ノコラ さん プロフィール

  •  
ノコラさん: ラクダと旅する日常
ハンドル名ノコラ さん
ブログタイトルラクダと旅する日常
ブログURLhttp://ameblo.jp/nocola/
サイト紹介文モロッコ、マラケシュのアトリエで息子2人と物作りの日々。 地元に密着した暮らし。
自由文ブログでも登場しているアトリエのオンラインショップサイトです。
http://www.foukari.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2008/07/24 20:20

ノコラ さんのブログ記事

  • 27日からラマダン開始!
  • 27日からラマダンが始まります。 日の出から日の入りまで一切の飲食を断つ断食月。1400年近く前から続いてきたこの習慣が、現代社会でもなお続いているとは、毎年の事ながらすごいなぁと思います。以前は絶対に体に悪いと思っていた断食ですが、昨今日本でも断食療法がポピュラーになってきて、その効能も色んなところで紹介されています。例えば、若返りとエネルギーの細胞ミトコンドリアを活性化するのには断食が最も良く、 [続きを読む]
  • BOHOモロカンインテリアのススメ
  • 近年流行しているインテリアスタイル「BOHO」ボヘミアン×ソーホー(NYのソーホー地区)を掛け合あせた造語で、民族調をお洒落にミックスするのが特徴です。 モロッコのラグとラグクッション、プフと観葉植物を配した部屋。下はカルフォニアBOHO。都会的ですね。 pinterestより。 どちらもフォークロアなファブリックを植物や異素材とミックスして居心地良さそうな空間を作っています。そんなBOHOをよりモロ [続きを読む]
  • 作ること=暮らすこと
  • もの作りの日々。何かを作ることはすっかり生活の一部なので、手を動かしていないと精神衛生上良くないほどに、いつも何かを作っています。 これは最近作ったフリンジバスケット。 クッションなどに使うフリンジを2連、3連に重ねて付けました。(来週入荷予定です) とても楽しい作業だけど、気づけば延々と商品ばかり作っていて、自分のものって全然作ってないな、、と思い、久しぶりにシルバーや天然石の詰 [続きを読む]
  • 正反対の息子たちの日々
  • 日本は新学期が始まったばかりですが、9月始まりのモロッコでは、小学1年の長男の終了まであと一月半になりました。にも関わらず、認可が取れていなかったことが保護者にバレて以来、高学年を中心に生徒が何割か流出してしまったり、最近になって担任のフランス語の先生が辞めて、終わり間際で担任が変わったり、相変わらずもやもや不安にさせられます。(一応アラビア語とフランス語の先生2人が担任)結局一年が終わってもいまい [続きを読む]
  • アトリエに出来た鳥の巣と卵
  • アトリエの出窓に鳥が卵を産みました。初めはひとつだったのが、この前見てみると2つに。どうやらひとつは割れてしまっているようです。それにしてもこんなスカスカの巣で、風が吹いたら今にも転がり落ちそうな卵を産んだのは誰だ、、と思っていたら、、、 鳩でした!下をバイクや車がひっきりなしに通って騒がしいだけでなく、出窓のすぐ前にはミシンがあって作業しているのですが、最初は警戒していたハトも、 [続きを読む]
  • 文盲というハンデ・教育を受けた姉と受けていない妹
  • 義妹ハディジャは文字が読めない。小学校でも落第があるモロッコで、1年生を3回やって、3回目進級できなかった時に学校に行くのを諦めたらしい。義姉は大卒なので、女の子だから勉強させなかったわけでなく、本人が特別勉強が苦手だったんだろうと思う。それでも性格はとっても良いし、文盲ということに私も長く気付かなかった。 けれどもここ数年ハディジャ家族の右往左往を見ていると、教育の大切さをひしひしと実感せずに [続きを読む]
  • 夕立とうさぎ耳
  • 次男アミールのお得意はうさぎの真似。本物といつも遊んでるだけにかなりリアルです。真似をするのにうさぎの耳が欲しいと以前から言われていたので、長男がテコンドーに行ってしまい、暇を持て余している次男と一緒に即席耳を作りました。簡単に作れて着脱しやすいように帽子に付けることに。手縫いでチクチク縫って、綿を入れた耳を縫い付けて完成!沢山いるウサギの中で一番好きな黒いうさぎとお揃いで、とっても喜んでくれまし [続きを読む]
  • カラフル*ベルベルバスケットを巡る探検
  • 日常生活もままならないほどの花粉症の症状からようやく、ようやく解放されつつあります。今年は本当にしんどかった、、、、。年々重くなるというのは本当でしょうか、だとしたら来年はどうなってしまうのかと今から憂鬱です; そんな辛い花粉症も一時吹っ飛んだ、バスケット巡りのお話。モロッコインテリアのトレンドになっている、カラフルな図柄が編み込まれたベルベルバスケット。 しかしこのバスケットに限り [続きを読む]
  • オリーブ花粉症が辛すぎる
  • モロッコで花粉症を発症して3年目。今年は春になっても大丈夫そうだと油断していたら、旅行から帰って来たなり症状が出ました。くしゃみ、鼻水、目の痒みの3重苦。色んな花が咲き乱れる季節、今までも何となくオリーブの花粉じゃないかと思っていましたが、色々調べた結果、やはりオリーブが主犯のようです。地中海沿岸地域の花粉症なのだとか。私も自分が発症する以前はあまり聞いたことが無かったのですが、ここのところマラケシ [続きを読む]
  • おとぎの国シャウエンを側に踏んだり蹴ったり。
  • こちらも10年ぶりに訪れたシャウエンのブルーに染まったメディナ。朝の霧の中にある街並みは本当に幻想的でした。 大変な旅路だったけど、子供たちはどこに着いてもはしゃいで喜んでくれました。朝のメディナを散歩。ここにも猫が沢山います。 迷路のようなメディナを一周回ってもまだお昼まで時間があり、せっかく準備してきたんだから、お昼は見晴らしのいい場所でピクニックしようと夫が言い [続きを読む]
  • フェズからリフ山脈を越えてシャウエンへ。
  • アズルーからフェズには比較的すぐ到着しました。フェズのメディナを訪れるのは10年ぶりです。メディナの入り口「ブージュルード門」 中は狭い坂道が続いてマラケシュのメディナとは異なる雰囲気。あちこちに歴史を感じる建物があります。 ふと通り過ぎて入った陶器のお店。外からは伺い知れない店内は、それ自体が歴史的建造物でした。 10年前もこうしてふらっと入ってこの内装に驚いた思い出が [続きを読む]
  • モロッコ北部子連れ旅行・マラケシュからフェズを目指す
  • 先週一週間、子供の学校が休暇だったので、まだ子供たちを連れて行ったことのないモロッコ北部へ旅行へ出かけました。北部へ行くなら絶対シャウエンへ行きたい!とまずはマラケシュからフェズを目指しました。春まっさかりのモロッコで、高速道路は使わず一面緑の草原と花畑の景色を見ながら行こうと夫。途中ピクニックもしようと、小さなガスと圧力鍋を持参して、旅程というものを組むのが嫌いな夫との、若干嫌な予感のする行き当 [続きを読む]
  • 憧れのモスク脚テーブルがついに自宅へ!
  • サロンのテーブルを憧れのモスク脚テーブルにしたいとあちこち探したのは、去年10月ごろの事でした、、。結局100%理想のデザインとサイズを求めるにはオーダーメイドがいいと、大工さんに資材を裁断して組み立ててもらったのが12月ごろ、、、。それがこのテーブルです。 脚以外の装飾は無くシンプルで、それなりに大きく高さもあるサイズでオーダーしました。仕上げは自分たちでやることにして、何色に塗ろうか、などと [続きを読む]
  • 何もかもがこんな感じ。
  • うちの住宅街のすぐ側に、基礎と2階の床まで何棟も作って5,6年放置された建物があるのですが、思い出したかのように数日前唐突に解体作業が始まりました。そしてすべて壊し終わった本日、朝ご飯を食べた後くらいからすべての住宅で断水。どうやら解体工事中に水道管も壊してしまったようです。いかにもやりそう。 お昼は昨日のカレーが残っていて何とかなりましたが、何しろ一番近い店まで徒歩で往復30分かかる離れ小 [続きを読む]
  • ムスリムファッションに一目惚れ!
  • ある日のこと。ローカル地区の大通りを車で通りすぎた時に、マネキンが着ていたローブが目に留まり、車を止めて店に入り値段を聞きました。モロッコで既製服を買ったことはほぼ無いのですが、これは珍しく欲しいと思いました。ファスナーにブランド名が刻印されていて一目で高い服だと分かったのですが、予想以上に高額を言われ、その場は退散。結婚式の衣装買える値段て、、;その時目にしたブランドタグで調べてみると、トルコの [続きを読む]
  • AtelierFOUKARI 2017春夏コレクション
  • 日に日に春めいてくるマラケシュから春色のアトリエ新作コレクションをご紹介します。 エキゾチックな柄と鮮やかなピンクのクッションカバー&ウォールデコ。このウォールデコには本当に苦労させられました。。。来月こそ販売できるだろうと思い早3か月程度過ぎてしまいました、、;今月ようやく販売できます!! 思うような生地が見つからず、しばらく製作していなかったマルチファブリックも今月2種入荷予 [続きを読む]
  • モロッコで武道を習う
  • ここ数日雨がよく通り過ぎていくマラケシュ。モロッコでは日本のように一日中雨が降ることは無く、(そうなったらすぐ道路が冠水、、)通り雨のような雨雲が行っては止み、また通り過ぎては止み、、という感じ。雨季(冬)ももう終盤。天気が良ければ汗ばむような陽気になり、春がすぐそこまで来ているのを感じます。 さて、ずっと習わせたいと思っていたカラテ教室に、ついに長男が通い始めました。家から一番近くの教室で、 [続きを読む]
  • もやもやさせられ続けるモロッコの小学校
  • 長男が小学1年生として開校したばかりの学校に通い半年。実は始まった当初から、持参する大量の教材の中に連絡ノートが漏れていたことが理由で、最初の保護者説明会のお知らせを受け取れず、何も分からないままスタートしたのでした。どのみち日本のように説明プリントはないし、始まったばかりの学校でまだ決まってないことも多いだろうし、一年通いながら要領を掴んでいくしかないだろうとやってきましたが、、、。日々、 [続きを読む]
  • エッサウィラのたこ焼き
  • たこ焼き屋は日が暮れてから開店するので、海に夕日が落ちるのを見た後、メディナの中を歩いてたこ焼き屋へ。まだやっているか心配しながら道を進むと、たこ焼きの提灯が見えました! なんだか立派な看板が付いて、一年前よりパワーアップしていました。良かった!!この日はタコは無く、イカ焼きwでした。 ひとつ4DH。なかなか良い値段なので他の観光客もひとつ買って味見していく感じです。私たちもアツ [続きを読む]
  • モロッコJK2人を連れ家族旅行へ@エッサウィラ
  • 子供の学校の休暇に合わせ一年ぶりにエッサウィラに行って来ました。去年の旅行を次男も覚えていて、たこ焼きを食べると出発前から張り切っていました。 今回はホテルでなく、アパルトマンを借りてひたすら魚を食べる予定だったので、何人いてもあまり変わらないだろうと、義妹ハディジャの長女、次女2人の女子高生の姪も連れて行くことに。 お昼を家で食べて、午後からマラケシュを出発。2時間半でエッサウィラに [続きを読む]
  • 次男坊の気ままな日々
  • 次男坊アミール(4歳)。本来なら幼稚園の年少へ入れる年。周囲のモロッコ人にも、幼稚園入れてないの?と事あるごとに言われます。 モロッコの幼稚園は歌や遊び中心の日本と違って、授業があり、フランス語とアラビア語の読み書きを教えています。年少でも、長男の時は形の違い、色、線つなぎ、大きい小さいなどのフランス語をイラストと共に学んでいました。しかし、アラビア語が片言しか話せない状態で、3、4歳の子 [続きを読む]
  • 新しいアイデアが続々!モロッコモザイクの世界
  • この写真は12年前の2004年12月、当時青年海外協力隊として語学訓練していたラバトのメディナで撮影したものです。モザイク柄があしらわれたアーケードに目を奪われ、モザイクという認識もなく写真に撮りました。当時はこのモザイクデザインを内装用のタイル以外で表現する建築は、モロッコでも珍しかったと思います。それがここ数年、機械が流通したのか、鉄で作ったモザイク柄を建材として建物の外側に利用している建築を多 [続きを読む]
  • モロッコでブルガの製造・販売が禁止に。
  • 今月9日にモロッコ内務省がモロッコでのブルガの製造と販売を禁止しました。SNSでも話題になり、モロッコのネットニュースにも多くの記事が出ています。フランスで以前着用が禁止になり、昨年の夏はビーチでのブルキニ禁止論争が欧州で起こったばかり。驚きました。 ざっと記事に目を通した中でいくつか紹介すると、、「結婚前は髪も隠していなかったし、腕も出していたけど、結婚後、夫にこれを着るようにと全身黒の服 [続きを読む]
  • アトラス山脈でそり遊び
  • 明けましておめでとうございます!元旦はアトラス山脈のスキー場、オカイムデンへ行って来ました。前回同様、お昼ご飯は家で食べてのんびり午後から出発。 山道をしばらく登って、到着したころには日が傾きかけていましたが、ソリをレンタルして子供達と遊びました。あっちこっちソリで上から滑ってくる人たち(主に大人)がいて、ぶつかりそうで、うかうかしてられませんでしたが; マラケシュは日中 [続きを読む]
  • 年末・赤ちゃんウサギ達とバーベキュー
  • アトリエで飼育しているウサギがまた子供を産みました! 近頃真っ青な晴天が続くマラケシュ。金曜日は息子の学校が半日なので、お昼はアトリエのテラスで乳離れした子ウサギたちと遊びながらバーベキューすることに。 完全にぬいぐるみ状態の子ウサギ達、、、。 テラスの隣の小さな部屋がウサギ小屋なので、ドアを開けていると自然にウサギ達がテラスに出て来ます。ウサギを日向ぼっこさせながらバーベ [続きを読む]