KX2_Birder さん プロフィール

  •  
KX2_Birderさん: 鳥・撮り・トリミング
ハンドル名KX2_Birder さん
ブログタイトル鳥・撮り・トリミング
ブログURLhttp://toritoring.exblog.jp/
サイト紹介文秋田・青森を中心に野鳥の観察・撮影をしています。
自由文珍しい鳥の画像はあまりありませんが、鳥たちの魅力が伝わる画像を紹介していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供235回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2008/07/13 12:16

KX2_Birder さんのブログ記事

  • アカショウビンの休憩時間
  • アカショウビンの抱卵中の休憩はどこでどうしているかご存知でしょうか?アカショウビンは、オスメス交代で抱卵しますが抱卵を交代したアカショウビンは、餌採り、水浴び、羽づくろいをした後、しばらく休憩時間に入ります。ブッシュの中や目立たない葉の茂った枝の上で30分から長い時で1時間以上じっと休憩しています。その間、皆さんアカショウビンが出てこない、姿を見せないとヤキモキしていますが、アカショウビンはちゃんと [続きを読む]
  • 背後にまわると命はないぜ、アカショウビン
  • お気に入りの餌探しの枝に止まっていたアカショウビンさっと飛び出して、餌を採るのかと思ったらそのまま、まっすぐこちらに向かってきてすぐ横をとおりすぎました。そのまま飛び去ったのかと思って振り返ったらすぐ後ろにアカショウビンが止まっていました。私がゴルゴ13だったら命はなかったぜアカショウビン!それにしても近すぎだぜ!アカショウビンD500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ [続きを読む]
  • アオゲラ親子
  • アカショウビンを撮影していたら、道路脇でなにやら動くものを発見よく見るとアオゲラでした。しかも3羽どうやら巣立ちヒナと親のようです。巣立って期間が経っているのか、どっちが親かよ〜く見ないとわからないです。アオゲラD500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ [続きを読む]
  • アカショウビンの餌探しの枝
  • アカショウビンには、餌が探しやすいのかよくとまるお気に入りの枝があります。地元のアカショウビンは、この枝がお気に入りの餌探しの枝のようです。いつも観察しているアカショウビンはあまり魚を取らないのですが、地元のアカショウビンは、この枝から小魚を狙って捕まえていました。アカショウビンD500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ [続きを読む]
  • アカショウビンにズキューン!
  • 先日から紹介している地元のアカショウビン水浴びしているかと思ったら、水浴びのあとこっちに向かって飛んできて、すぐ目の前の枝に止まって、しばらく愛想をふりまいてくれました。あまりの愛想の良さとかわいさにハートを射抜かれてしまいました(*^^*)突然の出来事にズキューン!あまりのかわいさにズキューン!連れて帰って家族にしたい!ズキューン!独身ですか!?結婚してるので友達なら・・・ズキューン!アカショウビ [続きを読む]
  • 枝葉のかげからアカショウビン
  • 草葉の陰からだとアカショウビンが死んじゃったことになるので、枝葉のかげからにしました鳴き声で、アカショウビンがすぐ近くまで来ているのがわかっているのに、なかなか姿を見せないときがありますそんなときは、アカショウビンは枝葉のかげからじっとこちらの様子をうかがっていますアカショウビンD500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ [続きを読む]
  • アカショウビンのオス、メスのクチバシを比べてみた
  • アカショウビンのオスとメスでは、胸から腹の色の濃さが違うことに加えて、クチバシの形状が少し違うという話を聞いたことがありますが、フィールドではその違いを実感したことがありません。そこで、今年メインで撮影しているペアのオスとメスのクチバシの違いを確認するために画像を並べてみました。幸い今年のペアは、オスとメスの識別ができる特徴あるペアでした。上がメスで、下がオスです。並べてみただけでは、違いがよくわ [続きを読む]
  • アカショウビン、カエルをGET!
  • 抱卵を交代したアカショウビンのメスはしばらく休んだあと、ひょいと飛び降りてカエルをGETあちこちでモリアオガエルが鳴いているのに捕まえたのは黒いカエル、、、orzそれにしても、いつもは警戒心が強いメスが私一人しかいなかったとは言え、目の前でカエルを捕まえて見せてくれるなんてビックリです。アカショウビンD500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ [続きを読む]
  • アカショウビン、雨乞鳥というけれど
  • アカショウビンは、別名「雨乞鳥」と呼ばれますが、これまでの経験では、アカショウビン自身はあまり雨が得意ではないように思います。それなのに雨乞鳥と呼ばれるのは、一つは繁殖初期のよく鳴く時期が梅雨と重なっていることと、餌としているモリアオガエルが雨の夜によく産卵のために木に登ることに関係しているのではないかと思います。雨の日は、けっこう綺麗な色が出るので、シャッタースピードは上がりませんが、私は嫌いで [続きを読む]