akechi さん プロフィール

  •  
akechiさん: ガラスの向こう側
ハンドル名akechi さん
ブログタイトルガラスの向こう側
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/t_akechi
サイト紹介文ショーウインドーを幻想的に表現、ほか写真雑感
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/07/09 00:28

akechi さんのブログ記事

  • モザイクの空
  • 最近は外光の入り込む開放的な地下街が多いみたいですが、ここもそのひとつ。人工的な水面に空が映っていて、ちょっとモザイク画のようでもあります。←いいなと思ったら、 をお願いします [続きを読む]
  • 時間の凝縮
  • イスが無秩序に並んでいます。きっと最初はほぼ等間隔に、そして向きも揃えられて置かれていたのでしょう。人が座り立ち去っていく、そんな時間の経過が凝縮されているようで、面白いなと思いました。←いつもありがとうございます [続きを読む]
  • 空間の歪み
  • 何度か撮っているこのオブジェ。以前、載せたのは猫の顔のアップだったように記憶しています。でも、一番面白いのはこの空間の歪みじゃないかなと思います。作者に脱帽ですね。←久し振りにGRD文字モードで撮ってみました [続きを読む]
  • ポスターのある風景
  • 「他人のふんどしで相撲をとる」という諺がありますが、ポスターを画面に入れるのは正にそれかなと思います。でも、キレイな風景だって、自然という創造主がいるわけだし、同じようにも思えてきます。無からは何も作れない写真の宿命なのでしょうか。時々抽象的なものに憧れたりするのはそういったことに対するめいっぱいの抵抗なのだと思います。 [続きを読む]
  • Imperfection
  • きっちり服全体が紫に残るよりも、このように部分的なのも面白いなと思いました。人の性格といっしょで不完全なものの方が味があるのでしょうね。まっ私みたいにそれが過ぎてもいかんのでしょうけど(笑) [続きを読む]
  • 人影
  • 人影をよく画面に入れるのですが、そのほとんどが女性。でも、今回はひょうひょうと歩くこんな男性がいいかなと思いました。 [続きを読む]
  • 色彩で遊ぶ
  • にわか万年筆ファンの私ですが、インクの世界も驚くほど深く広がっているのですね。この色彩雫というシリーズ、絶妙な色もさることながら、そのネーミングにも感心させられます。他にも、月夜、霧雨、紅葉、山栗など、なかなか情緒たっぷりの漢字の名が付けられています。全24色だとか。写真のことばかりに目がいっててはいけませんね。広く学び遊ばないと。 [続きを読む]
  • 京都駅ビルはモノクロで
  • 京都駅ビル。この日はGRDだけという、なんとも大胆というかお気軽というか、そんな一日でした。上を見あげて、ここはモノクロしかないなと思い、モードをセット。自分らしさはあまりないけれど、グレーの微妙なトーンとラインの面白さが撮れたらいいなと思いました。 [続きを読む]
  • 高瀬川沿いのとあるお店の暖簾。以前にも撮った記憶がありますが、少し構図が違うのでお許しくださいね。それにしても、この黒と紺、粋だなと思います。白がとても効いているのは言うまでもありませんね。 [続きを読む]
  • コーヒーを飲みながら
  • 枚方市駅北口にあるスタバ。この日は京都に行くことは決めていたのですが、どういうコースにしようかというのは未定のまま。そこで、コーヒーを飲みながら、ひとり作戦を立てているところ。そうそう、三日前の「私の休日」と同じときの撮影です。 [続きを読む]
  • 誰もいない
  • もう少し暖かくなると賑わうのでしょうけど、今はご覧の通り誰もいません。京都駅ビルのこのスペースもったいないなと思います。すぐ近くはとても混雑してるのにここは不思議な静けさです。 [続きを読む]
  • 青い街
  • 昨日はパートカラーのレッド、今日のはブルー。やはり色彩がひとつだと落ち着きますね。それに、色が語ってくれるから、その場の気配を抽出しやすくなる、そんな気がします。 [続きを読む]
  • Blue
  • Instagram 2/20 POSTポツンと一つだけ置かれたマネキン。その青いスカートがとても印象的でした。加工しない派の私ですが、インスタグラムは別。その限定のレタッチをして、現実離れしたトーンの中に"青"を閉じ込めてみました。 [続きを読む]