ヒゲジジイ さん プロフィール

  •  
ヒゲジジイさん: 漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂
ハンドル名ヒゲジジイ さん
ブログタイトル漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂
ブログURLhttp://chuigaku.seesaa.net/
サイト紹介文村田漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂。アトピーや慢性疾患・進行癌やステージ4の転移癌などの漢方サポート
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/06/04 13:30

ヒゲジジイ さんのブログ記事

  • 妊娠中のアトピーのご相談
  • 2009年7月12日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母妊娠中のアトピーのご相談 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)【 年 代 】:20〜29歳の女性【 地 域 】:中国地方【 お問い合せ内容 】:村田先生こんにちは。いつもブログの更新を楽しみにしています。 アトピー体質で悩んでおり、2人目の妊娠をきっかけに悪化のたびに少しずつ使っていたステロイドを完全にやめて、漢方で体 [続きを読む]
  • ストーリが最期まで見通せて面白くない
  • 2009年05月21日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母 最近、どんな映画を鑑賞していても、30分も見れば、その後のストーリがほとんど考えられる3通りの推測のうち、いずれかに、ほとんど該当しているので、最後まで見るに気になれない。 くだらない映画が多過ぎる。 小説でさえそうなのだから、むしろ実話の伝記ものの方が面白い。 ことほど左様に、日頃の本業のほうで、弁証論治の仕事こそ、そうであって欲 [続きを読む]
  • 相変わらずダイエット産業花盛りの馬鹿バカしさ
  • 2011年04月23日の茶トラのボクチン(もう直ぐ7歳) posted by (C)ボクチンの母 やや小太り気味くらいの方が、健康で長生きしやすいというデータが続々出ているというのに、もともと小太り気味でもない普通の人まで、ダイエットにこだわる女性が多い馬鹿バカしさ。 それ以上痩せると、体力の低下とともに免疫力も低下して、総コレステロールが200以下となって、発がんする危険性が増加する。 それでなくとも普通の体形の女性の中 [続きを読む]
  • それを言っちゃあ、おしまいよ(呵々!
  • 2011年01月15日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ 「宇宙のはじまり」について、科学的にかなり解明できそうなことが報道されることがあるが、おそらく現代科学のレベルでは永遠に解明できないことだろう。 宗教の世界においては、天地創造の問題は旧約聖書などに詳しいらしいが、昨年の新刊書籍、ミシェル・ロクベール著『異端カタリ派の歴史 十一世紀から十四世紀にいたる信仰、十字軍、審問 』(講談社選書メ [続きを読む]
  • 呆れるほど読解力のない人たち
  • 2008年11月26日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ 近藤誠医師の諸著作を読んで、転移がんですら、放置していたら自然消滅することも多いと信じて疑わない馬鹿な人がいる。 とんでもない誤読である。 誤読の迷人たちにとっては、近藤誠教祖として奉り、近藤誠氏が漢方薬は無効だとのたまっていると、鬼の首でも取ったように匿名の非難メールが舞い込んでくる始末。 近藤氏と共に、大言壮語の?つきの罰として、 [続きを読む]
  • 地球上の人間よりも遥かに霊性の高い地球上の天使たち
  • 2016年11月20日の茶トラのトラちゃん(メス3歳) posted by (C)ヒゲジジイたまには、応援の お願いします!⇒2016年11月14日のトラちゃん(メス3歳)とシロちゃん(メス3歳) posted by (C)ヒゲジジイ2016年11月20日のスコちゃん(オス3歳) posted by (C)ヒゲジジイ2016年11月20日のシロちゃん(メス3歳) posted by (C)ヒゲジジイ2016年11月20日の茶トラのトラちゃん(メス3歳) posted by (C)ヒゲジジイ [続きを読む]
  • これから世界はどうなるのか?
  • 2010年11月15日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母これから世界はどうなるのか? ⇒ フランスの人口学者フランスのエマニュエル・トッド氏に聞く。 BS1でもやっていたが、過去、ソ連の崩壊を予言し、英国のEU離脱を予言し、アメリカのトランプ氏の勝利の可能性を予言していたエマニュエル・トッド氏。 多くの予言が的中していた、すばらしい洞察力の持ち主。 日本でも出版されている書籍は多いが中でも最近 [続きを読む]
  • 5匹の天使たちが勢揃い
  • 2016年10月9日の茶トラのトラちゃん(メス3歳) posted by (C)ボクチンの母たまには、応援の お願いします!⇒2016年10月9日のシロちゃん(メス3歳) posted by (C)ボクチンの母2016年10月9日のスコちゃん(オス3歳) posted by (C)ボクチンの母2016年10月9日のクロちゃん(オス5歳) posted by (C)ボクチンの母2012年10月9日のボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ [続きを読む]
  • 我が家の天使たち
  • たまには、応援の お願いします!⇒2010年10月4日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ボクチンの母2016年10月3日のシロちゃん(メス3歳) posted by (C)ボクチンの母2016年10月3日のスコちゃん(オス3歳) posted by (C)ボクチンの母2016年10月3日のシロちゃん(メス3歳) posted by (C)ボクチンの母2016年10月3日の茶トラのトラちゃん(メス3歳) posted by (C)ボクチンの母 [続きを読む]
  • 近藤誠妄信者の匿名による批判メールの内容が恐ろしい!
  • 2016年10月1日のスコちゃん(オス3歳) posted by (C)ヒゲジジイ 2016年10月01日 近藤誠医師がどんなに漢方薬を貶めようと、事実は頑固なものである に対する近藤誠妄信者の匿名による批判メールである。近藤誠医師は癌放置療法を唱えおり、癌には二種類あり、ほっとけば自然に消える癌とどんな治療をしても助からない癌の二種類があるので 転移がんでも自然消滅するものがあるなどと、実に恐ろしい誤読をしている近藤誠の妄信 [続きを読む]
  • 癌サポートの漢方薬なら、あると言えますけど・・・
  • 2008年9月29日のボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ 時折かかって来る電話で、「〇〇癌に効く漢方薬はありますか?」という、実に返事に窮する問い合わせ。 それに対して、「癌サポートの漢方薬」なら、あると言えるが、安易に効くなどという表現ができるわけがない。 サポート的な漢方薬を選ぶにしても、綿密な弁証論治を必要とするので、相談者が真摯で真剣な人でなければ、安易に安請け合いすることはできない。 苦し [続きを読む]
  • 死んだ後には続きがあるのか
  • 2009年9月25日のボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ タイトルは、先月、扶桑社から発行されたエリコ・ロウ著の書籍の題名である。 死んだ後には続きがあるのか 副題には「臨死体験と意識の科学の最前線」とあって、帯には人生の意味と宇宙の謎がわかる、臨死体験の教え。1970年代以降、欧米を中心に数千例を超す”臨死体験”報告が! 一流の医師たちと科学者たちが、人間の脳と魂と”あの世”を徹底検証” 生きているう [続きを読む]
  • 心臓に悪い再発癌や転移癌の漢方相談
  • 2010年9月15日のボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ 再発癌や転移癌の漢方サポートで、運よく急速に病巣が縮小したり消えるなど、とても幸いなことではあるが、通常の慢性疾患の配合に比べてやや高価な多種類の配合を必要とするだけに、人によっては一安心と思われてか、急速に服用量を減らされる人も出て来る。 そんなとき、これはヤバいかもよっと思う間もなく、腫瘍マーカーに異常値がでて来たとの報告が入ると、こちら [続きを読む]
  • せっかくの日曜日、気持ちよく昼寝したつもりが仕事の夢にうなされて
  • 2010年9月5日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ 夢の中でまで漢方相談をやって、ない頭をウンウン悩ませて、いつになく名案が浮かばず、考え抜いて苦しんでいるところで目が覚めた。 相談時間に十分な時間が要るのは昔ながらとはいえ、昨今の方が閃きがよくなっていると思っていたが、夢の中ではまるで若造のままだった。 せっかくの日曜日というのに、実に興醒め!たまには、応援の お願いします!⇒20 [続きを読む]
  • 「日本漢方はパターン認識の医学」であると藤平健先生が・・・
  • 2010年9月1日のボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ 25〜26年前の年賀状に、藤平健先生が「日本漢方はパターン認識の医学」であるとご教示下さったことがあった。 中医学と日本漢方の「良いとこ取り」、すなわち中医漢方薬学の創造に専念していた時期だけに、大いに得心するところがあり、本当にありがたいご教示であったと思う。 その年賀状は、今も大事に保存している。 9月1日に、突然、こんなことを思い出すなん [続きを読む]
  • 水道水がようやく気持ちの良い冷たさになって秋の気配を感じる
  • 2010年8月31日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母 風流とは程遠い。 「水道水」の冷たさを感じて、秋の気配を感じるとは! 少し前までは、水道水があまりに熱気を帯びているので気色悪かったが、ほんとうに気持ちの良い冷たさで、今朝などはやや身震いするほどだった。 秋はもう直ぐ、そこまでやって来たと喜んでいたら、天気予防によれば、明日はまた日中は30度を超えるらしい。 ちょっと興ざめ。たまには、応援の [続きを読む]
  • もしかして抗癌剤死?
  • 2011年8月25日のボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母 ヤフーニュースによれば、女優でタレントの十勝花子さん70歳が、21日大腸がんのため亡くなられたという。 ご家族によれば、「先月末、ステージ4の大腸がんが発覚し、手術はできないほど転移しており、治療しなければ余命6カ月ということでした。しかしながら本人はがんと闘い、復活すると心に決め、抗がん剤の投与を始めたところでした。療養先の長崎には、本日 [続きを読む]
  • 漢方専門薬局がますます元気な理由は
  • 2009年8月20日のボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ 昨今は、多くの病院やクリニックで盛んに保険漢方が投与されるようになったというのに、却ってその恩恵に与るかのように、真の漢方専門薬局はますます盛んである。 但し、ブームに便乗した中途半端で専門的な知識と経験が少ない「にわか漢方薬局」は、急激な衰退に向かっている。 真の漢方専門薬局が栄える理由は、各医療機関で漢方投与が盛んになっても、ちょうどブー [続きを読む]