山田あしゅら さん プロフィール

  •  
山田あしゅらさん: 13番さんのあな ?介護家庭の日常?
ハンドル名山田あしゅら さん
ブログタイトル13番さんのあな ?介護家庭の日常?
ブログURLhttps://ameblo.jp/arahaka1962/
サイト紹介文完全同居の我が家。義両親の「認知症」に振り回されつつ、それでも楽しく暮したい主婦の介護日記。
自由文我が家は7人家族。難儀な『じいさん』と認知の『ばあちゃん』。その息子『だんな』。大学生・専門学校生の『長男』『次男』。高校1年の『三男』。そして『私』。こんな家族の日常をマンガを交えて紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2008/07/21 16:39

山田あしゅら さんのブログ記事

  • モンスター・2
  • じいちゃんはどうやらトイレに行っていたようで用を足して今からフロアに向かうところだった。 排便コントロールが上手くいかなくて入院前から散々苦労してきたけれど 老健で管理してもらうようになってから自然排便が出来るようになったみたい。 そう言えば入所手続きを行う際持参した浣腸を「当施設では使用しないので」と持ちかえらされた。でも、必要があれば摘便はするという。 どういうことなのか不思議に思っていたが服薬 [続きを読む]
  • モンスター・1
  • 昨日役所に問い合わせて郵送してもらうことになった受給資格喪失届の書類 送っていただいて助かるけどこういう時は早いんだね。 終わる時はなるほどカンタン。 さて今日は老健へ行ってきた。 先月の にらめっこ事件以来 面会するときは昼食直前を狙って行っていた。 ささっと用事を済ませ(洗濯サービスが頼んであるから用事らしい用事もないんだけどね。) 昼食開始をきっかけにちゃちゃっと帰る戦法だ。 しかしこの時間フ [続きを読む]
  • 受給資格喪失届
  • 早速役所の福祉課に電話してみた。 したらばね該当者(つまりじいちゃん)の氏名、生年月日を聞かれ照会した後 「受給資格喪失届を提出していただかないとなりませんので書類をご自宅に送らせていただきます。必要事項を記入後、こちらに送り返して下さい。」・・・だそうで。 皆さんのおっしゃる通り申請時はどえりゃ〜煩雑だったのに取り下げる時はアッサリしたモノ。 一体何なんだって感じにございます。 でもね福祉課の人 [続きを読む]
  • 最後の(?)在宅重度障がい者手当所得状況届
  • 何や長ったらしいタイトルでんな。 他の方の記事を読んで思い出した。 7月終わりにじいちゃんあてに届いたこの現況届けの書類。年に1回届くものだが 今回が最後の届出になる。 コトの始めは15年前。 難病指定の病気と診断がおり主治医に勧められ手続きに走ったあの頃。 窓口がどこであるか申請書類はどう書いたら良いのかどういった助成が受けられるのか全く分からないまま役所やら県税事務所やらを行ったり来たり。 思えば [続きを読む]
  • 外へ!
  • 盆休み大手の方はまだ続いてるよ〜って方もいらっさる?(お膝元のわりば市は今日もまだ交通量が少なめ) ばあちゃんのデイサービスは今日から再開である。ありがたや。 さてワタシはというと 今まで13番さんのW介護でおのずと行動は抑制され緊急出動・予定変更に備え待機することに慣らされてしまった。 まぁ家に居て何かコソコソやってる方が性に合ってたってことも なきにしもあらず。 ほぼ2人の監視と待機が主だった介 [続きを読む]
  • お盆中日
  • 巷はお盆。 我が家は『義』も『実』もどちらも新家。ほとけさんは今のところ実家の父だけである。 (父のお参りはいつも通りばあちゃんがデイサービスに行ってる土曜日に済ませた。) 他の方たちのブログを読んでいると皆さんお盆はそれなりに忙しく地方ごとの習わしに合わせてご先祖様をお迎えされているのだが 我が家の場合あまりそういうことと関わりがないままここまで来てしまった。 煩わしさはないし時代の変化、家族環 [続きを読む]
  • ガタガタ
  • 日曜日はとしお氏単独で 老健詣で。 実は先日面会した時 こういうやり取りがあったの。 自分の口元にスプーンを運んだり服のボタンをかけることすら おぼつかないじじ。 もちろん「すまんが直してくれ」もない。 どうやって堅くて小さいネジでとまってる眼鏡のつるが直せるというのか。 しかしまともにやりあってもムダな御仁。 だから と、丸投げしといたの。 で どうだったか? としお氏一応、修理道具持参で老健へ [続きを読む]
  • いつものクセ
  • 今日からお盆休みという方も多いかと。 山田家は こんな感じ。 まあこちとらとしては余分に昼ごはんのことを考えなくてもいいので そんな事を言ってたら 少々風邪気味のきんちゃんを預かることに。 医療・介護関係者もお盆休みは関係ないところが多いもんね。 きんちゃん今日は熱も下がって元気になったのでご安心くだされ。 お知らせ 『13番さんのあな』が本になりました→■7月28日より全国一斉発売開始 [続きを読む]
  • 2週間くらいしたら
  • じいちゃんのケガっすか? はい。 実は昨日無事抜糸が済みました。 これまで繰り広げられた武勇伝は数知れず。 よろけて居間のガラスを突き破ったり→■ 松の剪定をしていて 脚立から落っこちたり→■ 物を持って階段を降り残り3〜4段を 頭から落っこちたり→■ しかしそのたび事なきを得て 頭の線路(縫いあと)だけは増えていく。 目の周りの内出血も顔のシミにまぎれてそれほど目立たなくなってるし。 この年齢に [続きを読む]
  • ドナドナ・6
  • しかしまたどうしてじいちゃんは入所1か月も経ってから『ここ』がどこなのか聞いてきたんだろう? それはね先週水曜日 ベッドから落っこちて2針縫うという事態になった時 老健のフロアは大騒ぎになってすぐに別棟の病院に搬送したらしい。 それが結果的に入所後初の外出となったワケで。 気候のよい時ならいざ知らずこの連日の猛暑。体力の落ちた年寄りを外出させたらたちどころに ご昇天。 移動範囲がせいぜい別フロアのリ [続きを読む]
  • ドナドナ・5
  • じいちゃんが と言ったのはただ単純に 今自分が居る『ここ』が一体どこなのか?ということなのだ。 この老健に入所したのは先月6日 →■ 早くも1か月が過ぎた。 その間 ハンガーストライキありーの エレベーター前のろう城ありーの ベッドからの転落ありーの ・・・とネタには困らない じゃない・・・ハプニングの連続だ。 これまで散々じいちゃんに振り回されて来たワタシたちとしては もちろん介護は何年やったらオシマイ [続きを読む]
  • ドナドナ・4
  • じじの独演会は続く。 まぁ、内容は 8割がた『ドノクチガイウ星人』なモノばかりだったが・・・。 ほうほう。結構いいセンいってるんじゃん。 じいちゃんの行き先を探す際ケアマネージャーから2・3候補を挙げてもらって色々見学してきたんだが この老健に関してはとしお氏が一人で見学に行き 一番気に入ったのがこのリハビリ設備の充実度だった。 なんにせよじいちゃんのモチベーションはコレだけでもググッと上がるんじ [続きを読む]
  • ドナドナ・3
  • でもここまで来たなら仕方ない。服を置いてとっとと帰ろう。 目指すは整理棚。 範囲が広くなったセンサーマットを踏まないように・・・と、いうより この前のように じじが動く前にすぐ逃げられるよう身構えつつ ジリジリジリと整理棚に近づいていく。 あーあ。 つかまっちまった〜。 ただ今回じいちゃんは横になったまま。 起き上がる気配がないのでワタシはちょっぴり安心してベッドの頭側の椅子に腰かけた。 じいち [続きを読む]
  • ドナドナ・2
  • 車がないから展覧会へ行ったのももちろん自転車。 迷走台風の影響か風があるのはありがたいが11時で既に32度越えの暑さだった。 これから老健に向かわねばならないと思うと暑さも倍増だよっ。 家につくと段ボールにしまってあるじいちゃんの長袖服を何着か引っ張り出す。 ・・・ああ。衣替えのたびに持ちあがるこの感情。 そのまま再び自転車に乗って 老健へ。 老健までは車で行けば10分くらいなんだけど道中結構な勾配 [続きを読む]
  • ドナドナ・1
  • 昨日はばあちゃんを送り出した後出品した公募展を見に行った。(あ、今年は入賞ならず。来年がんばりましゅ。) 観賞中携帯のマナーがブーブー。 今回は周りが静かだったからすぐに気が付いた。(逆に響くからちょっと気マズいけど) 急いで目立たないところまで走り見ると 「太郎さんが寒いとおっしゃって落ち着かれません。長袖の服を持ってきていただけないでしょうか?」 じいちゃんは寒がりだ。特に夜間は冷えるような [続きを読む]
  • 待っていたかのように
  • 月曜日にはばあちゃんも帰ってきて山田家は通常営業に戻った。 ・・・てな感じで。 昨日は朝から用事があってばあちゃんをかめさんに送り出したあとすぐに出かけたんだが ひと段落して携帯を見ると 着信履歴が 老健で埋まっていた。 着信音が支障のある用事でバイブ設定にしておいたため全く気づかなかったのだが・・・。 こういう場合大概良い知らせではない。 急いで電話をかけると ありがち代表格のような緊急連絡。 [続きを読む]
  • 素直になれなくて
  • 怒涛の盆と正月が一時にきた感じだった28日(発売日)29日・30日(温泉旅行) 過ぎてしまえばあっという間である。 それにしてもね全員が出かけて泊まって来るってのは10年以上なかったことじゃないだろうか?(ワタシ単独とかとしお氏単独とかはあったけど) 誰かしらが家にいるシチュエーションに慣れてしまっているので 出発する時2人とも異様に緊張してるのがおかしかった。 そうそう。 リクエストがあったので( [続きを読む]
  • 還暦祝い
  • ブログコメントやいいねと共に皆さん本当にありがとうございます。 初体験の書籍化にそれこそどんな事件が待ち受けているのか・・・いや、フタを開けたら あらトホホになるのか ドキドキの発売日も過ぎはや3日。手に取って読んで下さった皆さんに感謝感謝です。 感想、ご意見まだまだお待ちしております。どうぞよろしく。 さてさて ブログの方は土日お休み。 実はとしお氏、一郎、二郎、さくらちゃん、きんときクン三郎、あし [続きを読む]
  • チクンと痛い
  • たくさんのコメントありがとうございました。 とにかく自分の書いたものが本になり多くの人が読んで下さるなんていう人生初の出来事に筆者は何だかずっとふーわふわしていました。 本では在宅介護と銘打ってはあるけれど 老健に入所して3週間が過ぎたじいちゃん。ショート入所を含めると4か月の月日が過ぎた。 ショートから老健に移る際 ・・・なんてコトを言っていて おそらく一日千秋の思いで家へ帰ることを待っていたん [続きを読む]
  • 転がるに任せ
  • 行く方向も分からないままゴロンゴロンと同時に転がり始めた2つの岩。 3月8日に入院したじいちゃんは26日に退院 すぐにショートステイまんねんにロングステイすることになった。 ワタシの方はというと書籍化の企画が通り「んじゃ、一度お会いして打ち合わせを」ということに。 現在はメールという実に便利な道具があるのでほとんどの連絡はこれだけでことたりてしまう。でも1回くらいは実際に会って直接話さなければお互い [続きを読む]
  • ミエナイチカラ・3
  • 思いがけないじいちゃんの緊急入院に 長きにわたる山田家介護ここへ来て風雲急を告げる・・・てな感じ。 思いのほか病状は重く担当医から3週間の入院を告げられるや すぐにヨメのアタマに浮かんだ予想はこんなカンジ。 じいちゃんとしては不本意極まりないアクシデントも この入院に関しては言っちゃなんだが ヨメサイドには千載一遇のチャンス。・・・結果的にはね。 周りの人からどんだけ「ここまでやったんだから、もうい [続きを読む]
  • ミエナイチカラ・2
  • 思いがけないとしお氏の後押しに勢いづいたあしゅらサン。 さっそく出版社に返事を送った。 ・・・ドキドキしながらね。 折り返し返信が来て『社内で検討し、承認が出た後連絡いたします。』とのこと。 ところが連絡はなかなか来ない。 1月が過ぎ2月に突入。 その頃山田家はというとじじのサ高住入居をおしすすめたものの 見事玉砕していた頃→■ まぁ、想定内の結果だったとはいえあまりの八方ふさがりぶりに正直かなり落 [続きを読む]
  • ミエナイチカラ・1
  • 『13番さんのあなを、本にしたいと思うがいかがでしょうか?』 アメブロのメッセージ機能は一定期間しか保存出来ないので残念ながらそのメッセージは残ってないけど大体そんな連絡だった。 書籍化のお話は初めてというわけではない。けれどこれまではあまりその気になれずお断りしていた。 このお誘いをいただいた時の心情が『これまで』と違っていたのはなんだったんだろう? イライラ鬱憤MAXから少しでも抜け出したい気 [続きを読む]
  • 笑顔が消えてたころ
  • ケアマネなーさんから と、言われた。 なーさんいわくちょっと前までワタシから笑顔が消えてたって。 もちろんワタシの笑顔を奪う原因のほとんどが じいちゃんであったことは間違いなく だからなーさんが13番さんのショート定期利用を強く勧めたり→■ その前には二郎がじいちゃんにどうかとサ高住のパンフレットを持って来たりしたワケなのだ。→■ (仕事の関係でなーさんの事業所によく出入りしている二郎も一緒に随分心 [続きを読む]
  • ライフプラン?それってウマいのか?
  • ちょっと前の話になるが 老健入所にあたり着替えを何着か準備しなくてはならなくなった。 ところがさ入院からこっち 激ヤセしてしまったじいちゃん。 その後 旺盛な食欲で持ち直したものの年寄りのこととて落ちた筋肉は簡単には戻らない。 特に腹周りから下の落ち方は顕著でズボン下やズボンなどはサイズダウンを余儀なくされたワケである。 もっとも奇しくも入院直前にサスペンダーを卒業したじいちゃん。→■ この時ネット購入 [続きを読む]