イガヨシ さん プロフィール

  •  
イガヨシさん: 建築の神様へ
ハンドル名イガヨシ さん
ブログタイトル建築の神様へ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/igayoshiyuki
サイト紹介文山形県鶴岡市で働くカリスマ建築士のお言葉
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2008/05/31 22:30

イガヨシ さんのブログ記事

  • TACT鶴岡 の 内覧会の日の日記
  •  鶴岡市文化会館 荘銀TACT鶴岡 の完成内覧会に行きました。 外観は、見る人が皆、 度肝を抜かれる超個性的、ですが、 内部に入ってもソレは、やはりスゴクって、ホールなんか なかなか経験したことのないような空間なわけで。 たくさんのカタガタが見に来て居ら... [続きを読む]
  • スズムシのこと-2
  •  第3子の自由研究の成果品が戻ってきました。 2度描き直していた力作の表紙のスズムシの絵は、金の折り紙とか、講評とかでスッカリ覆い隠されて居りました。 ギリギリまで粘って、滑り込みで出来上がったわけで。 ワタクシ、提出前には全体を通して読んでみることは ... [続きを読む]
  • 一行六列の稲作-9
  •  週末は台風が接近して、暴風警報が出されたりして、予定が狂っちゃったわけで。 そこで、かねてからの懸案だった カカシ制作 を 子供たちと 半日かけて やってたわけです。 庄内は、雨の季節 真っ只中なゆえ、ビニル袋製なわけで。( ん? 待てよ。。。このカカシ、雨に... [続きを読む]
  • 竣工直後で選挙前の鶴岡市文化会館のこと
  •  先日はワタクシ、ある会の会合で市役所の4階の会議室に居りました。 コノ建物は、コノ位置から見るのが最もイイのですね。 普段 市民が目にするアングルでは無いのですが。地上で見るより ずっとイイ感じです。 天気も良く、周りの木々や遠くの山脈に呼応して、照... [続きを読む]
  • スズムシのこと
  •  お施主さんの飼っているスズムシが今年、猛烈に孵ったと云うことで、じつは6月に、その中から 7,80 匹を譲り受けていたのでした。 その時は4mm程度で、翅も無く、ただ 小さく 黒く、ゴキブリの赤ちゃんか?と 思うような風貌だったのですが、少しずつ大きく成って... [続きを読む]
  • 一行六列の稲作-8
  •  辺りの田ンボは美しく稲穂を垂れ、もうすぐ稲刈りを迎えようと云う体勢に入って、日に日に 黄金色に変わっていく気配が しております。 それに 遅れをとること 数週間、と 思われる 我が家の一行六列の田ンボ、ですが、葉ッパの陰に籾を見つけてからの生長は 目に見える... [続きを読む]
  • 【 凩 】 のこと
  •  先日ココで、少し触れてしまいましたが、ワタクシの大好きな 水上勉さまの 『 凩 』 と云う小説が在って。 昭和46年に書かれたのですが、現在に暮らすワタクシが今 読んでも、とても共感するハナシなのです。 副題に 『 宮大工倉持清右衛門の記 』 と記されていて、そう... [続きを読む]
  • 弘前城
  •  9月に入り、朝晩なんか寒いくらいに成って、ああ、夏も終わりなのか、と 感じる今日この頃。 ワタクシの前を駆け抜けて行った、そんな短い夏を思い返していると、夏休みに 弘前で見た 【 いつもと違う弘前城 】 を 思い出したので、今日は その写真を載せます。 ... [続きを読む]
  • 12周年は執念ではないのだ
  •  このページが 遂に12周年を迎えて、13年目に突入した事に気付いたわけで。 ワタクシは、新しいものに飛びつくタイプでは無くって。 と云うよりも、常に乗り遅れるタイプで。 振り返ると、子供の頃から ず〜っとオクテで。 ハズカシイくらいオクテで。 ブログな... [続きを読む]
  • 馬頭観音彫り-5
  •  ワタクシには いつも、かなり早いうちから チマチマと 刃を当てる癖が在って、出来上って みると、 弱々しくて、何だか ツマラナイモノに なってしまうなあ、と 思っていて。 今度こそは、そんなのは捨てて、未開の地の人たちが ザクッ ザクッ と 大らかに、そうそう 鋭く... [続きを読む]
  • 今度は 【 SORAI 】 起工だそうで
  •  鶴岡市サイエンスパークで また新しい建物の着工が近づいているようで。 地元の新聞には、ご覧のようなパースが載せられて居ります。 記事に依れば、施設に織り込まれる内容は、夢が有って、じつに面白そうに思います。 が、相変わらず謎めいたプロジェクトです... [続きを読む]
  • 一列六行の稲作-7
  •  4日前には ワタクシ、泣きながら ココで、ウチの田ンボの生長の不良さを嘆いて居りました。 も う 絶 対 に ダ メ だ 、と 思いました。 ですが今朝、いつの間にか全ての株から籾が現れ、ソコから弱々しい花を出して居るのを発見。 まったく少しも 気配すら... [続きを読む]
  • よ〜好調の無垢材
  •  このイエの各所にも仕上げに無垢板を使用して居ります。 銘木屋さんの倉庫に行って、沢山の材木の山から、数枚の板を選び出して参りました。 ですが、この度は、いつもよりもクセが多く、家具屋さんや大工さんの加工場に持ち込まれた後で、何度も呼び出しを受けて、『 ... [続きを読む]
  • 一列六行の稲作-6
  •  『 ものすごく 心配です 』 近所の田ンボでは、すでに稲穂が付いているのですが、ウチの田ンボでは、ご覧のように、サッパリ なのです。 辺りの田ンボは、ソレが とても早かったところと 最近に なってようやくのところと、差は有るものの、ほとんどみんな籾が出て。... [続きを読む]
  • ねぶた型サンダル箱-2
  •   ウチの第2子、意外にも こういう作業では思い切りがイイようです。 見直しました。 ワタクシの不在の日中に、ほとんどが出来上がって おりました。 帰宅後に 最後の仕上げの様子を見ていても、躊躇なく筆を走らせ、一気に描き上げてしまうわけで。 驚きです。... [続きを読む]
  • ねぶた型サンダル箱のこと
  •  ウチの玄関は、家族の割りに狭いのです。 もともと、村人の図書館と して造られた建物を 戦後に なって改造して住まいに しているのですが、その時に、玄関の土間を大幅に削って、浴室を造って しまったようで、今に なって、少し不便さを感じています。 そこで ... [続きを読む]
  • 柿酢 ’16-8
  •  布で濾してから、廊下に放置し続けて、3ヶ月が過ぎました。 ビンに詰めて、ソレをダンボール箱に入れてあります。 久しぶりに、出してみました。 『 黒くなっている・・・・・ 』 あの時は、グレープフルーツジュースのようにキレイな液体だったのに。 透明度... [続きを読む]
  • ワ ラッセ と 青森市 のこと
  •  青森駅の裏っ側に行きました。 ベイエリアなのです。 ソコには、『 ねぶたの家 ワ ラッセ 』 が在りました。 真っ赤に塗られた短冊形の鉄板が周囲に吊られ、目を惹きます。 メインエントランスはソノ鉄板がノレンを分けるように左右に開かれ、その他にも ところどこ... [続きを読む]
  • 御盆休みの日記
  •  今年も御盆休みに成って、そう云えば 『 ワタクシの好きな作家が、三人とも現代の御寺についての批判を描いて居られたっけなあ 』 と 思い出して、その本を探し出したので、今日はソコのところを載せます。 仏教本来の思想を愛しているが故の言葉と想います。『 道元... [続きを読む]
  • 押切 夏祭り アワー ’17-2
  •  いやいや。 うまくいった。 みなさま。 おつかれさまでした。 たくさんの 面白いシーンが有ったのですが。 ほとんど写真なんて撮らずに過ごしてしまい、アップ出来ず、少し後悔です。 だけれども、写真なんかに残さなくても、この地域で過ごした子供たちの記憶... [続きを読む]
  • 押切 夏祭り アワー ’17
  •  昨年から復活した町内会の夏祭りは今年、範囲を広げてパワーアップを図ったわけで。 だけれどもソレはソレでタイヘンだったりして。 更に、去年の主力メンバーの一部が不慮の事態で参加できなくなっちゃったりして。 準備・調整なんかは、フーミ―さんが孤軍奮闘な状態... [続きを読む]
  • 一列六行の稲作-5
  •  じつは、考えてみれば、ワタクシが御手本田ンボに指定した田ンボは、ウチで栽培している はえぬき と同じ種類なのか不明な わけで ( 御手本は、ツボミがチラホラ 付き始めて参りました )。 つまり、ソレと同じ管理を しているのが 正解か どうか は不明なわけで。... [続きを読む]
  • 馬頭観音彫り-4
  •  それは家族で車に乗って移動中の事で、その時は大型店舗の駐車場に車を止めて、飲み物か何かを購入して、車に戻った時の事で。 ワタクシが最後に戻って来て、ドアを開け、運転席に滑り込んで、いつものように、家族が全員揃っているか、さっと左から後ろの席を確認した... [続きを読む]