ishige さん プロフィール

  •  
ishigeさん: てこてこペンギン散歩
ハンドル名ishige さん
ブログタイトルてこてこペンギン散歩
ブログURLhttp://tekopen.blog40.fc2.com/
サイト紹介文東京近郊を散歩中、たまに出かける旅行先などでみつけた風景や動物、植物たちの記録写真
自由文週末は東京都内、近郊を散歩、散策。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/05/29 22:58

ishige さんのブログ記事

  • 水鳥三種
  • 千葉県手賀沼のほとり、水草の間に白い影を見かけたので覗いてみるとハクチョウ発見 留鳥として定住しているハクチョウがいるとは聞いたことがありますが見かけると気持ちが高揚足元にカモの仲間(カルガモかな?)もいますが、どちらかというと白鳥に目が行きます角度を変えてみると、おや?ハクチョウの写真右側にアオサギがいますよくよくトップの写真を確認してみるとこの時点で写真に納まっていたんですねガマの葉っぱや水面 [続きを読む]
  • 浅草・鳥越きりしたん殉教記念碑
  • 浅草と鳥越の間くらい地域を歩いていると、「浅草・鳥越きりしたん殉教記念碑」という石碑を発見すぐちかくの説明書きによれば江戸時代初期1613年8月16日、鳥越の地で禁教令にもめげず信仰をつづけたキリシタン(キリスト教徒)が処刑(斬首)、その後も幕府の迫害をうけ鳥越の地で(説明書きに記載されているだけでも)28人の教徒が亡くなったとのことその神への純正なこころを貫き通した殉教者を忘れないように、建立されたそう [続きを読む]
  • ヒャクニチソウとタテハチョウ
  • この記事にはチョウチョ、虫の写真が掲載されています。苦手な方はご了承ください前の記事と同じヒャクニチソウの花壇、別のチョウチョが花びらに止まっているのを発見羽根の模様からタテハチョウの仲間、ヒメアカタテハでしょうか。間違っていたらスミマセン 別記事のアオスジアゲハとはことなる構図でなるべく近寄って撮影してみることに意外とこちらも逃げずに。というよりも一度飛び立ってもまた戻ってくるお気に入りさ同じ種 [続きを読む]
  • 南千住のハーピィ
  • 新しいマンションが立ち並ぶ荒川区南千住の住宅地を歩いているとなにやら奇妙なオブジェ天使のようなほがらなか笑顔を携えた妖精?でもこのときはこのキャラクターが何者であるかは不明。後日確認してみると荒川区在住の洋画家城戸真亜子さんの作品「リバーパープコート南千住」という住宅棟ちかくを流れる隅田川をイメージし10体ほどそれぞれ形状の違うコたちがいるとのこ。たしかに興味深い作品ですけど、生活に近い場所なので [続きを読む]
  • 葉っぱの間のコガネムシ
  • この記事にはコガネムシ、昆虫の写真が掲載されています。苦手な方はご了承願います木々の葉っぱの間に甲虫を発見、見た目からコガネムシの仲間といったころでしょうか? 後日調べてみるとお腹のあたりに毛のようなものが生えている特徴や、羽根の色や体の形から「アオドウガネ」という品種でしょうか。間違っていたらゴメンナサイはっぱの間に隠れているとはいえ、日中だったせいもありこちらが撮影していてもまったく身動きひと [続きを読む]
  • 水面のコウホネ
  • 河の水面に青々とした葉っぱがたくさん生い茂っていて、その間に小さな黄色い花が咲いています『コウホネ(という水生植物)かな?』と思い、カメラを構えて撮影。時期は8月上旬だったので個人的に初夏のころに咲いているイメージがあったので意外な気分(花は夏の時期 のっぺりとした川面に緑の草花が咲いていると、この植物のまわりで魚や小動物なども暮らしているのかと思えてきます。なにやら水面に波紋があって何かいそうな [続きを読む]
  • カリンかな
  • 何気なく川べりを散歩しているといろんなものがみつかったこの日、こんな木の実を発見果実の形状から食用や漢方などに使うカリン(花梨)の実でしょうかね?最初に目に入った実から視線を移動させると、かなりの数の実がなっていました(緑色でわかりづらいですけど あたりはすこし住宅から離れているし、個人が植えたようには見えなかったですけど自然に育ったにしては立派です。いきさつはまったく不明ですが、見る人が見たら、 [続きを読む]
  • 一緒カモ
  • 川面に2羽のカモを見かけ体の模様からカルガモでしょう?それほど珍しくもない野鳥並んで親子?いや夫婦かな?仲良く連なって泳いでいます。そんな光景をカメラを構え観察 先頭のコが右に行ったと思うとくるりとUターンして、左に向かっても後ろのコは一定の距離を保ちながらついていきます。ニンゲンだったら文句のひとつも言いたそう別段カモたち鳴き声もあげず、何らかのコミュニケーションをしているのかな?とかいろいろ思 [続きを読む]
  • 桜の枝のミンミンゼミ
  • この記事にはミンミンゼミ、セミの写真が掲載されています。苦手な方はご了承ねがいます夏の時期、嫌というほど聞くセミの鳴き声、でもいざセミの姿を探しても案外見つからないものこのサクラの木からもセミの鳴き声が聞こえるとカメラを構えて探してみると枝に一匹のセミ天気もあまりよくなく暗い写真で申し訳ない限りですが、この時はどんな種類の蝉なのか判りませんでしたけど、後日写真を拡大してみると体の色からミンミンゼミ [続きを読む]
  • 繁茂したフヨウ
  • 川辺の道路を歩いていると大きく育ったフヨウにピンクの花が咲いている光景を目撃川越しに撮影しましたが、花を撮影しようとするとまわりの住宅が隠れるくらいの育ち具合 もとは人が植えたのかな?でもどうみても手入れされず自然に放置されている様相それでもきちんと花が咲いて(自分の写真では光の具合で色が飛んでしまってお見苦しいかぎりですが)たくましい姿に育つというのは生命力の強さをかんじます [続きを読む]
  • 川辺のモミジアオイ
  • 川辺の歩道、橋のたもとで真っ赤なモミジアオイの花を見かけました。撮影は8月上旬 自然に育ったというよりも、地域の方々が有志で植えられた草花だったのでしょうかもうちょっと天気が良ければ、なお綺麗な光景だったのでしょう。毎日見かけている人には何気ない花でも、たまたま通りかかった場所でこんな大輪の花を見かけるとラッキーかな [続きを読む]
  • 葉っぱのキリギリス
  • タイトルどおりこの記事にはキリギリス、昆虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承を緑の多い公園、葉っぱの上にでんとバッタらしき昆虫が乗っているのを発見近寄ってカメラを構えてみると、顔つきや体の模様から正確とは言えないけどキリギリスかな 後日調べてみると「クサギリ」というキリギリス科の虫に似ていますけど、どうでしょうかね少なくともキリギリスの仲間ってことで。結構近寄ってカメラを向けていましたけどま [続きを読む]
  • 若いマツボックリ
  • 公園で見かけたギンヨウヒマラヤ、見上げるほどの大木でしたが枝が地上まで伸びていましたマツの仲間、針葉樹よろしくトゲトゲとした葉っぱ(というとなんだか違和感すら感じるほど) その間に小さな丸っこいマツボックリ(松かさ)が付いているのを発見、ヒマラヤスギなのでスギボックリとはいいませんけど。枝が風で揺らいで少々ピンボケ状態なのはご了承を通常なら上空を見上げて見つけることができるまつぼっくりも地面ちかく [続きを読む]
  • すっくと伸びるギボウシ
  • 公園の木森におおわれた歩道、脇の花壇にこんもりとした大きな葉っぱの塊発見 その葉っぱの間からすっくと伸びた茎の先にユリような薄紫の花が咲いていました見上げるように撮影すると高く伸び、屹立としてなんだか立派に見えてきます。バックの木々にかぶってしまい、自分の写真では分かりづらく伝わりづらいですけど名札等はなかったですけど、ギボウシ(擬宝珠)の花ですかね。間違っていたらスミマセン 結構、日の当たらない [続きを読む]
  • ムギワラトンボかな
  • タイトル通りこの記事にはトンボ、虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承下さい草むらに一匹のトンボ、垂直に伸びた植物の茎に上手く止まっています色が黄色で珍しいトンボ?と思い、後日調べてみましたけどシオカラトンボのメスかな別名ムギワラトンボともいわれるごく身近なトンボ、そうそう珍しい蜻蛉はいないか [続きを読む]
  • ピンクのサルスベリ
  • 8月なので夏らしく、公園で元気よく咲いていてピンク色のサルスベリ(百日紅)の花最初に見かけたのは高台だったので、花を見下ろすような場所からの撮影 ちかづくと意外と高木でまわりにほかの樹木も生い茂っており、花の撮影が難儀小さな独特の形をした花びらのサルスベリですが自分の写真では分かりづらいですね どちらかというと、この場合、一輪一輪を見るよりも花びらが集まって形成された大きな花穂のようなボリューム感 [続きを読む]
  • さよなら流馬(5000形車両)
  • 千葉県流山に用事があり、流鉄流山線に乗車してみると偶然乗った車両が2017年7月末で『引退』との貼り紙が各所に貼られていました。何かの縁を感じ、せっかくなので撮影なお専門的に電車写真を撮影していないので、鉄道ファンの方には物足りないのはご了承を流鉄流山線は馬橋駅と流山駅をおよそ15分たらずで往復する路線。駅間もそれほど距離が無いので流山で用事を済ませた後に線路沿いに歩いてみると引退する列車が通過 自分の [続きを読む]
  • 第40回柏まつり
  • 所用があり立ち寄った千葉県柏市、柏駅を降りるといつもの週末よりも人が多い・・それもそのはず、偶然にも『第40回柏まつり』の当日(2017/7/29-30)だったのです 用事を済ませて駅の方向にもどると、ちょうどパレードが行われていました鮮やかな衣装をきた踊り手さんたちが「柏音頭」を踊って練り歩いています(結構長い 撮影しているときは編み笠に隠れていて気づきませんでしたけど、男性の方もいるみたい駅前商店街から行列 [続きを読む]
  • ひかげポッポ
  • 真夏の都内、坂道の曲がり角、木陰になにやら黒い物体が落ちて....よく見みると、ハト 別に珍しくもない野鳥である鳩ですけど、一羽だけでまるで置物ようにちょこんと座った姿おもわず(歩道とはいえ周りに人もいなかったので)カメラを構えて撮影。暑さを凌いで日影で涼んでいるんですね。それにしてもまるで動く気配なし [続きを読む]
  • 赤いフェルトみたいな花
  • 都内の公園、といっても、この風景をみればわかる人はわかるとは思う都心の新宿御苑花壇の真ん中に一本だけすっくとそびえたつ植物、せっかくなので夏空と一緒に撮影花の植えられている場所は花壇の中央なので立ち入って入ることははばかれるのでカメラでズームしてみると、フェルトでできたようなモフモフとした花穂が咲いて(?)います まるで人間が作ったかのような奇妙な形の花ですけど、風にゆれてなかなか面白い光景ちなみに [続きを読む]
  • ヨウシュヤマゴボウの花
  • 7月の都内の公園、植込みの脇を歩いていると房状の茎の先に白い小さな花を発見形状からもしかして思いつつ、後日ネット確認するとやはり「ヨウシュヤマゴボウ」の花 ヨウシュヤマゴボウというと、自分は小学校の理科の実験で色のつく(木の)実として汁を搾ったことのある植物(昨今の学校の授業では使われているかは不明ですが 授業で使用したのは実のほうですが植物しかり、実が付くので花も咲くわけですが果実が赤紫色のあざ [続きを読む]
  • 巨大なプッシュホン
  • たまたま立ち寄った、千葉県柏の市街地に近い公園。園内に巨大なプッシュホンを発見休みの日だったのですが、だーれもいないので近寄って確認してみると『千葉県の加入電話150万台、公衆電話3万台突破記念』に設置された『プッシュホン型すべり台』だそうです 向きを変えて撮影してみると、たしかにすべり台が電話の裏側にありました。夏場はどうだかわかりませんが、陽気がよければ子供たちに親しまれた場所かな?設置されたのが [続きを読む]
  • 針葉樹の花?いや別種
  • 自然豊かな(ほぼ山道)遊歩道を歩いていると、スギのような木の幹に花を発見『この樹木の花??』と最初を思いましたが『針葉樹に、こんな花が咲くわけはない』と思い、よくよくカメラでズームしてみると、木の幹に絡まった植物の花のようですずっと上の方を眺めてみるとツタ状になった茎が絡み、たくさんの花をつけていましたさらに上の方をみるとかなりの高さまで伸びているのがわかります。どこまで伸びる? 花の形はアジサイ [続きを読む]
  • 群生した薄紫色の花
  • 木森の生い茂る自然豊かなの公園の一角、木陰のあたり地面を覆った草花葉っぱの間から細長い茎がのびてその先端に白い小さなものがついています カメラでズームしてみると白いに若干薄紫色が混じったようなな花が咲いている?でも周りをみると花びらが散ったような気配もあります(専門家の方にはわかるのかな花が咲いているのか終わりなのかわからず、種類もわからずじまいでしたけどこれだけ繁茂している状態をみるとなんだか写 [続きを読む]