ymatsu さん プロフィール

  •  
ymatsuさん: 和紙クラフト by ymatsu
ハンドル名ymatsu さん
ブログタイトル和紙クラフト by ymatsu
ブログURLhttp://washicraft.com/
サイト紹介文和紙素材による季節感ある作品をアップしていきます。
自由文和紙造形作家。和紙クラフトによる創作をしています。
和紙の花・人形・和紙画など立体と平面によるさまざまな表現により、和紙それぞれの特性を活かして日本の四季を中心に描いていきたいと思っています。
また、和紙についての話や提案なども紹介しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供211回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2008/07/22 22:31

ymatsu さんのブログ記事

  • 紅額紫陽花
  • 楚々とした風情の紅額紫陽花。白い小花の集まりの両性花(りょうせいか)を囲む装飾花が、白色から濃紅色へと次第に花色を深めていきます。可憐な花色とほかほかとした優しい咲き方は、薄暗い梅雨の季節に辺りを明るい空気に包みます。白から紅色へと移ろう花の風情を濃淡がはっきりと染め分けられた和紙によって表し、素朴な味わいの和紙の花包みにあしらいました。”Hydrangea”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 紅茅(べにちがや)
  • まっすぐに伸びた葉先の紅色が爽やかな草姿のベニチガヤ。高さを約14cmに縮小し、繊細な色合いの和紙の取り合わせと楮の繊維の長さ、しなやかさ、光沢感などの特性を生かし、葉の表情を表しました。水辺の涼感をイメージして下草にシダをあしらい、草盆栽風に仕立てました。”Imperata Red”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 黒百合と蛍袋の花包み
  • 黒褐色の花色が神秘的な黒百合。うつむき加減に咲く姿が楚々とした佇まいの蛍袋。それぞれに花を引き立てるように葉の風情も野の趣を感じさせてくれます。数種類の和紙の取り合わせによって花の個性を引き出し、抑えた色合いの和紙を重ねて折った花包みにあしらいました。“Kamchatka lily・Hotarubukuro”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 蕺草(どくだみ)
  • 身近な夏の花、ドクダミ。白い花弁のようにみえる葉が変化した苞(ほう)は、清々しい印象で目をひきます。すっきりとした素朴な野の花の風情を手漉き和紙の繊維を生かして表し、短冊にあしらいました。“Houttuynia cordata”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 山法師
  • 新緑の季節、白い花が枝を覆うように咲く姿が爽やかな印象の山法師。白い花びらのように見える総苞片(そうほうへん)と花の中心の球状になって咲く小花の集まりを和紙の風合いで表し、竹の花器にあしらいました。“Japanese Dogwood”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 山紫陽花
  • 繊細な花と細やかな葉が楚々として、爽やかな風を感じる山紫陽花。青系統の和紙の濃淡によって花の立体感と表情を出しました。”Hana-Shikishi Hydrangea”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 蛍袋
  • 釣鐘状の花が可憐な蛍袋。夏の花らしい透明感のある、柔らかな花の形状を手漉き和紙の白色で表しました。野趣ある斑点は描き入れ、短冊にあしらいました。“Hotarubukuro”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 新緑
  • 新緑に始まる緑の季節。和紙の繊維を生かして毛並みを表した柴犬の背景に和紙による新樹をあしらいました。柴犬の高さは6cmほど、新樹の青葉は1cmほどの大きさです。“Fresh leaves”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 野薊・小紫陽花
  • 凛とした野趣ある姿と優しい花の風情を併せ持つノアザミ。素朴で可憐なコアジサイ。それぞれに花の構造は、繊細で優美なものがあります。和紙の繊維の強さと染色によって花の特徴を表し、短冊にあしらいました。” Japanese thistle・Hydrangea hirta”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 憩い
  • 穏やかな時間。ネコの毛並みを茶系の染色に変化のある手漉き和紙により、高さ6cmほどの大きさで表しました。”Relaxation”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 木の間の月
  • むらむらに咲ける垣根の卯の花は 木の間の月の心ちこそすれ (千載和歌集:藤原顕輔)Muramura ni sakeru kakine no u no hana ha  ko no ma no tsuki no kokochi koso sure(Senzaiwakashū:Fujiwara no Akisuke)夏を告げる垣根の卯の花が点々と咲き乱れる光景を木々の間から漏れる月の光に見立てた一首。一首を詠んだ藤原顕輔(ふじわらのあきすけ)は、平安末期の歌人で『千載和歌集』の一つ前の勅撰集、『詞花和歌集』の撰 [続きを読む]
  • 卯の花・丁字草
  • 卯の花と呼ばれ、夏の到来を告げる白い小花が印象的な空木(ウツギ)。青い星形の花が清楚な初夏の山野草、丁字草(チョウジソウ)。卯の花と丁字草の優しく繊細な花と葉のそれぞれの特徴に合わせた和紙素材を取り合わせて表し、短冊にあしらいました。”Deutzia・Japanese Bluestar”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 鉄線
  • 初夏、しなやかな大輪の花と蔓の描く線の取り合わせが涼やかで優美な鉄線。薄紫の和紙のしっとりとした風合いによって星形の花の風情を表し、扇子にあしらいました。“Clematis”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 一日講座のご案内「撫子」
  • 和紙クラフト一日講座 「 撫子 」2017年 7月17日 海の日(月)10:00〜12:00小津和紙 ( 東京日本橋 http://www.ozuwashi.net/ ) 夏から秋にかけて季節の移ろいを伝える、可憐なナデシコ。風に揺らぐ姿が優美な秋草として親しまれてきました。たおやかで優しい風情を持つナデシコの特徴を易しく簡略に表現します。カワラナデシコをイメージした花の大きさと愛らしさを和紙のグラデーションによる花色の変化 [続きを読む]
  • 躑躅
  • 花の先端が5つに分かれた形状の柔らかさと鮮やかな花色で華やかに新緑の季節を彩るツツジ。丸みのある明るい緑の葉は、花をくっきりとみせて引き立てます。朱色の大輪のツツジを和紙の柔らかさと鮮明な染色によって表し、陶器にあしらいました。“Azalea”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 五月
  • 端午の節句に向けた童を題材とした一作。人形の高さは9cmほどです。ふっくらとした柔らかな皺(しぼ)のある揉み紙を衣装に選び、子どもらしさと温かみを伝えたいと思いました。“Boys’ Festival”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 短冊 柳
  • 柳の若葉の浅緑が清々しく感じられる季節。しだれ柳のしなやかなやかで風に靡く様を和紙の柔らかな色合いと質感で表し、短冊にあしらいました。”Willow”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花水木
  • 新緑の季節、葉に先立って枝先に花をつけるハナミズキ。白や薄紅色の花が枝一面を覆うさまは、遠目で見ても華やかで勢いある季節を感じます。日本には、米国に桜の苗木を贈った返礼として大正時代に渡来しました。今では春の花木として普及し、街路樹によく利用されています。ひらひらとした軽やかな印象の花を紅色のグラデーションの和紙で表し、扇子にあしらいました。”Flowering dogwood”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 暮春
  • 暮れてゆく春の湊(みなと)は知らねども 霞に落つる宇治の柴舟(新古今和歌集:寂蓮)Kure te yuku haru no minato ha sirane domo kasumi ni otsuru uji no siba bune(Shinkokin Wakashū:Jakuren)過ぎ去ってゆく春の行方を宇治川を下る柴を積んだ舟の泊まる湊にたとえ、惜春の想いを詠んだ一首。一首を詠んだ寂蓮(じゃくれん)は『新古今和歌集』の撰者の一人でもあります。寂蓮の一首は、紀貫之の次の歌が本歌となっています [続きを読む]
  • 新緑の爽やかな季節を彩る藤。紫の和紙の濃淡によって花房の表情を出し、立体感ある花扇画にアレンジました。“Wisteria”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 枝垂桜
  • 透明感のある淡い色合いの和紙を花びらに使い、花径を1.5cmほど、樹高を10cmほどの大きさに縮小し、小さな鉢に仕立た一作。繊細で流動感ある枝ぶりを和紙の繊維の強さと柔らかさによって動きを出しました。”Cherry Blossoms”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 白山吹
  • 山吹に似た4枚の花びらの形状が優美な白山吹。清楚な花と緑の葉色との対比が爽やかな印象です。和紙の色合いと風合いによって柔らかな花の風情を表し、陶器にあしらいました。”Rhodotypos”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 貝合わせ 「山吹」
  • 鮮やかな花色の山吹。春の陽光を受けて輝く赤味のある黄色が印象的です。鮮明な黄色と黄緑色の和紙の鮮やかな染色と柔らかさで山吹の風情を表し、和紙で象った蛤にあしらいました。”Japanese kerria”にほんブログ村 [続きを読む]