竹とんぼ さん プロフィール

  •  
竹とんぼさん: 竹とんぼの絵日記
ハンドル名竹とんぼ さん
ブログタイトル竹とんぼの絵日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/8881230528/
サイト紹介文何気ない事を絵日記に≪油彩画≫≪パステル画≫≪水彩画≫で描いています。
自由文絵画が好きで、理屈もなく好きなだけで
何だか絵の世界が、私を癒してくれたり
人様との出会いで、大きな心を授かり
喜んだり悲しんだりで、それが生きている
証しに思えるのです、額の中の絵の世界
それは、人間の真実の姿を映し出す鏡なのかも
知れません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2008/06/01 07:47

竹とんぼ さんのブログ記事

  • 良き人生でありますように
  • 頑張れるなにかがあれば 人生は最高に楽しい 難しく孤独でいるよりか 同じ趣味の仲間と語り合い 喜べる目標に向かい明日へと 日々を過ごせば嬉しさは増えてゆき 辛さは表には出てはこない 絵を描くことが楽しいことでありますように [続きを読む]
  • 忙しいけど体が動かない
  • あれもこれもと出来ません 一人将棋をしたりギターを弾いたり ゴルフの練習をしたり畑に種まきしたり苗を植えたり 空箱で怪獣を作ったり こんなんで絵が描けるはずがない なんで私はこうなんだろうか とりあえず今日もぼけーっと過ごすとするか [続きを読む]
  • 昆虫 紙細工
  • 最初は孫のために空箱でカブトムシを作ったんだけど けっこう楽しんで遊んでくれる 子供の記憶力はすごいな クワガタムシを作ってそっとテレビの前に置いておいたら すぐに増えていることに気づいた 毎日遊びに来ているようなもんだから我が家の部屋のことは全て 記憶しているようだ 少しでも物が増えたり減ったり色が変わったりしたら質問してくる めんどくさい!! いつの間にか一つ増え二つ増え あ〜こわさんといてくれ 作るの [続きを読む]
  • 数人の私
  • 私は何人いるのだろう私から私が逃げてゆく過去の絵をひっさげて立ち去ってゆく二度と帰ってはこないだろう何かを犠牲にしてまで描けない私から一人の私が去ってゆく私から二人の私が去ってゆくそして三人四人五人と残された一人の私はこのままでいいのだろうか別の価値観をもった私に出逢えるだろうか逢えたら私は二人の私になれるだろう。本当の私に逢えるだろうか私はどんな人物だろうかと私が私に問いかける。 [続きを読む]
  • 夏の日のギター
  • 夏はギターが弾けない右腕に汗でびしょびしょ冷房をかけても同じだ少しさわるだけでギターに汗がびっしょり塗装に良くないのだ汗で表板が濡れた部分だけ白く劣化する練習が終わるたびに汗を拭きとらなければならないギターがかわいそうで。それにしても悲しくなる新しい曲に取り掛かるたびに過去の一曲一曲をどんどんと忘れてゆく頭が悪いのかね暗譜ができないのだ、歳のせいとは云いがたい。なんでもそうだが出来る人はなんなく [続きを読む]
  • 消えた私の絵
  • いつ描いたのだろう まったく記憶にない この色合いは 山下先生を思い出す 影響を受けていたんだな 自分らしくないともいえるし 自分らしいともいえる 本当の自分はどこにあるんだろう ところがこの絵が押入れにも 収納棚にもない ただパソコンの中で見つけた もう一度、描こうにも体力がない 筆は持てても腹筋と背筋が極度に衰えている 体力の衰えは気力の衰えからくるものだろう 絵を応募する個展を開くといった 目標があるとき [続きを読む]
  • 画廊で見た絵は本物?
  • 若かりしころの私には棘があったらしい 10年も前になるが訳の分からぬことを書いていたものだと恥ずかしい その頃の記事がこれだ、穴があったら入りたい。 先日の事です、某画廊でルノワールと梅原龍三郎の絵を同じ壁面で観る、驚きです全くの偶然でした、まずこの2人の絵を同時に見た方は数人と思います何故、私が驚いたかと申し上げれば、梅原龍三郎は5年間ルノワールに傾倒し指導を受けかなりの影響を得て帰国し [続きを読む]
  • 誕生日なんだけど
  • 誕生日なんだけど嬉しくないな特に変わることもない日々だしそれなりに長生きしただけだろ運がよけりゃあと数年はいける好きなことを今のうちにやっとく少しぐらいわがままゆるしてくれ90才の誕生日をむかえられたらおめでとうが素直に聞けるだろうやなおっさん、いじわるじいさん少しは気難しくなっても仕方ない自分の思うようにならないことが多くなってゆくのだから落ち込むううう?気づけば我慢も多くなる何が悲しいのか涙 [続きを読む]
  • 問題が違うようで?
  • 私は読むこと書くことが苦手なんだけど 二三日前かなテレビのクイズ番組で 『掛け馬に鞭』と似たことわざを答えよと 私は掛け軸に描いた馬に鞭を打っても意味がないとおもったので 答えは『猫に小判』とおもった でもでも?なにかへんだな違和感あるな 別のヒントに『鬼に金棒』に近い意味を持つとある ならば『駆け馬に鞭』との間違いではないだろうか これならなんとなく近いではない [続きを読む]
  • 描いてみたいな花の絵を
  • 色々な花が咲きだした なんて優しいのだろう 大きな赤いバラに目を丸くする 白い小さなランたちに目を細める 少し遅れて咲きだしたツツジ もう私には花を描く力もない 描く目的や達成感はどこに消えた 描くことの楽しさを間違っているのだろう この先なにが待っているのやら 生きる周りの環境にもえいきょうされることは間違いない 我をとおせば周りに迷惑をかける 土が [続きを読む]