バターママ さん プロフィール

  •  
バターママさん: 神奈川県鎌倉市でパン教室を365日奮闘中
ハンドル名バターママ さん
ブログタイトル神奈川県鎌倉市でパン教室を365日奮闘中
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kamapan269/
サイト紹介文神奈川県鎌倉市で、JHBSのイーストパンから野生酵母、自然酵母パン作りのパン教室を開催しています。
自由文初心者からプロを目指す方までどうぞ
コースメニューや、単発のメニューで、お一人お一人のペースで無理なくパン作りを楽しんでいただけるシステムです。
数ヶ月に1回でも毎週でも結構です。

また、生麹を使った甘麹作り、醤作り、酵母エキス作り、整体・操体法などを通じて健康作りのお手伝いもさせていただいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供329回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2008/07/22 22:38

バターママ さんのブログ記事

  • 今日のバケット10本焼きは
  • 昔、私自身が「こういうレッスンを受けたい!」という願望があったが、こういうレッスンをしてくれるパン教室はなかった。それを25年経った今、自分で実現できたことに感無量である。ただレッスンの内容がどのくらい理解していただけたか不安であるが・・・今日は準師範と教師の先生たちだから、おそらく大丈夫だろうという希望的観測のもとで行ってみた。感謝である。 [続きを読む]
  • 今日は午前中にパン・オ・フィグ、チアーズ、
  • 梅花のカンパーニュをさせていただいた。どれもおいしい!と喜んでいただいたが、キーワードは女性の大好物をたくさん入れること。特にチーズとフィグはハズレがない(笑)午後からは、乃が美風半生食パンとライチとフィグのテーブルロール、レモンクリームメロンパン、そして浴衣着付け教室。夕方少し雨がパラついたが、せっかく着たからということで、そのままお帰りになった。着物を着ると背筋がしゃんと伸びて、言葉遣いが丁寧 [続きを読む]
  • 今日のマリーナはこの夏一番の暑さという中で行った
  • 埼玉からの教師の先生、そしてひょんなご縁で参加してくださった方たち、そして岡山の準師範の先生は6日目の最終日で、同期の先生とご一緒の参加。メニューは野生酵母の乃が美風生食パンとトマトと黒オリーブのフォカッチャ、そして酵素玄米ご飯、酵母エキス作りに筋膜リリース。最後に浴衣の着付けという超豊富なメニューで、慌ただしい中にも充実した時間を過ごすことができた。感謝である。 [続きを読む]
  • マリーナ一日レッスン
  • 感性の高い人が多いので、天然酵母のパンがすばらしい出来栄えだ。天然酵母はイーストと違って技術や経験がなくても、感性が高ければ、いいパンが作れるところが魅力だ。少し雲がかかったマリーナの海も落ち着いていていい感じ。青肉メロン、感謝である。 [続きを読む]
  • 今日は自力教室③とレモンケーキのレッスンで
  • 食べるパンがなかった。それでトーストカレーとトーストを作ったら喜んでいただけた。運動をして体を鍛えるのと同じで、心も鍛えることが必要だ。それが自力教室である。人は食べ物と心で出来ているが、この「心」がなかなかの曲者で、うまく操れなくなってくる時がある。そういう方はぜひ自力教室を受講していただけると、心がフッと軽くなると思う。今日も感謝である。 [続きを読む]
  • 今日は埼玉教室最終日
  • 埼玉は内陸なので35℃位の最高気温になる日が多い中で、涼しい4日間を過ごさせていただけたことに感謝である。また、たくさんのおいしいフルーツを頂戴し、みんなでおいしいパンと一緒にシェアできて最高にうれしい。帰る際TOCの前を通った時、夏季セミナーが終了した頃だなぁと思っていたら、3人の準師範の先生たちから、「バケットが当たりました!」メールをいただき、もう興奮状態。毎日が感動!感謝である。 [続きを読む]
  • 埼玉教室での師範研究科に
  • 手作り野菜や大好物のいが饅頭、そして清里の先生からブルーベリーが届き、差し入れ豊富で豪華な試食会になった。午前は乃が美風半生食パンとラ・フィグと茶の雫、午後からは幻の食パンとキヌア・ポモドーロ、そしてアミュズ・ブーシュ。食パンは丸めの芯作りが大切であること、そして強からず弱からずの、バランスの良い締めが大切であることを実感できたと思う。今日も感謝で一杯だ。 [続きを読む]
  • 今月最後のマリーナ教室は
  • ライチ酵母のパンとハーブ酵母のパン、そして光の国からの上映と筋膜リリースというフルコース。ライチは生徒さんからのご紹介や提案で、ハーブも生徒さんが持って来てくださったものを使わせていただき、感謝一杯だ。人間は一人では生きられない。大勢の人、菌、自然界の中で生かされていることに、「ひかりの国のおはなし」を見るとよくわかる。感謝せずにはいられない。 [続きを読む]