土筆文香 さん プロフィール

  •  
土筆文香さん: 生かされて
ハンドル名土筆文香 さん
ブログタイトル生かされて
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gurimu3181
サイト紹介文クリスチャンの日記、乳がん闘病記、旅行記、詩、童話など掲載したバラエティに富んだブログです。
自由文わたしは、中学生のころからなぜ自分が生まれてきたのか? 自分が価値ある者なのか? 何のために生きているのか? などと考えて答えがみつからないまま成人しました。今、その回答を得て、生き生きとした生活を送っています。乳がんという病を得て、ますます生かされている喜びにあふれています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/06/11 21:35

土筆文香 さんのブログ記事

  • いのちがけの申告
  • 一昨日、友人に暑中お見舞いを出してしまいました。とっくに立秋を過ぎているとも、涼しくなっているとも気づかずに、暑い日が続いていますが、お体に気を付けて……と書きました。わたしにとっては、暑い夏がずっと続いているのです。毎日2回洗濯機を回し、2回買... [続きを読む]
  • 選択の自由
  • 暑さの中にあって、ソークン(娘の赤ちゃん)は元気です。大きすぎると思った産着が小さく感じられるほどになりました。まだ起きている時間より眠っている時間が長いですが、顔を見ていると、寝ていても起きていても、実に様々な表情をします。しかめつらもすれば、... [続きを読む]
  • へりくだるとは
  • 先日の礼拝メッセージで「へりくだり」について語られました。へりくだりの同義語で「謙遜」という言葉があります。辞書には、『卑屈になる ・ 卑下する ・ 自己評価を低くする ・ 自分の価値を下げる ・ 自分を卑下する』などと書かれていますが、聖書に書かれ... [続きを読む]
  • 偶然ではなく必然
  •    何をしてもくしゃみしたら 「かわいいね」と言われ、おっぱいを飲んだら 「おりこうさん」と言われゲップをしたら 「えらいね」と言われあんあん泣いたら 抱っこしてもらえる何をしてもしかられない生後一週間の赤ちゃん大きくなったら、こ... [続きを読む]
  • 自己肯定できることの幸い
  • 娘の出産のためにお祈りしてくださった方々、ありがとうございました。赤ん坊はとても元気で、よく泣き、たくさんおっぱいを飲んでいます。早ければ明後日には母子ともに退院です。この前の日曜日は教会付属幼稚園の30周年記念礼拝でした。土浦に越してきたと... [続きを読む]
  • いのちの誕生
  • 昨日、娘に赤ちゃんが与えられました。男の子です。3312グラムでした。午前中検診に行き、まだ陣痛がきていないことを確かめて、家に帰ってきたのですが……。昼過ぎからおなかが痛いと言い始めました。それほど強い痛みではないので、陣痛かどうかわからないと言い... [続きを読む]
  • わたしはオルガン
  • 連日の猛暑で夏バテしています。先日から揚げで熱中症(?)になってから、体調がすぐれませんでした。いまだに時々めまいがするので、めまいがしたときは、しばらく休んでいなければなりません。幸いこの間ほどのひどいめまいではないので、30分も休めば元気にな... [続きを読む]
  • 新しく本が出版されました
  • 日本クリスチャン・ペンクラブ(JCP)から『山川草木』という本が出版されました。4字熟語を題材にしたあかし集です。2010年にスタートして、これまで『花鳥風月』、『喜怒哀楽』、『春夏秋冬』が出版されました。これに続く、並列四字熟語シリーズの第4弾目... [続きを読む]
  • スクランブル交差点で
  • 昨日、教会でHくん、Mちゃんの結婚式が行われました。お二人とも小学科の教師です。小学科で数年間一緒に奉仕したお仲間です。結婚式では、牧師先生が誓約文を読み、二人が応えるというかたちがふつうです。でも今回は、誓約文を二人で考え、それを暗唱して互い... [続きを読む]
  • から揚げで熱中症?
  • 25日の日曜日は教会へ行けませんでした。朝5時半に目覚めてトイレに行こうとしたら、今まで経験したことのないめまいに襲われて、倒れてしまいました。とっさにドアノブをつかんだので怪我はしませんでしたが、吐き気や頭痛もします。いったいこれは何? なぜ急... [続きを読む]
  • キャンプの下見
  • 娘が出産のため家に来ています。予定日は7月半ばです。塩分、糖分控えめ献立を一緒に考え、スーパーに買い物に出かけています。とても不思議な気持ちです。娘が結婚前は、一緒に食料品売り場に行って買い物をするということがほとんどありませんでした。少しでも安... [続きを読む]
  • 存在価値がわからなくて(その2)
  • 「存在価値がわからなくて②」そのころ喘息が悪化して、よく学校を休んでいました。当時はいい薬や予防薬がなかったので、発作が起きると、苦しくて横になることもできなくなります。発作は昼ではなく夜中に起きることが多く、夜中に病院の救急外来で注射をしてもら... [続きを読む]
  • どうすることもできる今日
  • 4月から一週間に3回の礼拝メッセージを聴いています。第一礼拝(日曜8:30〜)、ティーンズ礼拝(日曜10:00〜)、水曜礼拝(水曜10:30〜)の3回です。何と恵まれているのでしょう!4日のティーンズ礼拝では、イエス様の弟子シリーズで、アンデレが取り上げら... [続きを読む]
  • 自分は不幸だと思っている人へ
  • 自分を不幸だと思っている人はいませんか?わたしは中学生のころ、自分ほど不幸な人はいないと思っていました。喘息という重い持病があり、体が弱かったこと、生きるのが下手で、友達に恵まれなかったこと等がその理由です。両親と祖母に愛されて育ったのに、その... [続きを読む]
  • しらがになってもわたしは背負う
  • 昨日、友人のお義母さま、F子さんのの葬儀に参列してきました。教会のチャペルピスガで行われたので、母の葬儀を思い出しました。式次第に略歴が書かれています。1分ほどで読めますが、88年の長い人生があったのですね。おしゃれで人付き合いがよく、いつも身... [続きを読む]
  • 誤解していたこと
  • *最後に追記ありわたしは、22歳で洗礼を受けたとき、意味が十分わかっていませんでした。教会へ通って半年ほどたったとき、「来週クリスマス礼拝で洗礼式があるので、受けませんか?」と牧師先生から言われました。わたしの今通っている教会では、洗礼の前... [続きを読む]
  • どんな些細なことでも
  • 三宅島の感動がまだ続いています。上の写真は帰りの船中から写した夕焼け。旅行記にも書きましたが、今回の旅行は旅行社を通してではなかったので、色々な心配がありました。民宿も東海汽船も観光タクシーも電話一本で予約したので、間違えはないか不安でした。天... [続きを読む]
  • 小旅行で大きな収穫(その4)
  • 連休に息子一家と娘夫婦が泊りがけで来ていたので、更新が遅くなりました。三宅島旅行記の続きです。観光タクシーで伊豆岬灯台を見学しました。明治42年に建造されたランプ式無人灯台です。角柱形の灯台は珍しいです。天気の良い日は新島、神津島や遠く富士... [続きを読む]
  • 小旅行で大きな収穫(その3)
  • 今回の旅行で初めて知ったことがあります。三宅島への定期船は1日1便しか就航していません。波が高いと着岸できずに戻ることもあるそうです。また、三宅島にある3つの港のどこに着くか、またどこから出るのか数時間前にならないとわからないというので、驚きまし... [続きを読む]
  • 小旅行で大きな収穫(その2)
  • 4月25日から27日まで、三宅島に行ってきました。主人が退職してから、年に1〜2回旅行をしています。主人はSLが好きなので、SLが走っているところを追いかけて旅をしてきました。有名なところは行き尽くしてしまったので、今回はわたしが行きたいところ... [続きを読む]