うさまき さん プロフィール

  •  
うさまきさん: シンガポール満喫ライフ
ハンドル名うさまき さん
ブログタイトルシンガポール満喫ライフ
ブログURLhttp://ameblo.jp/usamaki/
サイト紹介文旅行と食べることが大好きなうさまきのシンガポールでの新生活を綴ったブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/07/01 23:21

うさまき さんのブログ記事

  • 身体を整えて未来を待つ喜びを味わう
  • 私はこれまで望診の個人セッションを、その人の生き方、行きたい方向へ身体の向きを揃える、心と身体の意図合わせとして捉えてご提案をしてきました。 それを一歩進めて、魂の進化や成長をサポートする望診や食の取り方のご提案が出来ないか、と考えている。おそらく最初は今までと内容は変わらず、その方の向かわれたいところのイメージを聞いて、身体をそこに合わしていく食提案をするのだろうけれど、同じ事をしていてもそ [続きを読む]
  • 映画「メッセージ」
  • 昨日の「時間の感覚」に関しての投稿から、このメッセージという映画を三人もの方に勧められ、奇跡的に今日はたまたまオフの日。映画に行くってきめて、だけど実は久々のオフの日。一日でやろうと思っていた、洗濯、掃除、米粉パン作り、梅干し作り、アイロンかけ、朝送り出す前に子供のピアノ練習、小麦講座のフォローアップ。やると決めたら出来るもので9.30までに全部終わって出発。 事前情報は、調べることなく、UFOとエイリ [続きを読む]
  • 食べないことが自分を満たす
  • 今回の半断食は、今までの意識とは全く別のところでやってる。健康のため、体のためでやってたこれまで。確かに実験的要素も含まれていて、ワクワクがなかった訳じゃない。でもどこか、「〜のためにやらねば」「がまんする」の意識もあった。 それが、今回はそれが全くない。やってもいいし、やらなくてもいい、我慢してもしなくても。その上で、とある理由から、やる!としているから、ワクワクが半端なくある。 そうすると [続きを読む]
  • 蛍と子供
  • 昨年奈良で見たたくさんの蛍。先日、東京でも見てきた。その日寝る前に娘とこんな話をしながら、映画メッセンジャーを見たことで、私の時間に対する価値観が本当に変わったなぁ、と感じたのと、その価値観が変わるとこんな風に子供と会話できるんだという自分への驚きと、私が押し付けなくても娘の自然への意識は勝手に芽生えるのね、というおはなし。蛍さん気付かせてくれてありがとう。 娘「また見に行ける?明日は?」私「明 [続きを読む]
  • 占星術セッションの感動
  • 今日は、ここ最近あった大きな流れに対する不安など、星のお力を借りたくなって、れいちゃんに個人セッションをお願いしました。 セッションの内容は、まだ私の中で大切に包んでおきたいので、ここには書きませんが、占星術の素晴らしさを今日初めて知った感動をここに。 私は元々、占いの類が好きではなかったこと、母は九星気学が好きだったこともあり、西洋占星術になじみがなかったというのもあります。 それが、1年半前に [続きを読む]
  • 目的ない旅〜無意味の中に視えるもの
  • 【最近どこに向かってるんですか?とよく聞かれる(笑) で、答える。どこかはわからないって。 本当に分からなくてね、イメージはあるんだけれどもそれがどこかは分からない。実際にはそんなところはないのかもしれないし実は今だって探さなくてもどこにだってあって視える世界かもしれない。 そして、いつもそのイメージを見る時、私は絶望する。実際には見れないって。 向かってる先が見えない怖さ、視たいものが見れな [続きを読む]
  • ココナッツブレッド。
  • そば粉が入ってるのがいいね。次回作る備忘録に。私はアレンジして配合はこれで作りましたが、卵、乳製品を使いたくない方はリンク先のレシピで。ココナッツフラワー 50g米粉 50g藁麦粉 50gバター大1.5砂糖 大1卵1個+水 200cc天然酵母 3g→15ccを水からとってぬるま湯につけて5分置いておく。 パウンド型1本で30分ほど。https://woman.mynavi.jp/article/160514-235/https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1340009927/ [続きを読む]
  • あなたにとって「ヘルシーな食事」とは?
  •  「ヘルシーな食事」って聞くと、何を想像しますか? 講座でもたまに聞きますが、「健康的な食事」って聞くと、バランスのとれた食事という答えが返ってくるのに、「ヘルシーな食事」って聞くと、「野菜が多い」「ローカロリー」「油が使われていない」というのが多く聞こえてきます。実際に、市販で売られているものでも、ヘルシー○○っていうのを観てると、そういうのが多い。   「健康定食」よりも「ヘルシーランチ」っ [続きを読む]
  • お化けバケバケ
  • 友人と今日オバケ(霊)の話になって、昔娘はいろいろ見えてたようだったので、ふと2人に 「オバケって見えるのかなぁ?」と聞いてみた。 娘「え?ママの後ろにいるじゃん!」息子「綺麗な眼をしてるよ」 娘「あと白いよ」 だそうだ。一瞬ぞわーっとして後ろをこわごわ振り返ったが、もちろん何もみえません(笑)ちなみに、守ってくれてる女だそうです。 子供達によると、性別はくっついてるオバケも関わってる?みたいなこと [続きを読む]
  • 料理が美味しくならない本当の理由
  • 私料理苦手なんです。毎日レシピ見ないと作れません。料理が美味しくないんです。 毎日作り続けるものなのに、苦手意識強いと作りたくなくなるよね…料理そのものが作りたくなくなるよね… 私はこの理由を結婚して主婦トークの仲間入りしてから、10年ほど、影でずっと考えてきました。時に、苦手の友達の家に行って一緒に作ったり、うちに来てもらって一緒に作ったり、思えば10年前もそんなことをやっ [続きを読む]
  • 時間に対する視点を変えると…
  • 時間と空間について、感覚を教えてと聞かれたので、図解にしてみました。あくまで私の感覚です。言語について詳しい人に教えて欲しいんだけれど、日本語は時系列の捉え方としてこんな感じになってるように思っている。●横軸で観ると…(左の図)過去からたった今までが、過去形。「〜していた。」どの地点でやってたかは、昨日とか、去年とか、たった今までとか、つけて表現する。 現在からこれからが、未来形。 「〜します」こ [続きを読む]
  • 過去と未来は存在せず、過去と未来は同一のもの
  • 本当の意味での自立(精神的束縛からの自由)って、5次元と関わりありそうだなぁと、調べている。あの世に行って帰ってきたどいしゅうさんのお話にもあったけれど、進化の為に必要な「歓喜」。そして、「利己心からの開放」が、キーになっぽい。それにはオンラインの力が加速させる。そして、あとは量子ではないかと。 もしかしたら、5次元って、空の上の世界となんか関係があるんじゃないかって想い、息子に聞いてみ [続きを読む]
  • レミゼラブル
  • レミゼラブル。目に見えないもの感じるぞ、という意気込みで、意識を色んなところに置いて見てみる。これまで何度も見た英語のミュージカル。憧れの日本のレミゼラブル。日本語への違和感を少し感じながら、セリフ一つ一つ聞き漏らすまい、一挙一動見逃すまい、と。 何も見えない。何も聞こえない。 手放した時に見えたのは観客。とてつもなく大きなものを受け取った。後半、涙が止まらなくなった。 & [続きを読む]
  • 双子の行方
  • 以前、息子の胎内記憶で、三つ子の2人は天に戻って違うお母さんのところに行ったという話があった。ママのとこには1人しか来れなかったから、女の子と変わってもらったと。 昨日ふと「変わってくれてなかったら?」と聞いてみたらそんなことを考えてもいなかったのか、複雑そうな顔して「変わってくれなかったら、僕が他のお母さんの所に行ってたね…」と。。。。 聞いちゃいけないこと聞いたかな…そう思 [続きを読む]
  • 体と心で美味しく食べる、とは?
  • http://peatix.com/event/257675主催しているイベントの応量器展鉢をよくご存知の方からメッセージをいただいた。ご本人のご了承いただいたので、メッセージの一部をご紹介します。『今回は残念ですが、またの機会にぜひ。応量器の食事作法は、日本の食事作法の基ですね。どんな食べ物でも美味しくいただく食べ方と心得ております。グルメの世には、美味しい食べ物は溢れていますが、美味しく食べる食べ方を教わる機会は少ないで [続きを読む]
  • 子供の自立の一歩
  • 先週から、今日は自宅最寄りが駅から一人で行く、と話していた娘。先週から急に一人でと、乗り換え駅まででいいと言ったのが木曜。金曜も本当は最寄り駅からといったにも関わらず、学校のお便りでは先週まで学校最寄だったもんだから、乗り換え駅まで送迎するね、と私がついて行くような形となった。 今朝起きて来てからも、ご飯を食べて来ても、一人で行くからね〜と嬉しそう。頼もしそうな顔つきが、駅までのバスで [続きを読む]
  • 私と娘の小学校選び
  • 娘は私立小学校に通っています。「私立小学校」というと色んなイメージを持たれると思います。が、それは果たして本当か?という疑問を持って欲しいこと、また私と娘の話から、誰かの選択肢が広がるのであれば、という想いから書いてみます。 元々は、お弁当を持っていかせたい、という所が私の動機です。私の住んでいる市は、日本でもかなり食育に力を入れている市で、ご飯は7分搗き、添加物などは一切使わず、国産の小麦を使っ [続きを読む]
  • 息子の怪我〜ママ編〜
  • 息子の怪我を通して、私の中で見たストーリーは、私が小一の頃のもの。3月の自転車横転事故の時に出て来たもの。小一に犬な目の周りを噛まれて、顔面血だらけで救急車に乗せられて、親がいないまま、一人で麻酔なしで顔を縫うことになった。 当時携帯もないもんだから、連絡もつかず車で私を迎えに行って待ってても出てこないから習い事先に行って知って慌てて病院にかけつけた。 私の中 [続きを読む]
  • 息子の怪我〜娘編〜
  • 先に上げた息子の怪我について。息子の今回のアクシデントの見え方と対照的なのが娘。 顔面と服が血まみれで、目に入るから拭いて欲しいと、落ち着いてた息子と違って、娘は泣きそうな顔でショックを受けている。本人から見えるものより、他の人から見てる方がビジュアル的にも痛々しいし生々しい。 「どうにかしよう」がない息子「どうにかしてあげたい」娘。 でも、娘には何も出 [続きを読む]
  • 息子の怪我〜息子編〜
  • 息子が昨日、公園で転んで、おでこぱっくりTシャツ1/3を真っ赤に染めた。公園の救護室で看護士さんに応急処置をしてもらい、西国分寺の小児医療センターの救急へ行き6針縫った。 今回、誰よりも落ち着いてたのは息子で転んだ時には泣いたもののその後、「目に血が入っちゃうから拭いて〜」「Tシャツが血まみれだね〜」っと、深刻さがない発言に、ホッとさせられた。 麻酔の注射も、縫合も私抜 [続きを読む]
  • 「戦争はやめた方がいい」という約束
  • ママ「空の上でかみさまと何か約束ってあるの?」 息子「してくるよ。1つは戦争はやめた方がいいですよ、って言われて「はい」ってみんな言うんだよ。だけどね、忘れちゃった人がしちゃうんだ。ママも約束してたよ。僕もね。忘れちゃって戦争やった人はね、今度死んだ時に神様に叱られちゃうんだよ。」 ママ「神様はなんでやめた方がいいって言ってたの?」 息子「たくさん死んじゃうからだって [続きを読む]
  • 空の上の百段階段〜胎内記憶〜
  • ばぁばと息子が電話で話しているのを聞いていると、どうも胎内記憶の空の上の話らしい。 「僕ね、まだ行き方を覚えてるんだよ。お空の上にはね、運転手もいなくって火もでない雲の飛行機があってね。それに乗って階段のところまでいくの。階段は百段くらい宇宙に伸びてて、登るとね遊園地みたいなところがあるんだ。とっても楽しいんだよ。うんうん、ばぁばも行きたいの?死んだら行けるよ〜。今は難しいけどね」  [続きを読む]
  • 制限がかかる時ほど、内的世界を広げるチャンス?!
  • 帰りの電車で、毎日はしゃぐ子供達。それを制する大人たち。「乗る時のマナーはどうだったかな?」 「もう少し静かに話そうね」 「駅ははしらなーい!」などなど。どのお母さんもお父さんも怒らないけど、1駅ごとにゆってる感じ(笑) 娘は「もう言わないで欲しい、分かってるから」と。でも、はしゃいで大声で話すわけです。友達が降りて二人になったあと、どうして話したらいけないのか?に [続きを読む]
  • リクエスト上手の息子
  • 息子連れて姉の小学校の送迎。なかなかこれが新鮮なのです。 うつむき加減の集団サラリーマンを魔法にかかってる人と表現した娘と違い息子は「魚の大群」と表現。海には流れがあるから、逆らうと泳ぐのが大変だそう(笑) そして、息子の「座りたいなぁ〜座りたいなぁ〜〜」という声に対する大人たちの反応が本当に驚きでもあります。 普段、電車に乗って同じようにゆう時は、私は我慢を要求し [続きを読む]
  • 夢とは希望でもあり、絶望でもある
  • 「ゴールは夢であり、達成できない、ただエネルギーを与えてくれるもの。それを想像するだけで、力がみなぎってくるもの。そして、それは自分の外にある、即ち、ホメオスタシスのフィードバックがかかっていないもので、今とは違う自分が戻ることのできるシフトした快適ゾーンのこと。」 夫からの誕生日メッセージの一部。 これを読んで、思い出したことがある。以前、おそらく私のゴール(天命?使命?)を身近に感じて、もう [続きを読む]