほど痛いという感じはありませんでした。手術する前に、「酸素マスクは嫌!」と散々伝えたら、鼻に突っ込むタイプの酸素チューブに変更してもらえましたよ6時間の手術を経て、2日目にもう起きて自力でトイレに行きました。今までの手術は麻酔が効くまで泣いてましたが、今回は笑って手術室に入りました。手術 [続きを読む]
  • いよいよ今日
  • 昨日入院しました。予定通り、今日の昼から左胸の全摘手術を受けます。乳頭を残すか、最後に考えた結果、残す方向ですが、手術中の検査で乳頭にも悪い細胞が残ってそうなら、同時に切除することに決めました。ここ三年で5度目の入院、最初は個室の方がいいと思いましたが、今は大部屋がいい。雑音にも慣れてさ!個室だと静かすぎて怖いいつの間にか自分が寂しがり屋になったのか息子が一時預かり保育所で描いた絵。まだ線と [続きを読む]
  • 家族への告知
  • やっと家族へ自分が乳がんであることを伝えました〜去年病院で乳がんだと言われてから、家族へはずっと言わないで来ました。主人は「言っても心配だけだし、遠いし、何もできないから」のが理由。手術受けて、治療方針決めてから言おうと去年はそういうふうに決めてました。そのあと、子を再び授けるのを諦めなきゃいけなくなり、抗ガン剤を受けるのと再手術が必要になったりで色々の変化、主人のサポートを受けながら自分なりに [続きを読む]
  • 抗ガン剤3回目と4回目スタート
  • 新年早々3回目の抗ガン剤受けまして、副作用は慣れたのか、軽かったのか、気にせずに普通に過ごしていました。息子はこの二週間一時預かりの保育所に送ってました。もし治療中に体がしんどかったらと思って治療中始める前に探した保育所。一度申請すれば二週間子供を預けることができます。同じ理由では2度申請できませんが、今回は抗ガン剤治療中という理由で。息子を送り出して1日目と2日目去年録画した番組やドラマを見始めた [続きを読む]
  • 歳が重なりました
  • 30代最後の数日、なんだかソワソワ、落ち着かない、、 20代に日本に来て15年、そしてつい40代に突入! 振り返って日本に来てからの日々、 そしてこの三年間起きたこと。色々思い出して、涙が止まらない あの時日本で知り合った中国人の主人と一緒にいるため、全家族の反対を押し切って、 台湾から電気蒸し器、布団をもって、飼い猫を連れて日本にやってきたあの純粋だったごろ [続きを読む]
  • 抗ガン剤2回目経過
  • 新しい一年になりました〜皆さん、新年おめでとうございます!暫く更新してなかったですが、この三週間の記録を書いておきます〜12/14 2回目の抗ガン剤終了。幸い看護婦の注射が上手いから、一発で私の右手から細い血管を見つけて、スムーズに点滴できました。点滴中はアマゾンからiPadにダウンロードしといた映画を見てたので、2時間半くらいはあっという間に。息子がいるから、家ではほとんどテレビをつけないけど、点滴中は逆 [続きを読む]
  • 一年経ちました
  • 一年経ちました。この一年、病気の発覚で気持ちは 下がったり、時々上がったりと。12/11この日が近づいて来ると、落ち着かない。去年の今頃を思い出すと、抗ガン剤で脱毛真っ最中の今と重なって、余計悲しさが増す風呂から上がって泣いてる自分を見て、主人がまた抜け落ちた髪を片付けてくれる。あの夜のことはどうやって起きたんだろう?去年の12/10に戻って、もう一度生きて、リセットしたいよ〜もしヨシハルが生まれて来たら、 [続きを読む]
  • 抗ガン剤1回目(途中経過)
  • 1回目の抗ガン剤から17日経ちました。基本手術した反対側の手で点滴を受けますが、(浮腫防止のため)自分の右手の血管が細くて、結局4回刺されてやっと見つかったあと3回ありますが、大丈夫かしら?入院中は特に目立った症状がなく。家に帰った後、喉の奥がガラガラ、黄色い鼻くそと痰が出て、そして鼻水。とりあえず風邪のつもりで葛根湯やホット蜂蜜レモン水、焼きミカン、蜂蜜大根を摂取。今はほんの少しだけ喉のガラガラ感が残 [続きを読む]
  • 抗ガン剤治療スタート
  • 主人の各会社の説明会参加や、スーツ、ネクタイ、靴磨きセットなどの購入で、数日バタバタしてました。穴の空いたパンツも合格発表前から「受かったら捨てる」と主人が言って、ようやく捨てることができました!自分は昨日から入院し、あと1時間後から抗ガン剤の点滴が始まります。ドセタキセル 計4クール。ハーセプチンも同時にスタート。もう一種類(名前覚えにくくて覚えてません、、)シコリが1センチ超えの場合受ける抗ガン剤 [続きを読む]
  • 合格しました
  • やっと、11年越しの目標、主人が達成してくれました。国家試験に合格!発表数日前から家の中の雰囲気は本当に沈んでた感じ。また不合格だったらどうしよ?、、もう一年頑張って!と今年はもうそう言うことができない。自分はもう直ぐ病気の治療が始まるし、まだ保育所に入れてない息子が家で騒いでるし、臨時預かり所も満員だし、経済面は、、 などなど。この家、どこに向かうだろう?という不安。でも、今度こそ、本当に合 [続きを読む]
  • 二人目は諦める
  • セカンドオピニオン終わったその日、二人目の子供を諦めることにしました。諦めざるを得ない状況、そして、「諦めろ!あんたの命が最優先だよ!」と主人に言われました。自分の性格では、少し希望があれば、また頑張りたかった。ホルモン治療2年やって、子供を産んでからまた治療を再開するという方法。「治療を一旦中断したら、効果が落ちるよ」と先生に言われて。諦めろと言われて、やめるキッカケに。もうやり直せないという悔 [続きを読む]
  • 病理検査結果とセカンドオピニオン
  • 息子の入院検査は無事に終わりました! 特に問題なくて良かったです。 息子の入院中に、退院後初めての乳腺外来診察に1人で行って、「今日1人で来たんですか。病理検査結果が出たけど、聞く?それとも今度ご主人と一緒に聞く?」 早く知って、治療方法を決めたいから、聞くことにしました。 「まずいいこと、 リンパ節を8個取って、検査の結果は確実にリンパに転移してない。 [続きを読む]
  • 明日退院
  • 入院してから今日で9日目。手術は無事終了。術後の酸素マスクはやっぱり苦手でした、、、5時間付けてないとダメだから、呼吸がしづらくて、もう入院は嫌、次の出産はあっさり諦めよう!とも思ったくらい。 朝10時前の手術で終わったのは午後2時以降。温存手術で、先生は一生懸命綺麗にしようと修復してくれたから、時間がかかったそうです。術中のセチネルリンパ生検では転移が見当たらなかったため、リンパの郭清は無 [続きを読む]
  • またまた試練が待ってました。。
  • 前向きに頑張ろう!また妊娠できるかわからないけど、希望を持って頑張ろう! と思ったときに 乳ガンだと 宣告されました。 何だよ!ここ数年続く辛い試練!! やっと主人が11年続いた国家試験の勉強が 今年で開花しそうなのに、 やっと去年年末からの暗いトンネルから抜け出して、 来年の子作りに希望を持とうとしてるのに、 何だよ!! もう !! [続きを読む]
  • この4ヶ月
  • 4ヶ月ぶりの更新になりました、、。去年年末に第二子が胎内で亡くなってから、 日本での生活を息苦しく感じて、台湾の家族にたまらなく会いたくなって、それで3月中旬から息子を台湾の実家に連れて帰りました。主人が「俺が埋めてあげられない心の傷は やっぱりあるんだね。 台湾に帰って 目一杯楽しんできて!」と言ってくれて、 それで2ヶ月の滞在予定が三週間延長して、 6月上旬に日本に戻りました。 結果的に言うと [続きを読む]
  • MRI検査の結果
  • 昨日は待ちに待ったMRI検査の日。天気予報見たら、一日中雨、主人も風邪でダウン気味。大丈夫かな 〜 と思いながら 息子を連れて3人で病院に向かいました。病院の救急搬送入り口を通ると、主人は「ここだよ!あの日あんたが運ばれてきたのは。」主人にとっては、あの日の記憶はいつまでも消えそうにないものになりそう。。。病院に着いてから血液、尿検査もして、 いよいよMRI検査に。あの筒の機械に入って、検査を受けながら色 [続きを読む]
  • 落ち着かない
  • 先週長男のシナジス注射で主人と病院に行ったら、私が子宮破裂の日に次の病院に緊急搬送されることになって救急車に一緒に乗ってくれた先生に会いました。搬送された日に自分はメガネをかけてなくて、先生の顔を全然わからないけど、主人が見てすぐわかりました。挨拶すると、先生は「あ 〜あの日の、、。手紙をちゃんといただきましたー。元気になって良かったです!」と覚えてくれて。実は私がまだ搬送先の病院に入院してた時、 [続きを読む]
  • 決まったことなのか?
  • 退院後、池上明 先生の本 何冊か見た。一回目死産の時に買った本、見てから、心が救われて、そして長男の誕生によって本当に立ち直れたと思った。この本たちどうしようと思った矢先、また自分が見る必要があるとは、、、、、死産になることは赤ちゃんが生まれる前にすでに決まってたことかな?赤ちゃんが亡くなるのを事前に察知するお母さんはいるとも書いてありました。私の子宮が破裂する2日前に、出産後疲れて頭が回らないだろ [続きを読む]
  • 退院 ?
  • 入院してから4日目、一時の外出許可を取って、主人と斎場に向かった。2年11ヶ月前にも同じ場所に来たよ。。。初めて妊娠した子も同じ斎場で見送った。また来ると思わなかった。火葬後、主人と二人で息子の小さな骨を拾って、小さなかけら見落とさないようにと斎場の方も手伝ってくれました。午後病院に戻ったら、MFICUから大部屋に移動することになった。大部屋に向かう途中で聞こえてくる他人の赤ちゃんの心拍音、胸がぎゅーと締 [続きを読む]
  • 手術の後?
  • 私は子宮破裂により緊急帝王切開の手術を受けて、我が子を出産した。産声のない男の子だった。12/11, 9:2831週3日目1896g集中治療室で一晩過ごして、次の日MFICUの個室に移すことになった。その日の午後、我が子を部屋に連れてきてもらった。胸に抱っこして、ずっしりと重さを感じた。心の中で叫んだ。。。寝てるんじゃないの?ただ寝てるんだよね?お願い!目を開けてくれ??昨日ご飯を食べるとき、パパは言ってたよ! 「なあ [続きを読む]
  • 希望が残った?
  • 搬送先の病院に着いたのはおよそ朝8時半頃。少し朦朧しながらも自分は意識があった。救急車の後ろドアが開いて自分が運び出され、執刀医の先生がまず挨拶してきた。あとから主人から聞いた話だが、救急車のドアが開いた瞬間、病院の緊急搬送入り口の扉が開いて、廊下の両側に数十人の病院関係者が待ってた。自分の想像を超えるすごく緊急の状態だと改めて知らされたと。自分はそのままオペ室に運ばれた。たくさんの人の声が聞こえ [続きを読む]
  • 49日
  • 今日でヨシハルがお腹からいなくなって49日経ちました。ヨシハルは帰ってくるかな〜と思ったが、特に何か感じることもなく、、、霊感ないけどね。。でも一昨日晩御飯食べてる最中、もうすぐ二歳の息子が突然 「弟弟!」と呼んだ。(ディディ。中国語で弟の意味。 )もしかして、息子が見えてるのか感じるかなと思って、「弟弟?弟弟はどこ?」と聞いてみた。そしたら息子は自分の左斜め上を指差した。そして夜寝る前、もう一度「弟 [続きを読む]
  • 赤ちゃんが、、?
  • 救急車に乗って、揺れでお腹が痛かった。10分くらいでいつも通ってる産婦人科の病院に着いて、狭くて硬い緊急外来のベッドに乗せられた。最初に伝えた家での状況の再確認。お尻と足の痺れをもう一度伝えたら、血液循環が良くない?貧血かなという推測。自分は意識があった。一時様子が落ち着いたらしく、「顔色はさっき真っ白だったけど、ちょっと良くなったかな。」と聞こえた。 呼吸も少し落ち着いた感じ。 「やっぱり [続きを読む]
  • 一ヶ月検診
  • 昨日 帝王切開後の一ヶ月検診に行ってきました。退院後初めての外出。お腹がもうあまり痛くなくて、たまに茶色い悪露があるくらい。「具合はどうですか。」と先生の最初の一言。今日は次回の妊娠について聞こうと構えてたから、緊張で自分の顔は引きずってたと思う。 「まだ 少し鈍い感じの痛みがあるだけ。」 尿検査と血液検査の結果は問題なし。貧血もない。「貧血ないどころか、十分すぎるくらい。。」と先生は [続きを読む]
  • 救急車で搬送 ?
  • ベッドに横たわって、多分一時間以上経ったと思う。その間もお腹が痛い、お尻と足が久しぶりに激しい運動でもしたかのようにひどく痺れて、筋肉痛を感じる。右に、左にと姿勢を変えたり、、、眠い、、、布団を掛けてあっても手足が冷たい、、、とうとう 我慢できなくて、主人を呼ぼうとするが、呼吸が荒くて声が出ない。。。どうしよう?「起きてくれよ!!」心の中で叫んだ。 またしばらく経って、息子が寝返りで声を出した。そ [続きを読む]