龍&華凛 さん プロフィール

  •  
龍&華凛さん: 新・四季の花
ハンドル名龍&華凛 さん
ブログタイトル新・四季の花
ブログURLhttp://sikihana.exblog.jp/
サイト紹介文四季の花めぐりです。二人で写真を撮って歩いています。掲載した花は1000種を超えました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/06/25 08:43

龍&華凛 さんのブログ記事

  • イケマ
  • イケマはガガイモ科イケマ属(キナンクム属)の蔓性多年草である。分類体系によっては(APG第3版)キョウチクトウ科とされる。キナンクム属は世界に249種が分布する。(Catalogue of Life: 2017 Annual Checklist より)日本にも本種などが分布し、属名の和名はイケマ属という。本種は北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地の林の縁などに... [続きを読む]
  • 小葉の鴎蔓(コバノカモメヅル)
  • 小葉の鴎蔓(コバノカモメヅル)はガガイモ科カモメヅル属(ビンケトクシクム属)の蔓性多年草である。分類体系によっては(APG第3版)キョウチクトウ科とされる。ビンケトクシクム属は世界に107種が分布する。(Catalogue of Life: 2017 Annual Checklist より)日本にも本種などが分布し、属名の和名はカモメヅル属という。本種は本州の関東地方から... [続きを読む]
  • 伊予葛(イヨカズラ)
  • 伊予葛(イヨカズラ)はガガイモ科カモメヅル属(ビンケトクシクム属)の多年草である。分類体系によっては(APG第3版)キョウチクトウ科とされる。ビンケトクシクム属は世界に107種が分布する。(Catalogue of Life: 2017 Annual Checklist より)日本にも小葉の鴎蔓(コバノカモメヅル)などが分布し、属名の和名はカモメヅル属という。本種は本州、... [続きを読む]
  • プリムラ・ジュリアン
  • プリムラ・ジュリアンはサクラソウ科サクラソウ属(プリムラ属)の多年草である。プリムラ属は北半球の温帯や寒帯に500種くらいが分布する。また、多くの園芸品種が作出されている。日本にも桜草(サクラソウ)などが分布するので、属名の和名をサクラソウ属という。本種は日本で作出された園芸品種である。交配親は原種のプリムラ・ジュリアエ(Primula juliae)と園芸品種のプリ... [続きを読む]
  • 枇杷(ビワ)
  • 見上げれば枇杷の花揺れ弱陽射す枇杷(ビワ)はバラ科ビワ属(エリオボトリア属)の常緑高木である。エリオボトリア属はヒマラヤや東アジアに33種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)本種の原産地は中国の南西部である。日本へは奈良時代には既に持ち込まれ栽培されていた。また、西日本の石灰岩地域には野生化したもの... [続きを読む]
  • 薮蘭(ヤブラン)
  • 薮蘭(ヤブラン)はユリ科ヤブラン属(リリオペ属)の多年草である。分類体系によっては(APG第3版)クサスギカズラ科とされる。リリオペ属は東アジアや東南アジアに8種が分布する。日本にも本種などが分布し、属名の和名をヤブラン属という。本種は本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、林の中に生える。海外では、朝鮮半島、台湾、中国に分布する。和名の由来は、葉の形が春蘭(シュン... [続きを読む]
  • ポットマム
  • ポットマム(pot-mum)はキク科キク属(クリサンテムム属)の多年草である。クリサンテムム属はアジアやヨーロッパに44種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)代表種は菊(キク)で、属名の和名もキク属という。菊(キク)は野生種ではなく栽培種で、平安時代に中国から渡来した。別名を家菊(イエギク)ともいう。ポ... [続きを読む]
  • 嫁菜(ヨメナ)
  • 訪ね来て嫁菜咲く野のエトランゼ嫁菜(ヨメナ)はキク科シオン属(アスター属)の多年草である。アスター属はユーラシア大陸に180種くらいが分布する(北アメリカに分布する種を除いた場合)。日本にも紫苑(シオン)などが分布し、属名の和名をシオン属という。分類の仕方によってはヨメナ属(カリメリス属)とされるが、現在ではこの分類法はシノニムの扱いである。本種は日本固有種である... [続きを読む]
  • エキナセア
  • エキナセアはキク科ムラサキバレンギク属(エキナケア属)の多年草の総称である。エキナケア属は暫定的な学名だが北アメリンに10種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)また、多くの園芸品種が作出されている。代表種であるエキナケア・プルプレアに紫馬簾菊(ムラサキバレンギク)の和名があり、和名の属名もムラサキバレンギク... [続きを読む]
  • 千日紅(センニチコウ)
  • 千日紅頬をピンクに染めて揺れ千日紅(センニチコウ)はヒユ科センニチコウ属(ゴンフレナ属)の一年草である。ゴンフレナ属はアジア、アフリカ、オーストラリア、南北アメリンなどに100種くらいが分布する。代表種である本種に千日紅(センニチコウ)の和名があり、和名の属名もセンニチコウ属という。本種の原産地は北アメリカの南部や熱帯アメリカである。英名はグローブアマランス(gl... [続きを読む]
  • ダリア
  • 曇天もダリアの花は透き通りダリア(dahlia)はキク科ダリア属の多年草である。ダリア属は暫定的学名も含めて世界に44種が分布する。本種の原産地はメキシコである。メキシコでは国花になっている。18世紀にメキシコからヨーロッパ(最初はスペイン)に導入され、園芸品種の作出が開始された。現在ではその数は数万種に及ぶ。日本へは江戸時代の後期にオランダを経由して渡来... [続きを読む]
  • 紐鶏頭(ヒモゲイトウ)
  • 紐鶏頭(ヒモゲイトウ)はヒユ科ヒユ属(アマランツス属)の一年草である。アマランツス属は世界に88種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)同属の中に葉を食用とするひゆ(ヒユ)が含まれ、属名の和名をヒユ属という。本種の原産地は南アメリカで、アンデス地方の山岳地帯に分布する。葉鶏頭(ハゲイトウ)に近い仲間だが、本種... [続きを読む]
  • ルドベキア
  • ルドベキアはキク科オオハンゴンソウ属(ルドベキア属)の植物の総称である。ルドベキア属は暫定的学名だが北アメリカに26種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)また、変種も23種記載されており、そのほかにさまざまな園芸品種が作出されている。生育地は牧草地や草原、麦畑などで、一般名はコーンフラワー(coneflower... [続きを読む]
  • 白粉花(オシロイバナ)
  • 飯事の母を演ずや白粉花で白粉花(オシロイバナ)はオシロイバナ科オシロイバナ属(ミラビリス属)の多年草である。ミラビリス属は南北アメリカ大陸に58種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)代表種の本種に白粉花(オシロイバナ)の和名があり、属名の和名もオシロイバナ属という。本種の原産地は中南アメリカである。... [続きを読む]
  • 凌霄花(ノウゼンカズラ)
  • 濡れそぼり佇むごとく凌霄花凌霄花(ノウゼンカズラ)はノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属(カンプシス属)の蔓性落葉低木である。カンプシス属は本種とアメリカ凌霄花(アメリカノウゼンカズラ)の2種が分布する。本種が代表種で、属名の和名はノウゼンカズラ属という。本種の原産地は中国である。中国では、古くから薬用として使われていた。中国名は凌霄花(lingxiaohua)と... [続きを読む]
  • クレオメ
  • クレオメ(cleome)はフウチョウソウ科タレナヤ属の一年草である。分類体系によっては(APG第3版)アブラナ科とされる。タレナヤ属は5種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)かつて属していたクレオメ属(フウチョウソウ属)から分離された属である。本種の原産地は熱帯アメリカである。英名はスパイダーフラワー(... [続きを読む]
  • カンナ
  • 小気味良くビート利かせてカンナ咲くカンナはカンナ科カンナ属の多年草である。カンナ属は南北アメリカ大陸の熱帯・亜熱帯地域に10種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)また、多くの園芸品種が作出されている。一般にカンナと呼ばれているのは、檀特(ダンドク)を主体に改良された園芸品種である。YListでは、そ... [続きを読む]
  • シスタス
  • シスタス(Cistus)はハンニチバナ科ゴジアオイ属(キスツス属)の常緑低木の総称である。キスツス属は地中海沿岸地方やカナリア諸島などに20種くらいが分布する。同属のキスツス・アルビドス(Cistus albidus)に午時葵(ゴジアオイ)の和名があり、属名の和名はゴジアオイ属という。英名はロックローズ(rock rose)である。これは、この属の仲間全体への呼称である。... [続きを読む]
  • サルビア
  • 緋衣を纏いサルビア蜜の味サルビア(Salvia)はシソ科アキギリ属(サルビア属)の多年草である。サルビア属は中南アメリカやヨーロッパを中心に900種くらいが分布する。また、多くの園芸品種が作出されている。日本にも秋桐(アキギリ)などが分布し、属名の和名をアキギリ属という。本種の原産地はブラジルで、標高2000メートルから3000メートルの山地に生える。英名はス... [続きを読む]
  • ユーコミス
  • ユーコミスはユリ科ユーコミス属(エウコミス属)の多年草である。分類体系によっては(APG第3版)クサスギカズラ科とされる。エウコミス属はアフリカの南部に12種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)ユーコミスの名は属名を英語風に読んだもので、園芸的にはこの名称で流通している。園芸品種も含めてすべてこの名称に含ま... [続きを読む]
  • シレネ・フロスククリ・ジェニー
  • シレネ・フロスククリ(Silene flos-cuculi subsp. flos-cuculi)はナデシコ科マンテマ属(シレネ属)の多年草である。シレネ属は分類の仕方によって異なるが世界に700種くらいが分布する。属名の和名はマンテマ属という。マンテマの由来については、浜辺マンテマ(Silene martima)の学名にある「マルティマ」が転訛したなどの説がある。なお、... [続きを読む]
  • 未草(ヒツジグサ)
  • 未草(ヒツジグサ)はスイレン科スイレン属(ニンファエア属)の多年草である。ニンファエア属は世界各地の熱帯や温帯に58種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)また、多くの園芸品種が作出されている。日本には本種のみが分布する。本種の中国名を睡蓮(shuilian)という。これを音読みしたスイレンがこの仲間の総... [続きを読む]
  • 月下美人(ゲッカビジン)
  • 月下美人(ゲッカビジン)はサボテン科クジャクサボテン属(エピフィルム属)の常緑多年草である。エピフィルム属は中央アメリカに19種が分布する。また、多くの園芸品種が作出されている。そのような園芸品種の総称を孔雀サボテン(クジャクサボテン)といい、属名の和名もクジャクサボテン属という。本種の原産地はメキシコで、熱帯雨林に生える多肉植物である。国際自然保護連合(IUCN)の... [続きを読む]
  • 檜扇(ヒオウギ)
  • 檜扇(ヒオウギ)はアヤメ科アヤメ属(イリス属)の多年草である。イリス属は世界の温帯に150種くらい分布する。日本にも文目(アヤメ)などが分布し、属名の和名をアヤメ属という。本種は、かつてはヒオウギ属として独立していたが、DNA解析の結果に基づいて2005年にアヤメ属に編入された。本州から沖縄にかけて分布し、山地の草地や海岸に生える。また、鑑賞用として栽培される。海... [続きを読む]
  • 石竹(セキチク)
  • 石竹(セキチク)はナデシコ科ナデシコ属(ディアンツス属)の多年草である。ディアンツス属は北半球の温帯地方を中心に300種くらいが分布する。また、多くの園芸品種が作出されている。日本にも河原撫子(カワラナデシコ)などが分布し、属名の和名をナデシコ属という。園芸的には、特に外国産のものは属名を英語風に読んだダイアンサスの名で流通している。本種の原産地は中国、朝鮮半島、モン... [続きを読む]