apeppill さん プロフィール

  •  
apeppillさん: 一觴一詠
ハンドル名apeppill さん
ブログタイトル一觴一詠
ブログURLhttp://apeppill.exblog.jp/
サイト紹介文現代短歌はただの啖呵じゃないかと想ってしまうのは私だけだろうか・・・
自由文歌は歌
俳句は俳句
詩は詩

歌は歌ととことん拘ってみたいという衝動にとらわれ・・・


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/06/12 00:29

apeppill さんのブログ記事

  • enchanting
  • ヒヨドリの 真弓の花に 実の鈴や 刻むが如く 艶めき歌う肥前真弓という木の花や実がかわいいなあ・・・ヒヨドリやメジロが歌うのが聴きたいなあ。。。夢かなあ。。。 [続きを読む]
  • rhododendron
  • 筑紫石楠花(シャクナゲ)の花で詠んでみたよっ。。。不知火(しらぬい)の 筑紫石楠花 照らす夜は 近寄りがたき 神の闇かな不知火 は 筑紫の枕詞だとか有明の 不知火灯す 海の神 萌えるおもいを 散りばめ揺らす [続きを読む]
  • I love you
  • かなしみを ちりばめちらす ちしおみち しずくにかおり かくしてなくか出雲諫早という椿で詠んでみた・・・綺麗な花なのに悲しそうな歌になぜかなっちまった・・・なぜかなあ・・・誰かないてるのかなあ・・・ [続きを読む]
  • Spring voice
  • 何ゆえの 言の葉紡ぐ いとぐるま いにしえ彼方 吾を呼ぶかなひっそりと 独り訪れ 花一輪 言の葉ひとひら 残さずゆくか・・・そろそろ春ですねえー。。。そろそろ咲くかなあ。。。そろそろ・・・ [続きを読む]
  • disturb
  • ひとみ閉じ 浮かぶ姿の 懐かしさ しのぶ模様ぞ 胸に描きてありちゃんか? ほほっ [続きを読む]
  • waterfall
  • 轟の 三十一文字の 滝の音に 衣通姫(そとおりひめ)の 声を聴きたや [続きを読む]
  • pupil
  • 多良岳の 尾根より滑り 行く末は ゆえがある故 ひとみに画ししばらく山歩きしていないなあ・・・散歩から飛び出す日々はいつ・・・ほほっ [続きを読む]
  • reverie
  • こいしさの 業が織りなす 生き姿 昼が夢見を たのみそめてきうたた寝に 恋しき人を見てしより 夢てふものはたのみそめてき (古今和歌集553) [続きを読む]