ドクトルかっちゃん さん プロフィール

  •  
ドクトルかっちゃんさん: ドクトルかっちゃん「健康にKiss」
ハンドル名ドクトルかっちゃん さん
ブログタイトルドクトルかっちゃん「健康にKiss」
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/dokutorukachian
サイト紹介文KissFM神戸 メインパーソナリティーが毎週送る 医療健康情報
自由文病気の原因は全て「血液の汚れと血液の循環不良」です。
自然治癒力の原点=綺麗な血液を造り、正常に循環する体になる事。
著書「自然治癒力を発動させる3つの条件」現代書林
「心・食・体」の調和
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/05/28 16:52

ドクトルかっちゃん さんのブログ記事

  • 熱中症の予防と症状と夏ばて予防
  • 熱中症の予防と症状と夏ばて予防暑くなると毛細血管が拡張して熱を皮膚に運び、発汗して蒸発した汗が体を冷やします。湿度が高いと、汗が出るばっかりで、汗が蒸発せず脱水症状に陥ります。先日、蒸し暑い日にテニスをしていたんですが、汗が出るばかりで、蒸発しません。いつも3時間ほどのテニスなんですが、1時間半ぐらいで頭がボーッとして眠くなって来ました。熱中症?かもお茶を飲んで、頭に水をかけて休んだら治まりましたが [続きを読む]
  • 夏の風邪と肺炎
  • 冷たい飲み物やエアコンが欲しくなるシーズン夏風邪注意です。中医学では、冬の風邪と夏の風邪は違う方剤を使用します。冬は寒さと冷えが原因の風邪は風寒感冒と言います。そして高い発熱は風熱感冒と言って熱がこもるので辛涼解表で熱を冷ます銀翹散などを使用します。夏は暑湿感冒・清暑袪湿解表で新加香薷飲を使用します。消化管の働きが低下しますので、消化の良い物を食べて安静にする事です。エアコンが原因で体を冷やして風 [続きを読む]
  • 耳鳴りとコレステロール(高脂血症)
  • 耳鳴り・・・老化現象と言われます。ご相談の葉書のジージーさんの様な断続的な症状は治る可能性があります。様々な症状の多くは、血液の汚れ、血液の循環不良、体内酸素不足です。耳の病気、目の病気、味覚障害、不眠症、精神不安、鬱、パーキンソンなど、首から上の症状は元々低血圧の人に多いです。血液量が少なく、毛細血管も少ないのが特徴です。そして、老化現象は血管と血液の減少で血液循環が一層悪化します。20代の血管の [続きを読む]
  • 足の冷えと腰痛、冷えは更年期障害も悪化させる
  • 先月下旬の講演会はハードでした。東京で講演、翌日石川県の小松、そして珠洲市。珠洲市は金沢から車で3時間、能登半島の先端です。小松まで迎えに来て頂き、珠洲市に行ってびっくり、地名通りとても涼しいし、人も歩いていない町です。能登町や輪島など、沢山の方にお越し頂き、とても嬉しかったです。海が綺麗で魚も美味しい・・・小松では昼食が食べれなかったので、移動中にビールや柿ピーなどを買って途中、車が走れる砂浜「 [続きを読む]
  • ミネラル不足・肝臓の機能低下、皮膚や粘膜の健康には亜鉛
  • ミネラル不足・肝臓の機能低下、皮膚や粘膜の健康には亜鉛最近、亜鉛不足が問題になります亜鉛不足による味覚障害は有名ですが、亜鉛不足は様々な症状の原因になります。貧血、皮膚炎、口内炎、脱毛症、難治性の褥瘡(じょくそう、床ずれ)、食欲低下、発育障害(小児で体重増加不良、低身長)、性腺機能不全、不妊症、免疫の低下などがあります。亜鉛の重要な働きは、体内酵素の活性や蛋白質の維持、蛋白質代謝に関係しています。 [続きを読む]
  • ポリフェノールとアントシアニン
  • 気圧が下がる梅雨時は、血液循環が悪くなり、免疫も低下します。血液循環を促進する食べ物は?小豆や黒豆、ナス、黒ごま、ブドウなど、赤、黒、紫などの色素で様々な植物の果実、花、葉っぱなどに含まれている成分=抗酸化作用があるポリフェノール赤ワインなどに含まれるフラボノイドという成分も種類があります。お茶の苦味成分のカテキンは抗菌作用、抗酸化作用、血圧や血糖値の上昇を抑制します。カテキンはお茶以外にリンゴ、 [続きを読む]
  • 7月講演会案内、京都プレマルシェオーガニクス、近鉄百貨店上本町店
  • 7月講演会案内、京都プレマルシェオーガニクス、近鉄百貨店上本町店冷えは万病の元エアコンは足を冷やします。足が冷えるとお腹も冷えます。耳鳴り、難聴、目の病気は老化現象老化現象とは血管の減少原因は十二指腸の機能低下による血液の減少食養生と乳酸菌生産物質がお薦めです。美味しい紅茶「マイティーリーフ」に乳酸菌生産物質10ccを入れると、とても美味しい健康飲料になります。講演会 7月20日 京都プレマルシェ [続きを読む]
  • 食中毒の予防と食品の管理(ダニとカビ、雑菌の多い季節)
  • 高温多湿で体調を壊しやすい時期ですね。畳やカーペットは湿度が高いとカビが増え、カビをエサにダニが増えます。この時期はエアコンを使って、密閉状態の家も多く見られます。天気の良い日は、窓を開けて空気の入れ換えをして下さい。特に湿度が上がると雑菌も増えて食中毒の原因にもなります。調理器具や食品の管理も大事です。まな板などの調理器具は熱湯で洗ったり、スチーム洗浄機があれば便利です。カレーやシチューなどの食 [続きを読む]
  • ミネラル不足・亜鉛と肝臓の機能低下、皮膚や粘膜の健康
  • 最近、亜鉛不足が問題になります亜鉛不足による味覚障害は有名ですが、亜鉛不足は様々な症状の原因になります。貧血、皮膚炎、口内炎、脱毛症、難治性の褥瘡(じょくそう、床ずれ)、食欲低下、発育障害(小児で体重増加不良、低身長)、性腺機能不全、不妊症、免疫の低下などがあります。亜鉛の重要な働きは、体内酵素の活性や蛋白質の維持、蛋白質代謝に関係しています。アルブミン値3.5未満は亜鉛欠乏です。肝臓病で亜鉛が不足 [続きを読む]
  • リスナーさんからの質問「血液検査」
  • 先月の血液検査の放送を聴かれた方からのお問い合わせを多数頂いていますね。検査結果が不安な方や病気を心配される方はビオネ健康センターにお問い合わせを頂ければ、体調に応じた食事指導などもさせて頂いております。0120−131−043もう6年も前から時々お問い合わせを頂いているリスナーさんもいらっしゃいます。平成26年の特定健康診査対象者5,385万人、受診者2,616万人、受診率48.6%、関西は関東よりも受診率が低 [続きを読む]
  • 初夏からは紫外線対策、でも紫外線も必要
  • 初夏からは紫外線対策、でも紫外線も必要女性は紫外線の日焼けが気になる季節になりましたね。紫外線はメラニン細胞を活性化して日焼けやシミの原因になります。その他、皮膚の弾力を保つ線維芽細胞の働きを低下させてシワや皮膚癌の原因にもなります。浴びすぎないように、ある程度の予防対策が必要です。食事では夏野菜を食べると、ポリフェノールが炎症を抑制してくれます。トマト、なす、ブロッコリー、サツマイモなどの色の濃 [続きを読む]
  • 美味しい水・世界遺産「富士山」の「大沢溶岩」
  • 暑くなると、熱中症対策。 美味しい水が飲みたいですね。最近は様々なミネラルウオーターが販売されています。お勧めは富士山の水富士山周辺の湧水は、バナジウムなどのミネラルが多く、とても濃厚でまったりとして美味しいです。火山は世界各国にありますが、バナジウムを多く含んでいるのは、富士山の水だけです。バナジウムは血糖値を下げる働きがあるという事で、糖尿病の方などが購入されているそうです。その他、コレステロ [続きを読む]
  • 血液検査基準値と正常値
  • 健康診断の血圧や血液検査などの基準値は曖昧ですね。血液検査の基準値は検査機関によって数値が違います。血液検査は平成5年までは正常値の範囲、平成6年からは基準値に変わりました。血液検査が正常値でも病気の人が多いのが理由です。また正常値の範囲は大幅にはみ出た人の数値を削除して決められました。高血圧の基準は、収縮期血圧130mmHg未満 拡張期血圧 85 です。昔は年齢+90と言われました。150でも薬を出さない医師もい [続きを読む]
  • 体内の発電所・細胞内ミトコンドリアは元気の源/不妊症にも関係する
  • 細胞の中にエネルギー生産をする所があります。言わば発電所みたいな場所ですね。それは「ミトコンドリア」一つの細胞の中に数百〜3000個あると言われています。ミトコンドリアのDNA(遺伝子)は母親から遺伝していて、父親からは遺伝しません。ミトコンドリアDNAは、人類のルーツなどの研究に役立っています。筋肉細胞中のミトコンドリアは赤い筋肉に多く存在します。筋肉細胞は2種類あって、赤筋(遅筋)と白筋(速筋)、マグロ [続きを読む]
  • 初夏からは紫外線対策、でも紫外線も必要
  • 女性は紫外線の日焼けが気になる季節になりましたね。紫外線はメラニン細胞を活性化して日焼けやシミの原因になります。その他、皮膚の弾力を保つ線維芽細胞の働きを低下させてシワや皮膚癌の原因にもなります。浴びすぎないように、ある程度の予防対策が必要です。食事では夏野菜を食べると、ポリフェノールが炎症を抑制してくれます。トマト、なす、ブロッコリー、サツマイモなどの色の濃い野菜に効果があります。リコピンやβカ [続きを読む]
  • 40才過ぎたら健康に留意「無理なく出来る7日周期の食養生」
  • 若い世代の病気は少ないですが40代、50代、60代と病気のリスクが高まります。高脂血症、脂肪肝、高血圧、糖尿病、心臓病、怖いのは脳卒中や心筋梗塞、そして癌。加齢に伴って病気になる原因は「血液の汚れ、血液の循環不良、体内酸素不足」腸内フローラの老化に伴い、血液の異常も起こります。若い世代は代謝も良く、体内老廃物も排泄されますが、年と共に老廃物も蓄積するのと、善玉菌の減少に伴い、腸内腐敗によって老廃物の生産 [続きを読む]
  • 御影クラッセ・講演会
  • 今月最後の講演会、4月25日御影クラッセ・まだ空席があります。阪神御影駅のショッピングモールです。お問い合わせ? 078−806−8426 今月は4年ぶりで島根県の出雲にも行きました。空港からバスに乗ったら、バスの乗客は私一人でした(^▽^)来月は博多19日、大分県中津20日にも行きますよ。...中津の主催者は、ラジオ大阪1314OBCのリスナーさんです [続きを読む]
  • 断食療法、ファスティングと体質改善(ビオネ式ファスティング)
  • 先週は玄米菜食による体質改善のお話でしたが、今日は断食療法です。断食療法による体質改善も玄米菜食と同じ「腸内フローラの改善」と「小腸上皮細胞の修復」です。断食は、生まれたての赤ちゃんの腸内フローラの再現です。新生児は無菌で生まれて、生後1週間で善玉菌優性の腸内フローラを造ります。3日〜1週間の断食をすると、体に必要な栄養もありませんが、腸内細菌のエサもありません。腸内細菌がどんどん減って、非常に少な [続きを読む]