ymatsu さん プロフィール

  •  
ymatsuさん: 和紙クラフト by ymatsu
ハンドル名ymatsu さん
ブログタイトル和紙クラフト by ymatsu
ブログURLhttp://washicraft.com/
サイト紹介文和紙素材による季節感ある作品をアップしていきます。
自由文和紙造形作家。和紙クラフトによる創作をしています。
和紙の花・人形・和紙画など立体と平面によるさまざまな表現により、和紙それぞれの特性を活かして日本の四季を中心に描いていきたいと思っています。
また、和紙についての話や提案なども紹介しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供213回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2008/07/22 22:31

ymatsu さんのブログ記事

  • 花うさぎ 秋草
  • 花の妖精をうさぎの形で表したシリーズの一作。秋草の咲き始める季節に寄せて、可憐な野の精をイメージしました。樹皮を漉き込んだ素朴な風合いの和紙を衣装に選び、薄と桔梗のかんざしをあしらいました。 “ Flower rabbit autumn grasses ” にほんブログ村 [続きを読む]
  • 難波潟
  • 難波潟 みじかき 蘆のふしのまも 逢はで この世を すぐしてよとや(新古今和歌集:伊勢)Naniha gata mijikaki ashi no fushi no ma mo ahade kono yo wo sugushite yo to ya(Shinkokin Wakashū:Ise)難波潟に生い茂る蘆(アシ)の茎の節と節の間の短さほどの、ほんの短い時間でも逢うこともせず、むなしく過ごせとおっしゃるのですか、との想いを詠んだ一首。一首を詠んだ伊勢は、古今時代の代表的な女流歌人です。恋歌を私的な歌 [続きを読む]
  • 青楓のリース
  • 草木の生命感を伝える緑色。春の芽吹きの緑を伝える萌黄色、松葉のような松葉色、常緑樹の葉のように深い緑の常盤色など多様な緑を伝える和紙を集め、リースにしたものです。緑の濃淡、明暗の変化によって青楓の涼やかな風情を表しました。”Green maple wreath”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 姫女菀
  • 初夏から秋にかけてみられる身近な花、ヒメジョオン。白い繊細な花びらは真っ直ぐに伸び、すっきりとした草姿で勢いある季節を伝えます。素朴な野の花を和紙の繊維の強さとしなやかさによって表し、陶器の一輪挿しにあしらいました。“Erigeron annuus”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 朝顔
  • 清涼感ある青い朝顔。和紙の藍色と手漉きの柔らかな風合い、繊維の強さによって表し、ガラスの器にあしらいました。”Japanese morning glory”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 一日講座のご案内「薔薇のブーケ」
  • 和紙クラフト一日講座 「 薔薇のブーケ 」2017年 9月18日 (月)敬老の日10:00〜12:00小津和紙 ( 東京日本橋 http://www.ozuwashi.net/ )秋のバラの季節。秋を感じる彩りをバラによって伝えます。和紙のしっとりとした風合いと鮮やかな染色によって存在感のある大輪のバラを作ります。立体感のある花弁の表現や葉の表情をつけることで、花の生命感を引き出します。作品は和紙を取り合わせて包み、ブーケに [続きを読む]
  • 待宵草
  • 夏の夕暮れに咲く、鮮明な黄色の花色が印象的な待宵草(まつよいぐさ)。真っ直ぐに伸びる夏草の勢いと一日花の儚さの中に、たおやかでゆったりとしたものを感じさせる咲き方は、野の花の優しさと芯の強さを感じます。夏の野の風情のある大待宵草(おおまつよいぐさ)を和紙の色合いと柔らかな質感によって表し、竹の花器にあしらいました。“Evening primrose” にほんブログ村 [続きを読む]
  • 露草
  • 朝露を含んだ鮮やかな青色が涼感を呼ぶ露草。 素朴な夏草を和紙の鮮明な染色と繊維の強さを生かし、立体感ある花扇画に表しました。“Asiatic Day flower”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 黄釣舟
  • 細い花柄から吊り下がって咲く姿が涼やかな山野草。筒状の花を和紙の柔らかな風合いによって表し、陶器の一輪挿しにあしらいました。” Yellow Balsam ”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 扇面「朝顔」
  • 夏の風情を醸し出す、朝顔。一朝の花の瑞々しさを切り取ったように、和紙の柔らかさと光沢感によって表し、白い扇子と取り合わせました。”Japanese morning glory”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 鷺草
  • 白鷺が舞うかのような優美で涼やかな夏の山野草。白い花色と繊細な花の構造が印象的な鷺草を和紙の白色と緑の和紙の柔らかな風合いによって表し、短冊にあしらいました。“White Egret Flower”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 昼顔
  • 風趣を感じる、身近にみられる夏の野の花、昼顔。飾り気のない小さな淡い色合いの花は清涼感があり、夏を彩る花として親しまれてきました。薄口の和紙の繊維の強さを生かし、蔓の動きを出し、ガラスの器にあしらいました。”Calystegia japonica”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夏椿
  • はらりと咲く夏椿。一日花の白い儚げな花を和紙の質感で表し、竹の花器にあしらいました。”Japanese stewartia”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 星合
  • あまの川 岩こす 波のたちゐつゝ秋のなぬかの けふをしぞまつ(後撰和歌集:よみ人しらず)Amanogaha iha kosu nami no tachi i tsutsu aki no nanuka no kefu wo shi zo matsu (Gosen Wakashū:Yomibito shirazu)七月七日を待つ想いを織女星の身となり、詠まれた一首。年に一度、天の川を渡り、牽牛と織女が逢うという漢代の伝説が伝えられてより、数多くの歌人に詠まれてきた七夕。旧暦の七月七日の七夕は、星合(ほしあい)とも [続きを読む]
  • 七夕に寄せて
  • 七夕に寄せて、和紙による河原撫子(かわらなでしこ)、桔梗、節黒仙翁(ふしぐろせんのう)を取り合わせたものです。室町時代、七夕法楽(たなばたほうらく)と呼ばれる、公家や将軍家などの間で器と花を競う、華やかな花合わせが行われていました。室町期の立花の姿を伝える『仙伝抄(せんでんしょう)』の中で、「七月七日の真に仙翁花(せんのうげ)、ききやう。」とあり、七夕の花の真に立てるのは、仙翁(せんのう)と桔梗で [続きを読む]
  • 貝合わせ「青楓」
  • 楓の青葉の清涼感を和紙の色と形の変化によって表し、和紙で象った蛤にあしらいました。背景の白い手漉き和紙を水に見立て、楓の青葉に動きを出しました。”Green Maple”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 蛍袋・岩菲
  • 夏の山野草より、蛍袋(ほたるぶくろ)と岩菲(がんぴ)の特徴を和紙で表し、短冊にあしらったものです。野の風情を伝えてくれる蛍袋(ほたるぶくろ)は、釣鐘状の花が可憐です。朱紅色の鮮やかな花色が夏らしく、すっきりとした線を持つ岩菲(がんぴ)。ナデシコ科の植物らしい、花びらの切れ込みが優美です。それぞれの花の特性に合わせて和紙を選び、和紙の持ち味によって花の個性を表しました。” Hotarubukuro・Silene banks [続きを読む]
  • 玉柏
  • 玉柏 しげりにけりな さみだれに はもりの神の しめはふるまで( 新古今和歌集:藤原基俊 )Tamagashiha sigeri ni keri na samidare ni hamori no kami no shime hafuru made(Shinkokin Wakashū:Fujiwara no Mototoshi)降り続く五月雨を受け、青々とした葉を茂らせた見事な柏の木。柏に宿るという、葉守(はもり)の神がしめ縄を張っているかのようである。一首を詠んだ、藤原基俊(ふじわらのもととし)は、平安末期の院政時 [続きを読む]
  • 桔梗
  • 秋の七草のひとつ、端正で清楚な桔梗。盛夏に向かう季節に咲き始め、涼やかで凛とした佇まいは、秋を想わせます。和紙の特性を生かし、青紫の桔梗を表しました。” Balloon flower”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 紫露草
  • 四季の草花を和紙の花によって、盆栽風に表したシリーズの一作。梅雨時の花、紫露草。鮮やかな紫の花色と葉の流れが涼やかな印象です。紫の花を2cm角ほどの大きさに縮小し、薄口の和紙の柔らかさによって表しました。”Common Spidewort”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 半夏生・月見草
  • 夏の水辺を彩る半夏生(はんげしょう)。白い花穂に小さな花を咲かせます。葉の一部が白くなるところが涼しげな印象です。初夏から夏の夕暮れに儚い一日花を咲かせる月見草。江戸時代の末に渡来したとされる月見草は、咲き始めは白い花を咲かせ、しぼむと紅色に変化します。それぞれの花の特徴を、数種類の和紙の取り合わせによって表し、短冊にあしらいました。“Lizard’s tail・Oenothera tetraptera”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 節黒仙翁
  • 夏の山野草、フシグロセンノウ。名の示すとおり、茎の節のあたりが黒紫色になるところに特徴があるナデシコ科の植物です。平らに開いた朱の花色は、夏草らしい鮮やかさと清々しさがあります。朱色の和紙の柔らかな風合いによってすっきりとした花の表情を表し、陶器の一輪挿しにあしらいました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • よひらに洩る月
  • あぢさゐの 花のよひらに もる月を 影もさながら 折る身ともがな (散木奇歌集:源 俊頼)Adisai no hana no yohira ni moru tsuki wo kage wo sanagara woru mi tomo gana (Sanbokukikaikashū:Minamoito no Toshiyori)平安末期の歌人、源 俊頼(みなもとのとしより)の家集『散木奇歌集(さんぼくきかしゅう』にある一首です。歌の詞書には、「殿下にて夏夜の月をよめる」とあります。月に照らされた紫陽花。その影も手折ることが [続きを読む]
  • 河原撫子
  • 繊細で優しい印象の河原撫子(かわらなでしこ)が咲き始める季節。秋草のたおやかな姿を和紙の柔らかな風合いによって表し、陶器にあしらいました。” Pink” にほんブログ村 [続きを読む]
  • 青楓
  • 楓の緑陰が、爽やかに見える季節。梅雨に映える楓の青葉は、潤いを得て緑の色を深めます。しなやかな枝を覆うように茂る青葉は、しっとりとして格別な趣があります。青楓の生命感を緑系統の和紙の取り合わせと柔らかな風合いによって表し、扇子にあしらいました。”Green Maple”にほんブログ村 [続きを読む]