早川忠孝 さん プロフィール

  •  
早川忠孝さん: 早川忠孝の一念発起・日々新たなり
ハンドル名早川忠孝 さん
ブログタイトル早川忠孝の一念発起・日々新たなり
ブログURLhttp://ameblo.jp/gusya-h/
サイト紹介文ちょっと背伸びをしてブロガーに変身。「早川忠孝のこれだけは言いたい」。乞うご期待。
自由文どんなに精進努力しているときでも結果が出せないときがある。

しかし、そんなときでもへこたれず前を向いて歩を進める。

そんなときに勇気と力を与えてくれるのが、

頑張っているね、の一言。

自分をちゃんと見てくれている人がいる。

そのことを知っただけで力が湧いてくる。

ブログは、そういう力を持っている。


読者の皆さん、ありがとう。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1138回 / 365日(平均21.8回/週) - 参加 2008/05/26 23:06

早川忠孝 さんのブログ記事

  • ん?認知能力に問題あり、ということかしら
  • 今朝、何を食べたか聞かれて即答できる人は、やはり凄い。私などは、うーん、とか、えーっ、と言って考え込んでしまうタイプなので、余り他人のことは言えないのだが、それでも食事をした後に、まだ食べていない、とか、お腹が空いた、などとは言わない。大臣室での遣り取りを記録したメモを見せられても、私はそう認識していなかった、そういうつもりはなかった、などと強弁すれば、ああ、この人の認知能力には相当問題がありそ [続きを読む]
  • 自爆覚悟で衆議院への転進を宣言した村田蓮舫さんの選挙区はどこ?
  • 民進党の方からの相談があれば、そんな無謀なことはお止めになったら、とアドバイスするところだが、どなたからも相談がないので、アドバイスではなく、単なる私の感想を書いておく。民進党の代表としてどうしても衆議院選挙に出なければ収まらない、というのであれば、やはり東京1区だろう。元代表の海江田さんがいるところだが、海江田さんを押し退けてでも衆議院選挙に出る、という覚悟を示せば、村田蓮舫もやるものだ、ぐら [続きを読む]
  • 音喜多さんは独自で動いた方が何倍も輝きそうだ
  • 輝け!音喜多、という声を上げておきたい。音喜多さんは、3人で発足した当時は都民ファーストの幹事長ということでずいぶん活躍の舞台が拡がっていたが、55人にまで大きくなってしまうととさすがに以前のような自由奔放な動きは出来なくなってしまったようだ。ちょっと気の毒だなあ、と外にいる私などは思ってしまうが、当分の間は仕方がないのかも知れない。まあ、世の中は自分の思うようにはなかなか行かないものだ、こんな [続きを読む]
  • 民進党も自民党もガラガラポンが必要なようですね
  • 国民のフラストレーションが高まったのじゃないかな、と心配している。民進党は村田蓮舫さんを参議院予算委員会の質疑に立たせてしまったので、村田蓮舫さん以外に人がいないことを印象付けてしまった。貴女が言うな、お前が言うななどという失礼な罵声は飛ばなかったと思うが、それにしても二重国籍疑惑を抱えている村田蓮舫さんを質疑者に選んだ民進党の執行部の方々はどうも危機感が薄いようだ。ああ、これでは民進党はまたま [続きを読む]
  • 李下に冠を正してしまった時の弁明のあり方
  • 加計幸太郎氏の参考人招致は不可避だろうと思っている。鉄壁のガードを誇っていた安倍総理にも脇の甘さがあったのだが、周到に準備されていたはずの衆議院予算委員会の集中審議で、たった一つだが、あれっ、と思うような答弁があった。聞いている側に違和感が残ったのだから、今日の参議院の予算員会の集中審議でも徹底的にそのポイントが問題にされるはずだ。野党の質問を適当にやり過ごすことは出来ないほどの重大なポイントで [続きを読む]
  • 思い切って若手を登用することですね
  • 滞貨一掃みたいなことは、考えないことである。安倍内閣のイメージを一新するような人事を断行すればいい。この内閣改造が最後の改造だと思って度肝を抜くような人事をやってしまえば、人心は一変する。自民党にはやっぱり人材が豊富ですね、と国民が評価するようであれば、あっという間に支持率は反転するはずだ。自民党の中に適当な人材がいなければ、民間から登用すればいい。身体検査だけは、しっかりやることである。未知の [続きを読む]
  • 自民党の支持率は、そろそろ下げ止まりする頃だが・・・
  • 昨日の仙台市長選挙の結果は、多分自民党の選対にとっては想定の範囲内でこれで政権が揺らぐようなことはまったくないだろうが、万一横浜の市長選で自民党や公明党が推薦する現職市長が敗れるようなことになれば激震が走るはずだ。しかし、自民党の支持率はそろそろ下げ止まりする頃ではないかと思っている。今日の衆議院予算委員会の集中審議は、やってよかったと思う。与党も野党もそれぞれに得点できた、と思っているだろうか [続きを読む]
  • おい、おい、おい。音喜多さんのブログが急につまらなくなっているぞ
  • 煽るようなことは今の段階では少々迷惑かも知れないが、この調子だと音喜多さんの折角の発信力が錆びついてしまいそうなので、苦言を呈しておく。自制すべからず。もっと自由奔放に、本当のことを発信されたらいい。情報公開の神様のような音喜多さんが何か自己規制をしているようで、気の毒にさえ感じる。大人になるのは、早い。言うべきことはちゃんと言っている、という印象を残すのが今は大事である。忖度とか情報隠蔽にはみ [続きを読む]
  • 政治家にしておくのは、ちょっと勿体ないかなあ・・・、なんてね
  • この人には早く国会に行ってもらって、色々と仕事をしてもらいたいのだがなあ、と思う人が何人かいりるのだが、ただの国会議員ぐらいではちょっと勿体ないかなあ、と思わないでもない人がいる。「無戸籍の日本人」という著書を出しておられる井戸まさえさんである。元民主党の衆議院議員で、現在も民進党の支部長として次期衆議院選挙に向けて精力的に活動を続けられているが、この人ほど戸籍法や国籍法に通じておられ、かつ的確 [続きを読む]
  • ブラックボックスかどうかは、皆さんの発信力次第
  • 都民ファーストがブラックボックスだ、などという根強い批判があるが、新人の方が圧倒的に多い都民ファーストの場合は迂闊な発言をして同志の方々の足を引っ張ってしまったのではいけないので、それなりの態勢が整うまではマスコミの取材に応じることを自粛したのは止むを得ない措置だったろうと思う。新人議員の方々の任期は明日から始まるのだから、明日からは、皆さん思う存分に羽根を拡げられたらいい。フェイスブックで都民 [続きを読む]
  • ポジショントークになってしまうが・・・
  • 誰にしてもそれなりにポジショントークになってしまうだろうから、私の記事がポジショントークだと言われれば完全には否定できない。しかし、私が、菅さんについてもうそろそろ官房長官をお辞めになっては、と書いているのは、菅さんではもはや安倍内閣の支持率が急激に好転することもないだろうと思っているからで、決して菅さんが小池さんの悪口を言っているから菅さんにあやを付けているわけではない。菅さんが有能な政治家で [続きを読む]
  • そろそろかな
  • 私は弁護士なので、求められたらどこにでも出向く用意がある。しかし、相手から声も掛からないのに自分の方から動くようなことはしない。いつ、どこで、誰から、どんな声が掛かるか分からないから、なるべく自分自身をフリーな立場に置くようにしている。引き受けたら徹底的にやらなければならないことが分かっているから、いわゆる安請け合いも中途半端に色々な人や団体と関わりを持つことも避けるようにしている。これぞと見込 [続きを読む]
  • アゴラに負けた村田蓮舫さんは、どうすればいいのかしら
  • アゴラにはなかなか眼力の鋭い人たちが揃っているという証拠だろう。あんなに舌鋒鋭い村田蓮舫さんでもアゴラの論客を議論で圧倒することは出来なかったようである。まあ、最後までご自分の負けを認めないところが村田蓮舫さんらしいところかも知れないが、アゴラに掲載される様々な論稿を拝見しても村田蓮舫さんを擁護するような議論は一つも出てこなかったから、世間の判定で言えば村田蓮舫さんは論戦に負けた、ということにな [続きを読む]
  • 民進党の方々への質問。皆さんは、村田蓮舫さんの何に期待するのですか?
  • 素朴な質問である。皆さんは、村田蓮舫さんの何に期待されているのですか?村田蓮舫さんなら党を纏められ、村田蓮舫さん以外に党を纏められる人がいない、という事情でもあれば別だが、そんなはずがない、というのが部外者である私の感想だ。俺しかいない、私しかいない、と思いたがるのが世間の常だろうが、いなければいないように何とか回って行くのが実際である。村田蓮舫さんだったら選挙に勝つ、村田蓮舫以外の人であれば選 [続きを読む]
  • 今の内に島嶼巡りをされては如何
  • 既にスケジュールに入っているのかも知れないが、小池さんが島嶼巡りをされるようになると小池さんは益々強くなる。民進党の村田蓮舫さんは昨日ご自分の二重国籍問題について記者会見を開いたが、戸籍の一部を開示したからといって民進党に対する支持率が回復するようなものではない。野田幹事長はどうやら引責辞任の腹を固めたようだが、野田さんが辞めてどうなるものでもない。村田蓮舫さんが代表を辞めてもどうなるものでもな [続きを読む]
  • テレビ局は呼ばれるうちが華。呼ばれたら、奇を衒わず堂々と出演せよ
  • 私にもAbemaTV出演の話があったのだが、土壇場でキャンセルになった、という経験がある。NHKへの出演依頼が取り消されたり、いつか呼ばれたらいいな、と思いながらいつまでも呼ばれなかったり、と様々な経験をしてきた。まあ、呼ばれるうちが華なのだから、出演のチャンスが来たら逃がさないことである。あっという間に賞味期限が来てしまう、というようなこともある。旬の時間は結構短い、ということは知っておいた方がいいだろ [続きを読む]