酒とバラ さん プロフィール

  •  
酒とバラさん: 酒とバラのパラグアイな日々
ハンドル名酒とバラ さん
ブログタイトル酒とバラのパラグアイな日々
ブログURLhttp://saketobara.blog50.fc2.com/
サイト紹介文南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界。時代の風は、今、新大陸!
自由文昨年海外から初めて国政に挑戦、そして惨敗。
南米でジャーナリスト25年、
トンボの視野で眺めるとオイオイ大丈夫かよニッポン!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2008/05/28 01:21

酒とバラ さんのブログ記事

  • 安倍政権にも秋風が!
  • 連日37〜8℃、時に40℃という強烈な猛暑にいささかグロッキー気味だったが、昨夕(12日)から一気に涼しくなってきた。日本は、心弾む春だというのに、強固だった安倍政権にも何やら秋風が吹いてきたようだ。それもこれも自由奔放な昭恵夫人発による失態で政権にガタがきそうな様子だ。何だろうな、この人は…?改めて調べてみたら、何だ、森永乳業のお嬢様だったではないか!何でも首相が、この奥さんに強くモノが言えない [続きを読む]
  • 金正男暗殺/ヒット米TVドラマ「24」大統領暗殺手口に酷似
  • 金正男暗殺の実行犯女性の手口が、大ヒット米TVドラマ「24」の大統領暗殺手口に酷似している。つまり劇中の大統領が民衆の歓呼の中を握手を求める人々と次々と握手を繰り返して熱狂に応えて通る。民衆の中に紛れていた暗殺犯の1人の女性が大統領と握手を交わす。その直後、大統領は意識を失ってバッタリと崩れ落ちる。その暗殺犯の女性が公衆トイレで透明のビニール手袋を外して手を洗う…。まさに金正男暗殺犯のインドネシア [続きを読む]
  • 金正男君暗殺、持ち駒を失った中国は?
  • 中国は、金正恩政権が崩壊した場合、代わりに金正男氏を新たな指導者に擁立しようと考え、金正男氏を保護してきたのだが、金正男君が暗殺されてハテ、どうする中国さん…? 北朝鮮の金政権は長い間、前総書記の江沢民が率いる派閥の支配下に置かれていたそうだ、これから中国政権内で権力闘争が激化しそうだ。 [続きを読む]
  • いや〜暑い暑い!
  • 連日36〜38℃…。暑い暑い…。ヒートアップするのは、ここの気温だけではない。米韓合同斬首作戦で北のキムドンの命が風前の灯だ!ーと世界中が固唾を呑んで見守っていた北の命運…。しかし、金正男暗殺事件でキム・ジョンイル委員長を排除したとしてもその後釜に据える予定だった異母兄の金正男君が死んしまった今となっては、その絵図面が大幅に狂ってしまった。ハテ、どうする皆の衆…? [続きを読む]
  • 影武者か? という疑念も一瞬あったが…
  •  マレーシアのクアラルンプール国際空港第2ターミナル国際線出発ロビーで15日、北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が暗殺された.中国にとって正男氏は対北朝鮮外交の重要な切り札だった。父親の金正日氏が健在だった時代には“人質”的な側面があり、正恩氏の時 代になってからは朝鮮半島での有事や中朝対立に備えるため、「いつでも首をすげ替えられるトップ候補」ともいうべき存在となった。 トランプ氏は大統領選で、中 [続きを読む]
  • 北朝鮮崩壊の序曲
  • 金正男(キム・ジョンナム)が暗殺された。彼を擁護していた中国が激怒!ーとか、中国は彼の利用価値がなくなって見捨てた!ーとか、様々な憶測が飛び交っているが、真相は藪の中…?不気味に沈黙を保っている北の太っちょ金ドンの今後の動向が気になる? [続きを読む]
  • 太っちょ熊暗殺される!
  • 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄・太っちょ熊こと金正男(キム・ジョンナム)がマレーシアのクアラルンプール国際空港第2ターミナルで15日、暗殺された。様々な情報が飛びかっており真相は不明だが、北朝鮮の異母弟金正恩の指示だとする見方が有力だ。なぜ今なのか?という疑問に米韓による金正恩暗殺計画が上げられている。 米軍には、北朝鮮の核・ミサイル基地に対する先制攻撃も視野に入れた「 [続きを読む]
  • トランプカードが地球を回す!
  • 2017年 2月13日(月) 晴れ長い間、ご無沙汰だった「酒とバラ」ブログをやっと更新出来る。余りに長いことサボっていたので、うっかりIDとパスワードを忘れてしまった。何ともドジな話だ…。今日は1週間ぶりの「ひびき」定休日だ。大使館から「在パ大分県人会」の創立年を聞いてきたので一階と二階の書棚を探し回ってやっと見つけて回答した。1972年の創立だった。なんといつの間にか45年も経っている。ここは創立4 [続きを読む]
  • もう10月…、玄妙なる人生!
  • あっという間に、もう10月になってしまった…。レストラン「響」を開業して以来、午前様ともいえる帰宅時間が続いている。連夜の午前様は、さすがに昨今、堪えるようになった。眼にはさやかに見えねども年月とともに齢は確かに進んでいる。誰にも止められない時間の不可思議…。時間も生命も循環していくのだろうか…?いつかまた、この地に戻ってくるのだろうか…?そして、また同じ人々に出会い、似たような人生を送るのだろう [続きを読む]
  • ボクの大っ嫌いな人物、翁長知事と蓮舫!
  • 本来、人の好き嫌いは余りないのだが、敢えて挙げれば、翁長知事と蓮舫は嫌いだ。本音を言えば、翁長知事と蓮舫には、虫唾が走る!とにかくこの二人がテレビ画面に映ると思わず目をそむけてしまう。蓮舫代表の民進党は、在日がウジャウジャの売国政党だ。いやぁ、こう書いているだけで鳥肌がたってしまう…! [続きを読む]
  • 翁長知事to
  • 本来、人の好き嫌いは余りないのだが、敢えて挙げれば、翁長知事と蓮舫は嫌いだ。本音を言えば、翁長知事と蓮舫には、虫唾が走る!とにかくこの二人がテレビ画面に映ると思わず目をそむけてしまう。蓮舫代表の民進党は、在日がウジャウジャの売国政党だ。いやぁ、こう書いているだけで鳥肌がたってしまう…! [続きを読む]
  • ヤバイ! 北の難民襲来
  • 経済学者の池田 信夫 さんが、北朝鮮崩壊後の難民襲来について以下の様に警告している。『日本は数百万の朝鮮人を養う羽目になる』と専門家が”朝日新聞らの売国”を予測。欧米の圧力に日本政府は屈する  北朝鮮は9月9日、核弾頭の実験に成功したと発表した。今年に入って核実験は2度目で、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射実験を行なうなど、軍 事的挑発のペースが上がっている。他方で最高幹部が「処刑」されたという情報 [続きを読む]
  • 日本は独自で核を持て!
  • トランプ候補とクリントン候補のテレビ討論でアメリカ国民の本音が露になった。トランプ「米国は世界の警察の役割果たす能力がない」と発言。クリントン氏も日本など同盟国に米軍駐屯費用をさら に負担させることには原則的に賛成している。いずれにしても日本はいつまでもアメリカにおんぶに抱っこ状態を続けることは出来ない。まぁ、しかし、これで日本はアメリカの軛から脱することが出来るのだから喜ばしいことだ。勿論、日本 [続きを読む]
  • アメリカ製憲法を改正するのは当然ではないか!
  • アホバカ野党どもが「憲法改正反対!」などと金切り声をあげているのは、真に見苦しい。鎧のようなゴワゴワの洋服を着せられて70年間も過してきた哀れな日本人…。眞實を見破る努力をしてこなかった可哀そうな日本人…。いや、敢えて言えば、見て見ぬ振りをしてきたわけだ。いい加減憲法の呪縛から解放されて日本人らしい誇り高い憲法を作成しようではないか!外国人の中で36年間過ごしてきて確信したことは「日本人は素晴らし [続きを読む]
  • 不可避な日中戦争
  • 古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)「古森義久の内外透視」ランド研究所の報告書「中国との戦争」でとくに注視されるのは、米中戦争の発生でも進行でも、日本が非常に重要な役割を果たすという点である。同報告書は米中戦争の帰趨に関しても日本の動きは「決定的に重要」だという表現までを使っていた。すでに述べてきたように、米中戦争の勃発の契機として第一にあげられたシナリオは尖閣諸島をめぐる中国と日本と [続きを読む]
  • 憲法は間違いなくアメリカ製である
  • アメリカ製日本憲法の真実 バイデン発言古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)「古森義久の内外透視」アメリカのジョー・バイデン副大統領が「日本の憲法はアメリカが書いた」と発言して、日本側に複雑な波紋を広げた。 ジョー・バイデン氏といえば、長年の政治歴での数々の失言で知られてきた。ただしまったくの根も葉もないという虚言や空言ではなく、事実をあまりにも粗雑に直入に語ってしまうという種類の発言が [続きを読む]
  • 避難場所としてのパラグアイ
  • 米中戦争だって起こりうるし、はたまた、地震多発国の日本なんだから、日本人は避難場所を確保しておかなければならない。ぼくが、あたかもオオカミ少年の様にいぜんから警告してきた「逃げよ逃げよ!」が現実的な危機となって今、目の前に迫っているんだよ。如何に鈍感な日本人でも今野望をむき出しにしている中国の脅威はお分かりだろう。中国は、前にも書いたように、「太平洋を真ん中から米中で分割しようぜ!」てなふざけたこ [続きを読む]
  • ヤバイ! 絵空事でない米中戦争
  • 米中戦争が起こりうる!昨今、南シナ海や東シナ海、尖閣諸島強奪を狙って中国の野望ギラギラだ。そんな中、米中戦争もありうるとする論文がアメリカでも最有力の安全保障研究機関「ランド研究所」 から公表された。そんな衝撃的な論文を紹介したのが古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)氏だ。以下紹介しよう。アメリカと中国は戦争に突入しうる!こんなショッキングな研究結果がアメリカでも最有力の安全保障研究機 [続きを読む]
  • 稀勢の里はラグビーのスクラム練習をしろ!
  • 豪栄道 初優勝!場所前、横綱昇進場所として期待された稀勢の里は、又しても期待を裏切ってしまった。場所前の稽古総見で日馬富士に腰高のまま、ガンガン押し込まれていたのを見て、あぁ、今場所もこりゃだめだわ…。 と予感した通り、やっぱり、魁皇2、お前は万年大関だ!まぁ、今場所は、白鳳が休場していたので豪栄道の優勝もイマイチ、手放しで喜べない。場所前、全然ノーマークだった豪栄道がここまで奮起したのは何か期す [続きを読む]
  • ゾンビ集団の民進党と第二次朝鮮戦争!
  • 実は死んでいるのに気付かない民進党。その蓮舫代表、「民進党を政権交代できる政党にしたい」なんてまさにゾンビ集団の民進党。 『総理を目指したい』と明言した蓮舫さん、もしも日台、日中の問題が深刻化した際、日本の国益を考えて行動できるのか?彼女は、7月の参院選(東京選挙区)で 112万票も獲得し、トップ当選。日本人は本当にアホバカ国民になってしまったようだ。今そこにある危機!「第二次朝鮮戦争」を覚悟する [続きを読む]
  • 北のミサイル&中国の脅威
  • 実は死んでいるのに気付かない民進党。その蓮舫代表、「民進党を政権交代できる政党にしたい」なんてまさにゾンビ集団の民進党。 『総理を目指したい』と明言した蓮舫さん、もしも日台、日中の問題が深刻化した際、日本の国益を考えて行動できるのか?彼女は、7月の参院選(東京選挙区)で 112万票も獲得し、トップ当選。日本人は本当にアホバカ国民になってしまったようだ。今そこにある危機!「第二次朝鮮戦争」を覚悟する [続きを読む]
  • 北のミサイル&中国の脅威
  • 9月22日(木)  晴れ   昼35℃もうから夏日だ。昨今、日本を取り巻く環境が激変した。これまで北朝鮮の強面ドンさまのブラフを鼻先で笑ってきた日本だが、アレヨアレヨという間に、核ミサイル脅威が現実化してきた。さらに中国が隠していた爪をむき出しにして、日本周辺空海に進出し、尖閣諸島強奪は、時間の問題となってきた。おバカな憲法のお蔭で専守防衛しか許されていない哀れな自衛隊…。おまけに平和ボケお花畑の日 [続きを読む]