ごまママ さん プロフィール

  •  
ごまママさん: たれ耳が好き
ハンドル名ごまママ さん
ブログタイトルたれ耳が好き
ブログURLhttp://momogomastar2004.blog71.fc2.com/
サイト紹介文怖がりジャックのちーずと無敵な白黒ジャックのオレオ。2016年3月からオーストリアで暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/07/23 12:49

ごまママ さんのブログ記事

  • 犬税を払う
  • ウィーンでは犬税を払わなきゃならないらしい。去年、ロンドンからリンツに引っ越したときに、日通さんからいただいたこの小冊子。とっても便利。すごくよくできてる!!オーストリア日本人会発行です。この本の中に、ウィーンでは生後3か月以上の犬は、飼い始めて14日以内に区役所に登録しなくてはならない。と書いてあります。で、とりあえず区役所で書類をもらう。オーストリアに来て、一年と5か月がたつも全くドイツ語できませ [続きを読む]
  • 路面電車で公園に通う
  • オレオが毎日お散歩へ行く公園はアウアーヴェルスバッハパーク [Auer Welsbach Park]家から1.5kmくらい。当初は往復歩いて、公園まで行ってたんだけど、公園の中もぐるぐる歩くから、ちょっときつい。それで、片道だけ路面電車に乗ってみたら快適。で、結局往復、路面電車に乗っていくことに(笑)引っ越しする前にウィーン市内の交通機関になんでも乗り放題の「年間定期」を買いました。1年で365ユーロです。お得!しかも、年間 [続きを読む]
  • わんこにして、4回目の引っ越ししてました。
  • 先週、リンツからウィーンにお引越ししました。荷造りしてる間は、わんこもちょっと落ち着かなかったけど、オーストリア国内の移動だから一日で引っ越しは完了。犬の匂いにまみれた家具が入ったら、すっかり我が家かなと思ってるかな。でも、お留守番はちょっとまだ不安そう。今回のアパートはウィーン市内ではあまりないプライベートガーデンつき。リンツは本当に美しい街だったけど、やはり小さい街なので、「お店」や「商品」に [続きを読む]
  • わんこと行くベルリン その2
  • さて、ベルリンの夜ごはんは・・・ホテルの隣にあった韓国レストラン!美味しかったわ(涙)2年半ぶりくらいでしょうか?やっぱりアジアごはんは美味しいなぁ。夕食後、ホテルの近くの公園でお散歩。夜が長いヨーロッパの夏を楽しんでいますね〜。とてもいい風景なんだけどね、翌朝、この公園を通ったら、もう、もう、もう信じられないくらいのゴミの山!一面のゴミ!残念だよね・・・。さて、2日目はベルリンの壁へ行きます。壁の [続きを読む]
  • わんこと行くベルリン その1
  • 夏の旅の続きです。1989年11月9日のベルリンの壁の崩壊もう十分すぎるくらい大人だった私はものすごい衝撃と感動を持ってニュースをみつめてました。それ以来、一度は来てみたかった都市です。期待を裏切らず、本当にすてきな街でした。泊まったアパートはGorki apartments街の中のとても便利な場所で、インテリアもすてきでした。スタッフもとても感じがよかった。二人と二匹で136ユーロ。ヨーロッパぽい床がすてき。わんこのベッ [続きを読む]
  • わんこと行くドレスデン その3 ゲーテが愛したエルベ川
  • ドレスデンの旧市街はバロック様式の宮殿が立ち並びます。どこを見ても絵になりますね。圧巻だったのは、長さ101mの「君主の行列」という壁画。マイセン磁器のタイルに描かれているのです。マイセン磁器ですよ!すごくないですか?エルベ川の岸辺から見た旧市街この眺めをゲーテが愛したと言われています。この美しい宮殿や教会は第二次世界大戦の空襲で一夜にして破壊されたそうです。東西ドイツの統一後、再建作業が始まり2005 [続きを読む]
  • わんこと行くドレスデン その2 ケーニヒシュタイン城塞
  • ドレスデンから訪れる絶景スポットということで、1233年まで歴史をさかのぼるヨーロッパ最大級の要塞へ行きます。ああ、どうせ高ーいところにあるんだろうな・・・。要塞までは、電気バス+エレベーターでも行けるけれど、日陰の道のようなので、私たちは歩いていくことにします。オレオはいつも張り切りすぎてばてるので、日陰を選んでゆっくりね。あれ?カメラの縦横比の設定がおかしい・・・細長い。( ´艸`)城壁は約9.5haある [続きを読む]
  • わんこと行くドレスデン その1
  • 7月に3泊でドレスデンとベルリンへ行きました。ドレスデンでの1泊目のお宿はとってもかわいかったです。Hexenhaus こちらの建物がレストランとフロントになっていて、向かい側の建物に宿泊施設。伝統的な木組みの建物で、童話の中に出てくるイメージですね。歴史的にも貴重な建物のようです。ここの2階の部屋に泊まりました。かわいい!アパートメントタイプでテラスもあって、二人と二匹で一泊76ユーロで安い!犬連れ旅としては [続きを読む]
  • わんこと行くシャーフベルク登山鉄道
  • 6月のことだけど、1週間ほど桜ねぇさんがリンツに遊びに来ていました。高いところが大好きな桜ねぇさんのために、ザンクト・ヴォルフガング発のシャーフベルク登山鉄道に乗ります。この登山鉄道は、サウンドオブミュージックで、マリア先生と子どもたちがピクニックへ行くときに乗る蒸気機関車として日本人観光客にも人気の場所です。こちらのお方は乗り物が好き。めっちゃ笑顔です。山はいいねぇ。こちらの方も一見、笑顔に見えま [続きを読む]
  • ついに会えた!マトリョシカちゃん!
  • リンツから車で小一時間のグムンデンへ。困ったときの湖とばかりにもう何度も来ていますが・・・・しかし・・・美しい。深く透明なトラウン湖湖畔をふらふら歩いて・・・オルト城へ。途中でちょっとクールダウン。本格的に湖水浴の季節になると、わんこは湖に入れないというところが多いので、ここはちょっと貴重。グムンデンの街並みもとてもかわいい。あれ?ちょっと待ってくださいよ!アンティーク蚤の市!やってる!しかもレベ [続きを読む]
  • わんこと行くブダペストその2
  • ブダペストの街歩きの続きです。再び、セーチェニーくさり橋。正面から。聖シュテファン大聖堂へ続く道国立歌劇場犬をホテルに置いて、オペラ見ようかとも思って・・・一応、ちゃんとした服と靴を持っていったけど・・・やっぱり留守番させれなかった・・・わんこ一番、観光2番だもんね。でも、この日の出し物がバレエだったら・・・留守番させたかも(笑)ブダペスト中央市場ジョルナイという陶磁器ブランドのタイルで装飾されてい [続きを読む]
  • わんこと行くブダペストその1
  • 5月の後半にブダペストへ行ってました。何でも「ホテルブダペスト」という映画を見て以来、オットはブダペストに憧れがあったそうです。着いた日に夜景を見にいきました。犬連れ旅故に普段はあまり夜は出歩かないです。セーチェーニ鎖橋付近の夜景ブダペストには美しい歴史的な建物がたくさん残っています。市内の美しい建物を見て回るのは人間には興味深くても、わんこにはつまらないものでしょうね。それでも、旅慣れてきたわん [続きを読む]
  • 野生のハリネズミさん
  • アパートの隣の博物館のお庭。一日に二回は行くから、もう我が家の庭的な・・・(笑)そこで、今朝 出会っちゃいました!???きゃーきゃーきゃー!野生のハリネズミの夫婦(と勝手に断言する)!寄り添ってる!!ハリネズミさんが寄り添ってる!痛くないの?お犬さん達は、オットに遠くへ連れていってもらって、私はひたすら…観察。まったく動かない!!触りたい!いや、だめだ!触りたい・・・としばし葛藤したけど、やっぱり触 [続きを読む]
  • 4.55ショック
  • 2015年4月に日本を出たときのちーずの体重は5.2kgくらいでした。ロンドンでの1年間はけっこう体重の増減はあったのですが、リンツへ移動する時にはやはり5.2kgでした。2016年、リンツでの冬の間に2回胃腸炎になってしまい症状がおさまった後も体重が減り続けました。12月10日 4.95↓12月15日 4.9 ↓12月26日 4.8 ↓2017年1月18日 4.75↓2月8日  4.65↓3月13日 4.55↓4.55kg?これは、パピーのころにしか見たことがな [続きを読む]
  • わんこと行くマリアツェル Mariazell
  • オーストリアでも最も重要な巡礼教会があるマリアツェルへ行きました。山間の小さな町です。12世紀からあるこの教会の現在の建物は17世紀のものです。教会の中はそれはそれは豪華で見事な装飾なのですが、残念ながら写真撮影は禁止でした。巡礼教会ということで、たくさん熱心な信者がやってくるというので、ジーンズとかではだめかしらと思ったけど、ほとんどの人は私たち同様、単なる観光客のように見えました。犬はもちろん、教 [続きを読む]
  • 雪のゴーザウ湖
  • 大好きなお散歩コースのゴーザウ湖。数日前に降った雪がまだ残ってます。「こっち向いて〜」の飼い主の声を全く無視するわんこさんたち。ま、いいよ。早速湖畔を歩きます。何度見ても美しい。雪の残る山がまたすてきだわ。かなり雪が残ってるところもあったけど。ちーずもはりきって歩いたね。お山の緑はまだもう少し先って感じだったけど、雪の残る湖も趣があっていいなあ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 一時帰国 「犬ごはん」を作り置き
  • リンツは本当にすてきな季節になってきました。家から徒歩でこんなところへ来れちゃうって、1年住んでもまだびっくりします。最高に森は気持ちがいいのに・・・こちらのお方にとっては・・・ちょっと厄介なシーズンの始まり冬の間は体中のカイカイがおさまっていたけど、また始まってしまいました。ダニ・ノミの薬を飲み始めます。そして、アトピーの薬も。これは本当によく効いてくれて助かります。薬なしでは、ちーずさんも私も [続きを読む]
  • わんこと行くテルチ (チェコ)
  • やっと暖かくなってきたので、わんことドライブへ。まずは、リンツから1時間40分くらいで チェスケー・ブディヨヴィツエという街へ。旧市街の中心のプシェミスル・オタカル2世広場(チェコの地名、人名は難しい)のサムソンの噴水。旧約聖書の中のサムソンがライオンと戦う様子を描いた彫刻だそうです。これはね、期待してたほどではなかったんだけどね・・・。でも、聖ミクラーシュ大聖堂と黒塔この中がすばらしかったなぁ。ガイ [続きを読む]
  • リンツでの何でもない日々
  • 春だね。お山にも、街にもお花が咲き始めた。ドナウ川もぼんやりと。ちーずは9歳に。おめでとう!ちーちゃん。散歩の途中で猫ちゃんに出会ったり・・・公園でナンチャッテ アジやったり・・・9年変わらずレトリーブ部員のわんこだったり。街にはイースターの飾りイースター用のチョコ売り場か、かわいくない・・・( ゚Д゚)市場でコーヒーを飲んだり。家では和食に日本のテレビにどっぷり。ドイツ語のクラスで小さなお茶会があった [続きを読む]
  • 輪を求めて弾丸帰国
  • 一大事です。ちーずが毎日必ず遊ぶ「輪」が・・・オレオについに破壊されました。ドイツのアマゾンで売っているが、オーストリアには配達しないそう・・・これは、これは・・・・帰国するしかない!!そうは言っても、相変わらずペットホテルに預けたことがないおふたり。オットに世話を頼んで・・・滞在時間100時間未満の弾丸帰国2年ぶりの一時帰国なので・・・教会へ行ったり、家族やお友達にも会って・・・温泉にも毎晩入り(画 [続きを読む]
  • 「チキン・アタック」にデジャヴなわけ
  • ドイツで一番有名な(?)日本人のヨーデル歌手の石井健雄さんが歌う チキン・アタック。MVを見て、軽く衝撃を受けたのですが・・・。どうも、この石井健雄さんに既視感が・・・。どこかで見たような・・・。どこだろ?ドイツのヨーデルとか・・・今まで全く無関心だったし・・・でも、なんだかこの方のことよく知ってるような気がして・・・3日間もやもやして・・・・今日、わかった!!!すっきり!いつもの散歩コースにある・ [続きを読む]
  • ちーずとオレオのLINEスタンプ
  • 常時、犬ばか、爆発中な飼い主です。ちーずとオレオがラインスタンプに登場で〜す!!ちなみに、一度、過去にブログで紹介したことがあるんだけど、ちーずとオレオ(みたいな)スノボの板も、もう一回見てね。今から5年半くらい前の写真です。ちーずちゃん、このころは顔の隈取が濃いわね。このスノボの板は、たまたま、ちーずとオレオに似てるなぁってことで思い切って購入したものです。でも、このラインスタンプはちゃんとちー [続きを読む]
  • 胃腸炎と家庭内不和
  • 先週の土曜日、ちーずの胃腸が急激に悪化しました。かなりお腹が痛かったみたいで、私のベッドの下に隠れるように寝ていました。本当に具合が悪い時は、私のそばにも寄ってきません。ぶるぶると震えていて、血便もあったので、病院へ連れていきました。痛み止めと抗生物質の注射をしてもらいました。絶食かなと思ったけど、薬がよく効くように食事はあげてくださいということでした。右端のシリンジ内の薬はご飯を食べる前に飲ませ [続きを読む]
  • オレオ、天才かもって思う飼い主
  • オレオをお外に連れ出すのは一日4回。朝いちばんの散歩が、今の季節だと7時くらい。これは日の出前の7時くらいのドナウ川の景色。-6度。一日4回外へ行くといっても、一回が15分とか20分とかになってしまうので、やっぱりオレオは運動不足。ちょっと、無駄吠えも多くなってきてる。たまには、完全防寒でお山へ行くよ!!(結局、ちーずさんのために買ったコートを着てます)お山で生き返ったようにはりきります!!すると・・・「そ [続きを読む]
  • フルッタ(Hurtta)のサミットパーカー
  • Linzではまだまだ寒い日が続きそう。通販で買ったフルッタの防寒着がやっと着いたよ。オレオには CHILL STOPPER 40cmちーずにはSUMMIT PARKA 35cmそれからアマゾン・ドイツから肉球クリームも。でも、しみじみ思うのが日本の通販は優秀だよね。ドイツから来た袋の中身はこんな感じ。丸めて突っ込みました。ひとつはビニールの袋に入ってるけどもうひとつはそのままって感じ。日本でも人気らしい(?)マッシャーズ・シーク [続きを読む]