建築設計室 雅−miyabi− さん プロフィール

  •  
建築設計室 雅−miyabi−さん: MIYABIs日記
ハンドル名建築設計室 雅−miyabi− さん
ブログタイトルMIYABIs日記
ブログURLhttp://miyabiarch.blog116.fc2.com/
サイト紹介文自然素材で「すまい」を考える 建築設計室 雅−miyabi− 省エネ・デザイン・自然素材のバランスを提案
自由文豊かなすまいを経済的に長く使うために、省エネに力を入れています。
身体的な快適性を求め、自然素材と断熱を考えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/06/12 08:45

建築設計室 雅−miyabi− さんのブログ記事

  • 居場所を心地よく。暮らしの中心はどこだ!
  • 居場所を心地よく。暮らしの中心はどこだ!暮らしている中で、一番よくいる場所=「居場所」。理想の家造り、部屋づくりをするときに、居場所をいかに心地よくするかを考えると、理想に一歩近づく気がします。建築設計室 雅-miyabi-は、暮らしの中心は食事だと考えているので、そこを中心に考えるようにしています。テーブルについたとき、小さな窓から緑が見えたり、少し低めの天井で落ち着きを出したり、薪ストーブの炎が見えた [続きを読む]
  • リノベーションでカッコよくて心地いい家をつくる
  • リノベーションでカッコよくて心地いい家をつくる ↑中古住宅に吹抜が出現。屋根裏の活用も。当事務所のリノベーション事例リノベーションの良いところ、面白いところは、もともとある物を、どうすれば自分たちの生活スタイルにあわせられるか。格好良くなるか。心地よくなるか。 イメージを拡げながら、変化させていけるところにあります。そのビフォーアフターは、まるで魔法にでもかかったような変身ぶりです。国土交 [続きを読む]
  • 耐震診断ってなに?どんなメリットがあるの?
  • 耐震診断ってなに?どんなメリットがあるの?古い住宅などのリフォーム時に、必ず話をするのが「構造基準」について。建築基準法という、建物を設計するときに守るべき法律が昭和25年に制定されました。その後、幾度かの法改正を受けて現在の基準になっています。構造に関しては、平成12年の改正が大きな変化でした。改正をまとめると、以下のようになります。それぞれ、黄、赤、青で示したものが耐力壁の長さ。それぞれの太さ [続きを読む]
  • 但馬地方には部屋干しスペースが必須?
  • 久々の投稿です。ご無沙汰しておりました。miyabi houseの増産にかまけて、ブログの更新をサボってました。近畿地方では、杉や檜の花粉の季節を少し過ぎて、ようやく落ち着いたかと思ったら、今度は黄砂です!毎年この時期(3月〜5月頃)に偏西風が強くなる影響を受けて、大陸から黄砂がやってきます。体調を崩される方はホントにお気の毒です。かく言う私も、家族がひどく反応するので、他人事ではありません。黄砂そのものはア [続きを読む]
  • あなただけのために。制作家具の良さ。
  • あなただけのために。制作家具の良さ。現在建築中のT様邸では、制作家具がたくさんあります。隙間なく空間を利用できるし、フルオーダーなので「かゆいところに手が届く」。一般的な家具を購入するよりも安価でできる。なので、お薦めです。 制作にあたり、図面や3Dを用いて説明。もちろん現場で、実際に付く場所で動線なども確認しながら、最終打ち合わせを行いました。それに伴い多少の仕様変更中。使用するスライドレー [続きを読む]
  • 奥が深い!梁のかけ方
  • 奥が深い!梁のかけ方。今、とある会社様とコラボで進めさせていただいている案件。梁のかけ方にアタマを悩ませています。梁は、柱の上にある水平部材です。これは、その上の屋根あるいは、床を支える重要な材料です。建物は、大変重たいものです。さらに、雪がつもりもっと重たくなります。その荷重を、安全に効率的に地盤に伝えることが大切です。それができないと、潰れてしましますから。屋根材からスタートして、垂木→母屋→ [続きを読む]
  • うれしい!楽しい!上棟式と餅まき
  • うれしい!楽しい!上棟式と餅まき先日上棟を迎えたT様邸新築工事。絶賛工事中です。上棟をした日に、上棟式を行いました。幣串を上げ、祭壇をつくり、四隅の柱を清め、参加者全員で乾杯しました。この地域の風習で、上棟式には餅まきをします。T様は800対の紅白餅をまいて、沢山の方々にお祝いの品を持って帰っていただきました。 始まる1時間前でこの様子。倍以上はいらっしゃいました。無事にここまでこれた嬉しさと [続きを読む]
  • むすめの手作りカバー in父の日
  • むすめの手作りカバーin父の日6月19日は父の日。父となって11回めの「父の日」を迎えました。親として、人としてまだまだ成長せねばと思っています。そんな父の日に、成長が感じられる贈り物をむすめがくれました。それが、これ!手作りのポケットティッシュカバー。おっさんが持つには色も少々気になりますが、嬉しいもんですね。雑な仕上げリですが、機能は十分。取り換えもし易い設計になってます。お金を使わずに、作っく [続きを読む]
  • 形とボリュームがお目見え!棟上げ
  • 本日、棟上げです。昨日から建方をすすめ、本日めでたく棟上げを迎えました。朝から監督さん、職人さん、クレーンオペレーターさんなど総勢14名。敷地と道路、道路上空の電線との関係で、クレーンに慎重な動きが求められます。形とボリュームが現実のものになるこの日は、いつも不安と期待が入り混じった複雑な気持ちになります。今後の無事完成を祈って、夕方から略式ながら「上棟式」を行います。その様子は、後日。 ←建 [続きを読む]
  • 知っていますか?色の数
  • 知っていますか?色の数。デジタルで行くと、「RGB」や「CMYK」がよく使われますが、それぞれ「1677万色」と「一億通りの色」があるようです。建築で使用されるものには、さすがにそこまでの数はありませんが、今回外壁に使う材料の色見本は、1200色あります。単純に「白」って言っても、赤寄りの白や黄色寄りの白など、様々です。設計、工事を進めていくと、必ず「色」を決める時が来ます。建材などの既成品で行く [続きを読む]
  • その説明で満足ですか?
  • その説明で満足ですか?家にも燃費表示ができることをご存知ですか?当事務所では、5年ほど前から取り組んできております。車の購入を検討する際、燃費は重要な要素になってきていますよね。メーカーはこぞって燃費性能の向上に力を入れています。入れすぎて、困った問題も起きていますが。。。その車より大きな買い物である「家」。最近は「高気密高断熱」化が当たり前になりつつあり、各住宅メーカーなども、「電気代がやすくな [続きを読む]
  • 気密は息がつまる?しっておきたい気密に関する4つの事 Vol.4
  • 気密は息がつまる?しっておきたい気密に関する4つの事 Vol.4「けっきょく、息はつまるの?」しっておきたい気密に関する4つの事で、先の3回にわたって「暖房するほど寒くなる」(Vol.1)「断熱が効果を発揮しない」(Vol.2)「機械換気が働かない」(Vol.3)とまとめました。で、結局のところ息はつまるの?って話しですが。 まぁ、詰まらないですよね。計画的に「換気」しますので。仮に換気しない場合を、家の気積(4 [続きを読む]
  • 気密は息がつまる?しっておきたい気密に関する4つの事 Vol.3
  • 気密は息がつまる?しっておきたい気密に関する4つの事 Vol.3「気密性能が低いと換気扇が機能しない」気密性能をしっかりと確保しないと、換気扇も能力を発揮してくれません。せっかく換気しようと回していても汚れた空気を効率的に排気してくれません。「気密が高いと息が詰まる。低気密の方が空気がよく動く」気密を理解しようとしない人がよく言うことです。たしかに、「空気がよく動く」んです。でも、それは意図しているわ [続きを読む]
  • 気密は息がつまる?しっておきたい気密に関する4つの事 Vol.2
  • 気密は息がつまる?しっておきたい気密に関する4つの事 Vol.2「気密性能が低いと断熱が無意味?」気密性能をしっかりと確保しないと、断熱材は威力を発揮してくれません。せっかくの投資も台無しです。これは、ある性能を確保しようと計画された1m四方の壁です。片方はそこに、幅1mm長さ1mの隙間をあけてみました。(これは、森みわさんの著書でしょうかいされているものです)するとどうなるか。熱貫流率(上記のU値)を [続きを読む]
  • 気密は息がつまる?しっておきたい気密に関する4つの事 Vol.1
  • 気密は息がつまる?しっておきたい気密に関する4つの事 Vol.1「気密性能が低いと暖房するほど寒くなる?」暖かい空気は上昇することはご存知ですか?空気は暖まると(加熱されると)分子構造が活発になり膨張します。膨張すると、単位体積あたりの重量は軽くなりますので、暖められた空気と冷たい空気が混在していると、重力の影響を受けて単位体積あたりの重量の軽い暖められた空気が上へ移動します。熱気球などはこの性質を利 [続きを読む]
  • 買っても良い中古住宅は、10.5%?
  • 買っても良い中古住宅。最近はやりの「リノベーション」のおかげか、中古住宅が注目を集めています。私も「古民家鑑定士1級」を取得し、積極的に古民家(定義では50年以上経過した木造住宅。中古住宅とは少し異なります)を活用したいと考えています。いくら流行っているとはいえ、日本の中古住宅販売割合は、欧米に比べてものすごく低いことをご存知ですか。アメリカが住宅全体の79%。イギリスが89%。これに対して、日本 [続きを読む]
  • コンクリート打設後に降った雨。だいじょうぶ?
  • コンクリート打設後に降った雨。だいじょうぶ?先日着工した新築工事。先週末にコンクリートを打設しました。今日は雨。基礎上はプールのようです。雨が降ると、強度が低下するんじゃないか。ちゃんと固まらないんじゃないかと想像しますよね。ほとんどの場合、問題ありません。コンクリートは、乾燥して固まるわけではなく、セメントと水の化学反応で固まっています。通常、水分量は少ないほどコンクリート強度は上がります。固ま [続きを読む]
  • 知っていますか?壁体内結露(へきたいないけつろ)
  • 冬場、窓ガラスでよく目にする結露。イヤですよね。室内と屋外の温度差が原因で、発生しています。実はこの結露。壁の中でも発生します。しかも、冬でも夏でも。「壁体内結露」で画像検索するとこんな画像がヒットします。コワイですねーーー。これは断熱の種類が関係しているわけではありません。壁体内に侵入した水蒸気の、適正な放出ルートの確保と侵入防止が行われているかがポイント。放出ルートは、外壁外側の通気層の確保と [続きを読む]
  • まだ安い窓で損を続けますか?
  • まだ安い窓で損を続けますか?今建築中の建物には、世界でもトップクラスの断熱性能を有する窓を採用しています。もともとは、Ykkap社のAPW430を軸にしていました。というのも、コストと性能のバランスが良いから。上で挙げた世界でもトップクラスの窓は、LIXIL社製のERSTERXです。熱貫流率が0.79W/(?・K)!!これは、10K相当のグラスウール50?を充填した壁と同等の断熱性能です。性能は抜群です。でも、少々お高め。コス [続きを読む]
  • 敬老会と息抜き
  • 敬老会と息抜き昨日は自治区で行っている敬老会に、子供会の担当役員として、また、青壮年会員として参加させてもらいました。子供会は、5、6年生の男女が、それぞれで考えた出し物を。私が担当した6年男子は、子供たちの考えたオリジナル台本で演劇「新・桃太郎」をしました。桃太郎が、生き別れになった二人の弟を見つけ、鬼を退治するというもの。笑いもあって楽しんでいただけたようです。青壮年会は、毎年恒例の防犯シリー [続きを読む]
  • 地盤改良あれこれ
  • 地盤改良あれこれ先日行っていた地盤改良工事も終わり、載荷試験の値も上々。次工程に進んでいます。進めていると、地中から木杭が。以前の建物の為に施工したものと思われます。所々見られる円形の砂利のカタマリ。これが改良体です。さて、今回は砕石の地盤改良を行いました。代表的なものにECOGEO工法とHySpeed工法があります。ECOGEO工法はケーシングがあること(構内崩落が少ない)と、無廃土ができる可能性があることが特徴 [続きを読む]
  • すまいの工事が着工しました
  • すまいの工事が着工しました。先日地鎮祭をおこない、本日より地盤改良工事にとりかかっています。今回は(というより、いつも)、砕石改良を行います。自然素材である「砕石」を使うことで、廃棄物がほとんど出ない。地中埋設物にならない。土壌を汚染しない。地下水を汚染しない。と他の改良工事に比べて、メリットがたくさんあります。しっかりとデータを取りながら、載荷試験で施工確認を行って、良い地盤を形成してもらいます [続きを読む]
  • 塗装の手軽さと可能性
  • 塗装の手軽さと可能性現在進行中の建物では、塗装を多用しています。理由は単純。コストを掛けずに雰囲気を変えたいから。こんな時は、ホントに塗装の出番です。これは下足箱。扉を、各室のテーマカラーに色分けしています。お客様にも分かりやすく、色々な仕掛けができそうってことで採用しています。これは、室内の壁。既存の壁(ここは新設壁なのでPB下地)に、塗装で色を変え、室内に変化をもたらしています。そこにもう一工夫 [続きを読む]
  • オープンに向けて着々と
  • 以前お伝えした、抜群のロケーションに立つお宿。オープンに向けて着々と進んでいます。←建築家ランキングに参加しています。是非、ワン を!        いただけると更新の励みになります4つのSで「すまい」を考える 但馬、山陰の設計事務所 建築設計室 雅−miyabi− [続きを読む]
  • 香美町に移住、定住を考えてる方に朗報です!
  • 香美町に移住、定住を考えてる方に朗報です。香美町のHPに4月6日付でアップされている情報です。移住、定住者に奨励金(商品券)があるようです。いろいろと条件がありますが、最高30万円、最低でも10万円です。また、居住用の改修工事においては、最高100万円の助成金がでます。「予算に達するまで」となるでしょうから、タイミングが合えばぜひ活用を!詳細はこちら←建築家ランキングに参加しています。是非、ワン を [続きを読む]