定年おやじ さん プロフィール

  •  
定年おやじさん: 定年おやじの「ぽちぽち日記」
ハンドル名定年おやじ さん
ブログタイトル定年おやじの「ぽちぽち日記」
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/pnqwc178
サイト紹介文定年おやじの「毎日が日曜日」状態を何とかしましょう。 講座に、長崎さるく、野菜作りと何でも挑戦です。
自由文仕事人間だった定年おやじが、長崎さるく・ながさき県民大学・家庭菜園とぽちぽちながら第二の人生を歩き始めます。応援下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2008/06/15 11:41

定年おやじ さんのブログ記事

  • 長崎湾は・・・。
  • 長崎駅から大波止へ海岸を歩いてみると県庁の建設が大分進んでいます。出来上がると長崎湾の中がこんな風になるそうです。長崎学に出てきた江戸時代の長崎の港。新地や出島はとうの昔に陸続き。浦上新地から長崎駅へと埋立は進み水辺の森公園まで出来上がりました。そして今度は県庁まで海の上に・・・。港はもう当時の半分ぐらいになったのでしょうか。爺さんが晩酌しながら港がなくなるかと心配しています。http://local.blogmura.co [続きを読む]
  • 「文政年間の長崎」です。
  • 長崎学の講座もありました。「文政年間の長崎」こちらもシーボルト展に合わせ〜シーボルト滞在の頃〜と副題がついています。 文政年間は元年の(1818)から13年(1830)まででシーボルトの一回目の来日の文政6年から12年と重なります。当時の長崎の港です。出島と左手は「新地蔵所」唐船用の倉庫で現在の中華街です。文政6年に来日したシーボルトは7年には鳴滝塾で医学の指導を開始。文政9年(1826)に江戸参府。ここでも多くの資料を収集し [続きを読む]
  • シーボルト展の講座です。
  • 歴史文化博物館で「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」が開催されていますが、関連しての講座です。シーボルトの資料をミュンヘンで調査をした講師です。資料を調べていろいろわかってきました。江戸期の風俗を考証した本「骨董集」には「長崎引地町萬貸口」や「貸本所縫屋米吉」の捺印があり長崎の貸本屋の本であることがわかります。名前から豪商の関係者と推定され長崎の書籍の流通を考える上で注目されるとのことです。この絵は子供 [続きを読む]
  • 「杵ノ川酒造」ウォーキングです。
  • JRのウォーキング今回は「杵ノ川酒造」の蔵開き。スタートは喜々津駅から良い気候になり多くの人が参加しています。久山茶屋の長崎街道絵巻通りを抜けてソニーの工場を過ぎると土師野尾ダムへ湖をぐるっと回って「杵ノ川酒造」到着です。たくさんの人出ちんどん屋さんも繰り出しての大賑わい。いつもはお疲れさんのビールですが今日はお疲れさんの樽酒でした。http://local.blogmura.com/nagasaki/(ブログ村です、よろしくです) [続きを読む]
  • 「400年前の海岸線を巡る」さるくです。
  • 長崎さるく「400年前の海岸線を巡る」です。黒い部分が埋立て前の長崎平地はほとんど「埋立て」です。スタートは長崎駅から。NHKの横が北瀬崎の海岸。ここから当時の海岸通りを進みます。このあたりが海岸だった頃唐船や御朱印船をつないでいた「ともづな石」。県庁まで進んで、江戸町公園で一休みここは長崎奉行所西役所、その石垣です。長崎奉行所の前は出島、先日架けられた橋の整備が進められています。江戸時代の石垣がマンショ [続きを読む]
  • すっかり春です。
  • 裏庭の野菜作りはジャガイモ、モロッコいんげんに続いてこちらも定番の大根春には春用の種です。老骨に鞭を打って土を耕し肥料を入れて、種を撒いたらシートをかぶせて出来上がり。白モクレンも花が咲いて裏庭はすっかり春になりました。やれやれ、お疲れさんのビールです。http://local.blogmura.com/nagasaki/(ブログ村です、よろしくです) [続きを読む]
  • 「長崎街道多良道」です。
  • 「歴史の道」の講演会です。講演会があった小長井を通る多良道も大村を通る長崎街道と同じ「長崎街道多良道」だそうで地図でも同じ赤で書かれています。それぞれの場所で「浜道」や「鹿島道」と呼ばれ湯江では「旧諫早街道」の石柱標もありますが長崎街道の大道でした。大村の方は整備が進められていますがこちらも当時の面影を残す場所が多く残っています。「諫早殿さん道の会」のウォーキングで一部を歩きましたが、全体を通しての整備が今後 [続きを読む]
  • スタートです。
  • つい先日、お正月を迎えたと思ったらあっという間に1月2月が過ぎてもう3月。今日5日は「啓蟄」といって虫が冬眠から目覚め活動を始める時期だそうです。そろそろ裏庭の野菜の準備を始める時期がやってきたようです。外は風が冷たくまだまだ寒いですが重い腰を上げて・・・。先日ホームセンターで仕入れていたジャガイモとモロッコいんげん今年はこの二つから腰が痛い、足が痛いと言いながら爺さんの野菜作りがよろよろとスタートです。ht [続きを読む]
  • 講座「諫早の眼鏡橋」です。
  • 先日出島の橋の講座と架設がありましたが2月には「諫早眼鏡橋」の講座もありました。講師は長崎大学の名誉教授寛永11年(1634)に架設された長崎の眼鏡橋から200年後の天保10年(1839)に架けられた諫早の眼鏡橋は技術も進み、美しい形になっています。当時の橋は郊外に架けることが多く街の入り口にある諫早の眼鏡橋は防衛上橋にまっすぐ道路を作っていません。石橋の架設は多くの費用がかかり諫早藩としては分不相応ともいえる立派な橋 [続きを読む]
  • 出島の橋が架かりました。
  • 日曜日に出島橋の講座を聴きましたが月曜日はその「出島表門橋」の設置作業が午前10時から行われました。9時半頃行ってみましたがすでに大勢の人が待っていました。そして10時過ぎ、少しずつ動きだします。ズームで見ると50トンの橋だそうですが楽々と進みます。10分もかからないうちに出島側に着きました。ここから慎重に降ろして設置作業が始まります。今後、手すりや照明等の工事を進めて11月には通れるようになるそうです。あっ [続きを読む]
  • 出島橋のお話。
  • 今回の長崎学は「橋の向こうに出島が見える」講師は出島の学芸員旧出島橋の変遷のお話です。出島への橋は最初は木橋でした。何となく木橋のようです。1678年、橋は石橋に架け替えられます。江戸の後期には立派な出島の絵が描かれ橋の様子も詳細にわかります。出島側からも江戸町側からもぐっと突き出して橋が架けられ長さ4.5mの可愛い石橋でした。明治になり、中島川変流工事で出島が削られ橋も撤去されました。それから時は150年も [続きを読む]
  • 「沈黙」です。
  • 先日「春一番」が吹いたようですがまだまだ寒い日が続きます。年を取ると出かけるもなかなか億劫でブログの更新も滞りがちです。久しぶりの映画は「沈黙 サイレンス」遠藤周作の小説「沈黙」を映画化したハリウッド映画です。禁教令の日本へ渡ってきたポルトガル人宣教師が、厳しいキリシタン弾圧の中、自らの信仰心と向き合っていきます。ハリウッド映画にありがちな変な日本描写がなく厳しいキリシタン弾圧が描かれている力作です。久 [続きを読む]
  • 冬の旅行でした。
  • グラウンド・ゴルフ同好会は春と秋に「研修旅行」と称して「送迎付き格安」の遠征旅行を実施していますが今回はボウリング同好会の遠征旅行。こちらは送迎なしですが食べ放題のバイキング付で一泊5,980円。期間限定の価格ですが、時間だけはたっぷりある年よりにぴったりのホテルです。そして武雄ボウルで玉転がし。爺さん婆さんの冬の旅行でした。http://local.blogmura.com/nagasaki/(ブログ村です、よろしくです) [続きを読む]
  • 爺さんのランチです。
  • 外出時、爺さんの「孤独のグルメ」はちゃんぽん等の麺類が多いのですがたまに訪れる牛丼屋さん。爺さん的にはご飯と肉の比率が悪いというか先に肉がなくなり、ご飯が残る・・・。しかし裏メニューの「アタマの大盛」というのが数年前から正式メニューに登場していたそうでこれは文字通り、ご飯はそのままでアタマの肉だけを大盛りにしたものです。これに生卵をトッピングすれば爺さんのランチは完成です。まあ栄養バランスは夜に修正すると [続きを読む]
  • 長崎学です。
  • 今年最初の長崎学は「長崎の望遠鏡と御用目鏡師」望遠鏡は1608年にオランダで発明され5年後の1613年には日本に伝来します。その後長崎で国産化され、享保5年(1720)長崎奉行所に「御用目鏡師」役が創設され望遠鏡の製作が行われます。この望遠鏡で観測した記録も「測量御用場にて測る所、土星耳を附く」「金星大遠鏡を以て之を見る。月の上弦を見るに等し盈縮(満ち欠け)あること明白なり」土星の輪が耳のように見え金星の満ち欠けも確認でき [続きを読む]
  • 誇大広告の看板。
  • 長崎駅の構内に松森神社の出張所が出来ていますが、その隣には龍踊りの龍が飾られています。看板を見てみると「日本三大祭りの1つとして全国的に有名なくんちに〜」と子供のころから長崎ではそう言っていましたが東京・大阪はもちろん、おなじ九州の福岡でも「長崎くんち?」と誰も知りません「唐津くんちなら知っとる」・・・。初めて県外に出て愕然とした事を思い出します。ちょっと誇大広告気味の看板が今でもありました。http://local.bl [続きを読む]
  • 佐世保も。
  • 先日爺さん婆さんの新年会を行いましたが今回、佐世保の新年会にもお招きいただきのこのことお出かけ。こちらの爺さん婆さんも元気でカラオケのマイクは引きも切らず・・・。お互いボケずにピンピンコロリでと話もまとまって盛会裏にお開き。長崎も佐世保も年寄りは元気でした。 [続きを読む]
  • もうすぐランフェスです。
  • 大雪で車が立ち往生する所もあるようですが長崎でも毎日寒い日が続いています。その寒い冬のイベント「長崎ランタンフェスティバル」は旧正月の28日から開幕だそうでかもめ広場にオブジェが飾られていました。今年は酉年、湊公園に鳥のメインオブジェも飾られたようです。寒くてしかも夜爺さんにはあまり出かけたくないシチュエーションです・・・。まあ、長崎に行ったついでに昼間でものぞいてみましょう。 [続きを読む]
  • 松森神社の出張所です。
  • 長崎駅に行ったら忙しい受験生のために今年も松森神社の出張所が出来ていました。センター試験は終わりましたがまだ試験が続く受験生でしょうか絵馬を書いていました。なんにも関係のない爺さんもついでに家内安全のお参り。神社へのお参りと同じご利益があるそうです。http://local.blogmura.com/nagasaki/(ブログ村です、よろしくです) [続きを読む]
  • 今年も元気に乾杯。
  • 爺さん婆さんの新年会今年も元気に乾杯。始まる3時間前に電話。 「今日新年会ばい」 「えっ、そうやった、どこで?」 「えっ、何時から?」参加のハガキが来ていても確認の電話が必要な人も・・・。今年もボケずにピンピンコロリで頑張ります。http://local.blogmura.com/nagasaki/(ブログ村です、よろしくです) [続きを読む]
  • おめでとうございます。
  • 明けましておめでとうございます。年末から帰省していた子供は2日にはもう戻り元旦は休めなかった孫の家族は今日やってきます。今年はカレンダーの関係で長く休めないそうで「毎日が日曜日」の爺さん宅も慌ただしいお正月です。今年も爺さんのボケ日記をよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 良いお年を。
  • 年末なので少しだけ念入りに掃除をして正月らしいものをかけてついでにカレンダーも新しくして爺さんの年末準備完了。今年もなんとか年が越せそうです。皆さま良いお年を。http://local.blogmura.com/nagasaki/(ブログ村です、よろしくです) [続きを読む]