hinotori さん プロフィール

  •  
hinotoriさん: 陽鳥?!
ハンドル名hinotori さん
ブログタイトル陽鳥?!
ブログURLhttp://fuchino.blog.fc2.com/
サイト紹介文好奇心?と感動!がテーマです。
自由文大分市の四季の草花や風景、行事などの楽しい情報をお伝えします。また趣味の油彩・囲碁・将棋・旅行・俳句を通して、楽しいライフスタイルを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2008/06/11 10:45

hinotori さんのブログ記事

  • 茉莉花
  • 散歩の折に見かけたジャスミン/茉莉花(まつりか)に覆われた空家です。ジャスミンはモクセイ科ソケイ属の植物の総称です。ソケイ属の植物は世界で約300種が知られています。漢名は茉莉(まつり、まり)サンスクリットのmallika(マリカー)が語源で元来は茉莉花(まつりか、まりか)と言ったそうです。マツリカは現在の日本ではジャスミンの1種の和名になっているのです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 十二単
  • 画像はセイヨウジュウニヒトエAjuga reptansです。シソ科キランソウ属の多年草です。日本固有種のジュウニヒトエAjuga nipponensisは本州と四国に分布しているそうですが、私は出合ったことがありません。花が重なって咲く様子を古代の女官の装束に見立てたのが、この名の由来です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 白山吹
  • シロヤマブキはバラ科・シロヤマブキ属の落葉低木です。開花時期4−5月、径3〜4?の両性花を側枝の先端に一つづつ咲かせます。花弁は4枚、一花に光沢のある黒色の実を4個づつ付けます。黄色いヤマブキとは別属です。昨今の何やらきな臭いニュースが流れる中ですが、平和を祈るような山吹の白が目に焼付きます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 著莪の花
  • 庭のシャガの花が咲き始めました。アヤメ科・アヤメ属の多年草です。学名Iris japonicaとあるが中国原産でかなり古くから日本へ入ってきとものといわれます。シャガは三倍体のため種子が発生しません。このことから日本に存在する全てのシャガは同一の遺伝子をもち、また、分布の広がりは人為的に行われたと考えることができます。⇒ヒメシャガ(姫著莪)は別種です。冬には枯れます。⇒中国には二倍体があり、花色、花茎ばど多様 [続きを読む]
  • 蕗の花
  • 今日は運転免許の更新に行くと言ったら、Aさんが雨の日はテニスが出来ないので碁会所にと誘われてしまった。俳句歳時記では「蕗の葉」は夏、春の季題「蕗の薹」傍題に蕗の芽、蕗の花、春の蕗と記載されているが、これらは全てフキノトウを指しているように思える。フキノトウが長けて、花になったものはなんだろう?始末に困って庭に植えたシンビジュームが今年も花をつけました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 桜と浜大根の花の競演
  •  大分川河口の桜は八分咲き午前中は別府に住む一回り離れた姉に会い、その後オババ(母)宅に寄りました。オババ宅は大分川の河口近くですから、この美しい桜を見ることが出来ます。桜の木の下には桜と美しさを競うようにハマダイコンの花が満開です。ランキングバナーにほんブログ村 [続きを読む]
  • ヒメリュウキンカ
  • 道端で出合ったヒメリュウキンカ(姫立金花)です。キンポウゲ科の多年草。別名:オウシュウキンポウゲ(欧州金鳳花)。ヨーロッパ、小アジア、シベリアに分布し、日本には園芸用として渡来したそうです。名の由来は日本のリュウキンカやエゾリュウキンカに似ていることから。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 春霞
  • 荏隈町開花宣言 大分市はまだかいな?  ありがとうにほんブログ村 [続きを読む]
  • ペチコートスイセン
  • 庭に咲いたこの花の名はナルキッスス・バルボコディウムです。ヒガンバナ科スイセン属で、地中海沿岸地方原産。小型原種スイセンの代表的な種類で変種や亜種をふくめてヨーロッパ南西部や北アフリカに広く分布しているそうです。別名のペチコートスイセンで知られています。 4月のカレンダー 〜越前市からのお便り〜 Rank upにほんブログ村 [続きを読む]
  • ヒヤシンス
  • 百歳の母を訪ねると、いつも「お久しぶり」と言って私を迎えてくれます。ヒヤシンスの当て字は「風信子」ですが、その由来は?ユリ科・ヒヤシンス属の球根植物。ギリシャからシリアにかけての原産。3月1日、4月6日の誕生花。花言葉:しとやかなかわいらしさ。初恋のひたむきさ。ありがとうにほんブログ村 [続きを読む]
  • 宿木
  • ヤドリギ 宿木・寄生木広義にはヤドリギ類の総称(通称)。狭義には特にそのうちの一種、日本に自生する標準和名です。⇒セイヨウヤドリギの亜種。 大分川下流の河畔に見られるヤドリギ府内城に見られるヤドリギ大分県看護大学の駐車場に見られるオオバヤドリギオオバヤドリギ科・オオバヤドリギ属。ツバキ、モチノキ、マサキ、ヤブニッケイ、ネズミモチ、イヌビワ、スギなどの常緑樹に寄生する。ややつる性で高さは80〜100?に [続きを読む]
  • 菜の花
  • 昨日は、3月14日が102歳の誕生日のT婦人へお祝いのケーキをお届けしました。まだまだお元気のTさん、私が何処のどなたかはご存じないかと思いますが、幸せをいただきに介護施設を訪ねました。 ちょっと一服 チクワに私の名が付いた?   プッチ!ありがとうにほんブログ村 [続きを読む]
  • つばくらめ
  • 大分川の下流に架かる滝尾橋の袂に数え切れないほどの燕が来ています。群れて地に降りる燕を見るのは珍しい光景だと思いシャッターを切りました。手にしていた帽子を落としたことに気付づいて、3キロほど土手を戻って捜したのですが見つかりませんでした。帽子にはプラハとマッターホルンを訪ねた記念のバッチを付けていたのです。 Rank upにほんブログ村 [続きを読む]
  • ミモザ
  • ギンヨウアカシア 2017/3/8撮影  ギンヨウアカシア/マメ科・アカシア属の常緑高木です。原産はオーストラリアで日本には明治末期に渡ってきたそうです。別名:ハナアカシア、ミモザ(但しMimosaはオジギソウ属の学名です)小葉は8〜20対あり、白い粉をかぶっているので銀緑色に光る。⇒日本で一般にアカシアと呼ぶのは本属とは別でハリエンジュ属Robiniaのニセアカシアのことをさします。ありがとうにほんブログ村御礼(お知 [続きを読む]