xiaoq さん プロフィール

  •  
xiaoqさん: 香炉待薫記
ハンドル名xiaoq さん
ブログタイトル香炉待薫記
ブログURLhttp://xiaoq.exblog.jp/
サイト紹介文我承認我有
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/07/17 20:35

xiaoq さんのブログ記事

  • チャールズ・ダンス様の「マーリン」
  • ドラマMerlinにチャールズ・ダンス様が出演されているというので見てみました。「マーリン」はこのエピソードしか見てないので頓珍漢なことを書いてると思いますがファンの方お許しください。"The Witchfinder"という回でタイトルロールのウィッチファインダー・エレディアン(Aredian)を演じておられます。ウーサー王治世下のキャメロットにウィッチが出現したので、ウーサ... [続きを読む]
  • 「ザ・クラウン」The Crown
  • いまさらですが、「ザ・クラウン」The Crownを見ました。少し前に「ウルフホール」を見終えたところだったので、エリザベス2世役がクレア・フォイでびっくり。彼女は「ウルフホール」ではアン・ブーリンを演じていました。どちらも女王なのにぜんぜん違う。こんなに若いのにすごい演技力。「ウルフホール」でジェーン・シーモアを演じていたケイト・フィリップスがチャーチルの秘書役で出てたのもうれし... [続きを読む]
  • 『ザ・ガード〜西部の相棒〜』 The Guard
  • アマゾンによくThe Guardという映画をお勧めされます。リアム・カニンガムさんが出演しているせいなのですが、タイトルがぴんとこなくて、スルーしてました。日本語タイトルの『ザ・ガード〜西部の相棒〜』が混乱に拍車をかけているような・・・邦題を見て西部劇なのかな?とか思ってたのですが、実はアイルランドでは警察のことをポリスではなくGuardというのですね。(とごく最近知った... [続きを読む]
  • コミック版 A Clash Of Kings
  • ずっと発売を心待ちにしていた本がありましてGeorge R.R. Martin's A Clash Of Kings #1予告されてた表紙はこれスタニスが男前!原作準拠だから大柄で肩幅が広く、ザビエル禿ですね。すごく期待してて、発売後すぐにkindleで購入しました。・・・が・・・・中のスタニスが表紙と違う・・・表紙と中身は違う人... [続きを読む]
  • Dubliners (Audible)
  • なぜか「ブレンダン・コイル」の検索で来てくださるかたがいるので何かのお役に立つかと思い書いてみます。Audibleアメリカでジョイスのダブリナーズをダウンロードして聞いています。DublinersはAudibleだけでも数種類出てるのでどれにすればいいのか迷ったのですが、Harper Audio Editionにしました。各短編をそれぞれ違う朗読者が読んでくれます。ア... [続きを読む]
  • Audible退会しようとしたら引き止められた
  • Audibleアメリカにお試しで入っています。そろそろお試し終了の30日になるので退会しようとすると、「本当に退会するんですか?あと三か月7.49ドルで提供しますが続けてみませんか?」と解約防止されてしまいました。通常$14.95/月のところ三か月だけ$7.49/月・・・これはお得かも・・・としばらく続けることにしました。しかしそのまま継続してたら$14.95/... [続きを読む]
  • 美女と野獣のエマ・トンプソン
  • 美女と野獣めちゃくちゃ良い映画でした。アニメより実写のほうが楽しい。冒頭の白塗り王子の意地悪そうな笑顔がとても可愛かった。最後のブルーの衣装の王子もキュートだったわ、王子が愛らしいディズニー映画を初めて見た。最初のナレーターがエマ・トンプソンで物語の世界へいざなってくれます。主役ふたりのダンス場面もエマ・トンプソンが朗々と歌い上げるテーマソングで盛り上げてくれます。こ... [続きを読む]
  • Day17 栄えある御代 「氷と炎の世界」 Audible+kindle
  • (自分用メモなのでお構いなく)スタニス・バラシオンの出番が少なくて悲しいと思ったが、スタニスはまだしも名前が三回くらい出てきたのに、レンリーは名前すら出してもらってないと思う。スタニスが “I will not be a page in someone else's history book"って言ってた気持ちが分かるわ〜。今日の進み具合:チャプター41王位に... [続きを読む]
  • Day16 終わり 「氷と炎の世界」 Audible+kindle
  • (自分用メモなのでお構いなく)章のタイトルが「ジ・エンド」なんですよ・・・今日の進み具合:チャプター40鳥が飛び、早馬が走ってザ・ルビー・フォードの結果を告げました。報告を受けたエイリス二世(Aerys II)はドーンのルウィン・マーテル(Lewyn Martell)がレイガー(Rhaegar)王子を裏切ったと思い込みました。王は懐妊中のレイラ(Rhae... [続きを読む]
  • Day15 ロバートの反乱 「氷と炎の世界」 Audible+kindle
  • (自分用メモなのでお構いなく)「ロバートの反乱」って通称かと思ってたら正式な歴史的名称のようです。なぜ「バラシオンの乱」とかじゃないのか?笑う嵐と混同しないため?今日の進み具合:チャプター39以下この本に書いてあることを書き並べてゆくのですが、小説とかwikiの説明と違うところがあります。レイガー(Rhaegar)王子がライアナ・スターク(Lyanna S... [続きを読む]
  • 英語の発音は歯をむきだしに?
  • またアホなことを言っていますのでご笑覧ください。Work on Your Accentでお手本DVDと鏡に映った自分の口を比べてネイティブは常に前歯が見えていることに大衝撃を受けてからしばらく経ちました。その後、できるだけ意識して前歯をむき出しにするようにして発音すると、だいぶネイティブに近い発音ができてきたように感じます。最初は上手く歯を見せられず... [続きを読む]
  • リトルフィンガーの「ブリッツ」 Blitz
  • (ネタばれしています&恒例画像勝手に)ゲーム・オブ・スローンズのリトルフィンガーを演じているエイダン・ギレンが出ていると聞いたので「ブリッツ」を見てみました。非常にストレートなストーリーで、エイダン・ギレンは警官連続殺人犯「ブリッツ」です。伏線とかまったくなかった、そのまんま犯人。ロンドンが舞台なのでそれなりに冷え込むのでは?と思うのですが、なぜかいつも半裸です... [続きを読む]
  • Day11 笑う嵐の乱 「氷と炎の世界」 Audible+kindle
  • (自分用メモなのでお構いなく)今日の進み具合:チャプター35エイゴン五世(Aegon V)の最初の仕事はブラッド・レイヴンことブリンデン・リヴァーズを王の手から解任し、壁に送ることでした。直近のブラックファイアの反乱のときブラッド・レイヴンは赦免を餌に首謀者をおびきよせて殺してしまったのですね。王室の名誉に背く行為として処罰されました。エイゴン五世の兄エイモンが... [続きを読む]
  • Day10 エッグとダンクの時代 「氷と炎の世界」 Audible+kindle
  • (自分用メモなのでお構いなく)今日の進み具合:チャプター33〜34「七王国の騎士」のエッグとダンクの時代ですね。こんな背景があったのか!と驚くことがいろいろあります。デイロン二世の世継ぎの太子はベイロー・ブレイクスピア(Baelor Breakspear)。「七王国の騎士」の日本語訳では「槍砕きのベイラー」と訳されている人です。あの小説を読んだ人ならベイロー... [続きを読む]
  • A Little Princess
  • (ネタばれしています&恒例画像勝手に)リアム・カニンガムさんが出てるというので、A Little Princess(1995)を見ました。「小公女」が原作ですが、わりと自由なアレンジになっています。原作は19世紀のイギリスが舞台だったと思いますが、この映画では第一次大戦ごろのニューヨークに設定が変わってます。主人公の父も植民地経営者ではなく、一介の英国軍人です。主人公... [続きを読む]
  • Day9  愛人大杉問題「氷と炎の世界」 Audible+kindle
  • (自分用メモなのでお構いなく)一日一時間を目安に聴いていますが、日ごとに時間あたりの登場人物の数が増えている気がする。特に今日は愛人が900人もいたという王様の登場で愛人と私生児がインフレ状態です。今日の進み具合:チャプター29〜31ベイロー一世は妹のデイナ(Daena)と結婚していましたが、信仰に生きる王は女性の誘惑をさけるため王妃をThe Maidenvau... [続きを読む]