パパ さん プロフィール

  •  
パパさん: 人生いろいろ
ハンドル名パパ さん
ブログタイトル人生いろいろ
ブログURLhttp://retota.seesaa.net/
サイト紹介文長女はダウン症、二男は川崎病。人生谷あり、谷あり。本の出版を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/07/16 19:18

パパ さんのブログ記事

  • 体験学習 2回目
  • 二男の公文の体験学習の続きです。2回目の体験教室がありました。前回に引き続いて、妻の送迎により教室まで向かいました。今後国語を選択するということを決めましたので、今回から国語の学習です。二男は平仮名の練習をし、2〜3問解いて終了。でも一緒に行った妻からは少し離れたところで学習し、本人もヤル気満々だったそうです。妻の元を離れる際は、顔色も変え、「さぁ、出陣。」といった感じで学習室に向かったようで、二男 [続きを読む]
  • さぁ、行動です。
  • 先日、長女が長期休暇のときに利用しているヘルパーの事業所の方が来られました。春休みの利用料の徴収に来られたのですが、もちろん滞納をしていた訳ではなく、当初からこの日に取りに来られるという約束をしておりました。で、来られたのはその事業所の責任者の方で、以前私がヘルパーの発言と態度に対して苦情の電話をした方です。責任者の方でしたので、妻が、「夏休みの予定はどうですか?」と聞いたそうです。すると、「長女 [続きを読む]
  • しんどいのは分かりますが
  • ゴールデン明けから少し体調を崩していた長女ですが、未だ耳や鼻がスッキリ治っておりません。かかりつけの耳鼻科に連れて行き、薬は処方してもらっておりますので、後は自然に治るのを待つしかありません。特に鼻が酷く、何かのアレルギーなのか、はたまた慢性鼻炎なのかというくらいズルズルしております。本人も認識しており、鼻がしんどいというところから、体がしんどいというところにつながっております。学校にも行きたくな [続きを読む]
  • 学校まで取りに行かせました
  • 先日の月曜日のことです。晩に長男が学校の宿題をしていると、またプリントが無いと言い出しました。そのプリントは宿題の中でも重要なもので、長男は学校に忘れているようでした。毎週月曜日に配られ、その週の宿題と保護者のチェックが必要になるものでした。本来、授業で配られたらすぐに、自分のファイルに挟むようになっているのですが、その日はそれができておりませんでした。少し悩みましたが、学校に電話をして、長男の担 [続きを読む]
  • 魚より観光バス
  • 二男の通う幼稚園では、年長さんは一年を通じて沢山の行事があります。先日も春の遠足があり、遠く離れた場所にある水族館に行って来ました。私が仕事から帰宅し、晩ご飯を食べていると、二男がクイズを出してきました。「今日僕は水族館に行ったけど、何で行ったでしょう?」「電車で行ったのかな?」「ブッブー、違います。」「じゃあ幼稚園のバスで行ったのかな?」「ブッブー、違います。」「バスはバスでもどんなバスでしょう [続きを読む]
  • 本格的に始動2
  • 昨日の続きです。まず、局部麻酔でいくのか、全身麻酔でいくのかという問題です。やはり安全性を考えるのなら、局部麻酔を選択したいところですが、長男の性格やこれまでの治療の態度から、歯や骨を削る音が聞こえてしまうことのリスクは高いと思われます。長男は世間一般的な目線で見ると、所謂、「ビビり」の子どもです。なので、手術中に大きな口を開けて、自分が何の治療をされているのか分からない中でガリガリという音が聞こ [続きを読む]
  • 本格的に始動1
  • 先日、長男の歯の診察がありました。今回はいつもの歯科ではなく、総合病院の口腔外科で、それも他の病院から派遣されている小児の専門医に診てもらいました。今年の夏に過剰歯を抜くかどうかの判断の一つとして、そのDr.に診て頂いた所見も含めていくというお話でした。そして、今回そのDr.に診て頂いた結果、色々なお話を伺うことができました。一つは、長男の過剰歯の抜歯の方法です。局部麻酔をして、歯や骨を少しずつ削りなが [続きを読む]
  • 手が出た
  • 先日、長女と二男が一緒に遊んでいて、突然大げんかを始めました。沢山出していたおもちゃや本の中に、長女の大切にしているノートが見つからなかったようで、長女が叫んでおりました。「私のノートは?」「ここにあるよ。」「ここにはないっ!」「ここにあるよ!」「私のノートはここにはないっ!」「だから、ここにあるって!」「あ〜、もうここにはないっ!」「ここにあるっ!」長女と二男がこんなやりとりを繰り返しているうち [続きを読む]
  • 仕切り直し
  • 昨日の続きです。体験教室を経て、正式に続けることになった公文のお話です。体験教室の際、二男は沢山喋りながら授業を受けていたそうです。普段から口数が多く、こちらも困っている部分がありますが、見事に体験教室でもその力は発揮されました。授業を受けている間、ほとんど黙ることなく何度も先生に注意をされたそうです。算数の問題は、「これは出来るよ〜。」「これは僕分からない〜。」など止まることなく喋り続け、先生も [続きを読む]
  • いざ公文へ
  • ついに二男も公文に通うことになりました。まだ、幼稚園の年長さんになったばかりですが、二男にも長男と同じように教育を受けさせてあげたいということで、今回踏み切りました。先日、長男が通う公文の無料体験教室があり、二男を連れて行きました。最初に算数をし、次に国語をしました。その結果、算数はまぁまぁ数字も読めておりますし、書けているということで公文で勉強する必要はないとの判断に至りましたが、国語は全く出来 [続きを読む]
  • 不公平
  • 先日長男が怒られているときの二男の態度のお話です。その時長男が怒られた理由の一つに二男がありました。二男が長男の嫌がることばかりしたことにより、思い余って長男が二男のことを叩いてしまいました。いくら嫌がらせをしていたのが二男だとしても、先に手を出した方がいけないということで長男だけがしっかり怒られました。しかし、そもそも二男が長男に対して嫌がらせをしなければ、長男も怒られることはなかったというのも [続きを読む]
  • あまりにも数が少ないので
  • 最近、自分のブログをインターネットから見ることがありました。ブログ村の順位がどのくらいになっているのか、程度のつもりでした。そこで、自分のブログを見て、カテゴリーの中の記事数も見ました。すると自分でも驚きましたが、記事数が一番多いのが長女のカテゴリーで、次に多いのが長男でした。このブログを始めたきっかけは、二男が川崎病を発症したことでした。長女がダウン症として生まれ、まさかの二男までもが川崎病とな [続きを読む]
  • 五月病?
  • ゴールデンウィーク最終日のことです。いよいよ明日から学校が始まるという日の晩に長女は、「明日、学校?」と何度も聞きました。「学校だよ。」と答えると、「行きたくない。」「しんどい。」と返してきます。長い休みで、学校に行きたくなくなったのでしょう。いわゆる五月病になりました。その後も何度も、「足が痛い。」「頭が痛い。」「明日学校に行けない。」と訴えてきましたが、そこは柔軟に対応して翌朝には学校に行かせ [続きを読む]
  • 家を出る?3
  • 昨日の続きです。簡単に家を出て行き、一日遊び回った後に簡単に家に帰って来るなど、到底許される行為ではありません。怒られて追い出されたとはいえ、長男の行動は世間一般的にも我が家としてもケジメのないものです。本当に出て行きたいのであれば、これから長男が好きなように生きていけるように私も何らかの手配をしようかとも考えましたが、そこまでの勇気というか決断はありませんでした。長男にはこの家で生活出来ているこ [続きを読む]
  • 家を出る?2
  • 昨日の続きです。家出という名目で友だちの家に入り浸り、夜遅くに迎えに家に行った長男ですが、帰りの自転車に乗りながらどのように家に帰るつもりなのか話しました。しかし長男は、「僕は家に帰りたいけど、お母さんが出て行けって言ったから帰らない。」と意地を張り、なかなか話になりませんでした。帰り道を自転車で走りながら家の前を過ぎ、離れた場所にある公園まで行きました。その公園で話した内容としては、出て行けと言 [続きを読む]
  • 家を出る?1
  • ゴールデンウィーク中のことです。長男はとても自由に生活をしており、妻と私は毎日のように叱りました。特に後半は、本人も自覚する程勝手な行動をとり、最終日には家出もどきの行為までとりました。まず家出もどきの行為をとった最終日の前日のことです。二男と長男が大げんかをし、叩き合いの暴力行為まで発展しました。そこで、長男には二男の土俵まで下りることなく一緒に遊ぶこと、二男には長男のことをもっと尊敬しながら遊 [続きを読む]
  • 怒ってます2
  • 昨日の続きです。何が納得できないのか?その福祉事務所が申請に対して却下をしたということは、制度上では間違った判断をしていなかったのでしょう。何故なら生活保護の制度自体、申請時には医療費を見込んだ審査をしませんので、亡くなられた方が高額の医療費を支払う見込みがあったとしても収入がその地域の基準額を超えていたのなら却下という判断は妥当なものなのです。もし市町村の職員に問題があったとすれば、その計算方法 [続きを読む]
  • 怒ってます1
  • このブログの記事を書いているのが、ちょうどゴールデンウィークの合間にある2日です。私は暦どおりの仕事ですので、大型連休にはなりません。でもやっぱり世の中は大型連休の会社があるのかなぁと感じるのは、通勤電車の中ですね。いつも乗っている人が同じ車両に乗っていません。代わりに何処かから旅行で来られたのか、はたまた何処かへ旅行に行かれていたのか、という推測ができる人が乗っております。そんな電車の中で、Yahoo [続きを読む]
  • 意外と高い評価
  • 長女の家庭訪問と同じ日に長男の家庭訪問もありました。こちらはまだ進路のことなど先の話になりますので、学校での長男の様子を話されました。今の担任になったのは今回が初めてのことで、妻もゆっくり話すのは初めてでした。噂では聞いておりましたが、児童にとってはとても厳しい先生ということでしたが、話してみると案外普通の先生だったようです。ただ、この担任は今の小学校に赴任してから長男の学年を受け持つのが初めてと [続きを読む]
  • 最後の家庭訪問
  • ゴールデンウィーク前のことです。小学校の担任が家に来られる、毎年恒例の家庭訪問がありました。皆さんのお住まいの地域でも同じように家庭訪問はおありでしょうか?担任が変わり、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃に家庭訪問が行われます。長女にとってはもう6回目のことです。今年から新しい担任も1人加わり、3人で来られました。特に学校でのことは話題の中心にはなりませんでしたが、一つだけ言われたのが交流学級のことです。今の担 [続きを読む]
  • 緊張の日曜参観
  • 先日、二男の幼稚園で日曜参観がありました。妻は他の用事で今回は行けませんでしたので、私一人で参観をしました。教室では朝の会、自己紹介、歌の発表と立て続けに保育が進み、飽きることなく参観ができました。自己紹介では、一人ひとりが自分の名前や好きな食べ物、年長さんで頑張ることの発表でした。二男もしっかり発表ができており、安心して観ることができました。ただ、二男は少し緊張していたのか、小さな即席の舞台の上 [続きを読む]
  • 長女の歯の矯正
  • 昨年から長男の歯の矯正を始めました。同様に今年から長女の歯の矯正を始める予定です。長女に限っては、普段から校医の歯科医にかかっており、今回改めて矯正の相談をしました。長女の場合は、特に過剰歯があるとかこれまでに一度抜けた歯があるという訳ではなく、純粋に歯並びを良くするための矯正です。で、今回診てもらった結果、長女は上の歯を2本抜き、下の歯を1本抜くことで矯正しやすく歯並びが良くなるということでした。 [続きを読む]
  • またまた 後日
  • 先日、長男を叱ってから数日経ちました。叱った翌日には、学校から全てのものを持って帰って来て、私がチェック。学校が始まってすぐということもあり、今のところは傷が浅く、その翌日から整理整頓を中心に学校生活をしっかり送るということで話をおえました。その時にペナルティーとして剣道の練習に行かせない、またあまりにも生活態度が乱れるようなら最終的には剣道を辞めさせるということにしました。前回同じようななことを [続きを読む]
  • 課題の解決
  • 二男の幼稚園では年長さんになると軽い宿題のようなことをされます。宿題を出される、ではなく、宿題のようなことをされる、というのが今回のブログの記事のポイントです。幼稚園なので、まだ字や数字の勉強はしておりません。字や数字を書くことができるという前提はなく、喋るという行為を元に園児に課題が出されます。今日あったことの中で家に帰ってからお父さんやお母さんに話してみる。話した結果、お父さんやお母さんがどう [続きを読む]
  • またまた2
  • 昨日の続きです。ランドセルの中身を全て広げ、教科書やノートを出し、妻に怒られていた長男。私が2階に上がると、妻が私に状況を説明してくれました。私もすぐにカチンときて、長男に事情を説明させました。3年生の終わりに、あれ程叱って整理整頓の重要性を説いたのに、長男は全く理解しておりませんでした。学校に教科書もノートも置きっ放しにし、宿題も出来ているものと出来ていないものがあり、既にダラダラ感満載です。早速 [続きを読む]