けい さん プロフィール

  •  
けいさん: のせがわ(野迫川)で田舎暮らし
ハンドル名けい さん
ブログタイトルのせがわ(野迫川)で田舎暮らし
ブログURLhttp://nosegawaclub.seesaa.net/
サイト紹介文奈良の山奥・野迫川村でログハウスや庭を手づくりして楽しんでいます。自然の恵みに感謝の日々です。
自由文山の庭で育てている花や樹木、収穫した山菜や野草の料理のページです。二人でコツコツ。週末田舎暮らしが終日田舎暮らしになる日を夢見て...。
管理人HP:
「野迫川倶楽部」
http://nosegawaclub.sakuraweb.com/
「風光る庭」
http://nosegawaclub.kokage.cc/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2008/06/11 08:11

けい さんのブログ記事

  • ミニ菜園や山菜、果樹のこと
  • 少しは菜園らしくなってきたかな。花豆の苗を植え込んだ。上は紫花豆、下が白花豆。留守にしていた二日の間にぐんと伸びてしまった。キュウリやカボチャカボチャは雌花と雄花の開花がうまく嚙み合わない。時なし大根のタネを蒔いたが、どうも何かに食べられている。バッタだろうねと思っていたら、なんとキジバトだった。ネットをしておくべきだった。脅しても脅してもめげずにやってくるので参ってしまう。キジバトは今までワイル [続きを読む]
  • ナツロウバイ、ドウダンツツジ、ハクロニシキや
  • 「ナツロウバイ」が盛りだ。今年はまた吃驚するほどどっさりの花、花、花。ナツロウバイもkiiさんの「大事の子」で、覆いかぶさっていた山桑の枝を率先してバッサバッサと切り始めたのには驚いた。「可哀そうだもん。。。」普段は切ることを頼んでも生返事が多いのにね。「ドウダンツツジ」紅色のドウダンツツジが欲しくて植え込んだのに、咲いてみたら色は浅くしかも「サラサドウダン」と似た花で少しがっかりしたのだった。サ [続きを読む]
  • バラアカシアやニセアカシア、ムサシアブミも
  • 「ニセアカシア」(ハリエンジュ)の開花を心待ちしていた。花はサラダや天ぷらにする。ほんのり甘くて美味しい。(但し、花以外は食用には不可、実も葉も食べてはいけないそうな)「バラアカシア」(ハナエンジュ)のこれは 「ヒスピダ」綺麗でしょう!?今年は上のほうでずいぶん元気に咲いている。ここ数年弱り気味だったけれど、挿し木も取り木もはうまくいかず、実生や走り根は先祖返りか白花しか咲かず。その白いニセアカシ [続きを読む]
  • テマリカンボクやスノーボール、オオデマリ
  • 白い花が続く。「テマリカンボク」ボール状の花の中で一番好きなのがこれ。小学校に通う道筋に植えられていたのがこの木。思い出の中によみがえってくる木々や草花は幾つかある。鈴蘭、リラ、ニセアカシア、白樺、ナナカマド、そしてテマリカンボク。テマリカンボクの植え込み場所は陰過ぎるのか少し弱り気味。昨年も挿し木をしたがうまく根付かず今年もチャレンジしようと挿し木用土を買い込んできた。  挿し床の底には木屑を砕 [続きを読む]
  • 近頃のこと
  • 所用を片付けるために町に出た折、道の駅かなんに立ち寄った。(所在地・大阪府南河内郡河南町神山)此処は花のエリアがとても広くて充実している。朝市の野菜も新鮮。特にお薦めなのがトマト。「道の駅かなん」のトマトは甘くて最高に美味しい。多肉ちゃんも5種、買ってきた。「樹氷」「姫愁麗」「桜吹雪」「玄海岩蓮華」「センペルピウム」戴きものの海鮮類。kiiさんが言う。「干支にはどうして猫がないのかなぁ、けいさんは [続きを読む]
  • ハクウンボクが真っ盛りです
  • こんなに庭奥の目立たない場所に在る樹じゃないよね、普通は。。。開花期にいつもそう思うのが「ハクウンボク」ハクウンボクの株下に生えているクマザサは、いつの間にかこんなに増えた。「これだけ増えたら、もうそろそろお茶にしてもいいんじゃない?」とkiiさん。作業がたくさん待ってるのに、そんな時間がとれると思う?野草茶はスギナとドクダミ、山桑で精いっぱいだよ〜〜庭には朴の木が二株ある。一株はこんなに大きくな [続きを読む]
  • 穴のあいたフ〜キ♪
  • 穴の開いたフキにずっと憧れていた!!この辺りには小さな山蕗しかなくて、いつかはきっと穴の開いた大きな蕗の畑を作りたいと夢見ていたのだ。遠路はるばるお嫁入してきた北国のフキが一面に育った光景を想像して、早やうっとりしている、自他ともに認めるフキ好きの私なのである。それは、kiiさんが呆れかえるほどなのだ。郷愁も一部はあるのだろうか?午前中は日が当たるこの場所をフキ畑とする。奥には一緒に届けられたシド [続きを読む]
  • 嫌われもののスギナのことや果樹の花
  • 嫌われものの野草の筆頭はなんといってもスギナだろうか。次いでドクダミやキリンソウか。。。この時期の山庭は、草花とスギナやドクダミが共生しているので見苦しいことこの上ない。野草茶としてのスギナやドクダミを自家調達しようとしているので、悲惨なことになっているのだが、これは毎年のこと。私たちにとっては当たり前の光景なのだが来客はみな眉を顰めている。(のがよく解る。。。)大きくなるのをじっと辛抱して待った [続きを読む]
  • 地味系の草花や木々
  • 咲いたものや咲いているもの、、、山の庭の地味系の花や木々を集めてみた。「ツリバナ」「ニシキギ」「マユミ」「クリスマスホーリー」「ナンキンナナカマド」「サンキライ」「トチバニンジン」「チゴユリ」「ヒメイズイ」チゴユリもヒメイズイもほんとに小さい花だけれど、可愛い♪ヒメイズイは北海道からのお嫁入。卒倒するぐらいに増えて欲しい!ところがね、卒倒するぐらいに増えているのがホウチャクソウ。毒があるとのことで [続きを読む]
  • サラサドウダンやツツジ、オーニソガラム
  • カミキリムシの餌食になり本体は枯れてしまったけれど、脇から芽がたくさん出て株立ちになった「サラサドウダン」負け惜しみではなく以前よりもいい姿になったのではないか、、、見事な花数にうっとり。「レンゲツツジ」名前が解らないので「シロツツジ」と呼んでいる。日陰でかなり弱っている。挿し木をしなくては。。。「モチツツジ」粘りっ気があるのが苦手だけれど、好きな色合いの木。ミツバツツジと共に増えて欲しい木々の中 [続きを読む]
  • ライラックやスズランのこと
  • いい香りが漂ってくると、庭仕事の手をつい中断して想いに耽ってしまう。ライラックやスズランは懐かしい青春の日々を一気によみがえらせてくれる。ログハウス前の庭にはライラック(リラ)が4株。故郷で家の前にあったのは濃い青紫だったように記憶しているが、なかなかその色は手に入らない。カモシカに折られて傷み、白花は花を見ることができなかった。スズランもログ前の庭に集めているのだが、これが困ったことになっている [続きを読む]
  • リキュウバイやブルーベル
  • 「リキュウバイ」リキュウバイは好きな木の一つで、現在三株。この一株は大木になってしまい、てっぺんで花が咲いていた。切り詰めなくてはいけないのだが、足元の草花を傷めることを考えると冬場に片付けておくべきだった。ブルーベル(これはハイブリッド種)が咲いている。日向のブルーベルが一番青の発色がいい。これはクリスマスローズエリアのブルーベル。やはり色調が浅い。上の場所に移動させようと思いつつ、時期を失して [続きを読む]
  • ウワミズザクラ、シャクナゲ、エビネやクリンソウ
  • 庭奥の一角ではウワミズザクラとハクウンボクがせめぎ合っている。大きくなる木々を植えすぎて、今は引き算をしなくてはならないのだが、好きな木ばかりなのでなかなか伐れないでいる。この先どうなるのか。。。「ウワミズザクラ」右に見えるのがウワミズザクラだが、花はかなり上部にあるので撮りにくかった。「本シャクナゲ」庭にも裏山にもたくさんあるのだが、花付きが悪いのは緑陰が大きくなったせいだろう。草花や木々たちの [続きを読む]
  • 山野草やクロバナロウバイ、白ヤマブキ
  • 山野草が次々に咲いている。カモシカに入られた時期はまだ花茎が立つ前だったものが多かったのが幸いして、ユリと数種の草花以外は花を見られることが嬉しい。葉は齧られて痛々しいけれど。。。「日本サクラソウ」緑陰が大きくなりそのせいか花数がとても少なくなった。順次移動させているが、昔の光景が蘇る日が再び訪れるかどうか。。。これは原種らしいが昔から我が家にあり、陰をものともせずにどんどん増えるのが頼もしい。昨 [続きを読む]
  • 恵みの雨。。。
  • 24日午後からの降雨が続いて25日も雨予報に変わり、昼過ぎまでしっかりと降ってくれた。カラカラに乾ききった菜園に、昨日の雨では焼け石に水だろうと思っていたが、これで野菜たちも少し潤うだろう。ただ案じられるのは土石流や不気味な亀裂ができている地域のこと。この雨が大きな影響を与えなければいいのだが。。。さて、カラカラに乾いていた時にお役立ちだったのが、谷からの水を引き入れるための水中ポンプとホース。谷 [続きを読む]
  • スミレたちと球根ツリガネソウ、鳥たちのことも
  • 獣害を避けられるようになってしっかり育つようになったものが多いが、スミレたちもそのひとつ。鉢の中にまでどんどん広がるのが困るけれど。。。このスミレ、もう何年も姿を見ず消えたと思っていたら、思いがけないところに忽然と現れたから吃驚した。「球根ツリガネソウ」もとてもよく増えている。増えるのはいいのだがこんな所にまで出張るかなという見境のなさ。狭い場所で広がらなくてもいいものを。。。ブルーベルもこんな増 [続きを読む]
  • 花山椒の鍋と果樹のこと
  • 花山椒の旬はごく短い。その中でも花山椒鍋の適期といえば僅か3日ほどだろうか。。。二人で黙々と摘むこと二時間。美味しさを予感しながらとはいえ、さすがに飽きて「もういいよね!」お浸しにしようと、ついでに三つ葉も摘んできた。我が家の三つ葉は香りもいいが、葉が大きく茎は太い。薬味扱いではなく、立派に野菜のお役を果たしている。花山椒と地鶏だけのシンプルな鍋。今年も食べることができてよかったなぁ。。。鹿やカモ [続きを読む]
  • 椿がたくさん!!
  • 椿、アジサイ、クリスマスローズ、填まるととことんいきたい私だけれど、だんだん植え込む場所に悩むようになってきた。クリスマスローズはともかく樹木は場所取りだものね。特に椿など実生からも増えてくれるので、困ったなぁといいながら眺めている。せっかく根づいたものを無下にはできないじゃない?「乙女椿」はもう大方が散り、最後の一輪になっていた。何種か撮りそびれたものもあり、特に「白侘助」は残念!!「唐椿」とて [続きを読む]
  • やっと菜園仕事に着手です。
  • つい先日のミニ菜園の光景。種を採る必要がないものは早く抜かなきゃというのに、日本ミツバチさんがたくさん来ているから抜かないと、断固抵抗し続けたkiiさんのおかげで畑仕事が大巾に遅れていた。夏野菜は豊富に出回るし買えばいいじゃない、、、とkiiさん。そうは言ってもやはり自家製が一番なのにと、私は恨めし気である。購入してきた野菜苗。ゴーヤ2、トマト中玉5、ミニトマト2、青紫蘇3、パセリ2、パプリカ2、 [続きを読む]
  • 白花ヤマブキや山野草
  • 山の庭で勢力拡大の一番手が「クロモジ」なのだが、この「オオバクロモジ」は一向にその気配もなくマイペースなのが少し歯がゆい。この種も雌雄異株なのだったか。。。「シジミバナ」或いは「コゴメバナ」など地域によっていろいろ呼び名があるような。根が走るのか、周囲にどんどんエリア拡大して増えている。そういえば似た雰囲気の「ユキヤナギ」も沢山増えているのだが、これは勝手にとんでもないところに飛んでくれるので少し [続きを読む]
  • オオカメノキやミツバツツジ、草花たち
  • 一泊だけのつもりで所用で町へ出たのだが、そこに急な仕事が絡み、帰るに帰られなくなっていた。一泊だけだしと今回はノートパソコンも持参していなかったし、ガラ携ではネットに繋ぐこともままならず、暫し間が空いてしまった。こういうこともあるのだからもう一台、パソコンかタブレット、何か手当をしなくてはと思いつつ、これらに全く疎い私はグズグズしている。山の家に帰ってみれば、、、今年は花たちがゆっくりなので急かさ [続きを読む]
  • コブシや山桜と山野草いろいろ
  • コブシは二株あるのだが先に咲き始めた地のコブシは霜害に遭い茶色になって痛々しい。もう一株は町から持ち込んで植えたものだが、これがなかなか山の庭には馴染んでくれなかった。諦めてもういいかなと思っていたら、霜害をうまく逃れて今春のこの咲きようはどうだろう。山桜が満開になった。山桜は何種か自生しているが、この子が一番好き!!「エンレイソウ」「オオバナエンレイソウ」北海道からお嫁入したもの。三株あったが次 [続きを読む]
  • 作業状況は。。。
  • 今日は雨模様になり作業を中断したが、GW中はよく晴れたのでずっと頑張って動き回っていた。ヘロヘロになり足を引きずっているお互いの様子に苦笑するばかり。。。kiiさんは懸案の簡易作業場の片づけに着手。かなり以前に雪で倒壊したまま放置されていたのだ。いろいろなものが出てくるので結構面白い。使えるものや処分するものに仕分けし、片付けながらなので思うように進まない。これは上の段から見下ろしたところ。このぐ [続きを読む]
  • 真っ盛りの水仙たち
  • 桜の頃に真っ盛りになるのが水仙たち。今年は桜と同じくで、やはり開花がずいぶん遅い。「ティタティタ」この場所がとても合ったらしく、ずいぶん増えている。少し離れた場所に昨年顔を出した子。今年も一人だけポツン。一番最初に植えたティタティタがこれ。株が細るので不思議に思っていたら、ガッポリと掘られたらしき穴あり。がっくり!!さて水仙たち。年々花の咲きが悪くなるのは、植えっぱなしのせい?掘りあげて植え替えな [続きを読む]
  • 満開の思川桜
  • 例年4月の20日前後に満開になっていた思川桜だが、今年はほんとうに遅かった。桜だけではなく植物全体が遅いような気がする。「思川」開花し始めてから満開までがずいぶん長かった。「十月桜」この十月桜は思川のお隣さん。こちらは育樹園の十月桜。「富士桜」花自体は地味な雰囲気だが、三株が一斉に開花するので見ごたえがある。思川や十月桜の後方にあるので咲いていることに気づかなかった「シロタエ」「大阪冬桜」今年は花 [続きを読む]