下北むつこ さん プロフィール

  •  
下北むつこさん: 下北花倶楽部
ハンドル名下北むつこ さん
ブログタイトル下北花倶楽部
ブログURLhttp://sekolife.blog45.fc2.com/
サイト紹介文国定公園下北半島紹介ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/07/12 17:28

下北むつこ さんのブログ記事

  • 八重咲きキキョウ
  • キキョウの基本情報 学名:Platycodon grandiflorus 和名:キキョウ(桔梗)  その他の名前:アリノヒフキ、ボンバナ、ヨメトリバナ科名 / 属名:キキョウ科 / キキョウ属特徴キキョウは東アジアに広く分布する多年草です。日当たりのよい草原に見られますが、国内ではそのような場所が激減したため絶滅危惧種になっています。茎はまっすぐに伸びて高さ10〜120cm、先端近くに直径5〜7cmの花を1〜10数輪咲かせます。根は太くまっ [続きを読む]
  • ユリカゴ蘭(アングロア)開花しました。
  • アングロカステの原産地は南米のペルー、コロンビア等になります。ただし、これは属間交配でアングロア×リカステです。アングロアは葉の長さが80センチメートルにもなり花は黄色、8センチぐらいのこの写真の花に似ています。始めてみた人はザゼンソウを思い出すようです。毎年濃色八重咲きシラネアオイ 斑入りヤマシャクヤク 素心クマガイソウ 展示販売お問合せ〒035-0022青森県むつ市大字関根字北関根56代表:山崎 伊佐次 [続きを読む]
  • 八重咲きキキョウ
  • 季節・日常の手入れ ポイント切り戻し初夏に一通り花が咲き終わった後、茎を株元から1/3〜半分くらいの位置で切り戻しを行います。そうすると、茎の途中から新たに芽が出てきて、また花を咲かせます。日当たり・置き場所 日当たりよい場所が適しており、半日くらい日が当たれば問題なく育ちます。ただ、暑いのが苦手なので、夏は明るい日陰など、直射日光の入らない場所が適しています。夏は熱が溜まらないよう、風通しをよくする [続きを読む]
  • Arisaema fargesii
  • 外国産テンナンショウArisaema fargesii 毎年開かれる、展示即売会は常に満員状態です。毎年濃色八重咲きシラネアオイ 斑入りヤマシャクヤク 素心クマガイソウ 展示販売お問合せ〒035-0022青森県むつ市大字関根字北関根56代表:山崎 伊佐次郎電話 090-4312-2050 [続きを読む]
  • 緑花シラネアオイ 展示
  • (増殖中に付き販売休止中)季節・日常の手入れ ポイント もともと山野の涼しい林の下などに自生している植物で、基本的に平地での栽培は難しいです。真夏にできるだけ涼しく管理することが大きなポイントです。 鉢の底に水を張った受け皿を置くなどの工夫をしましょう。花を長く楽しむためには直射日光と風を避けるようにしましょう 。日当たり・置き場所  ポイント  春の芽だしから開花するまではよく日に当てます。基本的に [続きを読む]
  • むつ市 元祖シラネアオイの里4月28日オープン予定です。
  • シラネアオイの里 代表の山崎氏は地元では知らない人がいないぐらいの有名人。 趣味から始めた山野草栽培はその後、独学で和製ランの栽培に成功したことが、朝日新聞等々で取り上げられ一躍脚光をあび、問い合わせが殺到!! 毎年開かれる、展示即売会は常に満員状態です。毎年濃色八重咲きシラネアオイ 斑入りヤマシャクヤク 素心クマガイソウ 展示販売お問合せ〒035-0022青森県むつ市大字関根字北関根56代表:山崎 伊佐次郎 [続きを読む]
  • 福寿草?
  • ・金鳳花(きんぽうげ)科。・学名  Adonis amurensis   Adonis : フクジュソウ属   amurensis :       アムール川流域の    (黒竜河:中国北東部) Adonis(アドニス)は、 ギリシャ神話に登場する、 イノシシの牙に突かれて 死んでしまった青年の名前に由来。 傷から出た、 血のように赤い花にたとえた。  (欧州産の本属のものは、   黄色い花ではなく   赤い花らしい)。元祖シラネアオイの [続きを読む]
  • メスのキジが我が家に
  • 太郎の家来は日本の国鳥メスのキジが我が家に遊びに来ました。全長80cm(オス)、60cm(メス)。尾の長いことが特徴の、地上性の、ニワトリ大の鳥です。本州・四国・九州に分布しています。オスは濃い緑色の体で、繁殖期になると、ハート型の赤い顔になり、「ケーンケーン」と鳴きながらメスを求めます。昔から日本人とかかわりの深い鳥として、「桃太郎」をはじめいろいろな物語や、「焼野の雉(きぎす)、夜の鶴」などの子を思う [続きを読む]
  • 福寿草 佐渡の幻佐渡産の大型種
  • 福寿草 佐渡の幻佐渡産の大型種。めったに実物を見る機会がない希少品種。本芸はその年によって変わることがあります。元祖シラネアオイの里 代表の山崎氏は地元では知らない人がいないぐらいの有名人。 趣味から始めた山野草栽培はその後、独学で和製ランの栽培に成功したことが、朝日新聞等々で取り上げられ一躍脚光をあび、問い合わせが殺到!! 毎年開かれる、展示即売会は常に満員状態です。毎年濃色八重咲きシラネアオイ  [続きを読む]
  • トリリウム・ヴィリデ Trillium viride
  • トリリウム・ヴィリデ Trillium viride 太く短い根茎から、高さ20-50cmの茎が一本伸び、その先端に3枚の葉を輪生する。葉は葉柄を持たず、茎から直接生ずる。葉の形状は丸みを帯びたひし形で、直径は10-20cm。花期は4-6月。3枚の葉の中心から短い花柄が伸び、小さな花をつける。花は花弁を持たず3枚の緑色または濃紫色のがく片を持ち、横向きに咲く。USAイリノイ、ミズーリー州原産。viridisは緑を意味し、花弁の先が緑ががってい [続きを読む]
  • カタクリ ホワイトビューティー
  • ■ 学名 : Erythronium californicum‘White beauty’■ 別名 : エリスロニウム カリフォルニカム(カルフォリニクム)(学名)        シロバナカタクリ 西洋カタクリ カリフォルニアカタクリ など■ ユリ科 耐寒性球根植物(耐寒性多年草)冬期落葉種 ■ 主な花期 : 春  ■ 草 丈  : 30cm前後(生育後の高さで花丈も含む) ■ 耐寒性 : 強  ■ 耐暑性 : 中  ■ 日 照  : 半日陰 ■ 代 [続きを読む]
  • ウラシマソウ炎舞
  • ウラシマソウは本州、四国を中心に、北海道や九州の一部にも分布する球根植物で、主に海岸付近の林床や人里近い林に多く見られます。苞の中に伸びた付属体の先端部が細く糸状に伸び、その姿を、浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立てて、この和名があるとされています。 地下にはサトイモに似た大きな球根があり、春になると芽を伸ばします。やがて10枚前後の葉を傘のように広げ、黒褐色の苞を開きます。この苞は「仏炎苞(ぶつ [続きを読む]
  • ゆりかご蘭De baby orchidee´s
  • 南アメリカのアンデス高地、標高1500m以上の場所に分布するランの仲間です。およそ11種が知られており、急峻な崖や樹木の上に根を下ろして生活します。株元に卵形のバルブ(球根のようなもの)を付け、その先端に縦方向にヒダが多く入った葉を2-4枚広げます。そして、生長して成熟したバルブの元から新芽と花茎を同時期に伸ばします。開花期は種により異なりますが春-夏の間に咲くものが多く、1本の花茎に1輪の花を咲かせます。花は [続きを読む]
  • 三蝶咲エビネラン (翠蝶)
  • 季節・日常の手入れ ポイント日本種春咲きエビネは野生ランの中では比較的育てやすい部類に入ります。種によって耐寒・耐暑性などが多少異なりますが、基本的には柔らかい日射しで風通しの良い場所を好み、夏の蒸し暑さや多湿、強い寒さを嫌います。性質を理解して「季節ごとにあった置き場所」を選び工夫することが大きなポイントとなります。開花時期に強い光が1方向から当たると花茎が光の強い方へ曲がってしまうので、鉢を [続きを読む]
  • 06/24のツイートまとめ
  • sinnwa1 今季開花 珍しい白花八重咲きシラネアオイです。 https://t.co/TQ1DzRMaNa 06-24 08:56 サル顔 洋蘭原種 ドラキュラ、オリエンタリス購入しました。 https://t.co/1R9Wam9yPJ 06-24 08:54 三蝶咲きエビネ https://t.co/eWkVIJXlfd 06-24 08:36 唐子咲きシラネアオイ https://t.co/cNzBlAK9pU 06-24 08:25 白花八重咲きシラネアオイ https://t.co/smGBXklBWY 06-24 08:17 下北産濃色八重咲きシラネアオイ http [続きを読む]
  • 下北産濃色八重咲きシラネアオイ
  • 画像より実物はすごい!!元祖シラネアオイの里 代表の山崎氏は地元では知らない人がいないぐらいの有名人。 趣味から始めた山野草栽培はその後、独学で和製ランの栽培に成功したことが、朝日新聞等々で取り上げられ一躍脚光をあび、問い合わせが殺到!! 毎年開かれる、展示即売会は常に満員状態です。毎年濃色八重咲きシラネアオイ 斑入りヤマシャクヤク 素心クマガイソウ 展示販売お問合せ〒039-0422青森県むつ市大字関根 [続きを読む]