ETSUKO さん プロフィール

  •  
ETSUKOさん: ARIZONA ROOM別館
ハンドル名ETSUKO さん
ブログタイトルARIZONA ROOM別館
ブログURLhttp://pearizona.exblog.jp/
サイト紹介文テーマを絞った本館(英語・旅・異文化等)とは一味違った気楽なおしゃべり
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/07/17 00:18

ETSUKO さんのブログ記事

  • メラニア大統領夫人
  •  とらんぷ大統領夫人が他国を訪問中、手をつなごうとする夫を2度も拒否したという疑惑について。 映像を見てみたらいや〜、これは疑惑なんかじゃない、絶対に拒否している。 彼女は金持ちの実業家と結婚したのであってファーストレディーになんかなりたくなかった・・はず。 トランプがたとえワンマンでも浮気症でも男尊女卑でも贅沢さえさせてもらえば、まあいいわと思っていたのに。 まさかの大統領。 もう好き勝手には行 [続きを読む]
  • クーポン
  •  9人で某チェーンレストランに出向いた。 友人が10パーセントオフのクーポンを持っていたのだが6人までしか使用できないという。 実は私も5パーセントのクーポンを持っていたので併用不可だとは思っていたが念のため聞いてみた。 6人が10パーセントオフで、残りの3人が5パーセントオフを使用できるかどうかである。答えはもちろんノー。 「1グループ1枚までなんです。」と。 でも、私たちは2テーブルに別れて座 [続きを読む]
  • 今日のグレイス
  • フルーツゼリーヨーグルトクランベリーシフォンガトーショコラ 急に猛暑日がやってきてしまった。まだ夏物出し切れていないのだけれど。 グレイスでは少しでも涼しげな演出をとオレガノなどのハーブで装ってみた。グループホームの方々で賑わっている前半。 後半は来日中だった当教会の初代牧師が今日の午後にアメリカへ帰国するため見送りに来てくれた教会員たちで盛り上がる。外は暑かったんだけど・・。振替休日の小学生がひ [続きを読む]
  • 保釈金
  •  アメリカ・カリフォルニアで、内縁のアメリカ人夫の殺害容疑で逮捕された中国籍の女性が7000万ドル(約79億3600万円)相当の不動産で支払っって保釈されたというニュース。 さすが、チャイナマネー!でも殺人なのに、お金で保釈されちゃう!アメリカってすべてお金が物を言う? この男性は詐欺・窃盗などの逮捕歴もあり、職も無し。女性の実家のお金で学校に行かせてもらったりもしている。ふたりの間には子どももい [続きを読む]
  • WannaCry
  • 世界中で猛威を振るったランサムウェア「WannaCry」に感染したPCの98%は「Windows 7」搭載だった─ やば!10にアップデートしてなかったんだよね。 でもセキュリティ更新プログラムは毎回しっかりインストールしているし大丈夫かな? 1回、何のアクションも起こさなかったのにもかかわらずランサムウェアにかかってしまった身としてはちょっと心配。 [続きを読む]
  • 大学生の就職率
  •  今年3月卒業の大学生の就職率は97.6%!景気がよくなり売り手市場なのだそうだ。 でも、来春卒業の私の身近にいる大学生が苦戦している。面接まではこぎつけても、そこから先はいかないらしい。 真面目な子なんだけど。今ちょっと落ち込みぎみ、がんばれ!まだまだ先は長いぞ。 [続きを読む]
  • シニアスマホ
  • 私の周囲では60代後半〜80代の人たちがシニアスマホを使い始めている。   携帯会社もスマホは飽和状態なので上の世代を狙わないと売上は伸びないのかも。シニアスマホ、シニア割引も最近は充実してきている。 こうやってみると、やっぱりガラケーは衰退していく運命なのだろうか。 [続きを読む]
  • 漢字が書けない
  •  さきほど実家で何気なくクイズ番組を見ていたら出題された単語を漢字か英語のどちらかを選択しで書けという問題があった。 弁護士とか砂漠とか恐竜とか嘘とかなのだが自分で愕然としたのは、英語のスペルの方が簡単に出てくるのである。どちらかを選んで書けと言われたら私はほとんどの問題で迷わず英語を選んだであろう。 言っておくがこれは自慢ではない。ここに出題されていた英単語は漢字に比べるとそれほど難しいものでは [続きを読む]
  • ランサムウェア
  •  世界規模のサイバー攻撃であるランサムウェア。私も忘れもしない2015年12月、アメリカから帰国直後に感染してしまった。 なぜだかはわからない。有料のウィルスソフトも入れていて自動的にアップデートもしていたし変なメール添付もリンクも など断じてしてはいない。 ウェブに出てくる広告を見ただけで感染することもあると聞いたがそれが一番怪しいかも。 そういえばウェブを開いていて「インストールありがと [続きを読む]
  • 今日のグレイス
  • ココアシフォンガトーショコラ甘夏ゼリーいちごのヨーグルトスフレ 朝から曇り空の今日のグレイス。お客様もちょっと少な目。小さなお子さんが全然いない。 スタッフも少なくて賛美歌の時間がちょっと遅れてしまったらグループホームの方々が「まだかなあ」と首を長くして待っていてくださっていた。  [続きを読む]
  • 91歳
  •  所属する教会の初代牧師がアメリカから再来日。教会が設立されたのはもう50年以上も前で牧師先生もこの5月にめでたく91歳になられた。 91歳でこれだけ心身ともにお元気というのはすばらしい。滞在期間中、2日連続のセミナーの講師を務めたり、東北などを回られたりと大忙しである。 本当に神様の祝福の中で生きられている模範のような方。ちなみにこの誕生日ケーキは、グレイススタッフのひとりが先生のために腕により [続きを読む]
  • 入国の目的
  •   米ハワイ州ホノルルの国際空港で聴覚障害を持つ日本人女性が手話通訳者なしで税関・入国管理係官から尋問を受け、一晩拘束されるなど差別的対応を受け、米人権擁護団体に苦情を訴え同連合は11日、米国土安全保障省に改善を申し立てたことを明らかにした。 時事通信より もちろん、この扱いは言語道断、ひどい差別であるが世間はこちらにばかり目を向けすぎているように思う。 もうひとつの問題は、なぜ彼女はここで尋問を [続きを読む]
  • プレミアムフライデー
  •  オンラインプレジデントで「プレミアムフライデーの失敗の理由」という記事があった。 まだ2回しか実施していないのにもかかわらずもう失敗と決めつけてしまうのもすごい。こういうのは徐々に効果が表れてくるものだと思っていたのだが。   確かに、プレミアムフライデーで早く帰ったという人の話はあまり聞かなかった。ある人は有給休暇の半休を使用しなければいけないからバカらしいと。 有休使わせるというのでは意味は [続きを読む]
  • 韓国の大統領
  •  韓国の大統領の末路はいつも悲惨なのにそれでも大統領になりたい人が後を絶たない。 みんな、自分だけは大丈夫と思うのだろうか。 そういえば大統領になる前が大変だった人もいた。金大中である。 韓国諜報工作員による暗殺未遂、拉致、逮捕、死刑宣告などありとあらゆる苦難を超え最後は大統領になった人である。 日本文化開放をし、太陽政策と称して北朝鮮に大金をばらまきノーベル平和賞を授与された。 引退後は研究生活 [続きを読む]
  • ドイツの大統領
  •  ドイツの前大統領暗殺計画が発覚というニュースを見て驚いた。 ドイツに大統領っていたのか! 無知ですみません。 調べてみるとドイツでは周知のとおり首相が政治権力を握り大統領は名目上のリーダーで、 国家元首とし て外交儀式を行い、条約を締結し、 首相・外交官を任命し、 法律に署名するなどの仕事をする。   国会議員や州議会議員による選挙で選ばれ、品位と教養のある人が選ばれる。  もしかして、日本の天 [続きを読む]
  • Hidden Figures
  •   戦後、敗戦国日本にとってアメリカは鬼畜から憧れの民主国家に昇格した。 デモクラシーの最先端を行く自由の国アメリカ。でも、1960年代には、まさかの黒人差別、いえ、黒人区別がこんなにひどかったとは! リンカーンが奴隷を解放してから100年も経つというのに宇宙に有人ロケットを飛ばそうとしているこの時代に黒人と白人は教室で机を並べられずバスもトイレさえ区別されていたのだった。 今、ちょっとしたことで [続きを読む]
  • 今日のグレイス
  • ベークドチーズケーキチョコレート・キャロットケーキミモザケーキフルーツパウンドケーキプレーンシフォン ゴールデンウィークも終わり、また日常が戻ってきた。子どもたちやご主人を学校会社に送りだし若いママさんたちもつかの間の息抜き。グループホームの方々はいつもどおり。後半もみなさんゆったりとお茶の時を楽しまれている。 [続きを読む]
  • 海賊とよばれた男
  •  出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにしたといわれる国岡鐵造の型破りな人生を描いた映画である。 レビューでの評判は少し知っていたけれど実際に見てみるとかなりすごい。どこまでがフィクションなのかはわからないけれど国内の石油業者を始め、外国のメジャーを敵にまわしそれでもめげず、型破りなやり方で危機を乗り越えていく主人公がすごい。  そしてそんな彼を支える周囲の人々。彼は単なる熱血漢ではない。人間味あふ [続きを読む]
  • すばらしきかな人生
  •  まず、この邦題が好きでない。 一人娘を病で亡くし、それがきっかけで妻とも別れ自分が所有する会社でも鬱で放心状態のハワード。このままでは会社が危ない。気が気でない社員たち。 彼らが雇った探偵によってハワードは「時間」と「愛」と「死」宛てに手紙を書いていたことが判明する。 そこで彼らは俳優たちを雇い、時間と愛と死を演じてほしいと頼む。 ここまでのあらすじを読むと奇跡を起こすファンタジーだと思うでしょ [続きを読む]
  • マダムフローレンス・夢見るふたり
  •  社交会の花でありソプラノ歌手だったフローレンス・フォスター・ジェンキンスをモデルにした物語である。 フローレンスは実は音痴である。その事実は本人以外は皆知っている。夫のシンクレアは彼女を酷評する新聞を買い占めたり記者に賄賂を贈ったりと涙ぐましい努力をする。 実はフローレンスは梅毒を持っていてふたりは夫婦生活はできない。年下のハンサムな俳優あがりのイギリス人夫には当然のことながら愛人もいる。 財産 [続きを読む]
  • 秒速5センチメートル
  •  これも機内の中で見た映画。こんなアニメ映画があるとはつゆ知らず、ということで何の先入観もなく観た。 小学校で出会ったふたりが親の転勤で離ればなれになりそれでも文通を続け、中学生の時ふたりの距離がさらに離れる前に貴樹は明里に会いに行く決心をする。 折あしくその日は記録的な雪が降り積もり栃木行きの列車はどんどんと遅れ、時には止まり時には最終地が変更になったり。このまま突き進んだらこの日中には絶対に帰 [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランド
  •  こういう映画もミュージカルというのだろうか。歌といい踊りといいちょっと中途半端な感じがぬぐえない。映像がきれいと評判の映画だったけれど悲しいかな、こちとら機内の小さなモニターでの鑑賞である。まともには批判できないかも。 女優の卵とジャズマンの恋の物語で当初はまったく芽が出ない状態だ。 しかし、ふたりとも大きな夢がある。しかし、二人の恋愛が成就させるためには厳しい現実との妥協もやむを得ない。 その [続きを読む]
  • 月に囚われた男
  •  何の予備知識もなく観た映画である。 最初はB級SFなのかと思っていたけれどケビンスペイシーが声だけではあるが出演していたのでそうではないのだということがわかった。  そう、違うのである。 地球の資源が枯渇した後、月からエネルギーを供給するようになり地球は見事に復活。その月ではたったひとりの宇宙飛行士が3年の任務についている。 「こんな大切な地球の運命を担っているのに、たったひとりってありえないでし [続きを読む]
  • 今日のグレイス
  • ティラミスアボカドとホワイトチョコのパウンドケーキパンプキンケーキあんみつ ゴールデンウィークの合間の月曜日。29日に引き続き雨や強風が突発的に吹き荒れた日であった。いつものようにグループホームの方々が一番乗り。 庭にも若いママたちが。お子さんたちが帰って来るまでの息抜き。 雨が突然降ってきた!その後晴れたけど、また降りそうなので庭のテーブル席はこの通り。 [続きを読む]