natsuko horinouchi さん プロフィール

  •  
natsuko horinouchiさん: 在ドイツ水墨画家生活
ハンドル名natsuko horinouchi さん
ブログタイトル在ドイツ水墨画家生活
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/yazcocugu_h
サイト紹介文なぜかドイツで駆け出し水墨画家の試行錯誤・絵画製作販売日記。
自由文東京外大卒、東大中退の私がドイツで水墨画家をしている日記 ドイツの水墨画&東洋ファンに喜んでもらえる絵を描くことを目指しております。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/07/07 23:56

natsuko horinouchi さんのブログ記事

  • 言霊
  • 口に出したことは実現してしまう可能性が高まる。最近それが事実のように思えることが多発した。以前、『もう不満は言わない』という本について書いたようなきがするが、そこではなぜ不満を言ってはいけないか、なぜ不満を言わないと健康になったり、運がよくなったりするかについては具体的には書かれていなかった。最近またスピ系の本を何冊か読んだ。『ドSの宇宙さん』と言う本と、『ありがとうの神様』と言う本だ。両方の本で [続きを読む]
  • ヘレンキームゼー城 (neues schloss Herrenchiemsee)
  • キーム湖に浮かぶ笑ってしまうほど豪華な城。ノイ・シュワンシュタイン城を建てたのと同じ、ルートビヒ2世の城。建築は未完のままだけど、完成している部分はすごい。内部は撮影禁止なのだけど、訪問者はあまりの豪華絢爛さに終始笑うしかない。マイセン陶器の造花など、当時のテクノロジーの粋を極めた一品が並ぶ。キーム湖には、男島と女島が浮かぶ。この城は男島にあるのだが、女島の方には修道院が立っている。さらに、この島 [続きを読む]
  • ラオエンシュタイン城砦 (Burg Lauenstein)
  • 今度行く予定の城。行ったらアップデートします。12世紀に最初に建てられた。13−15世紀にはテューリンゲンのオルラミュンデ伯が所有した。伯の勢力が衰えると、所有者が何度か交代したのち、1506年にテュンガ氏の所有になった。その後も持ち主は代わり、1962年にはバイエルン州の所有になった。10年間の修復の後、現在は美術館となる。 [続きを読む]
  • 御心のままに
  • 神棚にも本当は願い事をしてはいけないらしい。ただ、感謝の念のみを捧げるのがお約束らしい。キリスト教でも、「神の意思が地上にてもなされますように」と祈る。でも、やっぱりそれは難しく、「神様、神様、ああしてください、こうしてください」と言ってしまう。ただ、やっぱりそれはそれで自分の首を絞める行為なのかもしれない。私は大学受験の前に「神様、どうか受からせてください」と祈り続け、ちゃんとよい大学に受かった [続きを読む]
  • ドイツでの大学進学、就職について
  • 大学入学するには私は日本での学位を持っているので、入学には語学試験のみ必要でした。日本でセンター試験を受けてそこそこの成績をとるとか、日本で1、2学期間大学に所属するとか、色々な入り方があるようですが、そういうことは、私より高卒からドイツで入学した経験のある他の方に聞いた方が確実だと思います。大学でも、FH、berufsakademieとUniversitätでは合格基準も違うようですし、一概には言えません。 語学試験 [続きを読む]
  • 落語最高。Youtubeで視聴した落語リスト
  • 昔から笑点は好きだけど、落語をちゃんと聴くのは初めて。とはいっても、寝る前とか朝化粧しながらとかだけど、もう生活の一部。ほかにも上手い落語家はいるけど、語り口が割りと上品な歌丸師匠がお気に入り。志の輔師匠は役者っぽいですが聞きやすい。志ん朝師匠はドイツ語話せるみたいですね。なんとなく私の中ではこの二人の「志」は同じジャンル。・桂歌丸 火焔太鼓 うだつの上がらない商人のラッキー話。わりとよくあるパタ [続きを読む]
  • 不幸に生きる権利
  • 骨髄移植のドナーに選ばれたことがある。ドイツに来る直前だ。最終の血液検査でひっかかり、再検査になった。当時、色々生活が荒れていて、ちょっとアル中気味だった。晩酌なしに寝付けなかった。中毒なので飲まずにいられず、血液検査の前日にも飲んでしまった。もしかしたら血液検査の数値が悪いのは晩酌のせいだったのかもしれないが、特になにも言われないので、再検査の前日にもまた飲んでしまった。再検査も失格。酒のせいか [続きを読む]
  • トルコのことなら内藤先生に聞け!
  • 内藤正典先生には大学で個人的にお世話になって、元々大学院はそこに行くつもりだったりした。当時は一橋の教授で、色々なところで講師をしていたようだった。それが今では人気者になられたようです。もちろん、もう連絡はとってないけどね。日本の新聞では色々とトルコについての欧州寄りの情報が出ていますが、ぜひ昔からトルコのことをちゃんとやっている先生の意見に耳を傾けてほしいと思います。個人的に、ドイツに来てからト [続きを読む]
  • トルコの写真で凹む
  • 自分のしっている風景が地獄絵図と化しているのを見るのは本当に辛い。トルコのクーデター未遂(それとも狂言)での暴力的な写真を見て、かなり鬱ってしまった。以前にも、ISISが残虐行為をする動画や、チェチェンの殺害動画とか見たことがあるけど、それほどの衝撃はなかった。というのも、ああいう別の世界でのことは、ホラー映画を見るのと大差ないからだろう。「私には関係ない」というのが、意識の後ろで思っていることだから [続きを読む]
  • ドイツでポケモンGoをやってみた
  • 日本ではまだらしい「ポケモンGo」をやってみた。意外と楽しいが、外人がスマホ片手にうろうろしているのは、ドイツの田舎町ではかなり怪しまれます。ポケモンをゲットしようとしているのに、住宅街の写真を撮っているように見えるのが難点。泥棒の視察でもしているのかと思われそうです。もうちょっと都会で、若者の多い地域なら、それこそ沢山の人がポケモンGoをやっているのですが、老人ばかりの多い過疎の町では、ただの不審者 [続きを読む]
  • 溜まった気持ちを吐き出そう・ノート瞑想
  • 自分のためのメモ程度に。溜まった気持ちを吐き出そう。心のなかのもやもやが溜まると大変なことになります。友達が多い人は、そう言ったことを友達に話すことでうまくリフレッシュすることができますが、あまり愚痴ってばかりいると友達も迷惑してしまいます。まして、私のように引越しを繰り返して友達も少なくなってしまったような人だと、なかなか愚痴るにも愚痴れません。でも、自分のなかに溜め込むと大変なことになってしま [続きを読む]
  • 世界平和を祈ってみる
  • なんだか物騒な世の中である。トルコ通として、最近のトルコについては悲しむことばかりです。沢山現地に友達もいるし、トルコの人々が平和に暮らせないのが残念です。私が大学に入ったばかりのときに、たしかエルドアンが政権をとり、当時はエルドアンは国の経済を良くしてくれるだろうと皆が期待していました。たしかに、15年くらい前に初めてトルコに行ったときは物価の安さに驚き、2年前に久々に行ったときには、下手したら [続きを読む]
  • ダバダバ Fallin'Love と脳とオプティマイザー
  • 便利な世の中である。探しているものがすぐに見つかる。ふと、何かの歌の歌詞を思い出した。その歌のことは時々思いだしていたのだが、断片的にしか覚えていない。1年に2,3度は思い出していたのだが、いったいそれが何の歌だかわからない。ふと、今日たまたま思い出して、覚えている限りの歌詞をグーグルに入力したら、すぐにその歌のタイトルをしることができて、さらにYoutubeなどで聞くことができる。探していた歌のタイト [続きを読む]
  • 豆乳ヨーグルトを一度だけ
  • ヨーグルトメーカーとプロバイオティクスのおかげでお腹の調子が良い、という記事を書いたのだが、ものは試で豆乳でヨーグルトを作ってみた。まあまあの出来だ。ここ最近月経に問題があるので、大豆で女性ホルモンを増やそうと思い、豆乳を2本買ったのだが、ふと思いとどまる。この2本を終えたら、もう飲むまい。女性ホルモンは脳に対して、共感することや穏やかさをもたらす一方、空間能力・数学的思考の妨げとなるそうだ。それ [続きを読む]
  • あれからもう20年以上・・・
  • もうすぐ私は33歳になる。あれから20年以上か。そう、伊集院光のファンになって20年ちょっと。伊集院光のラジオ「深夜の馬鹿力」の第二回目の放送から聞き続けている。第二回目の放送はなにやら、フランダースの犬について話していたのを覚えている。深夜1時から3時までの放送なので、毎回は聞いていなかった。まだ中学校に入りたてだった気がする。たしか、中学入りたてなのに不眠症かなんかで、眠れずにラジオを聴いてい [続きを読む]
  • おならとダノン・ビオ
  • じつは、だいぶ長いことお腹の問題がありました。いつから始まったのかもう覚えていないくらいの以前から始まった問題でした。おならが頻繁に出て、基本的に便秘でした。おならの音や匂いはもちろん恥ずかしいもので、外出中は終始、おならが出ないように奮闘し、1時間ごとにトイレに駆け込み溜まっていたおならを放出するという生活が続いていました。慣れたら、「そういうものか」と思いますが、トイレでも人がいなくなるのを待 [続きを読む]
  • もうすぐブログ開始10年、ブログの歴史を振り返る
  • あれから10年も経つのか、とため息です。10年前の今頃、わりとショッキングな出来事があり、その憂さ晴らしのために始めたブログです。その後、一時的に海外ブログになり、その後はアーティストブログになり、その後は雑多なものになりました。ブログ・アクセスブログアクセスは相変わらず避妊具・ミレーナについての体験記がトップのようですが、医療系ブログではありません。笑。一時期テレビに出たことについての感想を書い [続きを読む]
  • ほめ日記
  • 「ほめ日記」というのを、どこぞで聞いたのでやってみた。何でもいいので自分をほめることを色々手書きで書くのだ。「今日は吹き掃除をした」みたいなことでもいいし、「・・・なニュースを読んで感動できた私は感受性豊かだ」みたいなことでも良い。あとは、「10年前に一時期タバコを吸い出したけど、それ以降きっぱりタバコをやめられた自分はえらい」みたいな過去のことでもよい。ほめ日記をやると幸運になるそうだ。いわれて [続きを読む]
  • 江ノ島が忘れられない
  • 1年半ぶりに帰国してました。鎌倉辺りを観光したのですが、江ノ島の美しさに心奪われました。やっぱり島は良い。もうちょっとお金持ちになったら伊豆諸島辺りも回りたい。「島ガール」なる言葉があることを最近知った。私のように島が好きな女性のことだそうだ。私の好きな島で言えば、イタリアのカプリ島、イスタンブルのプリンスズ・アイランド、ギリシアのロドス島などがあるのですが、幼稚園の頃泊りがけの遠足でいった鹿児島 [続きを読む]
  • ブログを書く意図とグルッペンツワング
  • 書くことで考えをまとめる。このブログはそう言った意味が合いが濃かった。しかし、この歳にもなると考えもまとまってくる。そうすると書くこともなくなる。よくよく考えれば、友人と長話をするのも、結局は自分の考えをそうしてまとめるという意図が、話すことの意図全体の6割以上をしめると思われる。「ブログやエッセイを書くのは、ようは自慢したいから。つまりは承認欲求に基づくものである」みたいなことをエッセイストの誰 [続きを読む]
  • stackOverflowって・・・
  • stackOverflowって、むかーし、一度質問してみたら、「こんな馬鹿な書き込みするなよ」 みたいな答えがすぐさま来て、それ以来利用していませんが、他の人の書き込みをみることはよくありますし、勉強にもなります。時々、「また質問するかなー」と思ったりしますが、怖いので質問しません。っていうか、一般的に匿名性の高いフォーラムとかって苦手。ブログはまだ書き手が継続的であるから、他の書き手に対しては敬意を払い、ス [続きを読む]
  • c++でコピーコンストラクタ
  • JAVAのときもそうだったか、コピーコンストラクタは曲者って感じがしていた。上のクラスにprivateのメンバがあったらどうすればいいか。やっとわかったので書いておく。継承ってまだ謎の領域が多いような。。。。#include #include#include using namespace std;//------------------------------------------class MyClass{protected:    int m_val;public:    void set(int i)    {    [続きを読む]
  • CodeBlocksでPthreadを使うには
  • ずっとスレッドが使えずに、変なエラーメッセージばかり出ていたんですが、ついに解決。すっごい簡単で拍子抜け。システム・フォルダーを開けてそこに保存したりするんじゃなくて、すっごく普通にSettings -> Compiler ->LinkersettingsでAddでファイルを選べばよいだけ。ファイルの置き場所はどこでも良。以下のリンクからftp://sourceware.org/pub/pthreads-win32/dll-latest/lib/自分のパソコンにあったビット数を選び、pthread [続きを読む]