憂月堂 さん プロフィール

  •  
憂月堂さん: 月光楽房
ハンドル名憂月堂 さん
ブログタイトル月光楽房
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/eclipse19681105/
サイト紹介文管理人の音楽活動や日々の生活の記録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/07/28 02:49

憂月堂 さんのブログ記事

  • 母、来訪
  • 土曜日(2017/04/16)は愚母が拙宅を初めて訪問。お義母さんと結婚前の挨拶以来の顔合わせとなった。これは決して両家の間に確執などがあった訳ではなく、互いに偶然にも放任であったり、何よりも本人達はもとより親同士が面倒臭がりだったからである。それが今回のお義... [続きを読む]
  • 伝えたい言葉と、曲げられない想い
  • 今更ながら、しかも重ねて。改めて想う『主張』の奥深さと難しさ。ひいては『信念』『信条』というものにも言及することにもなるのだろうが。意志と意義を込めた言葉は自ずと正面を持ち、その角度に於いては少なからずの共感を得ることになるだろう。言うまでもなく反... [続きを読む]
  • FM-TOWNSの想い出
  • えっと…畏れながらヲタクなお話しをば。貼り付けたCM動画の富士通社製品であるFM-TOWNSは自分が初めて購入したパソコンである。※今から30年以上も昔のお話しです(笑)当時の富士通はMシリーズに代表されるメインフレームやKシリーズなどのオフィスコンピュータといっ... [続きを読む]
  • あの日
  • おはようございます。東京は見事に愚図ついた空模様で、今にも降り出しそうなのを首の皮一枚で踏みとどまっている状態です。昨晩は『月曜日の尋常ならざる倦怠感』を回避する為に20時には就寝するという小学生並みの品行方正さを以って臨んだにも関わらず、今朝も例外なく... [続きを読む]
  • 馬鹿にするな
  • ※今回は投稿範囲を大幅に制限しております。「知った人だけは絶対得する」「早い者勝ちで得できる」「やった人だけが得できる」とか言って、やたら勿体ぶって関心を煽ってる人がFacebookでも目立ちますが…あれってなんなんですかね?そうそう中には時々、「人生か... [続きを読む]
  • かまってちゃん
  • 脳梗塞などの重篤な循環器疾患を回避する為に激昴するのは一日三回までと自戒している。職場の新人に「かまってちゃん」というか「自己憐憫」が強いというか…とにかく面倒臭い輩がいる。何か一言注意すると「でも僕はこう思って」「しかしこの場合は」「いえ、僕もそう... [続きを読む]
  • Promise in the history
  • 出逢いがあって決別があって悔いて省みたり、憎しみを掻き立て忘却に帰そうともしたけど刻まれた自分の道程の中でそれは改竄の叶わぬ事実呑みこんで受け入れるにはあまりに今は鮮度が良すぎて感傷を擽る薫りが鼻につく天命知命を迎え、迫り来る老いの鈍痛が齎す不... [続きを読む]
  • 北のあたりに
  • 四季を駆け抜けて辿り着こうとしている起点。短い秋は恐らく瞬きをする間もなく過ぎて冬がやってくる。あまりにも慌ただしく、あまりにも騒がしかった期間も過去の忘却となっていくのだろう。寂しくもあるが、それ以上の安堵に委ねることのほうが自分らしい。あの白き... [続きを読む]
  • Literty
  • 決別さえも屈辱に塗り潰されたこの夏。来年、思い出すのだろうか。いや。それよりも。満たされていた季節がこれからやって来る。寧ろ、その回想こそがこの胸を掻き毟るのだろう。放棄する事で得た自由とは思考する不安を齎した。なんちゃって(笑)ぼけーっとして... [続きを読む]
  • 独り呑み
  • なんだかんだ…まだ気分は滅入ってしまう。呑んで誤魔化すことが増えたかもしれない。 [続きを読む]
  • 虎の威を借る愚者
  • ネットに転がってる有識者の見解が掲載されている記事を引用して、さも自分が言った気になって賢しげに振る舞う方。メッセンジャーで話していても「〇〇先生はご存知?」「〇〇教授が素敵な事を仰ってたの」など。「結局、あなた自身はどのようなご意見をお持ちでしょう... [続きを読む]
  • 矮小
  • 「半端もんが語る」友人の名言を拝借。 逃げを打つようでもあるのだが、枕に自戒を鎮座させておく。 自己憐憫はその甘味を知る程、深く人格を蝕んでいく。前進の試練に耐えられなくなると回顧に美化された日々に酔い痴れるのだ。 省みる事は無く、批... [続きを読む]
  • 老い
  • 経年と経験が常に豊かな実りを齎すわけではないのは承知。達観と思い込んだ盲目、頑なで寄せ付けない厄介な観念を産み育ててしまうこともしばしばに思われる。 種は十人十色だ。成功に酔い痴れた過去を忘れる事が出来ず見失ってしまった虚実の軋轢が結晶化したもの... [続きを読む]
  • 暴走
  • 充実感に駆られ衝動のままに勇み足する若者に、かつての自分を垣間見てしまうので諌めるなどの無粋はしないのだが、その滑稽さについつい赤面してしまう。 勝手に納得した大義を振りかざし疾走するのは爽快だ。その勝手に背負った負荷さえも選民ゆえ与えられた試練と... [続きを読む]
  • 定期通院報告
  • 毎月の定期通院&三ヶ月に一回の諸検査mission complete?? 本日のメニュー。■心臓エコー■心電図測定■胸部単純X線撮影■血液検査■コア度チェック(血液凝固度測定)■診察流石に疲れましたよ。 普段はソリが合わず不快指数のvoltageを上げてくれる... [続きを読む]
  • Norwegian Wood
  • 羨ましがるだけの幸せが護らなければいけない責任に変わるなんて想像も出来なかったあの頃。妬ましいだけの安息が代償によって成立しているなんて知ろうともしなかったあの頃。 或いは大胆で或いは愚直で狡猾を蔑視することでしか自己肯定出来なかった滑稽な生き物... [続きを読む]
  • Save Me
  • なんか今週は仕事を通じて人が傷付くのを見る機会が多かったなぁ。お金貰ってやってる事だから厳しいのは当たり前のなんだけど、同じ人間同士が対峙して始まるワケだから、そこには常識を逸脱しない程度の気遣いは最低限あっていい筈だと思うんだよね。 ... [続きを読む]
  • 面舵一杯
  • そもそも論もして今服用している持病の処方と風邪薬は同時運用が可能なのか? 確か以前にも同じく風邪薬を併用した時にも具合が悪くなり同じ病院に受診した筈なんだよね。確かにその時の担当医とは今回は別なんだけど診療歴があるはずなのだが。特に注意事項はなか... [続きを読む]
  • NEW ARRIVAL
  • 拙宅、御手洗の電球が切れてしまったらしく通院途中に家内からLINEで伝言。「帰りに電球と台所の水切りネットを買って来て」了解をすぐさま返した。 診察が終わり処方箋調剤薬局がドラッグストアだったので、ついでに調達することにした。 …いつもの安価な... [続きを読む]
  • 就寝前ひとりごと
  • 風邪のせいか眠気が凄まじく夜8時に寝室へ入ったものの寝つけない。眠いのにだよ? 仕方なくこんな日くらいは服用したくなかった眠剤を飲んだところ。あと一時間もすれば眠せるだろう。 昨日の定期通院のせいか7年前に初めてこの持病を向かい合うことになっ... [続きを読む]