山口ジジイ さん プロフィール

  •  
山口ジジイさん: 山口ジジイの どっこい生きてる
ハンドル名山口ジジイ さん
ブログタイトル山口ジジイの どっこい生きてる
ブログURLhttp://yamagutijiji.blog39.fc2.com/
サイト紹介文元失業者 健康で文化的な最低限度の生活を、目指してます 大衆演劇初心者、主に松山劇場
自由文健康で文化的な最低限度の生活を、頑張ります
趣味は大衆演劇とDVDビデオ観賞、競輪もちょこっと いろいろ教えてください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供480回 / 365日(平均9.2回/週) - 参加 2008/06/20 13:59

山口ジジイ さんのブログ記事

  • 宝海劇団3-2 ショウ ゾラケン祭り 松山劇場20170324昼
  • 第二部 舞踊ショウ(舞踊メモ 舞踊順)花のトップステージは群舞踊ラストショウ ゾラケン祭りなかなか良いラストショウ大入りでまかれた劇団オリジナルティッシュこのブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします    ↓         ありがとうござんす [続きを読む]
  • 劇団天華5-2 ショウ 神龍花魁ショウ 奥道後劇場20170319昼
  • 第二部 舞踊ショウ(舞踊メモ 舞踊順)花のトップステージは、群舞踊 じょんから女節ラストショウ 神龍花魁ショウ絢爛豪華な花魁ショウなかなか良いラストショウ公演最期の口上&大入り三本締めこの日ゲストの澤村颯は松山が地元の役者さんだそうだ昼は肉体労働をして、休みの日にボランティアで施設を回り舞踊をしてるそうだえらい千夜座長は、自分も嫌になって一度役者を辞めただが、スポットライトを浴びるのが忘れられず、 [続きを読む]
  • 笑福亭たま落語会 えひめ共済会館20170318夜
  • 上方落語の笑福亭たまは、年に1〜2回くらい松山に巡業にくる今回で、私は3回目くらいになるだろうか序・トーク 笑福亭たま 桂華紋1.開口一番 阿弥陀池 桂華紋2.新作 桃太郎殺人事件 笑福亭たま休憩 約15分3.トーク 笑福亭たま 桂華紋4.らくだ 笑福亭たま大ネタのらくだが聴けたのは良かったことだ笑福亭のらくだだそうだが、たまは30分ほどで演じた東京にも移植されているが、東京版では死んだらくだにか [続きを読む]
  • 気分屋うどん 月見うどん350円を喰らう 20170305
  • 銀天街を歩いていると最期の方にあるになびたうどん屋以前から気になってたので、一度くらいは行っておこうと思い今回店名は気分屋うどん、というのか気分屋かあ、そういえば、星新一のショートショートに気まぐれ指数というのがあったが、どんな話やったろうそんなことを思いながら、注文を待つ今回頼んだのは、月見うどん350円といなり寿司150円うどんは、松山で昔から喰ってるような味で懐かしい感じがした汁がかなりあつ [続きを読む]
  • 喜助の湯の食堂で、かつ丼650円を喰らう 20170316
  • 松劇で宝海劇団を観劇した私は、キスケ湯に向かった温泉で一っ風呂あびた私は、腹が減ってたので食堂で食べたこのあと用事があり手っ取り早く食べたかった私は、かつ丼にしたこれがなんとも首をひねる味だったかつ丼は本来玉子と出汁で豚肉のカツレツをとじたものだろうなんというのだろう、カツを口にほうばれば、玉子とカツとご飯が口の中でハーモニーを加える、渾然一体となったハーモニーをところがであるここのかつ丼には、そ [続きを読む]
  • 宝海劇団2-2 芝居 やくざ心中〜乱れ花 松山劇場20170316昼
  • 第二部 芸題 やくざ心中〜乱れ花※個人の感想です、ネタバレがあります<あらすじ>小田原の地で一家が離散した清二(宝海大心)は、旅人だった井蔵(早乙女紫虎座長)を頼り上州へ向かう上州屋の代貸の井蔵は、あの時の恩義に報い力になろうと思う、親分(酒井健之助ゲスト)も同意してくれた若者同様の扱いで男修行をする清二、上州屋の親分の妹は気が多い娘(城津果沙)で、清二に惚れる何かにつけて清二さん清二さんと、まと [続きを読む]
  • わっしが思う松山の町の良さ
  • 地元出身の千夜座長は、松山を不便と言った地元出身の座長さんだからこそ言える苦言で、劇団ファンを慮った発言全くその通りで、JRの松山駅と私鉄の松山市駅が離れているというのが致命的だとわっしも思う逆にこちらから本州とかに遠征する場合も、本当に大変であるなんというか、行くだけで泊まりがけとでもいうか、時間もかかるし疲れるのであるこれが本州同士の遠征ならば、早起きして出掛ければ日帰りで観劇できるのに、四国 [続きを読む]
  • 劇団天華4-2 ショウ 酔歌 奥道後劇場20170313昼
  • この日も、大入りが出た劇団天華は大入り枚数を着実に増やしており、3月11日までで31枚となってたので、わっしの当初予想の80枚は行きそうな勢いだ第二部 舞踊ショウ(舞踊メモ 舞踊順)花のトップステージは、群舞踊 乱の舟唄そーりゃあ そーりゃあ という曲ですなラストショウ 酔歌オリジナルの吉幾三でなく、神野美伽版わっしはこちらの方が好き曲中曲にソーラン節が入ってるから曲調の異なる曲が入ってることによ [続きを読む]
  • 劇団天華4-1 澤村千夜座長 芝居 文七元結 奥道後劇場20170313昼
  • 3月12日、劇団天華は今月4回目の観劇となる第一部 外題 文七元結※個人の感想です、ネタバレがあります<あらすじ>左官の長兵衛(千夜座長)は、ろくに仕事をせず酒と博打に溺れ借金をこさえ、現在首が回らないそんな状況にも関わらず、今日も飲んだくれて長屋に帰ってきた嫁(愁介生徒会長)が灯りもつけず真っ青な顔をして、娘のおひさが行方知れずになったんだよお前さんと、言うこれには慌てふためく長兵衛だったが、そ [続きを読む]
  • 劇団天華3-1 澤村千夜座長 芝居 会津小鉄 奥道後劇場20170308昼
  • 3月8日、劇団天華は今月3回目の観劇となる第一部 外題 若き日の会津小鉄※個人の感想です、ネタバレがあります<あらすじ>花会で、恥をかかされた会津部屋の高坂仙吉(丞弥花形)は、兄弟分(愁介生徒会長)と二人で名張屋新蔵(千夜座長)に果たし合いを挑むも、返り討ちにあう兄弟分は殺され、己は小指を切り落とされる仙吉には盲の妻お吉(神龍副座長)がいたが、家に義理の兄(龍太郎代貸)が訪ねてきて、名張屋新蔵に恥 [続きを読む]
  • 水森かおりコンサート 松山市民会館20170308夜
  • 水森かおりは、14年連続で紅白出場の演歌歌手である私はもともと演歌が苦手で、美空ひばり、北島三郎、村田英雄、以外は聞くこともなかったのだが、約3年前に大衆演劇を観始めてから、演歌を聴くようになった大衆演劇の舞踊ショウは、基本的に新日本舞踊なので、歌の内容を反映した振り付けとなるゆえに、歌も知っておいた方が、良いわけである大衆演劇を観だしてから、ずいぶんと演歌で好きな曲もできた私の好みを言えば、石川 [続きを読む]
  • 佐田岬半島に風力発電を見た 20170211
  • 八幡浜から別府に向かうフェリー夜明け前に乗ったが、だんだんと明るくなり、見えた風車佐田岬には風力発電があると聞いていたが、圧巻だったうーむ、佐田岬の伊方町には伊方原発があり、再稼働が問題となっている私の考えを言えば、原発反対であるなぜなら、①事故が起こるかもしれないから、②一度事故が起これば取り返しのないことになる6年前の東日本大震災での、日本国の失敗は取り返しのつかないものとなったいまだ福島には [続きを読む]
  • 宝海劇団1-2 芝居 夜明け笠 都若丸作 松山劇場20170305夜
  • 第二部 芸題 夜明け笠<あらすじ>※個人の感想です、ネタバレがあります敵対する一家との喧嘩で人を斬り、兇状旅に出た箱村一家の岩太郎(早乙女紫虎座長)3年10月を過ぎ一家に戻ると、親分は死に一家は離散しており、世を儚んで死のうとするそこへ、おじちゃーんと幼い娘(多分みなみ子役)が声をかける死にそこなった岩太郎が、娘に事情を聞くと、おとっつあんが死に、江戸に住むおっかさんを訪ねるという祖母(宝海真紀) [続きを読む]
  • 宝海劇団1-1 宝海紫虎座長 宝海大空座長 顔見世ショウ 松山劇場20170305夜
  • 観客こそ少なかったが素晴らしい大ネタの芝居を残した劇団美川は去り、3月の松山劇場には宝海劇団が乗った宝海劇団の松山劇場公演は初乗りだと思うが、奥道後劇場ではお馴染の劇団松山で言えば三年連続の公演であり、昨年7月の奥道後劇場公演に続いてなので、8カ月振りの公演となる客席は20〜30人といったところだったが、夜の部なのでかなり多かったと言えよう第一部 ミニショウ(舞踊メモ 舞踊順)オープニングは、群舞 [続きを読む]
  • 劇団天華2-2 ショウ アジアの海賊 奥道後劇場20170305昼
  • この日は日曜日ということもあり、けっこう多かったなあ、大入りが出た第二部 舞踊ショウ(舞踊メモ 舞踊順)花のトップステージは、群舞踊 やくざ若衆と言ったかラストショウ アジアの海賊中島みゆきの名曲TOKIOの空舟〜坂本冬美のアジアの海賊フラッグが印象的だったこうして見ると、劇団天華には男前の若い役者が揃っているなあ長谷川武弥座長の説によれば、劇団にイケメンの兄ちゃんが多いと観客が多く、少ないと観客も [続きを読む]