akechi さん プロフィール

  •  
akechiさん: ガラスの向こう側
ハンドル名akechi さん
ブログタイトルガラスの向こう側
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/t_akechi
サイト紹介文ショーウインドーを幻想的に表現、ほか写真雑感
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/07/09 00:28

akechi さんのブログ記事

  • 秋を待つ
  • 今は誰も座ろうとしない白いイスたち。その無造作な置かれ方に、季節を感じたりします。秋を待つ気持ちがふと伝わってきたような気がして。←いつもありがとうございます [続きを読む]
  • ある日の私
  • 立ち止まり横を見ると、錆びたパイプがあり、そこに自らの影が映っています。斜めのラインの中にぼんやりと頭。こんな記念写真があってもいいですよね。←えっ、記念写真やったん? [続きを読む]
  • 影とイスと
  • 昨日のと同じ壁です。これも影がなかったら撮ってなかったと思います。テーブルとイスがなかったら、それもまた撮ってなかったと思います。まっ言ってみれば、「合わせ技」ですかね。 [続きを読む]
  • 置き去り
  • これは白黒だなと思うシーンにしばしば出くわします。今回のも正にそれ。一時的にせよ、置き去りにされたマネキン。その佇む様子はとても寂し気です。彼女たちの心情に迫るのに色彩はとても邪魔だなと感じました。 [続きを読む]
  • 悲しくも美しい
  • 昨日のは少し七夕の飾りが写ってましたけど、今日のは皆無。さらにトーン的なものあって、少し負の印象が付きまといますね。でも、黄昏の空に様々な想いが一つになって、上ってくといったイメージでしょうか。笹のシルエットが悲しくも美しい。 [続きを読む]
  • 夏の空へ願いを
  • 「京の七夕」というイベント。たくさんの方が撮ってられたので、その素敵な作品はあちこちで掲載されていることでしょう。だから、ここでは少しあまのじゃくなものを見て頂こうと思います。みんなの願い、届くといいですね。 [続きを読む]
  • 真夏の高瀬川50mm一本勝負(7)
  • 昨日の続きです。こんな感じでのんびりと撮り歩いていたらこの日の最終予定地点の七条通に到達。 途中のコーヒータイムを除けば、2時間ほどのショートショートトリップでした。何度歩いても新鮮な発見があって、楽しいものです。次は秋にまた歩こうと思います。一週間ありがとうございました。明日から通常モードに戻ります。 [続きを読む]
  • 真夏の高瀬川50mm一本勝負(6)
  • 五条から七条辺りになると、観光的な雰囲気は徐々に少なくなり、地元の人がこの川を慈しんでられる、そんな様相を呈してきます。たとえば、育てられた花や寛ぐ椅子が置かれていたりといった具合です。今回は水面を背にその草花を狙ってみました。 [続きを読む]
  • 真夏の高瀬川50mm一本勝負(5)
  • 高瀬川を紹介するような写真は載せない、なんて書きましたが、その川の流れのよく分るのも一枚くらい見て頂こうかなと思い直しました。四条を過ぎて、少し歩いたところです。逆光気味で、川面に垂れる葉が美しく輝いていました。 [続きを読む]
  • 真夏の高瀬川50mm一本勝負(2)
  • 50mm一本勝負というからにはもちろん全てノートリです。60mmとかになったらいけませんものね。少しの前後はあるかもしれませんが、基本時系列に載せています。これは、 三条通から少し上流のところ。以前にも載せたことがありますが、洒落たお店です。とってもフォトジェニックでよく撮られているようです。下の方に少し覗いてる川面が高瀬川です。 [続きを読む]
  • 真夏の高瀬川50mm一本勝負(1)
  • 真夏の太陽が容赦なく降り注ぐ中、高瀬川沿いを二条から七条まで歩いてきました。とはいうものの、木陰も多くて風もあり、比較的快適な撮影だったかなと思います。いつものことですが、高瀬川を紹介するといったものではなく、ガラスの向こう側(当ブログ)的高瀬川です。その辺の川みたいだったりするかもしれませんが、まぎれもなく高瀬川です。では、数日のショートシリーズ、ご覧頂ければ幸いです。 [続きを読む]
  • コーンのある風景
  • 大阪駅の片隅にひっそりと佇むコーン。これは仕事中ではなく、出番待ちの状態です。当然、誰ひとり振り向く人もなく、でも私だけが立ち止まりました。一瞬、目が合ったような感覚ですね。そんな刹那を留めるべく、不完全ではありますが、シンメトリーに撮ってみました。 [続きを読む]