apeppill さん プロフィール

  •  
apeppillさん: 一觴一詠
ハンドル名apeppill さん
ブログタイトル一觴一詠
ブログURLhttp://apeppill.exblog.jp/
サイト紹介文現代短歌はただの啖呵じゃないかと想ってしまうのは私だけだろうか・・・
自由文歌は歌
俳句は俳句
詩は詩

歌は歌ととことん拘ってみたいという衝動にとらわれ・・・


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/06/12 00:29

apeppill さんのブログ記事

  • young herbs
  • いつぞやは 若菜の香り 振りまいて 日々の響きの 言の葉を聴く月の桃・・・何処に何処にと、問いては空の星は瞬き・・・句 ギボンヌ 山の方・・・w 山菜食べたいなあ・・・ [続きを読む]
  • remaining
  • 一人旅 気配なごりの 漂いし 言の葉君は 何処に遊ぶ山は幸・・・言の葉も初々しいならば食べられるw [続きを読む]
  • Behind a temple
  • 月と桃 お堂に隠れて 音も無く 夜に泣く鳥の 話しにも聞えミスtitleかなw [続きを読む]
  • wild blue yonder
  • 青雲の いでし美空に 息かけて こえに出したき ふみ歩むかな青雲の 枕詞 [続きを読む]
  • 椿 貝寄風
  • 貝寄風(かいよせ)の 春の息吹を 堪えて咲く 蕾のままに 白さを歌う天(あま)かえる 太子が命 風となり 虚(うつせ)貝寄せ 形見草(ぐさ)かな貝寄風 季語 旧暦2月22日頃に吹く風推古天皇30年旧暦2月22日(622年4月8日)に聖徳太子が亡くなったことから、聖徳太子を本尊とする法会が行われる。https://ja.wikipedia... [続きを読む]
  • 椿 老松
  • 朱に紅の 扣(ひか)えし雅 纏い咲く 瞳を伏せて 堪えても夢と [続きを読む]
  • 椿 栄冠
  • 花弁(はなびら)に 憧れ雄蕊(おしべ) 咲く華と 弥栄(いやさか)想う 白きに桃の [続きを読む]
  • enchanting
  • ヒヨドリの 真弓の花に 実の鈴や 刻むが如く 艶めき歌う肥前真弓という木の花や実がかわいいなあ・・・ヒヨドリやメジロが歌うのが聴きたいなあ。。。夢かなあ。。。 [続きを読む]
  • rhododendron
  • 筑紫石楠花(シャクナゲ)の花で詠んでみたよっ。。。不知火(しらぬい)の 筑紫石楠花 照らす夜は 近寄りがたき 神の闇かな不知火 は 筑紫の枕詞だとか有明の 不知火灯す 海の神 萌えるおもいを 散りばめ揺らす [続きを読む]