韓国雑記帳 さん プロフィール

  •  
韓国雑記帳さん: 韓国雑記帳(かんこくざっきちょう)のブログ
ハンドル名韓国雑記帳 さん
ブログタイトル韓国雑記帳(かんこくざっきちょう)のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kankoku_zakkicho/
サイト紹介文韓国に暮らして20年。なぜか韓国。いまだに韓国。これからも韓国。一味違った韓国を紹介します。
自由文 韓国で暮らし始めて20年。なぜか韓国。いまだに韓国。これからも韓国。〜 韓国雑記帳(かんこくざっきちょう)と言います。いろいろなきっかけで韓国に興味を持ち、韓国の歴史を学び、韓国語を勉強し始め、韓国の伝統音楽や伝統舞踊に触れ、もう30年近く、こちらで暮らして20年になります。今はソウルに住み、韓国の歴史や自然に触れる旅行の企画や翻訳、通訳などの仕事をしています。どうぞ、よろしく。
 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/08/01 10:15

韓国雑記帳 さんのブログ記事

  • キャンドル集会1周年スタディツアーのお知らせ
  • キャンドル集会1周年スタディツアー     〜ソウル光化門&ナヌムの家〜パク?グネ大統領を権力の座から引きずり下ろしたキャンドル市民革命は、昨年10月下旬、タブレットPCの報道を受けて急きょ行われたチョンゲ川広場でのキャンドル集会から始まりました。予想より10倍も多く集まった集会は、そのまま光化門までデモ行進をしました。そして、毎週土曜日、場所を光化門広場に移して、キャンドル集会は行われました。約6ヶ月の [続きを読む]
  • 久しぶりに、伝統芸能~東菜鶴舞い
  • YouTube에서 '왕비의 잔치 - 백성의 잔치/동래학춤' 보기韓国の伝統芸能、特に音楽や舞踊は、僕が韓国に定着するきっかけの一つです。その事は、別の機会にじっくりお話することにして、釜山の東菜鶴舞いを紹介します。この踊りは見て分かるように、鶴の動作をモ... [続きを読む]
  • キャンドル市民革命の作り方7
  • 今、日本にいます。今日(7/19)まで3泊4日の日程で九州の河川を見てまわりました。その報告もいずれ書きますが、キャンドル市民革命についてまとめをしてみましょう。2週間前、パク?グネ退陣非常国民行動の二人と福岡を巡り参加者の皆さんと質疑応答をしながら一番... [続きを読む]
  • キャンドル市民革命の作り方 4
  • 5ヶ所の講演で共通して出された質問のひとつが、どうやってあれだけの人数が集まったのか、集めることが出来たのかという質問でした。その質問の背景には、パク?グネと同じように安倍政権は権力の私物化を行い一部の特権階層のための政治を行っています。それなのに... [続きを読む]
  • キャンドル市民革命の作り方 3
  • 以前、フェイスブックに次のようなことを書いたことがあります。まず、これを読んでもらってから、今回の連続講演会で出てきた話を紹介しましょう。×××××××××××××××××××× キャンドル集会を主催した"退陣運動"が、1億ウオンの赤字を抱え、特別カンパを要請したとこ... [続きを読む]
  • キャンドル市民革命の作り方 2
  • 6月30日から始まった福岡県内5ヶ所でのキャンドル市民革命の講演会、"キャンドルデモクラシー~彼らが大統領を弾劾できたわけ"も、昨晩(7/2)無事に終わりました。キャンドル集会、正確には"パク?グネ政権退陣非常国民行動"で5名の実務責任者の一人だったパク?ジンさ... [続きを読む]
  • 淡路島を訪問して
  • 淡路島に初めて行ってきました。有機栽培のたまねぎ/米の二毛作の現場調査の目的で、ある自治体関係者とともに訪問しました。私は東京出身なので知りませんでしたが、淡路島はたまねぎ栽培でとても有名な所です。生産量も北海道、佐賀県、次だそうです。有機栽培は... [続きを読む]
  • 韓国の環境紛争調停制度について
  • 4月20日から3日間、韓国の環境紛争調停制度の調査を日弁連の公害対策・環境保全委員会が行いました。通訳として同行しましたので、今回もらった資料を基にこの制度を少し紹介し、また韓国の環境保護運動との関係を説明しましょう。韓国の環境紛争調停委員会は... [続きを読む]
  • <生命・脱原発シルクロード>が始まります
  • 韓国の反核・反原発の市民グループが、2年後バチカンを目指して、5月にソウルを出発します。6月には広島から長崎まで歩きますが、僕も事務局に参加して裏方をしますので、皆さん、よろしくお願いします。というわけで、こんなニュースレターを作りましたので、ご覧ください。(なお、フェイスブックの文章をネットで検索できるように、ここでもアップします) 生命・脱原発シルクロード (日本・広島〜長崎コース... [続きを読む]