吉田直樹 さん プロフィール

  •  
吉田直樹さん: 最新ゴルフスイング理論 レフトピルヴィス スイング
ハンドル名吉田直樹 さん
ブログタイトル最新ゴルフスイング理論 レフトピルヴィス スイング
ブログURLhttp://ameblo.jp/forza7091/
サイト紹介文最新ゴルフ理論 レフトピルヴィススイング 誰もが綺麗なスイングになる。
自由文GREEN5 LIMITED 代表取締役
事業内容:人材派遣、ゴルフ事業、ゴルフレッスン、ゴルフ旅行、エージェント業
〜2009 JGTO ツアープレーヤー
USGTF ティーチングプロライセンス
MPGA Professional Golfer
スポーツマネージメント ディプロマ
4スタンス理論 B級 トレーナー 歴代の素晴らしいボールストライカーに共通する部分を分析し、レフト ピルヴィス スイング理論を構築。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2008/05/30 14:59

吉田直樹 さんのブログ記事

  • 一般のレッスン
  • アメリカから帰ってきました!今回もたくさんのコースをラウンド出来、生徒さん達には良い経験だったと思います。パームスプリングスの新しいコース、トーリパインズ、トランプなど絶景のコースばかりでした。そろそろ国際情勢も悪くなってきます。行けるうちに行きましょう。さて、帰ってきて早速レッスン。初心者で、インドアレッスンに行っていた方が半日レッスンに来られました。何を教えてもらったのか知りませんがメチャクチ [続きを読む]
  • トップ
  • トップでの少しの違いが切り返しのタメやインパクトエリアの動きに大きく影響が出ます。テークバック初期は非常に大切です。しっかりと腰、肩の回転をしてその場でテークバックしていきましょう!そうすることで切り返しでのアーリーリリースやハンドファーストインパクトが出来ないなどの問題が解消されていきます。 [続きを読む]
  • レッスン初心者
  • マスターズ行く前に生徒のイケメン息子さんを上京する前に3回ほど1日レッスンしました!素直に忠実に練習ドリルを実践してくれて、綺麗なスイングになりました。初めからこういったスイングの形を覚えたら、若い子は忘れません!職場の上司と回っても形のことは言われないでしょう。下手に自分でやって手遅れにならないよう、早めに良いレッスンを受けましょう!スイングの答えは自分の経験外のところにあります。 [続きを読む]
  • 時の流れ
  • 今年ももう3月です。皆さんお引越しや移動の時。私も毎年毎年、たくさんの人に出会い、またはこの時期にお別れします。人は短い時の中で様々な人と出会う。出会う全てに理由があり、その中に繰り返しと対称性に対する憧れ、最終的な同質結集。そこに影響と天命、真理に対するヒントがある。一般的な世は、この時期、2月には女性がチョコを買いあさり、3月は男性がお返しを買いあさる。いつも何か新しい店が出来れば果てしない列を [続きを読む]
  • ゴルフ スクールというやぶ
  • 今日も行き詰まった迷える子羊の方が来られました。何年も近くの練習場にあるゴルフ スクールに通われて、メチャクチャにされ、挙句の果てに左で打とうかと左のセットを購入。右でもスイングが悪いから当たらないだけです。クラブのせいではありません。ヤブレッスンとスイング技術のせいです。もういい加減、消費者も気づき、選びましょうよ。スクールと名のつくところで上手くなるはずないでしょう。来る人来る人、こういった生 [続きを読む]
  • 軸の維持
  • アドレスで作った背骨の角度を維持してテークバックし、トップに行くことはとても大切です。そうすることで、切り返しで力のベクトルを合わすことが出来ます。左のレッスン前に比べると右のレッスン後の方が顎から左肩が離れていき、腰もスクワットするような形になり、力が溜まっています。それには、正しい膝、腰の使い方をすることが大切です。http://naoki-yoshida.golf-hp.com [続きを読む]
  • 切り返しでタメは絶対に必要
  • よく切り返しでタメを作らずに打ったほうがいいなどの記事がありますが、飛距離とコントロールを手に入れるためにはとても大切で必ず必要です。タメの少ない選手もいますが、少ないだけであってちゃんとタメを作っています。切り返しからのアーリーリリース。もうやめましょう。振っても振っても、振れば振るだけボールは曲がり、飛びません。頑張ってるのに飛ばない、曲がる。アマチュアの方のほうが頑張って練習して、スイングし [続きを読む]
  • インパクトゾーン
  • ピュアなインパクトをすれば、非常に綺麗なボールの音がします。その為には、切り返しでタメを作って、ハンドファーストでインパクトしなくてはいけません。私の写真のようなインパクトゾーンが出来れば乾いた澄んだ音を出すことが出来ます!究極のインパクトゾーンを作ることが大切です! [続きを読む]
  • 正しい認識
  • 1日レッスンの方がお二人、どちらも遠方から来られました。筋肉の力を発揮する為に必要な知識、スイングの認識が変わったと思います。どこをどう意識すれば、いいトップになり、その結果、いい切り返しのタメが出来るのか。YouTubeや雑誌でどれだけの情報を得ても99%の方達がこの筋肉の力、スイングに対しての認識を間違えています。正しい知識と認識、それはそんなのありえなーい!聞いたことないし、誰からも聞いたことのないこ [続きを読む]
  • ベン ホーガンのタメ
  • ベン ホーガンは驚異的な切り返しでのタメで飛距離とボール コントロールを手に入れました。彼が亡くなる最後のスイング写真でも素晴らしいタメが出来ています。ゴルフ ラ キンタでは他ではどこも教えることの出来ないタメの作り方を習得できます。しかし、正しい知識と方法を守ればですが。小さい力で最大限の力を出せるよう習得してみてください。プロゴルファー以外でこの動きができるアマチュアはホンの一握りです。 [続きを読む]
  • 試合をキャンセルしたタイガー
  • 今週の試合でPGAツアーに復活するはずだったタイガーウッズが月曜日に試合に出ないことを決めました。まだ試合で優勝出来るようなレベルではないようです。ライダーカップ後、サンフランシスコのペブルビーチで練習していたらしいですが、調整はうまくいかなかったようですね。その数日前には、タイガーと一緒に回ったパーネビックがタイガーのショットはもう回復していると言っていましたが、何が原因なのでしょう。ドライバーイ [続きを読む]
  • イ ボミのようなスイングに
  • 一回のレッスンで、手と体が一体になってダウンスイングが出来るようになり、力のない女性でもイ ボミのような綺麗なスイングになりました。ハンドファーストに当たるようになり、飛距離も劇的に伸びて行くはずです。更に、手首だけで打っていたアプローチもしっかり体で打てるようになり、ミート率が上がりました。 [続きを読む]
  • 切り返しのタメ
  • 切り返しでのタメが綺麗に出来るようになりました。アイアンで88度もあった切り返し角度がドライバーでも42度のなりました。これが出来ることで、切り返しでの正しいリズム、どこで力を入れて入れないかがわかるようになりました。今までのスイングとは全くの別物。しかもこうなれば振れば振るほど飛ばすことが可能。タメが出来ない人は振れば振るほど曲がり、飛びません。これでハンドファーストに当たって今までと飛距離が2クラ [続きを読む]
  • トップ、切り返し、インパクト
  • 手と体を一体にしてトップを作ったら、そこからしっかりとタメを作り、前傾角度が変わらないまま回転、インパクトではタメを開放せずにハンドファーストインパクトするので、小さな力で一生懸命に振らなくてもボールは飛んでいきます。画像でも切り返しでクラブヘッドはまだ背面に置いてきぼりです。そこから体を綺麗に捻り戻していきます。それをするには、アドレス、テークバック、トップ、ダウンスイングでのいろんな体各部位の [続きを読む]
  • レイドオフとタメ
  • 前回紹介したレイドオフとタメを作る練習器具。トップで右腕上腕に器具がしっかりと乗ったことが確認出来たら、その器具が右腕上腕から離れないようにして切り返します。そうすると自然とタメが出来て、ダウンスイングでリリースが早くなってダフリやトップが出ることがなくなります。このタメは飛距離を伸ばすために絶対に必要な動作です。何故なら、アーリーリリースはテコの原理を解く動きですから、いくら速く振っても、いくら [続きを読む]
  • レイドオフ器具
  • トップでレイドオフになるのはとても大切です。そして、切り返しからのタメも非常に大切。この2つの動作を一気に解決できる練習器具があります。ライトリストアングル練習器具。これを使うとトップでの手首のコックの仕方、方向がわかり、レイドオフになった時にどのような感覚かもわかります。そして、ここから切り返しで器具の先端がしっかりと右腕にくっついたまま降ろすことが出来ているかを確認することができるのです。もし [続きを読む]
  • 全米女子アマ
  • 先日の全米女子アマ。昔に比べてほとんどの選手が素晴らしいスイングをしていました。もちろんスイングだけでなくメンタルも鍛えられています。しっかりと切り返しでタメが出来て体のターンでスイングしているので、飛距離も昔の選手より今の若い選手のほうが飛んでいます。2人は違う選手ですが、左に振り抜いて素晴らしいスイングとインパクトです。女子の世界も確実にパワーゲームになってきていますね。 [続きを読む]
  • カッピング リリース
  • またまたマスターズ シリーズリッキー・ファウラーと練習ラウンドで一緒に回っていたアマチュア選手です。素晴らしいスイングをしていました。左に振り抜いてソフトドロー。肩も腰も目標方向よりも左を向いています。そして、リリースはカッピング リリース この方法で長いインパクト ゾーンが作れます。インパクトでの肩と腰の向きは、トップのいろんな部分のポジションで決まります。 [続きを読む]
  • 切り返しの重要性
  • トップからの切り返しで、スロットに入ることがボールコントロール、飛距離にとってとても大切です。例えば、この選手テークバック、トップ最悪です。素人ですよね。しかし、ここから一気に綺麗なスロットに入る。実はこのかた、PGA ツアーで何勝もあげているのです。じゃあ、これを出来たら良いんだなと思いますが、練習の少ない方がいくらこの形を練習してもこの形を作ることは出来ません。しっかりとした正しい知識が必要なので [続きを読む]
  • 左に振り抜いてソフトドロー
  • マスターズの練習場でグリージョの練習を見ました。しっかりと切り返しでタメを作り、左に振り抜く。ボールの出球は目標より右に出てドローボールを打っていました。画像で身体は左に回転しているのにボールは右に出ている事がわかると思います。こういったポテンシャルの高いインパクトゾーンじゃないとソフトドローは打てないです。単に左に振り抜いても引っかかったりしてしまいます。しっかりと切り返しで正しくタメを作って遅 [続きを読む]
  • インパクト
  • 今年のマスターズ16番で撮影したスイング動画のインパクトです。松山選手とダニー リー選手。しっかりと体の軸を中心に回転しています。インパクトで上体が上を向かずにしっかりと地面を上体で押さえつけています。そうすることでハンドファーストにインパクトしやすくなり、トップやダフリが少なくなります。アマチュアの方はよく左足一本でフィニッシュを取れずに右足体重でバランスを崩して終わってしまいますが。その時は、だ [続きを読む]
  • 今年のマスターズ アダム
  • 今年のマスターズでアダム スコットも数ホール見ました。18番のティーショットは1発目左にフックし過ぎて、もう1発!次はプッシュアウトして右の林の中。首を傾げて、もう1発。ようやく真っ直ぐ飛んで行きました。調子はイマイチなようでした。なぜフックとプッシュが交互に出るか。彼のトップでの形とポジションを見れば原因はわかりますよね。あるポジションがずれています。そうすると左右にフックとプッシュが出ます。どこのポ [続きを読む]
  • 波動調整
  • 波動を調整するときに始めは、その人のエネルギーが満たされているか、7つある体のチャクラに滞りはないかを調べます。7つのチャクラのどこかが滞ると宇宙や自然からのエネルギーを受け取れませんし、閃きや気づきも起こりません。この波動機器でしっかりとどこのチャクラが滞っているかを調べて、波動を調整することが必要です。そうすれば身体はエネルギーで満ち溢れ、宇宙から自然からのエネルギーをも吸収し、免疫も上がってく [続きを読む]
  • タメとハンドファースト インパクト
  • この生徒のように切り返しでしっかりとタメを作ってハンドファーストでインパクトすることで、凄い飛距離が得れます。この動作は普通の人がいくら1人で練習しても出来ない動きです。何故なら考えられない腕と体の関係と使い方が必要だからです。プロゴルファーは自然に出来たりしますが、なかなかこの部分を本当に理解し説明し、教え、自分も出来る指導者は少ないです。この動作ができれば、自分の筋力以上のヘッドスピードが出て [続きを読む]
  • 今年のマスターズ
  • 今年のマスターズの練習ラウンドでは、まず松山選手を9ホール見ました。ダニーリーと一緒に練習ラウンドしていたので、2人同時に見れてちょうど良かったです。ダニーリーも私の好きな選手で、全米アマチュアをタイガーウッズの最年少記録を抜いて勝った時から注目していました。最近、調子が良く、上位でプレーすることが多くなったダニーですが、昔は切り返しで手がもっとインサイドに落ちていました。なので、プッシュとフックの [続きを読む]