山口ジジイ さん プロフィール

  •  
山口ジジイさん: 山口ジジイの どっこい生きてる
ハンドル名山口ジジイ さん
ブログタイトル山口ジジイの どっこい生きてる
ブログURLhttp://yamagutijiji.blog39.fc2.com/
サイト紹介文元失業者 健康で文化的な最低限度の生活を、目指してます 大衆演劇初心者、主に松山劇場
自由文健康で文化的な最低限度の生活を、頑張ります
趣味は大衆演劇とDVDビデオ観賞、競輪もちょこっと いろいろ教えてください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供449回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2008/06/20 13:59

山口ジジイ さんのブログ記事

  • 下町かぶき組岬一家3-2 ショウ おまつりマンボだーよー? 奥道後劇場20170622昼
  • この日は団体さんがドーンと来て、途中でドーンと帰って行った、ダブルかトリプルの大入りが出た6月21日までで大入りは61枚くらいだったかな第二部 舞踊ショウ(舞踊メモ 舞踊順)花のトップステージは、群舞踊ラストショウ おまつりマンボだーよー?美空ひばりのお祭りマンボではない♪ニッポン全国テンテケテンノテンおまつりマンボだよー、みたいな曲曲名が思い出せない、知ってる人いたら教えて欲しいこのブログは、皆 [続きを読む]
  • 下町かぶき組岬一家3-1 岬寛太座長 お芝居 丸髷芸者 奥道後劇場20170622昼
  • 今月の下町かぶき組岬一家は、3回目の観劇となるこの日は、飛雄馬花形最終日第一部 外題 丸髷芸者※個人の感想です、ネタバレがあります<あらすじ>江戸は深川で芸者をしていたお勝(松井悠座長)は、江戸に勉強に出てきた富士野屋の若旦那清吉(飛雄馬花形)に見初められ、夫婦となり清吉の故郷に行くところが清吉には将来一緒になることを約束したおみつ(松木美和)がいたおみつは幼少のころ清吉を助け、顔にやけどを負った [続きを読む]
  • 紅団紅5-3 ショウ 北のかもめ唄 松山劇場20170621夜
  • 第三部 舞踊ショウ(舞踊メモ 舞踊順)花のトップステージは群舞踊紅あきら総会長 歌謡&トークショウラストショウ 北のかもめ唄なかなか良いラストショウ大入りでいただいた劇団ティッシュありがとうござんすこのブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします    ↓         ありがとうござんす [続きを読む]
  • 紅団紅5-2 新作狂言 三代の盃 松山劇場20170621夜
  • 芸題の三代の盃は、最後に分かる仕組みとなっている渡世人の悲劇第二部 新作狂言 三代の盃※個人の感想です、ネタバレがあります<あらすじ>時代は明治末期から大正にかけて須崎一家の長治(紅あきら総会長)は、敵対する一家を壊滅させ監獄に入った須崎の親分(華月慎)は、長治おめえの母親(大倉扇雀)と妹(紅なるみ)は俺がきちんと面倒みるから心配せず入ってこいと言ってくれたあれから十数年、無事につとめを果たし町に [続きを読む]
  • 下町かぶき組2-2 特別ショウ 安宅の松風 奥道後劇場20170618昼
  • この日は日曜日ということもあり、客席は、ざっと見120人くらいやったか、ダブルの大入りが出た6月17日までで大入りは53枚出ていたので、順調に伸ばしてきてる、90枚はいくやろう第二部 舞踊ショウ(舞踊メモ 舞踊順)花のトップステージは、群舞踊曲は、ヨッシャ来いこれは、おもろかったなあ久々の大ヒットですな下町かぶき組は、舞踊ショウの中に一本くらいは笑いを入れるのでいいね特別ラストショウ 安宅の松風い [続きを読む]
  • BIG歌謡ショーin堀内孝雄 コミュニティ−センター20170606昼
  • 大衆演劇を観るようになってから、演歌のコンサートを意識して聴きに行くようになったこの日のお目当ては、堀内孝雄コミュニティ−センターのキャメリアホールは、1000人は入ろうかというキャパだが、客席は300人程度5年くらい前だったか、アリス復活コンサートの松山巡業で堀内がやってきた時は、県民文化大ホールが満杯だったが、演歌色の強い今回の巡業は、ガラガラ虎造保存会の元NHKアナウンサーの司会者が、浪曲は [続きを読む]
  • 紅団紅4-3 ショウ 紅太鼓 20170617夜
  • 第三部 舞踊ショウ(舞踊メモ 舞踊順)花のトップステージは群舞踊紅あきら総会長 歌謡&トークショウこの日は、少なめラストショウ 紅太鼓いわゆる太鼓ショウだが、紅劇団の特徴としては、太鼓をかついでいたところ太鼓の音というのは、日本人の心の琴線に触れるだから、特別ショウとしてる劇団も多いが、太鼓をかつぐ様は珍しいなかなか良いラストショウこのブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いしま [続きを読む]
  • 紅団紅4-2 新作狂言 赤城の鴉 松山劇場20170617夜
  • 第二部 新作狂言 赤城の鴉※個人の感想です、ネタバレがあります<あらすじ>天保の大飢饉が起こった国定村では、百姓が娘を売って飢えをしのぐ始末百姓どもの難儀を見、「代官を斬れ」という天の声を聞いた長岡忠治(紅あきら総会長)は子分とともに代官屋敷を襲い、蔵米と小判を貧しい百姓たちに配り赤城山に立てこもった百姓たちは忠治を神様と称えこっそり食べ物を運んだが、お上はその百姓たちを取り締まり死罪とした今では [続きを読む]
  • 紅団紅4-1 紅大介総座長 顔見世ショウ 紅秀吉座長 松山劇場20170617夜
  • 今月4回目の観劇のこの日は夜の部客席はざっと見、20〜30人くらいだったが、夜の部としては多い方だろう昼夜で合わせての大入りが出た第一部 顔見世ショウ(舞踊メモ 舞踊順)オープニングは、群舞踊見城たかし後見と華月慎がトップから登場とは、豪華な顔見世やなあ我が松山でも、フリーの華月慎の評判は高い顔見世ラスト6本約30分の顔見世ショウこのブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします [続きを読む]
  • 愛媛交響楽団第44回サマーコンサートを聴く 県文大20170611
  • たまにはクラシックも聴いておこうなぞと思い、行ってみた愛媛交響楽団は二回目になるか多分、兼業してる団員さんも多いのだろう前に聴いたときはトランペットの音がおかしく気になったが、今回はそういうこともなくて良かったそして今回は、元団員の浅野未希をゲストに迎えてというところに特徴があったやはり有名なジプシー男爵と剣の舞が良かったかな愛媛交響楽団は、手ごろな値段で聴けるのが良いこの日は、2200円の当日券 [続きを読む]
  • 下町かぶき組1-2 ショウ 湯の花 KOUTA 奥道後劇場20170614昼
  • この日の客席は、ざっと見60人くらいやったか、大入りが出た6月13日までで40枚出ていたので、月末予測は90枚やな今回の岬一家のメンバーは、松山では馴染みの役者さんばかりだが、下町かぶき組のHPによると、かぶき組の役者陣のボリュームは減った印象だ久々に岬寛太座長の舞踊を拝見したが、やはりうまい、一味違うそれもそのはず、寛太座長は日本舞踊の家元の息子で、家は兄が継ぎ、寛太座長は芝居の世界に飛び込んだ [続きを読む]
  • 下町かぶき組1-1 岬寛太座長 芝居 大江戸の屋根の下 奥道後劇場20170614昼
  • 5月若さあふれる芝居を残した劇団芸昇は去ったが、6月は岬寛太座長率いる下町かぶき組岬一家が帰ってきた昨年の2月以来だから、1年4カ月振りとなる第一部 外題 大江戸の屋根の下※個人の感想です、ネタバレがあります<あらすじ>夫婦約束をしたおさよ(松木美和)が困っているので、清吉(飛雄馬花形)が訳を問うと、おとっつぁんが病に倒れ、治すには10両もする高価な薬が必要、とのこと清吉は、俺がなんとかするよ、と [続きを読む]
  • 紅団紅3-3 特別ショウ グリーン 昼一ロングふれあい公演 松山劇場20170611昼
  • 客席はざっと見、70〜80人くらいとよーく入っとったなこの日は昼一回で大入りが出た第三部 舞踊ショウ(舞踊メモ 舞踊順)花のトップステージは群舞踊紅あきら総会長 歌謡&トークショウ歌は3曲くらいあったか久々にあきら会長の毒舌トークを聴いたがおもろかった昼一ロングの4時間公演だったので、たっぷり聴けたのは良かったことだ特別ラストショウ グリーン二曲に渡る組み舞踊なかなか良いラストショウこのブログは、 [続きを読む]
  • 紅団紅3-2 新作狂言 新会津の小鉄 昼一ロングふれあい公演 松山劇場20170611昼
  • 第二部 新作狂言 新会津の小鉄※個人の感想です、ネタバレがあります<あらすじ>小さな一家を構える業平文治(紅秀吉座長)は、賭場荒らしにでくわすとっ捕まり簀巻きにされる竹蔵(華月慎)が、おっかあの薬代欲しさについ賭場荒らしをしてしまった、と涙ぐむ姿をみて業平文治は、可愛そうに思う情のある文治は、竹蔵に自分の財布を与え、そして身代りに罪をかぶり島流しとなるあれから三年、文治が勤めを終え一家に帰ると、女 [続きを読む]
  • 松山千春コンサート 松山市民会館大ホール20170421夜
  • 松山千春は、2年に一回くらいの割合で、松山に巡業に来る今回行ってみた、私的には5年振りくらいか序盤からエレクトリックな曲が続いたわっしが知ってるフォークのヒット曲は、恋くらいだった一般的に知られている、長い夜や大空と大地の中でなどは、アンコールで歌われたアンコールは2回もあり、合計6曲ほどあったのではトークでは、時事問題の不倫は良いが重婚はいかんだろう、といてった松山千春は言葉に力強さがあるので、 [続きを読む]
  • 虎造節保存会公演 20170603昼
  • 二代広澤虎造は、浪曲界の最期の大スターである講談、落語、浪曲という大衆芸能の中で、歴史の一番新しい浪曲は、現在瀕死の状態である戦前戦後と爆発的な人気を博した浪曲、二代広澤虎造は確か第三期の大スターその人気は実に凄まじかったそうで、虎造の興行権を狙った吉本興業吉本せいからを依頼を受け、籠寅組に乗りこんだ山口組二代目組長山口登は、日本刀で刺されその傷が元で死んだそうだ寅造は、今をときめく吉本興業の歴史 [続きを読む]
  • アメリカ空軍音楽隊を観賞する 松前町文化会館20170420夜
  • 米軍、かつて大日本帝国が宣戦布告し戦ったアメリカ気力があれば竹やりで戦闘機を落とせる、そんなあほなことを臣民に強要し、大日本帝国は滅びたそして現在、アメリカの駐留米軍基地が日本各地にある今回初めて知ったのだが、米軍の中に、親しみを持たせるための部隊があるそれがアメリカ空軍音楽隊だ10ほどの部隊があるそうで、世界各地でイメージ戦略を担っているそうだ今回、松山に巡業してきたので行ってみた聴くと、かなり [続きを読む]
  • 紅紅団1-3 ショウ レクイエム 芝居の日 松山劇場20170603夜
  • 第三部 舞踊ショウ(舞踊メモ 舞踊順)花のトップステージは群舞踊実はここで、デジカメの電池が切れてしまった、わっしとしたことが大失敗やでなので、画像はここまでラス前2年前ならここで、紅あきら総会長の歌謡ショウと長めの毒舌トークがあるのだが、この日は不在さしずめ代役の形で、この日は見城たかし後見の口上が聞けた非常に感じ良く、短いトークだったが要点を的確に告げていたそれもそのはず、見城たかし後見は元は [続きを読む]