hinotori さん プロフィール

  •  
hinotoriさん: 陽鳥?!
ハンドル名hinotori さん
ブログタイトル陽鳥?!
ブログURLhttp://fuchino.blog.fc2.com/
サイト紹介文好奇心?と感動!がテーマです。
自由文大分市の四季の草花や風景、行事などの楽しい情報をお伝えします。また趣味の油彩・囲碁・将棋・旅行・俳句を通して、楽しいライフスタイルを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2008/06/11 10:45

hinotori さんのブログ記事

  • ブラシノキ
  • きらら☆星広場<関崎海星館>に咲いたブラシノキの花オーストラリア原産のフトモモ科ブラシノキ属の常緑小高木です。別名:カリステモン、ハナマキ(花槇)、キンポウジュ(金宝樹)カリステモン⇒ギリシャ語で「美しい雄しべ」と言う意味ポチッ痛くはないよ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 鴨足草
  • 裏庭に咲いたユキノシタです。ユキノシタ(雪の下)はユキノシタ科の常緑多年草です。俳句歳時記では夏の季語として、鴨足草(ゆきのした)虎耳草(ゆきのした)雪の下と記載されています。雪が上に積もっても、その下に緑の葉があることから、花の形が鴨の足に似ているからだそうです。ポチッは痛くありませんにほんブログ村 [続きを読む]
  • 茨の花
  • ノイバラ(野茨)はバラ科バラ属の落葉つる性低木です。日本のノバラの代表的な種。ノバラ(野薔薇)ともいう。果実は秋に赤く熟します。5月30日の誕生花(野茨の花)/花言葉「素朴なかわいらしさ」11月8日の誕生花(野茨の実)/花言葉「無意識の美」にほんブログ村 [続きを読む]
  • 卯の花
  • マルバウツギウツギ、ヒメウツギ、ウラジロウツギ、マルバウツギ、バイカウツギ etc.マルバウツギだけは葉が太く丸いので、画像はマルバウツギだと思います。白糸草の生えている秘密の場所にこのマルバウツギが咲いています。シライトソウそろそろ咲いているころだと思い、昨日は白糸草の観察に行きました。山野草マニアから採取される恐れが?あるので生育場所はヒミツ・・・ユリ科・シライトソウ属の多年草です。花期5〜7月。 [続きを読む]
  • 苧環
  • オダマキ(苧環、小田巻)の花です。キンポウゲ科・オダマキ属。花期4〜5月。別名:糸繰草(いとくりそう)。英名Columbie ⇒つぼみの形が鳩に似ている。花色:紫、ピンク、白、こげ茶、黄etc.本属の植物の総称がオダマキ(苧環)日本、アジア、ヨーロッパに約70種が自生。日本にはヤマオダマキ、ミヤマオダマキの2種が山地から高山にかけて分布する。5月29日の誕生花。Thank youにほんブログ村 [続きを読む]
  • 鉄線花
  • 昨日に鉄線の花が一つ初めて咲き、今朝は9つ咲いていました。ポチッありがとうにほんブログ村 [続きを読む]
  • めまといの誘い
  • 西寒多(ささむた)神社のふじまつりへ5?の道を自転車で参りました。神社の境内の奥に本宮への道標が目につき、足を踏み入れました。1時間ほど険しい山道を歩くも本宮の社は見えず、前方から下山する親子3人に伺うとまだ道半ばとのことでした。めまといは山道をつかずはなれずについてきてくれたが、親子と共に下山することにしました。道標には行程の距離を記す配慮を願いたいものです。西寒多神社の藤棚5月のカレンダー〜越 [続きを読む]
  • 茉莉花
  • 散歩の折に見かけたジャスミン/茉莉花(まつりか)に覆われた空家です。ジャスミンはモクセイ科ソケイ属の植物の総称です。ソケイ属の植物は世界で約300種が知られています。漢名は茉莉(まつり、まり)サンスクリットのmallika(マリカー)が語源で元来は茉莉花(まつりか、まりか)と言ったそうです。マツリカは現在の日本ではジャスミンの1種の和名になっているのです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 十二単
  • 画像はセイヨウジュウニヒトエAjuga reptansです。シソ科キランソウ属の多年草です。日本固有種のジュウニヒトエAjuga nipponensisは本州と四国に分布しているそうですが、私は出合ったことがありません。花が重なって咲く様子を古代の女官の装束に見立てたのが、この名の由来です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 白山吹
  • シロヤマブキはバラ科・シロヤマブキ属の落葉低木です。開花時期4−5月、径3〜4?の両性花を側枝の先端に一つづつ咲かせます。花弁は4枚、一花に光沢のある黒色の実を4個づつ付けます。黄色いヤマブキとは別属です。昨今の何やらきな臭いニュースが流れる中ですが、平和を祈るような山吹の白が目に焼付きます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 著莪の花
  • 庭のシャガの花が咲き始めました。アヤメ科・アヤメ属の多年草です。学名Iris japonicaとあるが中国原産でかなり古くから日本へ入ってきとものといわれます。シャガは三倍体のため種子が発生しません。このことから日本に存在する全てのシャガは同一の遺伝子をもち、また、分布の広がりは人為的に行われたと考えることができます。⇒ヒメシャガ(姫著莪)は別種です。冬には枯れます。⇒中国には二倍体があり、花色、花茎ばど多様 [続きを読む]
  • 蕗の花
  • 今日は運転免許の更新に行くと言ったら、Aさんが雨の日はテニスが出来ないので碁会所にと誘われてしまった。俳句歳時記では「蕗の葉」は夏、春の季題「蕗の薹」傍題に蕗の芽、蕗の花、春の蕗と記載されているが、これらは全てフキノトウを指しているように思える。フキノトウが長けて、花になったものはなんだろう?始末に困って庭に植えたシンビジュームが今年も花をつけました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 桜と浜大根の花の競演
  •  大分川河口の桜は八分咲き午前中は別府に住む一回り離れた姉に会い、その後オババ(母)宅に寄りました。オババ宅は大分川の河口近くですから、この美しい桜を見ることが出来ます。桜の木の下には桜と美しさを競うようにハマダイコンの花が満開です。ランキングバナーにほんブログ村 [続きを読む]