PoW さん プロフィール

  •  
PoWさん: 旅のカケラ
ハンドル名PoW さん
ブログタイトル旅のカケラ
ブログURLhttp://tabinokakera.blog95.fc2.com/
サイト紹介文ただ今達成率91.544%。現在進行系のJR全線乗車旅の模様をお送りしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2008/07/23 23:55

PoW さんのブログ記事

  • 肥薩線 はやとの風
  •  さて、ようやく登場のJR。ここからはいつもの旅のスタイル、駅巡りをしながら九州を巡っていきます。最初に乗車するのは特急はやとの風。普通列車用のキハ40形を特急仕様に改造した列車ですが、これがまたカッコいい。 水戸岡さんデザインの列車はどれも素敵ですが、その中でもこのはやとの風が一番好きですね。単色でここまでかっこよく出来るのですから、JR西日本にも少しは見習って欲しい(笑)。はやとの風4号 鹿児島中央 [続きを読む]
  • 鹿児島市電コレクション
  •  だいぶ鉄道の話題から離れていたので久しぶりの鉄道記事を。鹿児島散策の間に撮った鹿児島市電を紹介したいと思います。 全国を旅していて羨ましいなぁと感じるのは市電が残っている街なんですよね。今では数えるほどしか残っていない市電が残っている街。僕の地元の京都もかつては市電が走っていたんですよね。廃止にしたのは本当に勿体なかった。 市電のすれ違いと保線員の方。この写真、凄く気に入っています。市電の安全も [続きを読む]
  • 鹿児島散策 名山町商店街
  • ■2017年5月1日(月) GWの旅3日目は鹿児島からスタート。ここからは九州を回ろうと思います。午前中は鹿児島市内をぶらぶら、観光地もいいですがここは古い町並みを見ようと市電に乗り朝日通電停へやって来ました。 鹿児島市役所の目の前にそれはあります、「名山町商店街」。 入口は金物屋さん。こういうお店に意外といいものがあったりするんですけど、ここはどうでしょうね。 狭い通路に店が並ぶ。 市役所前という比較的街 [続きを読む]
  • 沖縄散策 沖縄美ら海水族館
  •  沖縄観光ラストの訪問地は、沖縄美ら海水族館。最後に一番ベタな観光地にきてしまいました(笑)。 混んでるかなぁと思いましたが、午後の訪問だったこともありそれほどの混雑はありませんでしたね。水族館っていつ以来だろ。 以後、ぺたぺたと写真を貼っていきます。 う〜ん、手抜き記事ですね。美ら海水族館のメインといえばジンベイザメですよね。 美ら海水族館には2匹のジンベイザメがいます。 結構楽しめたので良かっ [続きを読む]
  • 沖縄散策 今帰仁城跡
  •  沖縄散策を続けます。次に訪問したのもグスクの一つ、今帰仁城跡。今帰仁城跡は沖縄本島北部から東シナ海に突き出した本部半島に位置します。美ら海水族館の近くといった方が分かりやすいでしょうか。もちろん世界遺産にも登録されていて、県内最大級のグスクとなっています。 那覇市から車で1時間半くらいかかるところにあるのがちょっと難点ですかね。路線バスもあるようですが、ここはレンタカーの方が便利でいいでしょう。 [続きを読む]
  • 沖縄散策 万座毛
  •  座喜味城跡から更に北上して次に訪問したのはガチガチの観光地、万座毛。やっぱり沖縄の海は見ておきたいなぁと思って訪問しました。象の鼻の岩が有名なポイントですよね。 それにしても凄い青い海です。この色の海の傍で暮らしていたらおおらかな性格になりますよね。 ここも中国系の観光客が多かったですねぇ。僕も写真を撮ってあげたりしてました。この日、日本人より中国人の観光客に声かけられる方が多かったです(笑)。 [続きを読む]
  • 沖縄散策 座喜味城跡
  • ■2017年4月30日(日) GWの旅2日目。この日はレンタカーを借りての沖縄巡りです。鉄道はもうしばらく出てこないのであしからず(笑)。それにしてもレンタカー屋はほぼアジアからの外国人だらけでしたね。日本人なにやってるんだろと思った瞬間でした。 レンタカーで巡る沖縄散策、最初に訪れたのは座喜味城跡。 ここは首里城と同じような琉球王国のグスク、つまりお城の遺産です。15世紀初期に作られたとされるグスク。残って [続きを読む]
  • 沖縄散策 ディープな市場を彷徨う
  • 沖縄ゆいレール 安里 17:44 〜 美栄橋 17:48 せっかくの沖縄初訪問なので今夜は沖縄に一泊します。宿の最寄り駅である美栄橋駅へ。少しホテルで休憩した後にもう少しだけ活動しようと思います。やってきたのは牧志公設市場。ここは国際通りのすぐ傍ということもあり観光客もたくさんいましたね。 市場内は活気に満ちあふれていました。そしてビックリしたのがそこら中から聞こえる中国語。ここは一体何処の国なんだと思うくらい [続きを読む]
  • 沖縄散策 栄町市場
  • 沖縄ゆいレール 儀保 16:56 〜 安里 17:04 沖縄散策はまだ続きます。ゆいレールで安里駅にやってきました。 ここからは観光地では無く地元のディープな場所を巡ります。栄町市場。 秘密基地発見。こんなに目立ってていいんですかね(笑)。 怪しげなものがたくさん売ってますね。これもシーサーの一種なのかな。 狭い通路に店が並んでいるのが昔ながらの風景でいいです。 飲み屋もけっこうありましたね。 そろそろ日も暮れ [続きを読む]
  • 沖縄散策 玉陵
  •  沖縄散策はまだ続きます。次に訪問したのは玉陵。「たまうどぅん」と読みます。沖縄の地名や遺跡、ほとんど読めないです(苦笑)。 玉陵とは琉球王国の歴代国王が葬られている陵墓のこと。本州的に言うと古墳と言ったところでしょうか。 前門と後門、二つの門の跡に陵墓があります。 玉陵は中室、東室、西室の3つの建築物に分かれています。一番大きな東室に王や王妃が眠っているようです。 真ん中の中室は洗骨までの安置所、 [続きを読む]
  • 沖縄散策 首里金城町石畳道
  •  首里城散策の跡は、そこから南へ少し行った場所にある首里金城町石畳道へ。琉球王朝時代の城下町である金城町にある石畳の古い古道が残っています。 坂道好きにはたまらない光景ですよね。 瓦屋根が独特なのも沖縄。 シーサーもあるさー。 このシーサーは可愛らしいですね(笑)。 観光客だけで無く、地元の方の散歩道にもなっているようでいいところだなと思いました。 坂道を下っていくといい雰囲気の建物が。金城大樋川 [続きを読む]
  • 沖縄散策 首里城の有料区域
  •  首里城正殿、ここからは有料区域になります。入館料は820円、沖縄ゆいレールのフリー乗車券を持っていると660円に割引されます。ってありゃー、正面はなんと修繕工事中です。 天然の漆が塗られた首里城は、強い日差しや雨風による劣化が激しく現在塗り直しているところです。確かによく見ると、奥の方の赤い壁面が剥がれている箇所がいくつかありますね。 修繕工事は平成30年まで続くようです。 正殿に向かって右側にあるのが [続きを読む]
  • 沖縄散策 首里城
  •  沖縄ゆいレールを完乗して沖縄訪問のメインの目的は果たされましたが、せっかくの沖縄です。ここからは観光にでも繰り出しましょう。まずはグルメから、首里城近くにある「首里そば」というお店の沖縄そばを頂きます。人気店みたいで行列が出来ていましたね。それも納得でとても美味しかったですよ。 その後は首里城へ。外壁に沿って散歩道が出来ていたのでそこを歩きました。 見える景色が沖縄らしいと言うか異国な感じがします [続きを読む]
  • 日本最南端の駅・赤嶺駅と終点・首里駅
  • 沖縄ゆいレール 那覇空港 12:10 〜 赤峰 12:13 那覇ゆいレールの乗り潰し、那覇空港駅を出発してさっそく1駅目の赤嶺駅で下車です。 とうことでこの駅が日本最南端の駅なんですよね〜。元・日本最南端の西大山駅と比べるとちょっと〜という感じはしますが、一応これで現代の4隅の駅を制覇したことになります。 気が付けば、今年は新旧合わせて西大山駅以外の4隅の駅に訪問したことになりました。今年は端っこばっかりを旅して [続きを読む]
  • 日本最南端の駅へ
  •  さてこれより新シリーズの開始です。次の旅はGWに実施した旅、長いですよ〜。今年は結構旅に出ているのでストックがたくさん溜まってきています。頑張って更新せねば。■2017年4月29日(土)ANA467 羽田空港 8:40 〜 那覇空港 11:25 今回の旅の最初の目的地は当blogでは初の登場、沖縄です。旅を始めてからはずっと未開の地だった沖縄。人生の中でも高校の修学旅行で1度行ったっきりでした。 そして今回は初のプレミアムクラ [続きを読む]
  • 春の九州西の端っこの旅 リンク集
  • ・2017年3月18日(土)#01 春の旅名人の九州満喫きっぷの旅#02 筑肥線 虹ノ松原駅・浜崎駅#03 唐津線 山本駅#04 ローカル色豊かな筑肥線 西のパート#05 筑肥線 肥前長野駅#06 筑肥線 大川野駅・2017年3月19日(日)#07 松浦鉄道 西へ西へ#08 元日本最西端 たびら平戸口駅#09 平戸の町並み散策#10 離島の旅#11 的山大島 神浦地区への道#12 神浦集落の町並み その1#13 神浦集落の町並み その2#14 日暮れのたびら平戸口駅・201 [続きを読む]
  • 旅の乗車記録Vo.64
  • ・春の九州西の端っこの旅日時:2017年3月17日(金)〜 3月20日(月)◎旅の行程・2017年3月17日(金)ANA410 秋田空港 20:05 - 羽田空港 21:15京急空港線特急 羽田空港国内線ターミナル 21:39 - 京急蒲田 21:50・2017年3月18日(土)京急空港線 京急蒲田 6:30 - 羽田空港国内線ターミナル 6:41ANA241 羽田空港 7:20 - 福岡空港 9:15福岡地下鉄空港線/筑肥線 福岡空港 10:00 - 筑前前原 10:46筑肥線快速 筑前前原 11:01 - 筑 [続きを読む]
  • 大村線 彼杵駅・大村駅
  • 大村線 千綿 11:40 〜 彼杵 11:44 千綿駅から折り返しの列車で1駅戻ります。 先に進むシーサイドライナーが千綿駅に停まらないので1駅戻ってきたのですが、一応駅舎も見学。 列車交換も出来る駅のようですね。しかし、天気が悪いとどうもテンションが上がりません。シーサイドライナー 彼杵 12:04 〜 大村 12:22 シーサイドライナーは国鉄時代のキハ66系。この車両が来たときはちょっとテンション上がりました(笑)。シーサ [続きを読む]
  • 大村線 千綿駅
  • ■2017年3月20日(月) 春の九州満喫きっぷの旅3日目は佐世保駅から。当初の予定では松浦線や佐世保線の駅巡りをしようと思っていましたが、この日はあいにくの雨模様。前日の的山大島散策に満足していたこともあり、この日はのんびりと列車に揺られる行程に変更しました。シーサイドライナー 佐世保 10:14 〜 ハウステンボス 10:44 まずはシーサイドライナーでハウステンボス駅で下車。たしか中学の修学旅行で来た気がします。 [続きを読む]
  • 日暮れのたびら平戸口駅
  • 第二フェリー大島 的山港 16:25 〜 平戸港 17:10 的山大島を後にします。この便が的山大島から出る最後の便になります。 今回は訪問しなかった平戸城。一日くらいじゃ全部を回りきれないほどいろんなスポットがあります。離島としては、平戸島と的山大島との間に度島という小さな島もあるようで、そちらもいつかは訪問してみたいなと思いました。西肥バス 平戸桟橋 17:30 〜 平戸口桟橋 17:42 帰りのバスは平戸口駅前まで行か [続きを読む]
  • 神浦集落の町並み その2
  •  神浦集落の街巡り、今度は海岸沿いを歩いてみます。民宿なんかもあるんですねぇ。釣りでこの島を訪問する方が泊まることが多いみたいです。 それにしても素晴らしい港です。 再び町中を歩きます。 怪しげな無料体験会場(笑)。なんの体験が出来るのでしょうね。 町の電気屋さんも趣があります。看板だけがやけに新しいです。 期待以上の町並みが広がっていてわざわざ来た甲斐がありました。古い町並みが残るところは多いけ [続きを読む]
  • 神浦集落の町並み その1
  •  神浦集落の散策開始。スタートから期待が高まります。 こういう看板いいですよねぇ。 狭いとおりに住宅がぎっしり詰まっています。この地区は国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定されているようです。 素晴らしい言葉です。幸せかどうかは自分次第。 古い町並みが残るところは多いけれど、ここまで統一されて昔の状態が残っているところは少ないんじゃ無いかな。また、ここが離島だということもポイントが高いです。その [続きを読む]
  • 的山大島 神浦地区への道
  •  的山大島に到着しました。まずはこの島の概要をおさらい。この島の入口、的山港はこの地図の左側に位置します。が、古い町並みが残る神浦地区は右下の神浦港周辺にあるため距離があります。かつては神浦港にも寄港していたようですが、今では廃止されてしまったようです。大島村産業バス 的山桟橋 13:50 〜 神浦桟橋 14:13 ということでここからの移動は島内を走る路線バスを利用します。このバスは的山港に来るフェリーに合わ [続きを読む]
  • 離島の旅
  •  お腹も満たされて次の行程は目の前に見えますフェリーに乗ります。あのフェリーは平戸島の北方にある的山大島(あづちおおしま)とを結ぶフェリーです。 この島には素晴らしい古い町並みが残っているということを、当blogと相互リンクさせて頂いているねじまきさんの記事で知り、僕も訪問してみたいと今回の行程に組み込みました。(ねじまきさんの記事へのリンクはこちら→2014.7 西九州鉄道紀行 もくじ)第二フェリー大島 平 [続きを読む]
  • 平戸の町並み散策
  • 西肥バス 平戸口駅前 10:03 〜 平戸新町 10:15 西肥バスで平戸の町を目指します。このバスの終点の平戸桟橋バス停に平戸港があり、観光の拠点となっています。紛らわしいんですが、平戸口桟橋というバス停もありそちらにも田平港という港があります。こちらは九州本土側の港なので間違えて降りないように注意です。 平戸の町は、あの大きな平戸大橋を渡った先にあります。というか平戸が島だったと知りませんでした(汗)。地図 [続きを読む]