山田あしゅら さん プロフィール

  •  
山田あしゅらさん: 13番さんのあな ?介護家庭の日常?
ハンドル名山田あしゅら さん
ブログタイトル13番さんのあな ?介護家庭の日常?
ブログURLhttp://ameblo.jp/arahaka1962/
サイト紹介文完全同居の我が家。義両親の「認知症」に振り回されつつ、それでも楽しく暮したい主婦の介護日記。
自由文我が家は7人家族。難儀な『じいさん』と認知の『ばあちゃん』。その息子『だんな』。大学生・専門学校生の『長男』『次男』。高校1年の『三男』。そして『私』。こんな家族の日常をマンガを交えて紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供252回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2008/07/21 16:39

山田あしゅら さんのブログ記事

  • 初めてのゴハンと特製スプーン
  • 担当医の説明←コレの続きだす。 翌日は正午ごろ病室へ。 ベッドの傍らには病院スタッフがいてちょうど何やら聞き取りをしているところだった。 じいちゃんはまだ時折咳き込むものの前日よりはかなり状態が良くなっており しきりとハラヘッタを繰り返す。 まぁ一昨日、晩ごはんを食べ損ねてからず〜っと何も食べてないからさもありなんだが 昨日まで死にそうだった人が何を言うハ [続きを読む]
  • 【リアルタイム報告】本日退院
  • ブログではやっと担当医の説明場面となったとこですが 実は本日 じいちゃん退院の日を迎えました。 あれからホント 紆余曲折。 でもまぁ双方何とか 一応元気にこの日を迎えたのでごじゃります。 さて じじの身の振り方とヨメの運命や如何に。 まずは ご報告まで。 前回の続きについては 次回書きますね。&nbs [続きを読む]
  • 担当医の説明
  • 担当医の説明はお昼から(午前は外来診察があったりするのでね) ばあちゃんを送り出してすぐ家を出たけど 待ったり 運んだり 説明聞いたり 買い物したりしているうちに あら、お昼。 周りにな〜んにもない病院。どこで時間をつぶそうかな〜なんて思っていたけど取り越し苦労だったわ。 呼ばれて向かったのは小さな個室。 初めて会った担 [続きを読む]
  • 病棟への移動
  • 翌日9日は病棟へ移るので10時半ごろ救急外来へ来てほしいとのこと。 その後に担当医の説明があるそうな。 としお氏は仕事が休めずワタシ一人で行くことに。 幸い木曜日だったのでばあちゃんはかめさん。 送り出したあと急いで病院に向かった。 じいちゃんが搬送されたのはわりば市で一番大きな公立の病院だけど 相変わらず駐車場はどこも満車。 余裕をもって早めに出たのに車を [続きを読む]
  • じいちゃん入院までの話・9
  • 長々とダラダラと9まで続いちゃったけど入院までの話は今回が最終回。 しばらくすると一郎が帰って来た。 としお氏の回収と 入院の準備品を持って行かなくてはならない。 最初一郎に行ってもらうつもりだったが(夜間の運転がワタシゃ苦手なんだよ。) やっぱりワタシが行くことにした。 でもねこれが正解。 搬送された病院に着くとじいちゃんはまだ救急外来の [続きを読む]
  • じいちゃん入院までの話・8
  • 救急車が出るまでずっと付き添ってくれていたスギヤマさんも帰り 家にはばあちゃんとワタシ二人だけが残った。 今回としお氏が家に居る時でホントに良かった。 じいちゃんがトイレで倒れた時だって ワタシ一人じゃ 助けるどころか共倒れになってたかも知れない。 うろたえてしまって訪問看護ステーションに連絡することもままならなかっただろう。 [続きを読む]
  • じいちゃん入院までの話・7
  • 救急車を呼ぶことに関しては ばあちゃんの骨折では乗車拒否された苦い経験があるし→■ じいちゃんに関してはそれより以前階段で転倒した時頭カチ割れてるのにも関わらず救急搬送しなかったばかりにエラい目にあった経験があるし→■ ・・・とまぁ枚挙にいとまがない。 全ては結果論だがホントシロウトに判断は難しい。 その上要介護の高齢者は救急車を容易く呼ばない方が・・・という意見も散見す [続きを読む]
  • じいちゃん入院までの話・6
  • 訪問看護ステーションに電話すると電話口に出たのは以前ばあちゃんがお世話になったスギヤマ看護師さんだった。→■ おそらくイノウエさんから伝達があったんだろう。 一声発すると ワタシと分かってかすぐに返事が返って来た。 じいちゃんがトイレで気を失ったこと今は車いすに座らせていることとしお氏も家に居ることなどを伝えると と、指示。 と、心強い。 13番 [続きを読む]
  • じいちゃん入院までの話・5
  • しばらくするととしお氏が帰って来た。 ばあちゃんは既にかめさんから帰って来ている。 そして晩ごはんの支度も終わりちょうど13番さんととしお氏を呼ぼうとした時だった。 今度はじいちゃんがトイレに向かった様子。 介助をとしお氏に頼み 「立ってトイレに行けるなら大分落ち着いたのかな〜」なんて思いながら二人分のお茶にトロミをつけていると トイレの [続きを読む]
  • じいちゃん入院までの話・4
  • この記事実際より10日以上経って書いてるからこうだったかも、ああだったかもと気づくことばかりだが 渦中はことの重大さにすら気づかずいつものことと見過ごしてしまうことが多い。 前夜のむせ込みも夜中の錯乱も嫌がるトロミの水分摂取も ちょっと注意していれば何とかなったことかも知れないのだ・・・が。 相変わらず咳き込み激しく具合の悪そうなじいちゃんを心配しつつワタシは外出 [続きを読む]
  • じいちゃん入院までの話・3
  • 結局その日もじいちゃんはつるさんお休み。 3月は1日(水)、2日(木)に行ったきり。月火はもともとつるさんの利用がないからもう、6日もずっと家に居るってことになる。 厄介なことこの上ないご仁。 体調が思わしくないと余計厄介。 ご飯はオカユにしろと言いつつもトロミは拒否のわがままじじ。 まったくもうこのカマッテチャンめ。好きにしなはれ。 実 [続きを読む]
  • じいちゃん入院までの話・2
  • 居間がどのようにぐっちゃぐちゃだったかというと ゴミ箱はひっくり返りじいちゃんのポータブルトイレは方向が変わりソファーに掛けられていたタオル(おしっこ除けの)はあらぬところまで吹っ飛び・・・ 何よりじいちゃん。布団はかろうじてかかっていたものの毛布はベッドから大分離れた窓辺に落っこちていた。 その上ばあちゃんの布団まで引っぺがした形跡が。 で、当のじいちゃんはというと &n [続きを読む]
  • じいちゃん入院までの話・1
  • 長々と更新止まってご心配かけました。 早速入院までのいきさつをお話ししたいと思うのだが 話が前後すると分かりにくいので前々回の→■続きから始めるとしよう。 入院話に到達するまでちとかかると思うし現在進行中の出来事なので諸般の事情により途中中断のおそれもアリ。 どうか気長にゆる〜く読んでくだされ。 全力のXディ阻止とタムラ先生に出してもらったクスリに [続きを読む]
  • じいちゃん入院
  • びっくりしたよねぇ。 ワタシもびっくりした。 しばらく落ち着かない日が続くかと思います。 ブログもしばらくお休みします。ごめんなさい。 詳細については書けるようになったらまたボチボチと。 [続きを読む]
  • 食べる人は基本強い
  • ばあちゃんの平熱(腋の下)はいつも35.5℃前後。 38℃以上上がったのは久しぶりだ。 タムラ先生からは風邪薬の他頓服(とんぷく)も出ていた。 頓服は出来たら空腹で服用しない方が良いらしい。 そこで少しドロドロのおじやをひと口ふた口。(こんな時でも食べようとするんだ。ばあちゃんは。) ・・・そうそう。この後しばらくこの前の記事→■にアドバイスいただいて買い込ん [続きを読む]
  • 緊急訪問診療
  • 帰ってきたばあちゃん。 もちろんグダグダで車いすから立ち上がることさえ難しい。 送ってきてくれたかめさんのスタッフがベッドまで運んで寝かせてくれなかったらワタシ一人で途方に暮れてただろうなぁ。 スタッフが帰ったあと 早速タムラ先生に電話したところ40分くらいで来てくれることに。 ありがたやありがたや 訪問診療はありがたや。 去年の今頃はまだ 二人の通院を [続きを読む]
  • かめさん早引き
  • 電話をくれたのはかめさんの看護師さん。 「朝のバイタルチェック時には平熱だったんですが入浴後から徐々に熱が上がって来て昼食前には38度に・・・。」 年寄りと子どもはさっきまで元気だと思っても次の瞬間大丈夫じゃないのはよくあること。 今思えば前兆もあったにゃあったが これまた普段よくあることだから見落とされがちの上 認知症の人は自分から不調をアピール出来ないので見極め [続きを読む]
  • ありがたや
  • 木曜日 じいちゃんはめでたくつるさんへ。 でもさぁ日・月・火・水曜日と家にこもってたら じじ 外出用の上着の着方を忘れたっちゅう。 やっぱダメだね。 お出掛けしないと刺激がなくて。 ありがたやありがたや つるさんかめさん デイサービスはありがたや。 とは言えその間どこへ出かける用事も作ってない。 そんなこんなで 正午前 &n [続きを読む]
  • はぁぁ
  • 実を言うと本日じいちゃんつるさん休んだ。 朝起きて来ると あらま。 実際は こんなん。 そうすっと ってなるご仁。 今、ヘタにお医者なんかに行ったらインフルエンザの餌食でございますわよ。 今朝は熱もないし 前日の訪看イノウエさんからも特に心配ないと言われてるし。 でも大事を取って つるさんお休み。 ・・・行って行けないこ [続きを読む]
  • マッチ出動
  • 壊れたテレビは結局メーカー送り 今日メーカー修理担当者が引き取り代わりに代車ならぬ代テレビを置いて行ってくれた。 それにしても 家に来る前打診があって 11時に来るという。 10時半までじいちゃんの訪問看護があるのだよ。 この頃じゃ来訪者といえば介護関係者ばかり。 皆さん実情が分かってるから良いようなものの←それでも申し訳ないが 知らな [続きを読む]
  • どっちがホントか分からなくなってきた
  • 買って1年のテレビが壊れ 早速今日家電量販店の修理担当の人が来てくれたけど 結局テレビは直らず。 メーカー修理担当に改めて来てもらうことになった。(場合によっては新しいものと交換になるかも知れないらしい) テレビは今日もみられない。 しかしテレビの不調を映すかのごとく 今朝からじいちゃんの調子が悪い。 どうやら咳は昨晩から出ていたようなんだが&nbs [続きを読む]
  • みてるフリ
  • 今朝居間のテレビが壊れた。 一郎がネットで調べ電源ケーブルを一時抜いたりスイッチを入れなおしたり 色々やってみたけどやっぱダメ。まだ購入してちょうど1年。→■ 早過ぎね? 家電量販店の保証期間内なので早速電話して明日の修理をとりつけた。 でも今日1日テレビがない。 この頃のじいちゃん。 テレビはつけても画面をみてることはほとんどない。 [続きを読む]
  • 迷惑でしかない
  • ・・・いやなにがって? 昨日実施された(らしい)話題のプレミアムフライデーってやつがさ。 先日出直しを命じられた自立支援の更新手続き→■ 火曜日に診断書が出来たと連絡があって水曜日にクリニックにもらいに行き今日金曜日午後から再度保健所へ。 したらばさ 駐車場が満車じゃあ〜りませんか。 土日ならいざ知らず平日のこんな時間に広い保健所の駐車場が一杯になるなんて [続きを読む]
  • 薬についてのアレコレ
  • たっくさんのおめでとうコメントありがとうございました。 さて本日のネタはばあちゃんの薬について。 1月訪問診療のタムラ先生に相談し 認知症治療薬の服薬を中止して→■約1か月半が経った。 途中『覚醒』行動があったりして→■ びっくりしたけど その後はだんだん落ち着いて来てじいちゃんの後追いもほとんどなくなった。 ただね以前のような 左右の [続きを読む]
  • 気がついたら
  • 日付がかわってて あらま。55歳になったワワタシ。 まさかねぇ自分が55になるなんて。 四捨五入したら立派なアラカンよぉ。 奥さま。 一郎が30だから結婚してから31年 はい。生まれはS37にございます。 思えば遠くに来たもんだ。 神サマそろそろ解放してくれても いんじゃない? [続きを読む]