ymatsu さん プロフィール

  •  
ymatsuさん: 和紙クラフト by ymatsu
ハンドル名ymatsu さん
ブログタイトル和紙クラフト by ymatsu
ブログURLhttp://washicraft.com/
サイト紹介文和紙素材による季節感ある作品をアップしていきます。
自由文和紙造形作家。和紙クラフトによる創作をしています。
和紙の花・人形・和紙画など立体と平面によるさまざまな表現により、和紙それぞれの特性を活かして日本の四季を中心に描いていきたいと思っています。
また、和紙についての話や提案なども紹介しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2008/07/22 22:31

ymatsu さんのブログ記事

  • 山桜
  • 桜の季節。白色の花と同時に開く赤みを帯びた若葉との取り合わせが清雅な山桜。和紙の落ち着いた色合いと柔らかさによって立体感ある桜の図絵として表しました。“Wild cherry blossoms”にほんブログ村 [続きを読む]
  • たんぽぽ
  • 鮮やかな黄色い花と綿毛のついた種子の姿が愛らしい春草。身近な春の花として親しまれてきました。力強さを伝える葉と繊細な構造の花を和紙のしなやかさと強さを生かして表しました。”Dandelion”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 芽生え
  • 冬の間、すっかり葉を落とした落葉樹の枝先に若葉が開き始め、春の息吹を伝えます。生命の躍動感ある芽吹きの季節を和紙によるシジュウカラと枝で表現しました。”Green shoots”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 貝母
  • 淡い黄緑の花を咲かせる清楚な春の花、バイモ。 小さな花びらを柔らかな風合いと染色の手漉きの板締和紙に網目紋を描き入れて表しました。落ち着いた佇まいのバイモを和紙を象った蛤にあしらい飾りました。”Fritillaria”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花うさぎ ーすみれー
  • 花の妖精をうさぎの形で表したシリーズ。古来より、春の野に咲く姿が愛でられてきたすみれ。なかでも紫の花色のすみれをグラデーションの和紙でイメージしました。和紙の柔らかな質感によって春の花の精、すみれを表しました。“Flower Rabbit”(Violet)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 古き砌(みぎり)に
  • すみれ咲く奈良の都のあととては 礎(いしずゑ)のみぞ形見なりける (源 仲正)Sumire saku nara no miyako no ato tote ha isizue nomi zo katami nari keru (Minamoto no nakamasa)奈良の都の跡に残る建物の礎が、古を偲ぶ形見として残っています。その傍らにひっそりと可憐なすみれが咲いています。平安時代末期の長承三年(1134年)頃、院政の時代に鳥羽院の近臣であった藤原為忠(ふじわらのためただ)が催した『為忠家 [続きを読む]
  • 菫菜(すみれ)
  • 古来より歌に詠み継がれてきた「すみれ」。『万葉集』で山部赤人(やまべのあかひと)が、春の野にすみれ摘みにと来しわれそ 野をなつかしみ一夜寝にけると詠まれたように「すみれ」の花は、春の野を想い起こす景物として人の心を捉えてきました。平安時代、春の景物を伝える歌題として「菫菜(すみれ)」は受け継がれました。平安時代に編まれた勅撰和歌集の春歌の歌題では、末期に藤原俊成(ふじわらのとしなり)が撰者となり編 [続きを読む]
  • 岩根絞椿
  • 濃紅地に白斑が入る華やかな岩根絞(いわねしぼり)椿。紅白の対比が花の表情を明るく引き立てます。しっかりとした厚みと柔軟性のある和紙を選び、ボリュームのある八重咲の花の風情を表しました。Camellia japonica “Iwane Shibori”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「もののあはれ」に想う
  • 恋せずは人は心もなからまし もののあはれもこれよりぞ知る (藤原俊成)Kohi sezu ha hito ha kokoro mo nakara mashi mono noahare mo kore yori zo shiru(Fujiwara no Toshinari)平安末期を代表する歌人の一人、藤原俊成(ふじわらの としなり)の家集『長秋詠藻(ちょうしゅうえいそう)』にある一首です。この歌の詞書に左大将の家に会すとて、歌加ふべきよしありし時、恋歌とあり、歌会で「恋」を題とした一首として詠ま [続きを読む]
  • 扇面「翁草」
  • 春の山野草、オキナグサ。うつむき加減に臙脂(えんじ)色の落ち着いた花色の花と繊細な葉を広げて、穏やかな春野の風情を伝えます。 柔らかな質感の和紙と色合いで表しました。”Pasqueflower”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 藪椿
  • 晩秋、清雅な白い花に始まり、春には華麗な紅色の花が多くみられる椿。春の椿の季節。素朴で明るい藪椿を和紙の色合いで表し、質感の異なる和紙を組み合わせた立体感ある花包みにあしらいました。” Camellia wrapped in washi paper ”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 一日講座のご案内「紫陽花」
  • 一日講習会のご案内「 紫陽花 」2017年 5月4日 10:00〜12:00 小津和紙 ( 東京日本橋 http://www.ozuwashi.net/ )  瑞々しく変幻の色を見せるアジサイ。夏に向かう季節、爽やかな印象のアジサイを青系統の和紙を中心に配色と配置の仕方によって生命感を伝えます。白い和紙のフレームにアレンジし、立体感あるボタニカルアートとして愉しんでいただける形に仕上げます。講座のお申し込み・お問い合わせは、 [続きを読む]
  • 桜橘雛
  • 京都御所の紫宸殿(ししんでん)前に植えられている左近の桜・右近の橘に由来する桜橘。上巳の節句の雛飾りとして添えられてきました。御所風の雅な佇まいを伝える桜橘は、春から夏への季節の移ろいも伝えています。桜橘を吉祥を込めた亀甲花菱文様の友禅紙を衣装にした立雛に表しました。“Flower doll”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 雛調度
  • 雛飾りを楽しく引き立てる雛道具。女雛の雛の調度品として、箪笥(たんす)や鏡台など人形の大きさに合わせて作られてきました。『源氏物語』第7帖「紅葉賀」には、紫の上が幼いころ、人形遊びのための小さな調度がしつらえられていたことが書かれています。江戸時代、武家や公家をはじめとして町家の雛飾りのなかに内裏雛の雛調度が揃えられるようになりました。精巧で華麗な雛調度には、平安時代の雅への憧れ、そして平安時代の [続きを読む]
  • 夕暮れ
  • 夕暮れ時。穏やかな時間の流れるなか、安らかに眠りにつく猫。猫のふんわりとした毛並みの質感と毛色の変化を柔らかな風合いの極薄口の和紙を生かし、丸みと凹凸のある体の特徴を表しました。座布団には、縮緬状に加工された豆絞りの友禅紙を使いました。“Peaceful”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 紅梅
  • 華麗な花色で早春を艶やかに彩る紅梅。『万葉集』の時代、白梅の白さが賛美されました。平安時代になると、白梅に加えて紅梅が愛でられました。『枕草子』のなかで清少納言は、「木の花は 梅の濃くも薄くも紅梅。」と木の花の第一に紅梅をあげています。紅梅は、濃淡いずれの花色も素晴らしいと評しています。また、『源氏物語』のなかで紫式部は、紫の上を通じて紅梅への愛着を語っています。紫の上は最愛の孫にあたる匂宮に大切 [続きを読む]
  • 春の夜
  • 霞みゆく おぼろ月夜の 有明に ほのかにかをる 梅の下風 ( 御室五十首:藤原 有家 )Kasumi yuku oboro dukiyo no ariake ni honoka ni kaworu ume no shita kaze(FUjiwara no Ariie)おぼろに霞む月が残っている夜が明ける頃、梅の花の下を吹く風がほのかに香りを伝えています。『古今和歌集』以来、春の闇夜に香る梅を愛でた歌が多く詠まれてきました。「御室(おむろ)五十首」にある一首を詠んだ、藤原有家(ふじわらのあり [続きを読む]
  • 白梅
  • 清楚な中にも凛とした強さを感じさせてくれる梅。一重の白梅を手漉き和紙の光沢感のある白色によって表し、短冊にあしらいました。”Ume”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 早春
  • 早春、地面を覆うように広がる可憐なスミレ・スノードロップ・クロッカスを和紙の色合いによって表現しました。清々しく躍動感ある季節を伝える小さな早春の花を和紙の花包みに取り合わせました。”Early spring flowers”にほんブログ村 [続きを読む]