甘党 さん プロフィール

  •  
甘党さん: さぬきの中心から日々を語る
ハンドル名甘党 さん
ブログタイトルさぬきの中心から日々を語る
ブログURLhttp://sanukinochushin.doorblog.jp/
サイト紹介文香川県内を中心に出かけた場所で見つけた風景の写真を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2008/06/14 18:33

甘党 さんのブログ記事

  • 北野異人館街〜萌黄の館
  • 神戸の北野異人館街を訪れました。まずは萌黄の館を訪れました。NHK朝ドラ「べっぴんさん」のクランクイン地の場所でもあり、多くの人で賑わっていました。出演者のサインも飾られているので、記念撮影をする観光客が多かったです。100年以上も前の総領事の邸宅でしたが、当時の庶民の家とは桁外れの豪華さです。当時の神戸の繁栄が、より実感できる萌黄の館。異人館街が神戸のイメージを押し上げていると感じました。萌黄の館 [続きを読む]
  • 淡路島 百人一首の松帆の浦
  • 明石海峡大橋を望む場所にある松帆の浦は、小倉百人一首の選者の藤原定家の歌で知られている場所です。来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや 藻塩(もしほ)の 身もこがれつつ 権中納言定家現代語訳 松帆の浦の夕なぎの時に焼いている藻塩のように、私の身は 来てはくれない人を想って、恋い焦がれているのです。当時は無かった明石海峡大橋がありますが、この橋を違った角度から見るのも新鮮でした。いつもは橋の上から [続きを読む]
  • 鳴門名物 鳴ちゅるうどん
  • 鳴門教育大学近くの舩本うどんを訪れました。鳴ちゅるうどんとして徳島に数店舗を展開する店ですが、ここはメインの通りから一本入った場所にあります。カウンター5席に、大きなテーブルが2つのこじんまりとした店舗です。鳴門ぶっかけうどん、美味しそうでした。生しょうゆうどんを頼んだのですが、稲庭うどん程ではない細麺。とても美味しかったです。徳島ラーメンも良いですが、鳴ちゅるうどんを食べに徳島に行くのも良いなと [続きを読む]
  • 郊外のカフェ
  • 岡山市のシーカフェを訪れました。岡山市北部の住宅街にある隠れ家的なカフェ。ランチメニューもオムライスやカレーを始め、盛りだくさんでした。材料にこだわった食材を提供している店のようです。全てのランチを楽しみたかったのですが、それも無理なのでオムライスを注文しました。デザートも美味しかったです。近くを訪れる際には、また行きたいです。食べログ https://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33000835/ [続きを読む]
  • 三豊市のエンジェルロード〜来た道を戻って
  • 浦島太郎と亀を横目に来た道を戻りました。ここの海、本当に綺麗で夏に海水浴で訪れたいです。浦島太郎が亀を助けた浜も、満潮になると姿を消します。この綺麗な砂浜をゆっくり満喫しました。小豆島のエンジェルロードとは違った良さがありますが、駐車スペースの少なさが隠れたスポットであり続けるのかも知れません。干潮時刻の前後1時間半程度が、散策にはお薦めの時間帯です。 [続きを読む]
  • 三豊市のエンジェルロードを散策
  • 浦島太郎伝説が残る亀の形をした丸山島、以前はたくさんの人が潮干狩りを楽しんでバケツ数杯獲れることもあったようですが、今では潮干狩りをする人も見かけません。浦島太郎が亀を助けて、ドラマ流星ワゴンのロケ地にもなった浜。干潮の時だけ姿を現しますが、夏場なら泳いで渡れそうです。とても綺麗な砂浜がありました。夏に泳ぎたい。三豊市のエンジェルロード、干潮時のみですが、満潮から干潮になり現れては消えるのをじっく [続きを読む]
  • 香川にあるもう一つのエンジェルロードin三豊市
  • 三豊市詫間にある丸山島の「鴨之越 」、干潮の時にのみ現れる浜で浦島太郎が亀を助けた伝承が残っています。西島秀俊と香川照之が出演したドラマ流星ワゴンの1話にも登場しました。この日は干潮だったので、丸山島を目指しました。駐車場は、地元の方の好意で提供されていますが、それほど多くは駐車できません。のどかな道をゆっくりと歩けるのも、ここの良さです。浦島太郎伝説の丸山島まで、あと少しです。なんだか亀に似ていま [続きを読む]
  • 三豊市豊中町の古墳
  • 高速道路の豊中インターを観音寺方向に走っていると見かける、こんもりとした小山。古墳ではないかと以前から気になっていました。高速の直ぐ南の延命院というお寺の駐車場に車を停めました。田園地帯なのですが、思った以上に立派な建物で。門構えも立派です。門の右手に古墳らしき墳丘があり、延命古墳と呼ばれています。国指定史跡に指定されることになった大野原古墳群の被葬者とも関わりがあったのかも知れません。被葬者は見 [続きを読む]
  • 善通寺自衛隊の駐屯祭
  • 県外の友人を連れて善通寺を訪れました。駐車場からふと南を見るとパラシュートが降下していました。善通寺御影堂は弘法大師が御誕生された佐伯家の邸宅地だったと言われています。境内を歩いていると砲弾の音が度々聞こえてくるので、その方向に足を向けると物々しい様子です。自衛隊の駐屯祭は、従来駐屯地内でパレードしていたのですが、今年は市内の道路をパレードしました。ズラリと並んだ車両が壮観です。路地裏ではパレード [続きを読む]
  • 牛鬼が迎えてくれる宇和島の郷土料理
  • 宇和島の知人に推薦された和日輔(わびすけ)を訪れました。和日輔web http://www.sk-wabisuke.com/宇和島と言えば牛鬼祭りが有名ですが、店先で訪問客出迎えてくれます。個室は事前に予約することが確実です。メニューにあった「せい」と「にな」を注文しました。せいとは、別名亀の手で、香川では食べる機会が少なく。になは香川の海岸でも獲れるのですが、口にする機会は久々でした。宇和島に来たので郷土料理の鯛めしかさつま [続きを読む]
  • 小京都の臥龍山荘
  • 大洲の臥龍山荘への道は、小京都らしさを楽しめます臥龍山荘は肱川沿いにある静かな場所にありました。有名な戦国武将渡辺勘兵衛の屋敷もこの辺りにあったそうです。とても広大な敷地だったそうです。初めての臥龍山荘、思った以上に満喫できました。趣を感じられる空間に魅せられ。肱川のゆったりした眺めが借景。ここを訪れた人達が皆、足を止めてこの清流を心ゆくまで満喫していました。web http://www.garyusanso.jp/ [続きを読む]
  • 大洲の東京ラブストーリー最終回のロケ地
  • 小京都大洲は、昔ながらの町並みが残る落ち着いた場所です。ここは、東京ラブストーリー最終回でリカとカンチが歩いた場所です。台風の日について語る織田裕二の台詞が思い出されました。レンガ館とポコペン横丁は隣接していました。昭和の風景が再現された場所で、小さな子供にも大人にも十分刺激的です。近くには東京ラブストーリー最終回で、リカがカンチへの最後の手紙を投函したポストがあります。放映時は民家があったのです [続きを読む]
  • 亀鶴公園の早朝の満開桜を独り占め
  • さぬき市長尾にある亀鶴公園は、桜の名所として有名で週末には多くの人が訪れる場所です。そんな有名スポットも早朝は、散布をする人がちらほらいる位で、桜をゆっくり眺めながら散策できます。6時半過ぎの桜並木は、誰もいなくて本当にじっくりと満開の桜を見ることができました。荘厳かつ贅沢な時間を過ごすことができ、朝から気分爽快です。公園を1周しましたが、咲いているから桜の木と気づくにしても、とても綺麗でした。早朝 [続きを読む]
  • 郷愁溢れる大洲城
  • 平成16年に復元された大洲城天守閣は、姫路城天守閣と比べると小さなものです。大洲城の良さは、周囲にビルが殆どなく格子ごしに見える清流肱川が大洲城の借景となっています。今では建造物も殆ど残っていない大洲城の全貌の模型。堅牢な城だったことが理解できました。天守閣からの眺めでビルが乱立していないのが、この城の観光資源ではないでしょうか。瓦越しの標高320mの冨子(とみす)山から、この城を見るのも絶景でしょう。肱 [続きを読む]
  • 小京都の情緒溢れる大洲城
  • 初めて大洲市を訪れました。「おはなはん」や「東京ラブストーリー」のロケ地として有名な城下町です。天守閣までの道に、江戸時代初期の陽明学者中江藤樹の像があります。この地で20年弱を過ごしたのも、その後の思想に影響を与えたのかも知れません。wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%B1%9F%E8%97%A4%E6%A8%B92004年に復元された天守閣は珍しい4層。小京都らしく、周辺も情緒溢れる眺めばかりです。鵜飼でも有 [続きを読む]
  • 香川県東部で買える「たこ判」
  • たこ判と言えば三豊市仁尾のたこ判小前が有名ですが、三木町の高松東警察署東のレディ薬局裏手のスーパーふくいちの敷地内にある店で、たこ判を買うことができます。メニューは、たこ焼き400円とたこ判200円のみですが、近くを通るとつい立ち寄ってしまいます。濃厚なソースがたまらないです。中の玉子も上手くマッチしていい味を出していました。たこ焼きも買いましたが、こちらの見た目も食欲をそそります近くにあれば、頻繁に訪 [続きを読む]
  • 味10(あじと)の太麺
  • 愛媛県大洲市で昼時を迎え、たまたま目にした「味10」に入りました。メニューはつけ麺などそれなりにあります。つけ麺のゆで時間は8分、少し長いのですが、そこに店のこだわりが語られていました。濃厚なラーメンを味わうこともできます。あっさりスープがお好みなら、これを。味噌ラーメンにはトッピングも良かったかなと思いますが、三様に楽しめた味でした。食べログ https://tabelog.com/ehime/A3803/A380301/38009864/ [続きを読む]
  • 武雄温泉からの美味しいいちご大福
  • 武雄温泉駅から徒歩10分程の武雄温泉を訪れました。東京駅を設計した辰野金吾氏設計の大正時代に建てられた本館に楼門、温泉町の風情を感じさせてくれます。本館前は温泉目当ての車で満車でした。次回はゆっくり温泉に入って、情緒溢れる館内でゆっくりしたいです。裏山の山頂の巨石群。大きな巨石の間に乗った感じの巨石の下の隙間、自然にできたのか人工のものなのか、とても気になります。乗り継ぎ時間の関係で、JR博多駅ビルで [続きを読む]
  • シュークリームみたいな形の餃子!
  • 武雄温泉駅近くにある餃子会館を訪れました。駅南口からすぐです。JRの列車からも一際目立つ建物です。ラーメンと餃子がメインの店で、昼も夜もたくさんの人が訪れる場所のようです。味噌ラーメンにしましたが細麺でとんこつ風でした。ほとんどの人が注文していた餃子、人生初の変わった形の餃子でしたが、佐賀の人には当たり前なんでしょう。食べログhttps://tabelog.com/saga/A4103/A410301/41000040/ [続きを読む]
  • 弘法大師空海が7歳の時に身を投じた捨身ヶ嶽
  • お遍路73番札所出釈迦寺の奥の院は、弘法大師が7歳の時、我拝師山に登り「私は将来仏門に入り、仏の教えを広めて多くの人を救いたい。私の願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ。もし叶わぬのなら一命を捨ててこの身を諸仏に捧げる」と、断崖絶壁から身を投じたところ、紫色の雲が湧き、釈迦如来と羽衣をまとった天女が舞い降り、雲の中で弘法大師を抱きとめた場所です。のどかな風景を見ながらのスタートです。登り口には大 [続きを読む]
  • 海鮮市場でイートイン
  • 大分県佐伯市の「鮮度壱番」は、市場でその日に揚がった活きの良い魚を販売していて、そのまま2階で食べることができます。鮮度壱番 http://saiki-uminoichiba-maru.com/ichiban/店内はどれも美味しそうなものばかりで、選ぶのに迷ったのですが、貝づくしの寿司、美味しかったですキビナゴも文句なし鯛の刺身も獲れたて新鮮美味しかったです2階で味噌汁を購入できますが、自分では作れない絶妙の味でした [続きを読む]
  • これが一人前のビックリ刺身盛
  • 大分県佐伯市にある「ひかる」はとても人気のある居酒屋です。以前は別な場所にあったようですが、食べログコメントを読んでも、移転後も人気に変化はないようです。1人のためカウンターで。まずはウツボの唐揚げが出てきました。肝あえも、食感をじっくい味わいなが... [続きを読む]
  • 大分駅近くの美味しいラーメン
  • 大分駅近くにあるラーメン屋「ふくやラーメン」を訪れました。豚骨系の店ですが、野菜とんこつラーメンやつけ麺など、女性でも入りやすいメニューがあります。昨年にリニューアルしたようで、真新しい店内。野菜ラーメンを注文したのですが、麺が見えません。麺に中々たどり着くことができなかったのですが、細麺はのびやすいので、途中で先ず麺を食べることにし、野菜は麺が終わった後に味わいました。とても美味しかったのです。 [続きを読む]
  • さぬき市のかなたまキッチン
  • 日曜日に訪れたさぬき市大川町富田西の「かなたまキッチン」では、養鶏場直営の美味しい卵やスイーツ、弁当などを購入できると同時に、店内で美味しい玉子かけご飯なども食べられるます。弁当は見た目どおり美味しく、養鶏場直送の卵を使った玉子焼きは格別ですオムライスも美味しかったです。添付前に4台程の駐車場がありますが、店舗右の道を入ると広い駐車場もあります。さぬき市遊びの達人http://sanuki-asobinin.seesaa.net/ [続きを読む]
  • 第15回引田ひな祭り②
  • 引田のひな祭りは毎回10時過ぎに人が少ない時間に訪れるのが恒例となっていますが、昼過ぎのこの通りも見てみたいですが、じっくり見たり写真もままならないかと思うと、毎年早い時間に訪れています。雛飾りとは無縁ですが、どれも華やかで家に飾れば花が咲いたようになるのかなと思いながら歩きました。この雛飾りは普通の雛飾りと異なり、この空間そのものが雛飾りとして、物語を感じさせてくれました。引田の町並みと雛飾りは本 [続きを読む]