歌舞伎小僧 さん プロフィール

  •  
歌舞伎小僧さん: 着物を着ながら酒を飲みながら芝居を見ながら
ハンドル名歌舞伎小僧 さん
ブログタイトル着物を着ながら酒を飲みながら芝居を見ながら
ブログURLhttp://kimonosakeshibai4126.seesaa.net/
サイト紹介文お着物をきて、酒を飲みながら歌舞伎芝居を見るブログです。
自由文歌舞伎を見始めて二年(平成二十年現在)着物を本格的に着始めて二年(実はもちょっと長い)酒を飲み始めて十三年が経ちました。

目立たず静かに歌舞伎着物酒の人生を終えようかと思っていたのですが、このまま黙っていては死ぬ前に着物が着れなくなるのではという思いからブログを立ち上げました。

願わくば俺の孫の世代までは何不自由なくお着物着れる世の中を目指したいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供337回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2008/06/24 22:33

歌舞伎小僧 さんのブログ記事

  • 無印良品「ブリ材長方形ボックス」購入
  • 無印良品にて、「ブリ材長方形ボックス」を購入。今回、初めて「MUJI pasport」を利用してみた。会員登録等特に必要なく、アプリをダウンロードするだけで、ポイントをつけてくれる。恐らくスマホ固有のPINコードを利用していると思われるが、これは便利だ。さらに、無印良品週間で10%オフ。本当にレジで10%オフになったを。こりゃすごい。無印良品で買い物する人は、絶対導入するべきアプリだ。ボックスには、エコバッグを畳んで [続きを読む]
  • 緊急参戦!大森弾丸ツアー!
  • 時間が無かったので、今回は 鶴乃江酒造さんと大和川酒造さんを中心に回りました。杜氏さんが変わって数年、やっと新杜氏の味が出て来たかな。大和川酒造のお酒に、よい変化の兆しを感じました。大和川酒造はこれからもっと美味しくなるぜ〜! [続きを読む]
  • よっぱった勢い
  • 時間が無かったので、今回は 鶴乃江酒造さんと大和川酒造さんを中心に回りました。杜氏さんが変わって数年、やっと新杜氏の味が出て来たかな。大和川酒造のお酒に、よい変化の兆しを感じました。大和川酒造はこれからもっと美味しくなるぜ〜! [続きを読む]
  • 衣装ケース買い足し
  • 無印良品で衣装ケースを一つ買い足しました。幅40cm 奥行き65cm 高さ18cmのやつです。これには肌着と靴下を入れます。この引き出しを開けるだけで、アンダーウェアは全部揃う。今まであちこち探していたのが馬鹿みたいに快適です。先に買った高さに24cmの衣装ケースにはワイシャツとズボンが入っていますから、この二段に朝の身支度が完了します。楽すぎ笑った。次はタオル類の収納を考えます。 [続きを読む]
  • 神田「つぼみ家 神田東口店」狸蕎麦
  • 帰りに神田でチョロチョロっと蕎麦を食って帰る。立ち食い蕎麦だがなかなか旨い。立ち食いは狸にするのがマイブーム。立ち食い蕎麦のかき揚げは調味料。かき揚げはだと大きすぎて脂っこくなる。狸くらいがちょうどいい、何かの本で読んだからなんだが(笑)最近流行りの機械からにょーっと麺が出てくる製麺機で打ち立て茹でたてを供する店。なかなか美味であった。2階では蕎麦屋呑みもできるみたい。1階は人がいなかったけど、2階か [続きを読む]
  • 西荻窪昼市
  • 月に一度のお楽しみ本日は、西荻窪南口にある「柳小路」で月に一度のお楽しみ。西荻窪昼市です。柳小路の飲食店さんが協力して、11時から昼飲みできるイベント。楽しくて楽しくて、毎月通っています。お店の中でも呑めますし、外にテーブルと椅子が出てるので、外でも呑めますし。もう外呑みの気持ちいい季節になりましたね。今日は気温も上がりそうですし、美味しいビールが飲めそうだ。 [続きを読む]
  • ガステーブルの買い替えを検討中
  • ガステーブルの買い替えを検討中。いま使っているガステーブルはもう20年選手。中が腐食していたりあちこち汚れがこびりついていたり。それでも使えるので使っていたけれど、ちょっと調べたら20000円前後で最新のやつが買えるみたい。それならこの辺で、思い切って新しいのを買うのもありでしょう。家電量販店で現物を見たりしたのだけれど、とあるサイトによれば家電量販店のものは量販店モデルで部品とか安い物を使っているとか [続きを読む]
  • 岩手のかっけと、会津の辛味噌の相性が最高だった!
  • みなさん、「かっけ」ってご存知ですか?岩手から青森にかけて食べられている食材で、蕎麦粉や小麦粉を練って板状にした食べ物です。これを、昆布出汁で湯掻いてニンニク味噌をつけて食べるのが基本スタイル。語源は諸説ありますが、蕎麦切りを切った後の「カケラ」が訛って「カッケ」になったとか、「かぁ、くぇ(さあ、食え)」という方言がさらに訛って「カッケ」になったとか辺りが有力であります。岩手青森の一部地域以外では [続きを読む]
  • 東京のお花見の穴場! 西武池袋線練馬高野台駅付近の桜が絶品だった!
  • 東京の三大渓谷って知ってますか?正式ではないみたいですけど、等々力川、神田川、そして石神井川を言います。いずれも川の流れが深い谷を作ってますね。その三大渓谷の一つ、石神井川沿いは、桜も見事。特にこの時期は、上流から下流まで、至る所でお花見が楽しめます。その中でも特にお勧めなのが、西武池袋線練馬高野台駅付近の桜。川面と沿道に覆いかぶさるように桜が咲き乱れ、それは見事な景観を醸し出します。護岸工事がさ [続きを読む]
  • 六月大歌舞伎 昼の部 「澤瀉十種の内 浮世風呂」見どころ!
  • 澤瀉十種は、三代目猿之助が昭和50年に撰した舞踊十種。「浮世風呂」は、風呂屋の三助がナメクジに言い寄られるという荒唐無稽な筋立てで、初演ではナメクジの着ぐるみだったみたいだが、今では洗い髪の美しい女方で演じる。美しいといってもそこはナメクジ。ヌメッとした動きで少し気色悪いし、最後には塩をかけられ溶けてしまう。それはちょっと可哀想。滅多に掛からぬ演目で、当然ながら澤瀉屋以外はやっていない。猿之助自身も [続きを読む]
  • 六月大歌舞伎 昼の部「名月八幡祭」予習!
  • 初演は大正7年。河竹新七(黙阿弥)の「八幡祭小望月賑」を下敷きに、池田大伍が近代的視点で書き改めたもの。「八幡祭小望月賑」よりよく掛かるので、今やは「八幡祭」といったらこっちでしょうなぁ。「八幡祭小望月賑」では、新助の殺人は妖刀正宗のせいになってるが、こちらはそういう救済処置はなし。そういう意味でもちと後味の悪い結末。今回、芸者に騙されて殺人を犯す田舎の商人「縮屋新助」を松緑が演じる。松緑は、いっ [続きを読む]
  • 歌舞伎座 四月大歌舞伎昼の部を見てきました!
  • 今月の歌舞伎座昼の部を見てきました!平成二十九年四月歌舞伎座の演目は「醍醐の花見」「伊勢音頭恋寝刃」「一谷嫩軍記 熊谷陣屋」の三本。どれもこれも見応え充分でお腹いっぱい。もう少し、軽い演目も欲しかったな(笑)醍醐の花見秀吉が京都醍醐寺で行なった花見を元にした舞踊劇。途中、亡霊が現れるが、あれがなんだっのか分からず仕舞い。チラシの配役を見る限りでは、松也演じる豊臣秀次だったか。伊勢音頭恋寝刃染五郎の「 [続きを読む]
  • 6月大歌舞伎 演目紹介!
  • 6月歌舞伎座大歌舞伎の演目が出ましたねぇ。大幹部は吉右衛門、幸四郎、仁左衛門。花形は松緑、猿之助が出勤します。昼夜とも古典が多い印象。「一本刀土俵入」は新歌舞伎ですが、昭和6年の初演ですから、感覚的には古典に入れて差し支えないと思います。「浮世風呂」は見たことないや。 [続きを読む]
  • 本日歌舞伎座昼の部 観劇直前の見どころ紹介!
  • 本日歌舞伎座昼の部。「醍醐の花見」「伊勢音頭恋寝刃」「一谷嫩軍記」を見てきます。観劇直前の見どころ紹介。醍醐の花見まったく初めての演目です。鴈治郎の「豊臣秀吉」。古典でないので、まっさらな気持ちで楽しみます。伊勢音頭恋寝刃染五郎の「福岡貢」、猿之助の「万野」の組み合わせが清新。切符が取りにくかったのもこれの影響か。普段の見取りでは掛からない場も掛かるので楽しみ。一谷嫩軍記幸四郎の「熊谷次郎」は手に [続きを読む]
  • 2017年4月歌舞伎座夜の部
  • 夜の部見てきました!傾城反魂香吉右衛門の又兵衛に菊之助のお徳。大向こうで「音羽屋」と声が掛かったので「誰?」と思ったら相手役は菊之助でした。岳父を相手に勤めるお徳。ここでも播磨屋のやり方を移しているようですね。桂川連理柵長吉の入れ事が長い!文楽と比べて中ダレの印象。一人東京出身の染五郎が浮いているが、これは配役が悪い。弟儀兵衛は誰がいいかなと考えたが、今なら愛之助かなぁ。奴道成寺最後、顔を作らない [続きを読む]