時子 さん プロフィール

  •  
時子さん: 時子のパタゴニア便り
ハンドル名時子 さん
ブログタイトル時子のパタゴニア便り
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/nojomallin/
サイト紹介文パタゴニアに移住して約15年。「子供のように無邪気に生きる」を目指していますがどうなる事か・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/06/20 14:04

時子 さんのブログ記事

  • 「美味しいよ〜!ありがとう、りんご達」
  • りんごの花が満開の時、何時も「遅霜が来ませんように。みんなが実になれます様に。」と願っていますが、大体遅霜で花が焼かれてしまいます。農場には自然に芽を出し育ったりんごが何本もあり、花の咲く時期も霜の降り具合も違いますから収穫ゼロという年はありませんが、ジ [続きを読む]
  • 2017-04-03
  • 「 なんて鮮やかな秋色。これがパタゴニアの色 なんだ。」 4月に入り空気が夏のそれから秋のそれに変わりました。晩夏の頃と気温は同じでも、秋の空気は厳しい冬の寒さを覚悟させてくれるシャッキとしたものを感じます。一日中ストーブを焚く日も増えていきます。 私が「あ [続きを読む]
  • 「無為自然」
  • 10月、露天風呂の横のサクランボの木は満開でした。お湯に浸かりながら咲き誇る花や、風に舞い落ちる花びらを眺めていました。最高の花見風呂でした。 今はさくらんぼの実が鈴なりです。毎年花は木いっぱいに咲いていましたが、その後の低温などで花の半分も実になりません [続きを読む]
  • 「夏祭」
  • 毎週月曜日、どんな事をして日本語教室に来る子供達と遊ぼうか?と楽しく頭を悩ませています。最初は3人から始まったのですが、口コミで広がって今は7人の子供が来ています。男の子は1人で、あとは皆んな女の子です。 子供というの3人以上集まるとそりゃあ大変です。口答え [続きを読む]
  • 「成長」
  • 私の駄目なところ。 「そんなの一杯あって今更…。」と言う声が聞こえてきそうですが、そんな中の一つに一緒に暮らしている草花の名前を全然覚えない事があります。 今、玄関を出ると壁に沿って屋根まで伸びているつる性の名前も知らない木の花が満開です。花の香りにも色々 [続きを読む]
  • 「最善」
  • 先週末まで10日間 私の気持ちはゆらゆら揺れていました。毎日続けていた健康体操も薪準備もやる気が起きず、家の中から風に揺れる草木や、雲や空を眺めて過ごしていました。 「駄目だな。しっかりしなきゃあ。」と思う自分と、「私ってこんなに弱かったかな」と思う気持ちを [続きを読む]
  • 「蜜蜂乱舞」
  • 農場の最初の門から家までの約500メートルの道は、両側の木が育ち、緑のトンネルを通っている様です。空は狭くなったけれど、私はこの緑のトンネルがとても気に入っています。 家の前は少し広くなっていて、車を止めたり、運んで来た木を切ったり割ったりして薪にする場所と [続きを読む]
  • 「友人」
  • ラウラは仲の良い友人です。 ブエノスアイレスに住んでいた子供の頃、日系人の隣人の家によく遊びに行って、きんぴらとか味噌汁とかまんじゅうなどをご馳走になったそうです。小学生の頃から日本語教室に通い、日本人も日本も日本食も大好きです。四年前JICAの研修に合格し [続きを読む]
  • 「春」
  • 10月になりました。以前なら時の流れを早いと感じるだけでしたが、今は「凄いな。時の流れって素敵だな。おもしろいな。楽しいな。」と思っています。 この状況をどうしたら良いのか?どうすべきか?と考えてしまう事もあります。でも50年以上の人生でそう悩んだ場面も多か [続きを読む]
  • 「仙人」
  • 夏にブエノスアイレスから遊びに来た若いカップル。我が家にしばらく滞在して、「私、ブエノスに帰ったらゴミを分別して、生ゴミで堆肥作る。水も大切に使う。要らないものは買わない。」と嬉しい事を言ってくれました。最終日、彼等だけで国立公園の湖で過ごす事になり、お [続きを読む]
  • 「健康元気」
  • 3月に私の病気の事を書きました。 絶対に転ばない、焦らない、諦めない。そう思って生活してきました。 西式体操は基本的に朝昼晩の3回続けています。食事療法は生野菜中心の少食を心がけていますが、元来甘いもの大好きで意志が弱いので、ストレスが溜まり反動で過食になっ [続きを読む]
  • 「生命力」
  • 14歳の猫「福」。 猫の寿命が何歳なのか知りませんが、一日中暖房の入った町の暮らしと違い、薪暖房の我が家では夜は冷え込んで室内でも零度近くまで温度が下がり、寒がりの猫には暮らしやすい環境ではありません。多くの猫と暮らしましたが、14歳になったのは福が初めてで [続きを読む]
  • 「歳月」
  • 日本の田舎から我が家に来られ滞在した方の殆どが、我が家の自然の動植物の種類の少なさに驚かれます。一見緑の多い自然のように見えますが、私もここは決して豊かな自然だとは思えません。日本の田舎の方がずっとずっと豊かで美しいと思います。 でも私はここが好きです。 [続きを読む]
  • 「迎春」
  • もうすぐ8月ですが、ここパタゴニアはまだまだ寒い日が続いています。 数年前までは7月の中旬には、野鳥のシギの仲間のテロが農場にやってきて巣作りの準備を始めていました。私はテロのキーキーという感高い声をきくと、ああ春がやってくるんだなあと思っていましたが、今 [続きを読む]
  • 「阿吽」
  • 粘土で小さなお地蔵様や動物達の一日一体作りを始めて一年です。 毎日は作れませんでしたが、それでも200体以上は作ってきたと思います。ストーブで焼いた後は、農場の守り神として木の切り株の上に乗せてきました。ですから農場を散歩すると、あちこちで出会うことができま [続きを読む]
  • 「対話」
  • 我が家の主燃料は薪です。プロパンガスもありますが、夏の暑い時期の調理に利用する程度で、一年中、朝は薪ストーブをつけて豆腐を作ったり、昼食の準備をしたりしています。 ですから生活の大部分は薪準備に費やしています。 薪は敷地内の枯れ木や植林した松で充分過ぎるほ [続きを読む]