☆TOKAI KIDS☆ さん プロフィール

  •  
☆TOKAI KIDS☆さん: ☆TOKAI KIDS☆の日本全国旅日記
ハンドル名☆TOKAI KIDS☆ さん
ブログタイトル☆TOKAI KIDS☆の日本全国旅日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tokai_kids_mizumaro
サイト紹介文日本全国を、主に鉄道とユースホステルを使って旅歩く、 一人の青年の旅日記です。
自由文旅先で感じたことを、そのままブログにアップしていきます。
次は何に出会えるか?
毎回の旅が楽しみです。
そしてついに2008年10月18日(土)に、
越美北線九頭竜湖駅にて、JR全線を乗りつくすことができました。
次は日本の鉄道乗りつくしにチャレンジです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供237回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2008/07/05 00:23

☆TOKAI KIDS☆ さんのブログ記事

  • 稚内市青少年科学館  [5月3日その4]
  • ノシャップ岬に立ち寄った後、すぐ近くの稚内市青少年科学館に入る。館内に入ると、昭和基地管理棟の写真がある。近くでよく見ると、小さな写真をたくさん使ってある。館内は南極の展示が充実している。KD20型雪上車。近くには映画「南極物語」で使われた「タロ」「ジロ」もいる。奥のほうには南極展示コーナー。歴代の南極観測船の模型が並ぶ。南極極点に掲げられた国旗。第38次南極居住棟カットモデル。室内も再現されてい [続きを読む]
  • 稚内でお昼ご飯
  • 特急「宗谷」で稚内に到着。乗ってきた列車は、特急「サロベツ4号」として、旭川へ戻っていった。列車を見送ってから、駅の外へ出る。そろそろお昼ご飯にしよう。稚内といえば、タコしゃぶ。タコしゃぶの有名店へ行くと、バスツアーが間もなく来るので対応できないとのこと。ということで、別の店を探す。「なら鮨」という店に決めた。注文したのは、「ジャンボ生散し」(3000円)。エビの頭を割って食べやすくしていただいた [続きを読む]
  • 特急「宗谷」で稚内へ  [5月3日その2]
  • 塩狩ヒュッテユースホステルの女将さんに見送られ、宗谷線の普通列車に乗車。ただ、このまま普通列車を乗り継ぐと、稚内到着は夜になってしまう。次の和寒駅で、後続の特急「宗谷」に乗り換えるため下車する。和寒駅へは学生時代に一度訪問したことがある。所属していたユースホステル部の夏合宿で、当時の塩狩温泉ユースホステルから歩いている。体育会の部活で、夏合宿中に100km近く歩いているのだ。かなり昔なので当時の和 [続きを読む]
  • 東六線駅  [5月3日(水)その1]
  • 今日は塩狩からスタート。朝食は7時30分からなので、その前に少し乗り鉄。塩狩駅6時44分発の列車に乗り、2駅目の東六線駅で下車。高校生が1人列車を待っていた。名寄の高校へ登校するのだろう。ホームの長さは1両分ほどしかなく、2両目はホームからはみ出している。踏切の上で停車しているので、発車するまで踏切は鳴ったままだ。列車が発車してから、駅を眺める。板切れのホームがいいですね。駅の待合室。床はなく、地 [続きを読む]
  • 塩狩ヒュッテユースホステル
  • 今夜は塩狩駅から歩いてすぐの塩狩ヒュッテユースホステルに泊まる。木造手作りの小さな建物である。客室は2階。手作りの2段ベッドが2つ並んだ4人部屋で、今夜は2人で使う。トレインビューの部屋で、宗谷線の列車が走り過ぎるのを眺めることもできる。夕食の時間が近づいたので、1階のダイニングルームへ。ダイニングルームの奥には、ストーブがついた畳の席もある。今夜の夕食は、ジンギスカン(税抜2100円)。肉もたく [続きを読む]
  • 塩狩駅  [5月2日その3]
  • 旭川駅からは、16時38分発の普通列車名寄行きに乗車。高校生の下校時間のためか、2両編成での運転だった。新旭川駅を出ると、駅ではないが停車するとアナウンスが入る。前方を見ると、小さなホームらしきものが見える。停車すると、乗務員が1人降りて行った。今日の目的地は、塩狩駅。上下列車がすれ違うことができるようになっていて、構内踏切で結ばれている。ホームからは、塩狩峠一日千本櫻が見えた。まだ咲いていないで [続きを読む]
  • 特急「大雪」  [5月2日その2]
  • 網走駅からは、12時35分発特急「大雪4号」に乗車する。札幌〜網走間の特急「オホーツク」4往復のうち、2往復は旭川〜網走間に短縮され、特急「大雪」となった。大学生のころ、夜行の急行「大雪」に乗ったことがあり、とても懐かしい。特急「オホーツク」と同じ183系4両編成。今日の編成は、1、4号車はきれいで、2,3号車は古かった。網走駅発車時に先頭となる1号車自由席に乗る。すいているので、自由に席を選ぶこ [続きを読む]
  • 釧網線普通列車の旅  [5月2日(火)その1]
  • 旅の3日目は塘路駅からスタート。今日はとても天気が良い。塘路駅ではレンタサイクルの営業が行われていて、のんびりサイクリングを楽しみたい。だがここでのんびりしていては、次の列車は5時間後なので、我慢して駅舎の中へ。駅舎内の店は営業中。もっと早く駅に来て、コーヒーでも飲みたかった。ここで記念写真を撮っていたら、列車の発車時刻。釧路行きと網走行きの列車が、塘路駅ですれ違った。乗った9時27分発の普通列車 [続きを読む]
  • 釧路湿原とうろユースホステル  [5月1日その6]
  • 今日は塘路駅で鉄道の旅を終える。塘路駅から歩いてすぐの釧路湿原とうろユースホステルが今夜の宿になる。ユースホステルは男女別相部屋が基本だが、今夜は宿泊者が少なく、1人で1部屋使う。部屋の上を見るとロフトがあるが、梯子が無く、上ることはできなかった。高いところに窓があり、星が見えそうだが、見ることはできなかった。そして朝は早くから日光が入るので、もう寝ることができなかった。荷物を置いたら、すぐ18時 [続きを読む]
  • 釧路から塘路へ  [5月1日その5]
  • 釧路市こども遊学館のプラネタリウムが終わると、そろそろ閉館時刻。釧路駅へ戻り、列車の旅を続ける。朱色のキハ40重連が釧路駅に停車していた。「777」という番号も気に入ったが、この列車に乗ってしまうと目的地へ行くことができない。次は釧網線の列車に乗る。車内は東北海道らしい柄だった。釧路駅の「北海道四季彩館」で買った「北海道じゃがバタータルト」(250円)と、「北海道サイコロキャラメル」(172円)を [続きを読む]
  • 釧路市こども遊学館  [5月1日その4]
  • 釧路では、釧路市こども遊学館に立ち寄る。ガラス張りの建物の中に、何か球体が見える。館内に入ると、その球体の下は砂場になっていて、子どもが遊んでいた。平日であるが、子どもを連れた家族が多かった。1階から4階まで吹き抜けになっていて、スロープで上る。4階には、木のおもちゃが展示されていた。次は3階。上を見ると、「あかつき」や「はやぶさ」が飛んでいる。H2Aロケットや、再突入カプセルのレプリカなど、天文 [続きを読む]
  • 釧路で「スパカツ」  [5月1日その3]
  • 新得駅から普通列車を乗り継ぎ、釧路駅に到着。帯広駅で乗り換えた列車はキハ40の2両編成だが、前はJR北海道カラー、後ろは朱色だった。隣に停まっていたのが、根室行きキハ54。ルパン三世のラッピング車両だった。反対側の側面は違うイラストがラッピングされていた。代行バスが早着しなければ乗ることになっていた「スーパーおおぞら3号」を迎えたところで、改札口を出る。駅からのんびり歩いていると、公園を見つけた。 [続きを読む]
  • ドクターイエローの軌跡  [5月21日その2]
  • リニア・鉄道館では9月25日まで第6回企画展「ドクターイエローの軌跡」が行われている。エントランスでは、入場する前にドクターイエローと記念写真を撮ることができる。さらに入場口目の前のモニュメントも、0系と700系がドクターイエローになっていた。それでは2階体験学習室の「ドクターイエローの軌跡」へ。ドクターイエローの歴史や計測技術の進化などが紹介されている。でもまず目が止まってしまったのが、このキャ [続きを読む]
  • 代行バスで狩勝超え  [5月1日その2]
  • 幾寅駅を見学していると、新得駅行きの根室線代行バスが到着。代行バスにはたくさんの高校生が乗っていた。この高校生らは果たしてどこへ行くのだろう?新得や帯広で部活の試合でもあるのだろうか?そう思っていると、幾寅駅を出てすぐにバスは停車した。時刻表には記載されていないが、南富良野高校前に停車し、高校生はすべて下車した。JR北海道が認めているのか、代行バス運行会社の判断か、乗客の要望かは不明である。列車利 [続きを読む]
  • 幾寅駅  [5月1日(月)その1]
  • 旅の2日目は、幾寅駅からスタート。旅に出ると、朝早く目が覚めてしまう。今朝も5時過ぎには起きてしまった。そこで宿を抜け出し、幾寅駅へ散歩する。幾寅駅は映画「鉄道員」のロケ地であり、映画では幌舞駅という終着駅として登場する。幾寅駅へ行ってみると、6時18分発の代行バスに乗車する高校生が待っていた。次の便では富良野到着が10時近くになってしまうので、寝坊したら大変である。高校生が代行バスに吸い込まれる [続きを読む]
  • 幾寅の「旅籠や れすとらん なんぷてい」  [4月30日その4]
  • 東鹿越から乗った代行バスで向かったのは、次の幾寅駅。幾寅駅では高校生もたくさん下車し、駅に駐輪してある自転車で自宅へ向かっていった。代行バスが発車すると、幾寅駅に取り残されたのは私1人。今日は幾寅駅で移動を終える。駅近くの「旅籠や れすとらん なんぷてい」が今夜の宿。楽天トラベルで予約したのは、2食付き7500円の部屋。洗面所とお風呂は部屋にはなく、共用である。食事は1階のレストランで食べる。特選 [続きを読む]
  • 東鹿越駅  [4月30日その3]
  • 滝川駅では、15時28分発の根室線普通列車に乗り換える。特急「ライラック」は強風のため10分ほど遅れる。乗り換え時間ギリギリだったが、普通列車は待っていてくれたので乗ることができた。富良野駅で10分ほど停車するダイヤだが、遅れを戻すためにすぐ出発。終点の東鹿越駅にはほぼ定刻に到着した。台風の被害のため、この先は運休中。ここでいったん列車の旅は中断する。東鹿越駅の駅舎からホームへは、数段の階段を上る [続きを読む]
  • 夕張駅と追分駅  [4月30日その2]
  • 千歳駅から乗った列車は、夕張行き。たった1両の列車ではあるが、1ボックスに1人か2人しか座っていない。終点の夕張駅に到着。前回夕張駅を訪問したのは、9年前である。駅舎はちょっと変わってしまったようですね。折り返し時間は8分しかなく、折り返しの準備をし、乗客を乗せたらすぐに発車する。もしのんびりしたいと思ったら、次は夕方になってしまう。夕張駅まで乗せてきた乗客をほぼすべて乗せて、列車は千歳駅へ戻って [続きを読む]
  • 大型連休の旅スタート  [4月30日(日)その1]
  • 今日から6日間は連休になる。今年は北海道へ旅行することにし、2月に航空券は予約しておいた。セントレアからANA701便に搭乗。予約を多く取り過ぎたようで、次便に振り替える客を募集していた。1万円もらえるそうだが、もうすでに搭乗口まで来たので、そのまま飛行機に乗る。飛行機から引きずり降ろされることはなく、セントレアを出発。機内放送でゆずの曲を楽しんでいるうちに、眠くなってきた。気づいたら、すでに北海 [続きを読む]
  • 「伊勢志摩直送花の舞」  [4月23日の夕ご飯]
  • 今日は名古屋GTYの例会があるので、急いで名古屋へ戻る。いつもの「素材屋」が今月から日曜日休業になった。そのため今回は名古屋駅新幹線口の「伊勢志摩直送花の舞」が会場になる。「海恵三点盛り」(3人前税抜1590円)。「串焼き盛り合わせ」(990円)。「鹿児島県産黒豚の羽根付き一口餃子」(430円)。「ソーセージ盛合せ」(590円)。「王様のローストビーフ」(690円)。「だし巻き玉子」(390円)。 [続きを読む]