チクマ農園 さん プロフィール

  •  
チクマ農園さん: チクマ農園作業日誌
ハンドル名チクマ農園 さん
ブログタイトルチクマ農園作業日誌
ブログURLhttp://chikuma1515.blog88.fc2.com/
サイト紹介文長野県佐久市でリンゴ、サクランボ、プルーンを栽培しています。作業内容や思ったことを書いていきます。
自由文佐久市新子田のチクマ農園です。
リンゴをメインにサクランボ、プルーンを生産しています。自園の原料のみを使ったジュース、ジャムも販売中です。
安全・安心、顔が見える農産物がモットーです。
当園サイト http://www.avis.ne.jp/~chikuma
もよろしくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/06/17 22:29

チクマ農園 さんのブログ記事

  • プルーンの花
  • 園内が華やかな時期になりました。プルーンの花が間もなく満開になります。 白く小さいきれいな花です。りんごは蕾が分かれて花びらが見えてきました。メイポール。授粉用の品種です。恋空。7月末に収穫の極早生りんごです。昨年は凍霜害で花の段階で被害が出ました。今年は何もないことを祈ります。 [続きを読む]
  • 乗用モア-整備
  • リンゴの生育も順調で、蕾がはっきりしてきました。 園内もオオイヌノフグリ、タンポポ、ナズナの花できれいです。これからの時期の必需品、乗用モア−の整備をしました。昨年末洗車したときに各部へさび止めを兼ねて注油をしてあるので、今日はエンジンオイル交換をメインにエアクリーナーの清掃、ベルト類の確認です。 赤と黄色のMASAO、青と白のブルーサンダー号。 特にブルーサンダー号は今年で11年目。 細かい部品は交換して [続きを読む]
  • ツツハナバチ
  • リンゴ園の隅に植えてあるスモモの花が青空に映えてきれいです。3日間異常なほどの強い風の日が続いていますが、リンゴの生育も進み、品種によっては蕾が見え始めてきました。指標にしているサクラも満開になり、授粉用のツツハナバチの巣を冷蔵庫から出し、園内の各所に設置しました。りんごの花が咲き、授粉に大活躍の当園の貴重な戦力です。 [続きを読む]
  • SS整備
  • ここ2日の暖かさで生育がだいぶ進みました。サクラも開きはじめ、このままの暖かさが続くと今週末には見頃になると思います。これからシーズンインするレッドアロー1号.2号(スピードスプレーヤ)の点検をしました。本来なら冬にするべきですが、他の仕事に追われていて1回目の防除が終わってからのこの時期になってしまいます。エンジン、動噴のオイル量の確認、各部のグリスアップ、エアクリーナーの清掃、ベルト類の張り等一 [続きを読む]
  • 防霜ファン修理
  • リンゴの花芽が動き始めて、春らしくなってきました。平年並みの生育状況で、リンゴの満開は5月4日頃でしょうか?そうなってくると心配なのが遅霜。霜から守ってくれるのが防霜ファン。りんごの安定生産にはなくてはなりません。そろそろ時期なので試運転しました。その中から異音が聞こえ動かないのが一機。どうやら雷にやられた模様。今日やっと修理が終わりました。数年前にも雷の被害を受けています。4月中旬から5月中旬まで [続きを読む]
  • 苗木側枝誘引
  • 今春植えた苗木の支柱と結束が一通り終わり、側枝の誘引をはじめました。側枝を引き下げることで、枝を落ち着かせ、花芽の着生を促します。樹冠も小さくなるので、樹と樹の間隔を狭くでき高収量につながります。高密植栽培での重要なポイントです。早期多収が可能な反面、結構手間がかかるのが難点です。 [続きを読む]
  • リンゴの発芽
  • 今日の最高気温22.3℃。夕べの雨のおかげで蒸し暑く感じました。いよいよリンゴが発芽しました。花芽の先端が割れ緑色の葉が見えています。写真は恋空です。例年早く発芽する秋映はもう2〜3日先になりそうです。花が咲くまでに終わらせなければならない作業がまだまだあります。作業のペースを上げなければ・・・。 [続きを読む]
  • 支柱立て
  • 近年にない良い条件の中、無事に今年1回目の防除が終わりました。今年改植したわい性の樹に支柱を立てています。トレリスに支柱を固定し、そこへリンゴの樹を結束します。高密植栽培では主幹を固定することで上への伸長を促し、側枝を落ち着かせることと、果実の重みで主幹が折れることがあるため結束、誘引が重要になってきます。直径19mmの直管パイプが丈夫なので使いたいのですが、価格が竹の倍もするので断念し竹を使って [続きを読む]
  • JGAP認証の更新
  • 2月に受けたJGAPの更新審査の認証書が届きました。本当は2月中には認証されるはずでしたが、審査会社の不手際で遅れてしまいました。 JGAPは農薬の管理、肥料の管理、水の管理、土の管理、放射能の管理といった仕事に明確な基準が定められています。それらの基準は全部で120以上の項目数になります。第三者機関の審査により、食の安全や環境保全に取り組んでいることが確認された農場に与えられる認証です。安全安心を見える形 [続きを読む]
  • 信州の環境にやさしい農産物
  • 胃腸炎が流行っているようで、我が家の娘もダウン。ここ数日ドタバタとしております。当園のリンゴが平成29年度信州の環境にやさしい農産物に認証されました。29年度から制度の一部が変更になり、肥料の使用区分が新設され、化学肥料の使用料を50%以上削減が条件となりました。認証シールも標記内容が一部変更となります。 [続きを読む]
  • 出張に行ってきました。
  • りんごの苗木の植え付けも終わり、16日から18日まで北海道帯広の郊外、幕別町へ出張に行ってきました。97haの畑でジャガイモ、小麦、大豆等々を自然栽培している友人がリンゴを栽培していて、リンゴのせん定指導に行ってきました。昨年に続き2回目です。雪が深いところでは40センチもあり、スノーモービルで圧雪してからせん定です。農場の施設を見学させてもらいましたが、さすが北海道!!機械の大きさが違います。フ [続きを読む]
  • 苗木植え付け
  • 注文してあった苗木を引き取りに行ってきました。そして、早速植え付けです。今回はシナノゴールドを中心に、秋映、ふじの苗と台木を買いました。近年高まるゴールドの需要にお応えするために増産体制に入りました。秋映、ふじは来年から、シナノゴールドは2年後には収穫が始まると思います。 [続きを読む]
  • 改植準備
  • プルーン、サクランボのせん定もすべて終わりました。確定申告も終わり、改植の準備に取りかかっています。現在借りている園地ですが、植えてから35年近く経ち、病気の多発、樹の老化により生産量が落ちています。台木もM.26 を使っているため樹が大きくなりすぎました。3カ年計画の2年目です。昨年まで生産していた樹を切り、抜根、耕運、トレリスの移動と作業を進めてきました。柱たての重い仕事が終わり、あとはワイヤーを [続きを読む]
  • 枝粉砕
  • もうすぐ3月。寒くても日差しがすっかり春です。ここのところ行事が続いていて仕事ペースが落ちていましたが、やっとリンゴの枝の粉砕がすべて終わりました。果樹園の作業では珍しく、トラクターに乗る作業です。トラクター後部のアタッチメントに刃が付いていて、枝を粉砕していきます。太めの枝は2〜3回走ると処理できます。明日からはプルーン、サクランボのせん定と枝片付けと続きます。天気も持ちそうなので、今週中には終 [続きを読む]
  • リンゴのせん定が終わりました。
  • リンゴのせん定がすべて終わりました。切り落とした枝が邪魔になるので、処理の準備です。大きい枝は細かくして、直径3センチ以上の枝を抜きます。細かい枝は通路に出し、粉砕の準備です。今度は下を向いた作業が続きます。枝片付けという作業がなければりんご栽培ももう少し楽になるんですが・・・。腰が痛くなります。あとはプルーンとサクランボのせん定が残っていますが、トータル2日ほどで終ります。 [続きを読む]
  • JGAP認証 2回目の更新審査
  • JGAPの2回目の更新審査がありました。認証期間が2年なので、基本2年に1回ずつ更新審査を受けますが、その間、維持審査があり、結果毎年審査を受ける形になります。基準書に沿って農場のルール、作業や農薬の使用、施肥の記録等を見ていきます。また、実際に農薬や肥料の保管状況、ほ場の状況などをみて改善点を指摘されます。審査時間は13時〜17時までの4時間。しっかりかかります。今回は大きな指摘はなく、軽微なものだけでした [続きを読む]
  • 高密植樹
  • 佐久の冬らしい日が続いています。 久しぶりに風のない穏やかな日でした。2月も中旬になると、野鳥の種類も増え、日差しも何となく春めいてきます。 リンゴのせん定も大詰めを迎えています。2011年に植えたふじの高密植樹のせん定中ですが、 昨年はさすが高密植!!!と言うくらい収量が上がりました。10aあたり実測値で4900kg、理論値で5400kg。 理論値は1樹あたりの収穫量?植栽本数です。 実際には欠株や着果不 [続きを読む]
  • もう2月
  • 先週末から我が家にはインフルエンザ&風邪の嵐が吹き荒れています。嫁さんは風邪で発熱、次女についで三女もインフルでダウン。昨日は親戚の不幸があり嫁さんが1日留守というまれに見るドタバタでした。今日は久しぶりに畑へ出ました。という感じです。ここのとことの暖かさで雪が一気の融けて作業がしやすくなりました。この勢いでせん定作業を進めていきます。インフルエンザにかからないように気をつけなければ・・・。 [続きを読む]
  • 申請書
  • 先日来の雪と寒さのおかげで事務仕事がはかどりました。今年も「信州の環境にやさしい農産物」の認証に関する申請書を提出しました。今年から制度が一部変更になり、果樹は化学肥料を慣行栽培の50%以上減らすことが条件で農薬使用量はいままで通り30%以上減らすことになります。当園ではもともとクリアしていましたので問題はありません。このまま問題がなければ4月上旬には認証されると思います。 [続きを読む]
  • 事務仕事
  • 午前中は吹雪、午後は雪がちらつく程度です。積雪はたいしたことはありませんが寒いです。受験生の皆さんはセンター試験お疲れ様です。毎年雪にたたられているようなきがします。こんな日はせん定に行かず、家の中で事務仕事。今年の防除や栽培の計画を立てたり、県に提出する書類の作成やその他GAPに基づいた記録帳簿の整備です。まだまだありますが、 だいぶはかどりました!! [続きを読む]
  • せん定進んでいます。
  • 今日は西風の強い寒い日でした。せん定も順調に進んでいます。現在、半ワイ化仕立て(JM2台)の紅玉が終わり、あいかの香りに取りかかっています。植えてからかれこれ17年近く経っています。樹の間が埋まってきて、枝が混み合ってきたいるので作業性と日当たりを考え、枝の配置に苦労しています。切り落とすのは簡単ですが、1つでもリンゴが欲しいところ、ヒモで枝を誘引し空間を埋めていきます。こんな事をやっているので作業 [続きを読む]
  • せん定交流会
  • 世間は動き始めていますが、まだまだ正月ボケが直りません。私の仕事始めは、恒例の長野県果樹研究会主催のせん定交流会から。昨日は塩尻市で高密植栽培、今日は小諸会場で低樹高栽培のせん定について勉強しました。どちらの会場も樹形が完成されています。自分の中でこれからの考えられる問題、課題がはっきりしてきました。明日からは気合いをいれて自園のせん定をはじめます。 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 謹賀新年昨年はご愛顧を賜りまして、厚くお礼申し上げます。4月12日にマイナス6℃という近年まれに見る低温に見舞われ、平年より10日早く進んでいたリンゴの花芽が凍る被害が発生しました。10月以降、雨が多く着色、ミツ入り等々苦労の連続でした。今年は例年になく穏やかな正月を迎えています。今日の天気のように穏やかな一年になることを切に願っています。本年もよろしくお願いいたします。 [続きを読む]