マケレレ さん プロフィール

  •  
マケレレさん: Palazzo De Nerazzurro
ハンドル名マケレレ さん
ブログタイトルPalazzo De Nerazzurro
ブログURLhttp://palazzodenerazzurro.blogspot.com/
サイト紹介文ガンバ大阪の事をメインにサッカーの事、または最近気になった事を綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/06/14 23:42

マケレレ さんのブログ記事

  • どうやら吹田スタジアムは送別試合にも不向きのようです
  • ガンバ大阪1−1川崎フロンターレオランダ1部リーグ、フローニンゲンへの移籍が決まった、堂安のガンバでのラストゲーム。トップチームでのデビューは2年前だけど、実質、試合に絡み始めたのは今季からだったので、もう少しガンバでのプレーを見たかった気持ちはある。ただ、もともと本人に海外志向が強かったし、先日のU-20W杯での活躍により市場価値も高まっている中だったので、移籍も止む無しと言ったところか。堂安としては [続きを読む]
  • Nande?という結果にならなくてよかった
  • ガンバ大阪3−0ヴェルスパ大分恥ずかしながら勉強不足で、ヴェルスパ大分というクラブの存在を、今回の対戦で初めて知ることになった。下位カテゴリーのJFLのクラブということで、どうしても勝って当たり前という雰囲気になってしまうけど、他会場でジャイアントキリングの餌食となった仙台や札幌を見ると、そういった雰囲気が一番危険だと改めて認識させられる。そんな中、格下相手に油断することなく、確実に次のステージに進 [続きを読む]
  • ガンバ大阪を蝕むFIFAウイルス
  • 日本1−1イラク代表チームにケガ人が相次ぐ中、この試合でスタメンに抜擢されたのは、我らが井手口陽介。気候やピッチコンディションを踏まえて、試合のテンポを上げられない戦いを強いられる中でも、攻守両面に於いて出色の動きを見せていたと思う。ところが、後半17分に相手選手と交錯した流れから後頭部を地面に強打し、脳震盪を起こして今野と交代。欧州では代表チームの活動で故障してしまうことを、“FIFAウイルスに感染す [続きを読む]
  • イラク戦に向けて雨の味スタで収穫したもの
  • 日本1−1シリアシリアと言えば、昨年の3月に埼玉スタジアムで行われたロシアW杯2次予選に於いて、山口蛍が鼻骨を骨折した試合が思い出されるね。試合自体は、5-0と楽勝だったものの、山口蛍自身はこのケガが原因で、半年でドイツでの挑戦を諦めることになった。まあ、もっとも、今は大阪の女子高で楽しく生活しているみたいだけども。そう言えば、この試合では、前半の早い時間帯に、香川が肩を負傷して交代するアクシデントもあ [続きを読む]
  • 重要なことは12月に今の順位にいること
  • ガンバ大阪3−0サガン鳥栖昼間の試合で浦和が清水と引き分けていたので、この試合に勝利すれば首位に浮上するというのが、事前に分かった状態で鳥栖と対峙。大体、こういう時に限って勝ち点を取りこぼす我が軍ですが、良い意味で期待を裏切る快勝で、注文通りの首位浮上。ただ、ACLでは無様な試合を繰り返してグループステージで敗退し、リーグでもホームで勝ち点を落とす試合がいくつかあったので、首位のチームという名に相応 [続きを読む]
  • 藤本淳吾、ようこそガンバ大阪へ
  • 札幌行って来ました。ガンバ大阪2−0北海道コンサドーレ札幌藤本淳吾。自分は、なかなかこの選手のことを受け入れられずにいたのだけど、ここ最近の試合に於ける彼のパフォーマンスを見て、徐々にその考えは改悛しつつあった。そして、日曜日の札幌の夜を鮮やかに彩った、すすきのの街並みを思わせるかのような妖艶なループシュート。ホームで無類の強さを誇る札幌との鍔迫り合いの中で、ガンバに大きく流れを引き寄せることにな [続きを読む]
  • 奇跡に頼らないといけない時点で先は見えていたように思う
  • ガンバ大阪0−2済州ユナイテッド4得点以上を挙げたうえでの3点差以上で勝利し、且つ、アデレードが江蘇蘇寧と引き分け以下に終わるという、ほぼ不可能に近いミッションを達成すれば、決勝トーナメントへの道が開けるという状況で挑んだこの試合。メンバーを落として残念旅行にする選択肢もあったと思うけど、先の清水戦で今一つパフォーマンスが良くなかったアデミウソンを外し、好調の倉田を前線に据えたスタメンを以って、前半 [続きを読む]
  • 大観衆のホームで勝ち点を落とすのは仕様です
  • ガンバ大阪1−1清水エスパルス公式戦で1ヶ月近く勝利が無い清水。ましてや、直近の試合では、仙台相手に2試合連続で3失点していたこともあり、楽な試合になるかなと思っていたら、手堅さには定評のあるコバやんはきっちり修正してきましたな。この試合では、長沢とアデミウソンの2トップで、公式戦4試合連続ゴールが懸かる堂安は右MFとして出場。ところが、DFラインを高くキープして全体をコンパクトに保ち、激しくプレスを掛け [続きを読む]
  • これがガンバ大阪のやり方だ
  • 日産行ってきました。ガンバ大阪1−0横浜F・マリノス2009年以来勝利が無く、ガンバにとっての鬼門の一つとして数えられている日産スタジアム。ただ、嫌な負け方をした記憶もあまり無く、引き分けが多いという印象があるので、個人的に味スタに比べればネガティヴなイメージは薄い。8年前の日産での試合と言えば、CKにしておけばいいルーズボールを飯倉が無理にピッチの中に戻したら、ちょうど橋本の目の前にボールが転がって、無 [続きを読む]
  • 強くなった気がした21日の夜
  • 試合の話をする前にちょっとだけ。やはり、自分の応援しているクラブが、望まれない形で世間の話題になることは残念な事この上ない。2008年の埼玉スタジアムでの一件は、応援のあり方を深く考えさせられ、ガンバ大阪にとって大きな訓戒となったはずだった。3年前に浦和サポーターが犯した差別的な横断幕の一件も、対岸の火事ではないと思える出来事だったはず。ところが、やはり月日が経つと人は忘れてしまうものなのか、また同じ [続きを読む]
  • まさか引き分けで良かったなんて思っていないよね?!
  • ガンバ大阪2−2セレッソ大阪普通のリーグ戦であれば、後半アディショナルタイムで同点ゴールを決め、アウェイで勝ち点1を獲得するというのは及第点の結果だと思うのだけども、長居での大阪ダービーとなると話は別。先週のミッドウィークに中国で試合して疲労がたまっているとか、アデミウソンが負傷したとか、エクスキューズできる要素があったとしても、「青と黒 俺らだけ 俺たちが大阪さ」というチャントにもあるように、大 [続きを読む]
  • この逆転勝利は4月バカなんかじゃない
  • ビッグスワン行ってきました。ガンバ大阪3−2アルビレックス新潟新潟とは比較的組み易いイメージがあるけど、今季からポゼッション路線への回帰を掲げているガンバにとって、ボールが転がりにくいビッグスワンの深い芝は相性が悪い。思えば、西野監督時代のガンバもこの場所ではなかなか勝てなかった。足下の技術が拙い藤春と金正也が、そんな深い芝に適応できずにパスミスを連発したことで、ガンバの左サイドが穴になってしまっ [続きを読む]
  • 間延びする中盤のはざまで
  • 日本4−0タイスコアだけ見れば日本の圧勝という印象を受けるけど、この試合を見ていた人で、日本が優勢に試合を進めていたなんて言う人はいないだろう。前半の半ばから、タイにボールを支配され、何度もゴールを脅かされながらも、久保をはじめとした前線の選手たちが、少ないチャンスで得点を積み重ね、結果的に快勝したという試合だったように思う。相手にボールを支配されながらも、少ないチャンスをモノにして勝利するなんて [続きを読む]
  • 代表でも頼れた男
  • 日本2−0UAEこの試合に於ける今野のパフォーマンスが各方面で絶賛されているけど、直近のガンバの試合を見ている人であれば、今の今野ならこれぐらいはできるはずというのはある程度想定出来たと思う。そんな、我が軍の選手の健闘を称える記事を書こうと思っていたら、まさかの今野が骨折で代表を離脱するというニュースが飛び込んできた。躁鬱の今野のことだから、久しぶりに招集された代表、しかも今回のW杯予選の大一番という [続きを読む]
  • 守るも攻めるも頼れる男
  • 吹田行ってきました。ガンバ大阪1ー1浦和レッズ吹田スタジアムにコーヒールンバが高らかに響き渡る様こそが、今の今野泰幸のパフォーマンスがどれだけ優れたものであるかを象徴している。終始、浦和に主導権を握られる試合展開の中で、持ち前の球際の強さで守備に奔走するだけでなく、攻撃面に於いてもチーム唯一の得点を挙げるなど、その八面六臂の働きは、代表監督の目に留まるに相応しいものだったと思う。「俺は何をすればい [続きを読む]
  • リーグ戦のようには上手くはいかないものである
  • ガンバ大阪0−1江蘇蘇寧先日の東京戦で、相手の13番さんにシャイニングウィザードを見舞われ、ほお骨を骨折した東口に代わり、ゴールマウスを守ったのは鈴木掠太。誰もが、エンターテイナー藤ヶ谷の登場かと思っていたところに、J1で出場経験の無い鈴木を抜擢した事は驚きだったね。ただ、ノーチャンスだったラミレスのゴールを除くと、被セットプレーや被シュート機会も少なかった試合だったので、この1試合だけで鈴木の能力を [続きを読む]
  • アデミウソンと東口という2人の超人
  • 今日は3月11日です。6年前に起こったことは、あまりにも日常からかけ離れた出来事だったので、今振り返ると、どこか現実味の無いものとして、自分の記憶の中にふわふわと漂っているところがあるんだけども、3月11日が近づくにつれて、TVやネットのニュースで、地震が起きた時の映像などを見る機会が増えると、そのふわふわした感覚がぎゅっと収束し、戦慄とともに確かな記憶として蘇ってくる。そう考えると、あの時に起こった出来 [続きを読む]
  • 鬼門だったはずの日立台で唐突に蘇った青と黒の戦士たち
  • 日立台行ってきました。ガンバ大阪3−1柏レイソル4日前のACL・済州戦で、あまりにも体たらくな戦いぶりを見せられた上に、2011年以来勝ちが無い日立台で、前節から中8日と休養十分の柏と対峙するというシチュエーションに、ボコボコに負けることも覚悟した上で参戦したはずが、まさかの勝利で、良い意味で期待を裏切られた。長年応援しているけど、掴みどころが無くて本当によくわからんチームだ。だからこそファンをやめられな [続きを読む]
  • ACL(で負ける)仕様の3バック
  • ガンバ大阪1−4済州ユナイテッドACL仕様という名目でキャンプ中から練習し、仁川との練習試合でも好感触だったということで、満を持して日の目を見た3バックの布陣だったはずが、ご覧の通り目も当てられないほどの悲惨な結果に終わりました。新布陣とは言っても、それほど斬新なものではなく、今季取り組んでいる4-3-1-2からトップ下の1をCBに持ってきて、5バック気味にして人数を掛けて守備を固めようという、いかにも長谷川健 [続きを読む]